AKB48の全盛期が凄すぎる!現在低迷した原因や神7の現在 エンタメ

AKB48の全盛期が凄すぎる!現在低迷した原因や神7の現在

AKB48の全盛期が凄すぎる!と言われる理由は何だったのでしょうか?シングル売上が圧倒的で、神7メンバーが凄かったと言われる時期や、AKB商法とは何か?現在のAKBが低迷している原因、台頭する坂道シリーズの存在など、AKB全盛期にまつわる話題を調査します!

目次

[表示]

AKB48の全盛期が凄すぎる!

2005年、秋元康さんプロデュースによる「会いに行けるアイドル」グループAKB48が東京秋葉原の劇場を舞台に誕生しました。

2006年「会いたかった」でメジャーデビューを果たしてからは、国民的アイドルグループへと成長し、SKE48やNMB48を代表とする姉妹グループが誕生し、社会現象ともなりました。

しかし、メンバーは年々入れ替わり、現在でも継続中のAKB48ですが、昔ほどの勢いはなくなったとも言われ、凄すぎる全盛期の思い出を懐かしむファンも多いようです。

AKBの全盛期はいつ?2010年〜2013年?

ではAKB48の全盛期とはいつ頃を示すのか?という疑問に関しては、人それぞれ感じる所は違うので定義は難しいのですが、2010年~2013年頃と言われる事が多いです。

2009年から行われているAKB選抜総選挙や、2010年からのAKBじゃんけん大会などは、ファンのみならず国民全体が注目を集めるイベントとして盛り上がりました。

中でも2010年頃からは熾烈なセンター争いも大きな目玉となり、CDシングルの売上も圧倒的な数字をたたき出していた時期でもあります。

神7とも呼ばれた全盛期のメンバー

その全盛期の総選挙で上位7名に入ったメンバーを称して「神7」と呼ぶ言葉が生まれました。では、全盛期の神7をカウントダウン式で紹介したいと思います。

まず7番目は板野友美さんです。男性受けするアヒル口が特徴で「ともちん」の愛称で親しまれたメンバーです。

6番目は「こじはる」こと小嶋陽菜さん。アイドルらしい顔の可愛さに加えて、マシュマロボディとも呼ばれる美しい体も好評で、女性ファンも多いメンバーでした。

5番目は初代総監督の高橋みなみさんです。AKB48の象徴とも呼ばれる高橋さんは、明るく元気なキャラクターで見事にAKB全盛期を作り上げた立役者と言っても過言ではありません。

4番目は渡辺麻友さんです。AKB史上もっともアイドルらしい人物として、清楚で可愛いルックスで総選挙1位の実績も残しました。

3番目は篠田麻里子さん。ショートカットで可愛い顔が人気で、じゃんけん大会で1位を獲った事もある強運も兼ね備えたメンバーでした。

2番目は、AKB48全盛期の熾烈なセンター争いを大いに盛り上げた大島優子さんです。可愛くて元気で色っぽさもある大島さんは、AKB総選挙で一躍国民的スターへの道を歩んだメンバーです。

そして神7の1位に輝いたのは、押しも押されぬスーパーエース前田敦子さんです。可愛い清楚な感じがAKB48を象徴しており、全盛期をけん引した功績は最も大きく、卒業時の衝撃は全国を震撼させるほどでした。

神7以外にも全盛期を盛り立てたメンバー

全盛期には神7以外にも人気のあったメンバーはたくさんいます。その方たちの功績も大きかったのは確かですので、何人か紹介したいと思います。

まず1人目は、指原莉乃さんです。不祥事でHKT48に移籍後にさらに人気を高め、全盛期を過ぎた後のAKBグループをけん引したマルチな才能は、全盛期にも優れたキャラでAKBを盛り立てました。

2人目は、峯岸みなみさんです。こちらも男性との不祥事で坊主頭にした事が大きな反響を呼びました。高橋みなみさん、小嶋陽菜さんとともに結成したユニットも好評でした。

3人目はまだ現役を続けている柏木由紀さんです。グラマーな体とAKBっぽい印象で根強いファンも多く、総選挙でも常に上位に食い込む人気メンバーです。

全盛期に派生して生まれた姉妹グループにも人気のあったメンバーがたくさんいます。NMB48では山本彩さん、渡辺美優紀さん。SKE48では松井珠理奈さん、松井玲奈さんなどが同時期に活躍を見せていました。

AKB48の全盛期に対する世間の意見は?

