AKB48に解散説が浮上?山口真帆の暴行事件や低迷の売上まとめ エンタメ

AKB48に解散説が浮上?山口真帆の暴行事件や低迷の売上まとめ

AKB48に解散説が浮上しています。NGT48の山口真帆さん暴行事件や人気メンバーの卒業を理由にファンが離れているとの事。2019年には冠番組『AKB48のオールナイトニッポン』が終了、総選挙も行われず、紅白出場も危ぶまれているようです。

目次

[表示]

AKB48に解散説が浮上?NGT48メンバー暴行事件から疑惑が加速!

かつては他の追随を許さなかった大人気アイドルグループ・AKB48。ところが最近ではテレビやCDショップで見かける事が少なくなったように感じます。最近では人気が落ち、解散説も流れているようです。

AKB48解散疑惑が現実的になったNGT48メンバー暴行事件

皆さんの記憶にもまだ新しいと思われる、NGT48メンバー暴行事件。2018年12月、メンバーの山口真帆さんが自宅マンションの前で男性2名に顔を捕まれ、口を塞がれるなどの暴行を受けた事件です。

翌月には山口真帆さん自身がSHOWROOM及びTwitterで被害を告発。他のNGT48メンバーが事件に関与していた事、運営スタッフの対応が不適切だった事を伺わせ、運営に対して批判が集まりました。

現在もNGT48を含むAKB48グループの運営には批判が集中しています。これにより人気も落ち目になり、AKB48が解散間近といった説が流れるようになってしまいました。

山口真帆の卒業でファンのAKB離れが深刻に?

2018年5月19日、山口真帆さんはNGT48を卒業しました。前日18日の卒業公演では、3人しか出演していない事にも関わらず会場はファンで埋め尽くされ、ネットでもライブ中継が行われて話題になりました。

暴行事件について語る事はありませんでしたが、欅坂46の『黒い羊』を歌った事が意味深とされ、運営側や事件の犯人、彼らと通じていたメンバーへの痛烈な批判を込めたのではないかとされています。

AKB48を含むアイドルのファンは、運営のファンではなくアイドルのファン。好きなアイドルを不幸な目に合わす、更にはこれといった対応もしない運営側にファンは呆れ、AKB離れが深刻になっているようです。

デートチケットを販売でファンからも批判が続出!

AKB48グループの企画として、握手会はあまりにも有名ですよね。ところが、2019年9月24日に発表された企画『メンバーと恋人体験ができる!?”デートチケット”』が物議を醸しました。

このデート企画、AKB48グループの舞台をメンバーと一緒に鑑賞できるというもの。抽選で選ばれた100人のファンが、3人のメンバーとデートできるそうです。

ネット上では「根本的なところで世間と感覚がズレてきてる」「NGT48事件から何を学んだ」といった批判が寄せられました。現在は『観覧メンバーと一緒に出演メンバーを応援しよう企画』に訂正されています。

2019年はAKB総選挙も中止に!

2019年3月13日、毎年恒例のAKB48選抜総選挙を2019年は実施しない事が発表されました。理由は明らかにされていませんが、NGT48メンバー暴行事件によるものと推測されています。

AKB48のオールナイトニッポンも放送終了へ

2019年3月6日には、AKB48がパーソナリティを務めるラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』が3月いっぱいで終了する事が発表されました。2010年4月から、9年に渡って放送されました。

こちらも理由は明らかになっていませんが、NGT48メンバー暴行事件の影響は勿論、過去の前田敦子さんや篠田麻里子さん、板野友美さんのような知名度のあるメンバーが少なくなった事が原因とされています。

ちなみに、NHKで放送されている冠番組『AKB48 SHOW!』も3月いっぱいで終了。日本テレビの『AKBINGO!』も9月25日で終了するなど、現在はAKB48による冠番組はなくなってしまいました。

AKB48グループでは人気の中堅メンバーの卒業も相次いでいる?

最近では、NMB48の山本彩さんやNGT48の北原里英さん、2019年4月28日にはアイドル随一の知名度指原莉乃さんが卒業した事も話題になりました。

現在のAKB48グループは、人気の中堅メンバーの卒業が相次いでいます。中には、『IZ*ONE』の活動に専念する為にHKT48を活動休止中の宮脇咲良さんなどもいます。

秋元康はAKB48を解散させるべきという声も

NGT48メンバー暴行事件の前にも、AKB48握手会傷害事件や捏造スキャンダルの多発など、メンバーにとっても好ましくない状況が続いています。

AKB48の人気が落ち目とは言え、過去の活躍から知名度はかなり高いものとなっています。今後もこういった事件や問題が起きる事が予測されます。

メンバーの身を案ずるファンからは、「秋元康はAKB48を解散させるべき」といった声もあります。かなり極論ですが、AKB48のメンバーの安全を考えれば、解散するのが手っ取り早い解決方法にはなりますね。

AKB48は2019年の紅白出場も危ぶまれている!

2018年のNHK紅白歌合戦には、11年連続で出場しているAKB48。ところが、NGT48メンバー暴行事件や中堅メンバーの引退により、2019年の12回目となる出演が危ぶまれています。

現在のメンバーの名前や顔は、ファン以外の一般人には知られておらず、仮に出場しても盛り上がらないのではないかと言われています。姉妹グループのIZ*ONEや日向坂46が代わりに出場するとも言われています。

AKB48への世間の反応は批判的?ファンも解散を望んでる?

