尾崎豊の死因の真相とは?遺体の写真・遺書の内容や創価学会について エンタメ

尾崎豊の死因の真相とは?遺体の写真・遺書の内容や創価学会について

26歳という若さで亡くなった尾崎豊さん。彼の死には、報道された”肺水腫”以外の死因があるとの事。ネット上では、自殺や他殺、覚せい剤の乱用、妻による謀殺、創価学会の圧力が推測されています。尾崎豊さんの死の真相や遺体の写真、遺書の謎についてまとめました。

目次

[表示]

尾崎豊の死因は肺水腫だった?遺体写真は?

1992年4月25日、若者のカリスマ的存在でもあった歌手・尾崎豊さんが亡くなりました。自宅マンションから約500メートル離れた場所で、全裸で傷だらけの状態で倒れていたようです。

尾崎豊さんの死因は、肺水腫だったと言われています。尾崎豊さんの死の真相を知る前に、まずは当時の状況や報道内容、遺体の写真についてご紹介させて頂きたいと思います。

尾崎豊の直接死因は肺水腫!身体衰弱から肺水腫に?

尾崎豊さんの直接的な死因は肺水腫とされています。肺水腫は肺に水が溜まってしまう病気で、健康状態であれば水は排出されるものの、衰弱していた尾崎豊さんの体は水を排出する事ができなかったようです。

本当の直接死因は「外傷性くも膜下出血」だったという説も?

尾崎豊さんの死体検案書のコピーが流出した事があり、そのコピーによると死因は”肺水腫”ではなく”外傷性くも膜下出血”と記載されていたようです。

外傷性くも膜下出血とは、頭部に強い衝撃が与えられる事で起こる病気。脳に出血が広がり、激しい頭痛や嘔吐、意識障害、酷い場合は半身麻痺や言語障害、最悪の場合は死に至る恐ろしい病気です。

この事から、尾崎豊さんは他殺されたのではないかという疑惑が浮上しました。しかし、その死体検案書のコピーが本物であるかどうかも疑いがかけられています。本当の死因は何なのか、真相は未だ不明です。

尾崎豊の遺体は身体中が傷とアザだらけだった?

尾崎豊さんが他殺されたという説が出回った原因には、傷とアザだらけの遺体写真が流出した事も考えられます。週刊誌に掲載された尾崎豊さんの遺体は、とても痛々しいものでした。

尾崎豊さの妻・繁美夫人は自殺説を主張していますが、この主張は他殺説が囁かれるようになった後の事。それが余計に「繁美夫人による他殺ではないか」と言われてしまったようです。

【閲覧注意】尾崎豊の遺体写真は?

8385 / Pixabay

実際に週刊誌に掲載された尾崎豊さんの遺体写真ですが、あまりにショッキングな写真である為、こちらで掲載する事はできません。気になる方は検索すれば見る事ができますので、自己責任でご覧ください。

尾崎豊の死の真相とは?妻による他殺説まで浮上?

尾崎豊さんの死には、多くの謎や不明な点が存在しています。その為、報道された死因とはまた別に多くの死因が噂されるようになりました。

ここからは、ネットユーザーによる尾崎豊さんの死の真相の推測や考察について、ご紹介させて頂きます。

本当の死因?①多忙による身体衰弱?

最も知れ渡っているのが、多忙による身体衰弱の噂。当時の尾崎豊さんは若者からかなりの人気を誇っており、個人事務所を立ち上げてからは特に多忙を極めていたとされています。

噂によれば、当時の尾崎豊さんは睡眠時間が少なく、忙しさのあまり食事も喉を通らなかったようです。唯一、口にしていたのは尋常じゃない量のウイスキーだったようで、アルコールに頼った生活だったようです。

尾崎豊さんは肺水腫が原因で亡くなったと報道されましたが、肺水腫で亡くなる多くの例は体が衰弱状態に陥った場合とされています。この事により、身体衰弱の状態だった事が推測されています。

本当の死因?②覚せい剤使用による身体衰弱?

尾崎豊さんは過去に薬物で逮捕されていた事もあり、死因も薬物の使用が関係しているのではないかと当時は話題になりました。実際に、司法解剖した際には肺に覚せい剤中毒の症状が見られたようです。

亡くなる直前、尾崎豊さんはブロック塀に頭を何度も打ち付けていたそうです。とても正常な思考ではなかったと思われる為、覚せい剤を使用した事による精神錯乱状態だったのではないかと考えられています。

彼の体内から見つかった覚せい剤は致死量を超えていたそうです。多忙な日々のストレスに耐え切れずに乱用したのか、第三者から投与されたのか、覚せい剤を使用した経緯については不明です。

本当の死因?③妻による他殺?

