AKB48神7の現在の仕事やプライベートまとめ!1番失敗は誰? エンタメ

AKB48神7の現在の仕事やプライベートまとめ!1番失敗は誰?

AKB48の伝説とも言える初代神7を中心に紹介します。AKB黄金期を作り上げた初代神7メンバーを紹介し現在の様子も見ていきます。また、当時のシングル曲や凄い復活エピソードも紹介。後半ではこれまでの総選挙の結果と共に歴代の神7についても一覧紹介していきます。

目次

[表示]

AKB48の初代神7が凄い!メンバーと卒業後の活動・プライベートを紹介!

AKB48の中でも伝説的存在「初代神7」が凄いと話題です。今回は、初代神7の7人を改めて紹介し、卒業後の活動についてやプライベートの様子などを詳しく紹介します。

神7とは?

「神7」とはAKB48の選抜総選挙で上位7位に入った7人を指し、この上位7人に入る事を「神7入り」と言います。

特に、第1回総選挙と、第2回総選挙の神7のメンバーは順位の変動はあったものの同一の7人(前田敦子、大島優子、篠田麻里子、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野友美)が選ばれています。

この7人は「初代神7」、「元祖神7」などと呼ばれ、初期のAKB48を国民的アイドルグループにまで押し上げ黄金期を作り上げた伝説的メンバーとして、現在でもファンの間で特別視される存在です。

神7メンバー① 前田敦子

  • 生年月日:1991年7月10日
  • 出身地:千葉県市川市
  • 身長:161cm
  • 血液型:A型

凄いと話題の初代神7の象徴的存在と言えるのがこの前田敦子さんです。前田敦子さんは2009年に開催された記念すべき第1回選抜総選挙で98名の候補者の中から見事1位を獲得しグループ1番人気を証明しました。

その後はAKB48の顔的存在として、アイドル活動以外のジャンルへも先頭を切って挑戦、2010年のNHK大河「龍馬伝」でAKB初の大河出演を果たし、女優としても脚光を浴びます。

人気絶頂の2012年、AKB48を卒業して本格的に女優に挑戦、2013年には、映画「クロユリ団地」「もらとりあむタマ子」の2作品で主演し、以降も女優として大活躍を続けています。

前田敦子の現在は?

前田敦子さんは、2018年7月に俳優の勝地涼さんとの結婚を発表し、同年9月には第1子を妊娠、2019年3月に男児の誕生を報告しています。

妊娠出産による育休を経て、現在は仕事復帰しています。2019年中には出演映画5作品が公開され、その内「旅のおわり世界のはじまり」「葬式の名人」の2作品で主演、女優としての人気をさらに上昇させています。

神7メンバー② 大島優子

  • 生年月日:1988年10月17日
  • 出身地:栃木県
  • 身長:152cm
  • 血液型:B型

前田敦子さんと人気1、2を長く争ってきたのが大島優子さんです。2010年の第2回選抜総選挙では白熱の展開の末、前回1位の前田敦子さんを抑え見事1位を獲得しファンを熱狂させます。

第3回総選挙では再び前田敦子さんに1位の座を明け渡して2位となるなどの名勝負を繰り広げました。アイドル活動の他、元子役の経歴を活かしてアイドル活動の傍ら女優としても活躍しています。

グループ卒業は2014年で、その後は主に女優として活躍、2017年放送のドラマ「東京タラレバ娘」では主演の吉高由里子さん、その友人役の榮倉奈々さんと共に仲良し3人組の1人を演じ話題になりました。

大島優子の現在は?

大島優子さんは、2017年8月から1年間、アメリカ・ニューヨークに語学留学し活動を一時休止していましたが、2018年10月に帰国、同年11月に活動を再開しています。

2019年には舞台「罪と罰」にヒロインとして出演。2019年後半のNHK朝ドラである「スカーレット」では女優・戸田恵梨香さん演じるヒロインの幼馴染の親友役として出演し注目を集めています。

神7メンバー③ 篠田麻里子

  • 生年月日:1986年3月11日
  • 出身地:福岡県糸島市
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型

篠田麻里子さんはAKB48オーディションで落選し、その後はAKB48劇場内のカフェに勤務していたところファンからの人気が上昇、カフェっ娘であるにも関わらずメンバー人気投票で1位になってしまいます。

それを聞きつけたプロデューサー秋元康氏が篠田麻里子さんを特例でAKB48メンバーに抜擢、以降はドSキャラを前面に押し出し「まりこ様」の愛称で人気が急上昇、総選挙でも上位常連となります。

その後、2012年にはチームAのキャプテンに就任するなどグループを引っ張り、2013年7月をもってAKB48を卒業し。以降はモデル、タレント、女優として活躍しています。

篠田麻里子の現在は?