AKB48の全盛期に対して、世間の意見を見てみましょう。「ガールズちゃんねる」というサイトに投稿された意見をピックアップしてみました。各々の思いや懐かしむ声などたくさんの投稿がありました。

「2010年頃のAKBが好きだった。職場でも総選挙の話題でかなり盛り上がった記憶」「絶頂期はやっぱりオーラがあった。ブスと言われつつも特徴ある子が多くて個性豊かだった」

「前田敦子と大島優子がいた頃が好きだった。一番華やかでエネルギーがあった。」「ぶっちゃけ裏はギスギスしていそうな所も含めて好きだった」

AKB48の全盛期が凄いと言われる理由は?

AKB48全盛期の神7メンバーについて紹介してきましたが、その頃が凄いと言われる理由は、メンバーの個性以外にもいくつか考えられます。その理由についても徹底検証していきたいと思います。

理由① ライバルグループがいない

全盛期が凄いと言われる理由の1つ目は、当時活躍していた女性アイドルグループにライバルとなり得る存在が居なかった事が挙げられます。

2011年に結成された乃木坂46や、モーニング娘。など類似アイドルはいたものの、AKB48の勢いには歯が立たなかったと言われています。

理由② 大ヒットばかりのシングル

人気が上昇気流にのると、発売するシングル曲はどれも大ヒットするという現象も、全盛期の理由の1つとして挙げられます。

秋元康さんはかつて「おニャン子クラブ」をプロデュースした経験もあり、見事に策略が嵌ったと言われています。当時はつい口ずさんでしまう程、AKB48の曲はよく流れていました。

理由③ AKB商法を確立

全盛期の凄さを物語る言葉にAKB商法と呼ばれる商用テクニックでも話題となりました。同じタイトルのシングルを複数仕様にして売ったり、握手会や投票権付きのCDを販売したりする方法です。

このAKB商法によりかなり売上を伸ばす事ができるため、その後のアイドルグループが真似る傾向がありましたが、こういったやり方に批判の声も上がっていました。

理由④ 待遇が凄すぎる

全盛期が凄いと言われる理由の4つ目は、当時活躍していたメンバーへの待遇が凄すぎるという噂です。

高級エステや高級マンションの家賃などが全額負担されていたり、食事がタダだったりとバブリーな生活を送っていたようです。

理由⑤ 社会現象にもなったAKB48

最後5つ目の理由としては、国民全体がAKB48に注目したという点です。まさに社会現象とも呼ばれる程のブームを巻き起こした全盛期。

長引く不況や、ネット依存社会、高みを望まない人が増加した社会などが生み出した、国民的アイドルと分析する記事も見受けられました。

AKB48の全盛期のシングルを紹介!売上は?

2019年9月発売の「サステナブル」で56枚目のシングルをリリースしたAKB48ですが、ここからは全盛期にヒットしたシングルを中心に紹介していきたいと思います。

2010年のヒットシングルは?

2009年に選抜総選挙が初めて開催され、注目度が上がった2010年には、前田敦子さんをセンターに、ヒット曲を連発します。

「桜の栞」が40.4万枚、「ポニーテールとシュシュ」が74万枚と順調に売上を伸ばし、大島優子さんがセンターを務めた「ヘビーローテーション」が88万枚の大ヒットとなりました。

その後の「Beginner」では前田敦子さんセンターで、103.9万枚とこの年の最大の売上を記録しました。

じゃんけん大会でニューヒロイン誕生!

これまであまり目立たなかったメンバーでもセンターを狙えるじゃんけん大会がこの年からスタートしました。第1回を制したのは、内田眞由美さんでした。

内田眞由美さんがセンターを飾った「チャンスの順番」も69.4万枚の大ヒットとなり、AKB48の勢いを感じさせてくれました。

2011年のヒットシングルは?