現在のAKB48には、批判的な声が多く見受けられました。ネット上では「NGT事件以降、見るだけで気分悪くなる」「現メンバーの為にも解散させた方がいいと思う」といった投稿が相次いでいます。

また、「運営スタッフを変えて続けて欲しい」「今後の巻き返しに期待」と、解散して欲しくないというファンも多いようです。

解散説の原因?AKB48の人気が下降している理由は?売上の推移は?

なぜAKB48に解散説が浮上するようになったのでしょうか。人気が下降気味の理由は何でしょうか。AKB48のCDの売上から、これらを推測してみましょう。

最近ではAKB商法がうまくいかなくなっている?売上の推移は?

AKB48グループといえば、握手券や総選挙の投票券をCDに付属して販売するAKB商法が有名です。これにより、1人でCDを何枚も購入するファンが続出し、オリコンランキングの上位を独占する事が増えました。

ところが、最近ではAKB商法がうまくいかなくなっているとの事。マスコミはオリコンよりもビルボードを扱う事が増え、CD販売数だけでなく音源DLや動画再生数も考慮して順位付けされるようになったのです。

実際、2018年のビルボードのトップは米津玄師さんの『Lemon』。CDの売上で言えばAKB48グループも負けていませんが、2018年のビルボードで見れば10位程度だったようです。

メンバーのPRODUCE 48への挑戦でAKB48運営側の体制が明らかに

2018年6月から8月にかけて韓国で放送された『PRODUSE 48』では、IZ*ONEとしてのデビューをかけてAKB48メンバー39人が挑戦しました。

ところが、秋元康さん曰く「K-POPがプロ野球だとしたらAKB48は高校野球」。”未完成”である事を売りにしているAKB48メンバーは高い技術を持っておらず、かなり酷評される結果となりました。

また、審査に挑んだメンバーが「ボイトレなんて1回もした事ない」「1ヶ月とかでステージに出てる」と呟いた事も。”未完成”という売りは半ば必然的に生じていたようです。

AKB48メンバーはトレーニング不足?

これまでトレーニングを受けてこなかったAKB48メンバーは、明らかにトレーニング不足でした。K-POPアイドルに見られるキレのある動きや歌唱力はなく、スタイルやルックスも一目瞭然でした。

ところが、PRODUSE 48内でK-POPのトレーナーに指導されたAKB48グループのメンバーには、その才能を開花させた人物も多いようです。

実際にIZ*ONEとしてデビューした、HKT48の宮脇咲良さんと矢吹奈子さん、AKB48の本田仁美さんがその代表格。K-POPアイドルも含めた上位30人にもAKB48グループが7人ランクインしました。

AKB48がもし解散したら?メンバーは芸能界で生き残れるのか?

AKBがもし解散したらどうなるのでしょうか。これについてはネット上でたくさんの推測がされています。特に言われているのが、以下のような推測です。

「どうもならない」
「特に何も変わらない」
「みんなすぐ忘れると思う」

(引用:ガールズチャンネル – Girls Channel -)

現状、AKB48の人気が落ち目になっても世間が気にしている様子はありません。この事から、AKB48が解散したとしても特に変わる事はないとされています。では、解散したらメンバーはどうなるのでしょうか。

「名前を変えてAVに出演する」
「地下アイドルになる」
「一般人に戻る」

(引用:ガールズチャンネル – Girls Channel -)

現在のAKB48には名の知られたメンバーがいない為、芸能界で生き残る事は難しいとされているようです。実際、AKB48はグループで売り出している為、メンバー個人では人気も低いようです。

AKB48の姉妹グループは解散済み!?NGT48が解散しない理由は?

解散説が浮上しているAKB48ですが、姉妹グループは既に解散しているとの事。同じく姉妹グループであるNGT48は、暴行事件で騒動になったにも関わらずなぜ解散していないのでしょうか。

AKB48の姉妹グループ・SDN48はすでに解散していた!

AKB48の姉妹グループであるSDN48ですが、2012年3月31日に解散しています。SDN48は20歳以上のメンバーを中心に編成され、”40代以上のおっさん世代”を狙ったものの失敗したようです。

原因としては、AKB48と差別化できなかった事、スポンサーのGREEが撤退した事、選抜メンバー以外の給料が少なかった事が挙げられています。

AKB48も人気が落ち目である為、スポンサーの撤退やメンバーの給料低下があった場合には解散する可能性が高いと考えられます。

騒動になったNGT46が解散しない理由は?お金の問題?

暴行事件で騒動になったNGT48ですが、2019年10月現在も解散していません。スポンサーから契約を切られたり、新潟市の契約更改の保留など、大ダメージを負っているにも関わらずなぜ解散しないのでしょう。

噂されている理由の1つには、違約金の存在が囁かれています。NGT48を運営側が勝手に解散させた場合、各スポンサーに違約金の支払い義務が生じてしまいます。その為、解散せずに残っているようです。

大手スポンサーとの契約は終了したものの、中小スポンサーはまだ残っています。契約期間の満了によって契約を終了させる事が望ましく、それまで解散はしないのではないかと考えられています。

AKB48は解散間近?

いかがでしたでしょうか。AKB48の解散説について、お分かり頂けたと思います。NGT48メンバー暴行事件や人気メンバーの脱退により、人気がかなり低迷している事が分かりました。

ラジオやテレビの冠番組は終了し、握手会も行われず、挙句の果てにはデートイベントという事件が起きそうな事をわざわざ実施するとの事。これには流石にファンも呆れ果て、離れていく人も多いようです。

最近では指原莉乃さんの卒業ソング『ジワるDAYS』が話題になりましたが、2019年9月18日にリリースされたシングル『サステナブル』の知名度は低いように思われます。今後はどうなるのでしょうか。