上述の通り、尾崎豊さんの遺体は傷やアザだらけで、死体検案書のコピーにも”外傷性くも膜下出血”が死因であると記載されていました。この事から、他殺の可能性が高いと推測されているようです。

では誰が殺したのかというと、たびたび名前が挙がるのが妻・繁美夫人。尾崎豊さんが亡くなった後は、意図不明な言動が目立ったり、尾崎豊さんの遺書を捏造したとも言われています。

また、繁美夫人は尾崎豊さんと不仲な関係にあったともされています。尾崎豊さんは女優の斉藤由貴さんと不倫しており、繁美夫人に離婚を切り出した事もあるとされています。殺害の動機には十分ですよね。

妻がテレビ朝日とジャーナリストを相手取り民事訴訟へ

Pexels / Pixabay

1994年には、テレビ朝日が”妻と知人が覚せい剤を飲ませて殺害した”という説を主張・検証する番組が制作されました。当時は妻による他殺説が濃厚で、世間でも騒がれていたそうです。

ところが、妻・繁美夫人がテレビ朝日と番組制作に携わったジャーナリストを相手に民事訴訟を起こした為、番組が放送される事はありませんでした。

8年間に及ぶ全ての訴訟で妻が勝訴

qimono / Pixabay

裁判は8年間に及び、結果は繁美夫人が全ての訴訟で勝訴。繁美夫人が尾崎豊さんの死亡に関与していたかは不明ですが、実際に制作された番組を見てみたいというファンも多いようです。

本当の死因?④「俺が尾崎を殺した」という人物が登場

尾崎豊さんが亡くなって15年後の2007年、「俺が尾崎を殺した」と主張する男性が現れました。彼は尾崎豊さんの知人で、飲みに誘うと薬物入りの酒を飲ませ、仲間と集団リンチをして殺したと証言しました。

男性は「暴行の理由は言えない」と語りました。尾崎豊さんの妻・繁美夫人に疑いの目が向けられていた事もあり、男性は繁美夫人に雇われたのではないかと推測されました。これにより、妻の謀殺説が濃厚になりました。

とはいえ、この男性の証言には証拠や根拠が何もなく、ただの狂言ではないかとの見方もあります。尾崎豊さんはかなりの有名人である為、こういった人物が出てきてもおかしくはありませんよね。

本当の死因?⑤創価学会が主犯による他殺?

創価学会の”総体革命”というものをご存知でしょうか。この革命は、創価学会が政界や教育界、医療界、芸能界などの多くの界隈に人材と投入し、影響力を確保しようとしたものとされています。

尾崎豊さんもその1人だったようで、両親が創価学会の会員だったのではないかと推測されています。というのも、尾崎豊の父がテレビのインタビューを受けた際、背景の仏壇に創価学会の特徴が見られたそうです。

ところが、1991年には家族全員で創価学会を脱会したという噂も。これにより、若者に強い影響力を持つ尾崎豊さんが学会の悪い話をするのではないかと恐れ、他殺されたのではないかとされています。

尾崎豊の死の真相とは?

結局のところ、尾崎豊さんの死因は不明のままです。全てを知る本人は既に亡くなっていますし、どんなに考察したところでただの推測でしかありません。今後も尾崎豊さんの死の真相が明かされる事はないでしょう。

尾崎豊は遺書を残していた?2通に渡る遺書の内容とは?

尾崎豊さんは、亡くなる前に2通の遺書を残していたようです。その遺書の内容やエピソード、信憑性についてご紹介致します。全文は長文である為、掲載は控えさせて頂きますが、検索すれば全文見る事ができます。

尾崎豊の遺書の内容とは?妻が長男の物心着くまで非公開を希望した?

Free-Photos / Pixabay

尾崎豊さんの遺書の1通は、彼のセカンドバッグから見つかりました。破ったB5のルーズリーフを使われており、内容は「ずっと死にたいと思っていました」「さようなら、私は夢を見ます」などと書かれています。

2通目は、尾崎豊さんの母・絹枝さんの遺影の脇に置かれていました。妻を”女神”、長男を”天使”に例え、2人の幸せを願う内容になっています。全文が血で書かれている事から、”血染めの遺書”と呼ばれています。

遺書が公開されたのは2011年と、尾崎豊さんが亡くなってから19年後の事。というのも、妻・繁美夫人が当時まだ幼かった長男の物心が着くまで非公開を希望したそうです。

尾崎豊は自殺を考えていた?