2011年には前田敦子さんが総選挙で1位に返り咲いた事もあり、前田さん一色という布陣でヒットを連発させます。

「桜の木になろう」108.1万枚、「Everyday、カチューシャ」160.8万枚、「フライングゲット」162.5万枚、「風は吹いている」145.7万枚とミリオンセラーを連発。

じゃんけん大会を制したのは、神7の篠田麻里子!

2011年のじゃんけん大会では、既に超人気のあった篠田麻里子さんが1位になるという波乱の展開で話題となりました。

篠田麻里子さんセンターの「上からマリコ」は130.4万枚と、圧巻の実績を残しました。

2012年のヒットシングルは?

勢いそのままに、ミリオンセラーを連発させます。「GIVE ME FIVE!」143.6万枚、「真夏のSounds good!」182.2万枚と200万枚直前まで数字を伸ばします。

また、この年はエース前田敦子さんが8月に卒業するという波乱の年でもありましたが、前田さん不在でも人気は継続します。

大島優子さんセンターの「ギンガムチェック」131.6万枚、大島優子さん、松井珠理奈さんの「UZA」126.3万枚、島崎遥香さんの「永遠プレッシャー」120.6万枚という数字でした。

2013年のヒットシングルは?

全盛期最後と言われる2013年には、渡辺麻友さん、板野友美さん、小嶋陽菜さんなど多彩な方々がセンターを務め、前田敦子さんの穴を埋めました。

「So long!」113.2万枚、「さよならクロール」195.5万枚、「ハート・エレキ」129.4万枚など人気は衰える事はありませんでした。

指原莉乃時代はここから始まった!

この年の目玉は、何と言っても選抜総選挙で大島優子さんを破って1位に輝いた指原莉乃さんの存在でした。日本中が躍った「恋するフォーチュンクッキー」は154.9万枚の大ヒットとなりました。

この年の大晦日に大島優子さんの電撃卒業発表があり、一つの時代の区切りを迎えたAKB48グループ。ここから指原莉乃さんの快進撃が始まりました。

AKB全盛期の動画を紹介

AKB48全盛期にはミリオンセラーのヒット曲がたくさんある事が分かりました。それらをまとめて見られる動画も紹介したいと思います。

まず上の動画は2011年から2012年へのカウントダウン番組で披露した、2011年メドレーの動画です。「フライングゲット」「風は吹いている」などが見られます。

AKB48全盛期の動画2本目!

全盛期には年末の歌謡大賞や紅白歌合戦など、数々の番組でAKB48のヒット曲を見る事ができました。

続いて紹介するのは、有線音楽賞でのスペシャルメドレー動画です。定番の「フライングゲット」から始まり、「Everyday、カチューシャ」などを披露していました。

AKB48全盛期の動画3本目!

全盛期のシングルでは水着のMVなども多く披露しており、夏をイメージする曲での大ヒットもたくさんありました。

夏の名曲メドレーという事で、「ポニーテールとシュシュ」「真夏のSounds good!」などが見られるのが上の動画になります。

AKB48全盛期の動画4本目

2012年新春の金スマスペシャルでは、AKB48スーパーヒットメドレーがLIVEで放送されました。

思い出のデビュー曲「桜の花びらたち」も含まれた全14分の迫力のライブは、当時の勢いを感じさせる動画となっています。

AKB48の全盛期メンバーの現在は?

201年12月に渡辺麻友さんが卒業し、全盛期の主役だった神7メンバーは全員AKB48から姿を消しました。初代神7のその後の活動や現在の状況についてまとめてみましょう。

女優として活躍する神7メンバー

前田敦子さんは映画やドラマの主演女優として起用され、演技にも注目を集めています。俳優の勝地涼さんと結婚し、現在は一児の母として女優業を続けています。

大島優子さんもドラマなどで女優として活躍していましたが、2017年にニューヨークに留学した事でも注目を集めました。

その他、篠田麻里子さんや渡辺麻友さんも女優の道に進んでおり、篠田さんは2019年に結婚した事でも話題を呼びました。

NEXT:バラエティ、歌手、ファッション界で活躍する神7メンバー
1/2