他の神7メンバーと比較して、卒業後が最も悲惨と言われているのがこの篠田麻里子さんです。

卒業後は自身のファッションブランドを立ち上げたものの色々あって倒産、女優活動の人気も上がらず出演はちょい役がほとんど、タレントとしての人気も獲得できずレギュラー番組はほぼ無し。

鳴かず飛ばずといった状況に往年のファンから心配されましたが、2019年2月には3歳年下の一般男性との結婚を発表し、幸せいっぱいの笑顔とコメントを発信、ファンを安心させています。

神7メンバー④ 渡辺麻友

  • 生年月日:1994年3月26日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:156cm
  • 血液型:AB型

渡辺麻友さんは、初代神7メンバーの中で最も長くAKB48で活躍し、他の神7メンバーが卒業した後のAKB48を支えた存在です。清楚なルックスの王道アイドルとして人気を集めました。

プロデューサー秋元康氏からも「天性のアイドル」と評され、大物テレビプロデューサー・きくち伸氏からは「80年代でもハマる平成のアイドル」と評されるなど、THEアイドルとでもいうべき存在でした。

渡辺麻友の現在は?

渡辺麻友さんは天性のアイドルの呼び名にふさわしく、アイドルとしてのプロ意識がグループ内でもずば抜けて高く、AKB時代は徹底的に恋愛禁止を貫きました。

そのため、卒業後の現在の恋愛ネタに期待が集まっているのですが、恋愛の仕方がわからないようで、本人曰く「びっくりするほど何もない」との事です。

そんな渡辺麻友さんは2019年現在、女優として活躍の場を広げており、2019年前期のNHK朝ドラ「なつぞら」には主要キャストの1人として出演。今後はさらに女優業に力を入れていくとの事です。

神7メンバー⑤ 高橋みなみ

  • 生年月日:1991年4月8日
  • 出身地:東京都八王子市
  • 身長:148cm
  • 血液型:AB型

高橋みなみさんはAKB48の初代総監督を務めるなど、グループを中心になってまとめてきました。責任感が強く優しい性格で、後輩メンバー達からも慕われました。

2016年4月にAKB48を卒業し、その後は主にタレントとして活躍しています。トーク力に定評があり、これまでに数多くのテレビ番組でMC役を担当しています。

高橋みなみの現在は?

高橋みなみさんは、2019年5月1日に15歳年上の一般男性との結婚を発表し、自身のインスタグラムで白地に「よめ」「だんな」と書かれたTシャツ姿のツーショット写真を投稿した事でも話題を集めました。

現在はテレビ番組などで旦那さんとの新婚生活でのエピソードを次々と披露し、視聴者を大いに楽しませています。

神7メンバー⑥ 小嶋陽菜

  • 生年月日:1988年4月19日
  • 出身地:埼玉県さいたま市
  • 身長:164cm
  • 血液型:O型

初代神7の中では最もマイペースでおっとりとした性格の小嶋陽菜さんは「こじはる」の愛称で女性からも高い人気があります。

バランスのとれた抜群のスタイルを活かしアイドルのかたわらファッションモデルとしても活動、ファッション誌「MAQUIA」の専属モデルや「sweet」のレギュラーモデルとして活躍しました。

AKBからの卒業は2017年4月、以降はモデル業やファッションブランドのプロデュースなど、ファッション業界で活躍を続けています。

小嶋陽菜の現在は?

2019年現在の小嶋陽菜さんは、自らが手がけるファッションブランド「Her lip to」に関わる活動や、モデルとしての活動などに力を入れています。

恋愛面では5歳年下のIT関連の若手社長との熱愛が報じられており、結婚間近では?とも言われてるようで、公私ともに順調な様子を見せています。

神7メンバー⑦ 板野友美

  • 生年月日:1991年7月3日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:154cm
  • 血液型:A型

アイドルとしては珍しいギャル系のルックスで、AKB48の中でもひときわ個性を放っていた板野友美さんは、2008年からはギャル系ファッション誌「Cawaii!」の専属モデルに抜擢されています。