尾崎豊さんの父・健一さんが以下のように語ったことがあります。

「豊は気分が落ち込んでいるときに、突発的に遺書のようなものを書くことがあった。亡くなる3年前に自殺を考えたことがあるらしいが、そのときに書いた可能性もある」

(引用:クリック探偵)

特に1通目のルーズリーフに書かれた遺書については、死ぬ直前に書いたものではないと考えられています。

尾崎豊の兄と父は遺書に疑問を抱いている

qimono / Pixabay

尾崎豊さんの兄・康さんと父・健一さんは、2通目の”血染めの遺書”について疑問を抱いているそうです。父・健一さんは以下のように語りました。

「豊が遺書を書いてたって? 見たことは一度もないねぇ。これ、本当の遺書なの?」

(引用:クリック探偵)

康さんと健一さんは遺書の存在を知らなかったようです。公表したのは妻の繁美夫人ですが、普通であれば親族にも遺書を見せるはずですよね。繁美夫人の不自然な行動が疑問視されています。

尾崎豊の死の直前には何があった?死亡時の時系列まとめ

尾崎豊さんの死因の推測や遺書の謎に触れたところで、尾崎豊さん死亡時の時系列を整理しましょう。

1988年に覚せい剤取締法違反で起訴&執行猶予付きの懲役刑

katicaj / Pixabay

1988年1月11日、尾崎豊さんは覚せい剤取締法違反で起訴されます。この時、同月中に開催を予定していた日本武道館公演は幻に終わりました。

同年2月22日には、東京地方裁判所にて懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下されました。この日の午後1時30分頃には、東京拘置所から釈放されています。

1992年4月25日早朝に尾崎豊さんが倒れているところを住民が発見

MRI / Pixabay

覚せい剤取締法違反で起訴されてから約4年後の1992年4月25日、早朝に尾崎豊さんが泥酔状態で東京都足立区千住河原町の民家の庭で倒れているところを住民が発見。警察に通報されました。

病院に搬送され、医師からは「生命に関わる状況のため専門医の診察を」

救急車で東京都墨田区にある白鬚橋病院に搬送されると、医師から「生命に関わる状況のため専門医の診察を」と言われます病院には妻・繁美夫人と兄・康さんが駆け付けました。

妻の判断で自宅に帰宅

PIRO4D / Pixabay

ところが、専門医の診察をする事なく、妻・繁美夫人の判断で自宅マンションに帰宅。家族やマネージャーが見守る中、尾崎豊さんは暴れたり眠ったりという情緒不安定な状態が続いていたようです。

尾崎豊自身が「帰りたい」と願ったから帰宅した?

rawpixel / Pixabay

尾崎豊さんに専門医の診察を受けさせず、自宅マンションに帰宅させたのには、尾崎豊さん自身が「帰りたい」と願っていたとされています。

とはいえ、泥酔状態である人物の発言を真に受ける必要はありませんし、生命に関わる状況であるなら、なおさら専門医の診察を受けた方が良かったですよね。

午前10時に容体急変で呼吸停止

Bru-nO / Pixabay

午前10時頃、尾崎豊さんの容体が急変。呼吸停止の危篤状態となり、再度病院に運ばれる事になります。

再び病院に運ばれるも死亡

次に運ばれたのは、日本医科大学の緊急病棟。医師による蘇生措置が行われましたが、午後0時6分に死亡が確認されました。26歳という若さで、この世を去る事となってしまいました。

享年26歳!日本が誇るシンガーソングライター・尾崎豊のプロフィール

尾崎豊さんは、若者世代からカリスマ的存在として扱われた伝説のシンガーソングライターです。反社会的な歌詞や破壊的なパフォーマンスは、日本の音楽シーンに大きな影響を与えました。

1965年11月29日生まれで、26歳に亡くなりました。2019年9月現在も生きていれば、53歳になっていました。兄の康さんは弁護士、父の健一さんは元陸上自衛隊の事務官を務めていたようです。

息子の尾崎裕哉さんは、現在シンガーソングライターとして活躍しています。現在は30歳になり、かつての尾崎豊さんよりも年上となりました。彼の歌声は”尾崎豊の生き写し”と呼ばれ、多くの方に支持されています。

尾崎豊の死因は未だに不明、今後も明かされる事はない?

いかがでしたでしょうか。尾崎豊さんの死因に関する数々の推測、遺体の写真、残された2通の遺書の謎、死亡するまでの時系列についてもお分かり頂けたかと思います。

上述でも言いました通り、尾崎豊さん本人が亡くなっている為、死因については原因不明、今後も明かされる事はないと思われます。今でも考察や推測はされていますが、あくまで噂の域を出る事はないでしょう。