板野友美さんのこうした活躍によって、それまで男性ファンが中心だったAKB人気を女子層にも大きく広げるなど、グループ全体の人気を大きく押し上げるのに重要な役割を果たしたのでした。

AKB48からの卒業は2013年8月で、以降はソロでの歌手活動を中心に、女優やタレント、モデルなど幅広い活躍を見せています。

板野友美の現在

板野友美さんは2019年10月現在も幅広い活動を続けており、2019年10月18日にはミニアルバム「LOCA」のリリースが決まっています。

併せて公開されたアルバムのイメージビジュアルが「色っぽい!」「大人っぽい!」「超いい女!」などの反響を集め話題です。

また、女優としては、2019年8月に公開された映画「プリズン13」に主人公の姉役で出演、物語の鍵を握る重要な役割を果たしています。

初代神7が10年ぶりに復活!映像を紹介

ここまでAKB48の黄金期を支えた「初代神7」一人一人を紹介してきました。そんな初代神7が10年ぶりに復活したとして話題を集めています。

AKB4810周年コンサートで神7が復活

上の動画は「AKB10周年イベント」の様子です。初代神7をはじめ多くの卒業メンバー達が集合し往年のファンを喜ばせました。

また、2017年に開催された「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」でも神7メンバーが集結、会場に集まったファンを熱狂させたのでした。

黄金期のAKBが凄い!神7の動画を紹介

「AKB48夏の名曲スペシャルメドレー」の動画です。初代神7メンバーを中心に「Everyday、カチューシャ」「ポニーテールとシュシュ」「真夏のSounds good !」のヒット曲メドレーです。

こちらは、初代神7の卒業発表シーンをまとめた動画です。メンバーそれぞれが違った顔を見せて、ファンの反応も様々。AKB48が個性豊かなグループである事が伝わる動画になっています。

初代神7を中心としたAKB48初期メンバーによるヒット曲メドレーです。「このキラキラした感じはこの頃のAKBにしか出せない」と往年のファンから絶賛されています。

初代神7が参加したAKB48のシングルは?

続いては、初代神7が全員いた時代のAKB48のヒットシングルを紹介していきます。

フライングゲット

まずは2011年にAKB48の22枚目のシングルとしてリリースされた「フライングゲット」です。

メンバーによるアクションシーンがふんだんに盛り込まれたミュージックビデオが話題になった楽曲です。現在もファンから印象深い曲として度々名前が上がります。

ヘビーローテーション

2010年に17枚目のシングルとしてリリースされた「ヘビーローテーション」もAKB48初期の大ヒット曲です。当時はまさにAKBの人気絶頂期で、街の至る所でこの曲が流れていました。

ポニーテールとシュシュ

2010年5月にリリースされた16枚目のシングル「ポニーテールとシュシュ」です。初代神7を中心とするメンバー達がポニーテールの水着姿でビーチで踊るミュージックビデオが話題になりました。

その後の神7は?歴代神7一覧!

ここまでは初代神7について詳しく書いてきましたが、ここではその後の歴代の神7についても年毎に詳しくに紹介していきます。

第2回総選挙の神7

2010年に開催された第2回選抜総選挙のメンバーは第1回と同じでしたが、順位が変動しています。前年1位だった前田敦子さんを抑え1位に輝いたのは大島優子さんでした。

2位は前田敦子さん、3位に篠田麻里子さん、4位に板野友美さん、5位に渡辺麻友さん、6位に高橋みなみさん、7位に小嶋陽菜さんが続いています。

第3回総選挙の神7

2011年の第3回総選挙では、前年2位に転落した前田敦子さんが1位に返り咲き、2位は再び大島優子さんという事で、この頃から前田敦子さんと大島優子さんはライバルのような関係に見られるようになります。

3位は前回8位の柏木由紀さんが大躍進し神7入り、4位は篠田麻里子さん、5位は渡辺麻友さん、6位は小嶋陽菜さん、7位に高橋みなみさんが続きます。板野友美さんは8位で神7から弾き出されてしまいました。

第4回総選挙の神7

2012年の第4回選抜総選挙は、前田敦子さんが不参加という事で話題になりました。1位には大島優子さんが輝き、2位には渡辺麻友さんが台頭、3位には前年に続いて柏木由紀さんが入ります。

4位には、ついに頭角を現し始めた指原莉乃さんがランクイン、5位に篠田麻里子さん、6位に高橋みなみさん、7位に小嶋陽菜さんの常連の3人が並びました。

NEXT:第5回総選挙の神7
1/2