尾崎豊のイケメンでかっこいい髪型やファッションを一挙紹介! タレント

尾崎豊のイケメンでかっこいい髪型やファッションを一挙紹介!

若者達のカリスマ的存在だった尾崎豊さん。彼の残した楽曲はもちろん、男前でイケメンな尾崎豊がファンから愛され続けています。スタイルも良くて美少年である尾崎豊さんのファッションや、かっこいい髪型を多数の画像と動画でご紹介していきます!

目次

[表示]

誰もがイケメンで男前と口にする尾崎豊の画像・動画集!

26歳という若さでこの世を去りながら、今なお多くのファンに愛され続けている尾崎豊さん。ここからは、とにかくイケメンで男前な尾崎豊さんの画像をお楽しみください!

尾崎豊は歌っている姿がイケメンすぎる!

横顔がとてもかっこいいです。激しいパフォーマンスとのギャップに、女性ファンのみならず男性ファンも惹かれてしまうのでしょう。

尾崎豊さんが10代の頃は、社会に対する疑問や反抗心を歌にして、「10代の教祖」「若者のカリスマ」と呼ばれていました。

尾崎豊さんが音楽を始めたきっかけは、兄・康さんの使われていないギターを手に取ったことでした。その時尾崎さんはまだ小学生でした。

1991年の横浜アリーナでの尾崎豊さんです。大人になり「美少年」ではなくなりましたが、男前ぶりは健在です。

魂を込めて歌う尾崎豊さんの横顔は本当にかっこいいです!

中学生時代には生徒会副会や文化祭実行委員長を務める一方で、喫煙で停学処分が下ったこともあったそうです。

ライブ中の尾崎豊さんは汗だくですが、その姿もまたかっこいい!男前です!

尾崎豊さんが時折見せる微笑みに、ファンは歓喜しました。まさに美少年です。

まだあどけなさが残る美少年・尾崎豊さんです。1984年3月15日、新宿ルイードで開催されたデビューライブの画像です。

とても素敵な笑顔です。尾崎豊さんの笑顔、もっとたくさん見たかったですね。

青山学院高等部に通っていた尾崎豊さんですが、高校時代も喫煙やバイク事故で停学処分を受けたり、飲酒して大学生と乱闘騒ぎを起こし警察が出動するまでとなり、無期停学処分を受けました。

無期停学処分を受けたことが契機となり、16歳でCBSソニーのオーディションを受け合格。のちに高校は自主退学しています。

初の単独野外スタジアムでのライブとなった、大阪球場でのリハーサルの様子を写した1枚です。1985年8月25日に開催されたこのライブでは2万6,000人を動員しました。この時、尾崎豊さんは19歳でした。

イケメンはサングラスがとても似合いますね。

デビューライブ、18歳の尾崎豊さんです。美少年という言葉がピッタリです。

デビューから3年間、10代の写真は全てモノクロで統一されています。尾崎豊さんの繊細さや荒々しさ、完成されていない若さを伝えるために徹底されていたそうです。

物憂げな表情の尾崎豊さんもかっこいいですね。

1984年8月4日にライブイベント「アトミック・カフェ」が日比谷野外音楽堂で行われました。尾崎豊さんは高さ7mもある照明台から飛び降り、左足を骨折します。

この画像はその直後、スタッフに支えられながら歌う姿を写した1枚です。このライブでは最後まで歌い切りましたが、この日以降のスケジュールが全てキャンセルとなりました。

あどけない笑顔を見せるイケメンの尾崎豊さんです。

1987年8月に開催された、広島平和コンサート「ALIVE HIROSHIMA\’87」に出演。同じく出演していた渡辺美里さんのライブ中に、飛び入り参加したそうです。お2人共とても楽しそうですね。

イケメンで男前の尾崎豊さんが見せる切ない表情が、ファンの心を掴みます。

センスあふれる楽曲ジャケットも美少年でかっこいい!

4作目のアルバム「街路樹」のジャケット画像です。当初、1987年4月にリリース予定でしたが、延期が重なり最終的に1988年9月1日にリリースされました。

3作目のアルバムまで統一されていたモノクロ写真のジャケットから一転、カラー写真のジャケットとなりました。20代となった尾崎豊さんも大人かっこいいです。

ファーストアルバム「十七歳の地図」のジャケットです。顔をはっきりとは写さず、“17歳の少年が壁から飛び降りる”というインスピレーションから生まれたものです。

1987年にリリースされたシングル「核(CORE)」のジャケット写真です。

尾崎豊さん20歳の誕生日前日である、1985年11月28日にリリースされたアルバム「壊れた扉から」のジャケットです。

デビューアルバムからシングルカットされた「十七歳の地図」は、1984年3月にリリースされました。尾崎豊と言えば、白Tシャツにジーンズという印象が強い方も多いのではないでしょうか。

こちらもアルバム「十七歳の地図」からシングルカットされ、1991年3月にリリースされた「I LOVE YOU」です。写真のような、また絵のようなジャケットが印象的です。

尾崎豊さんの死後、初のベストアルバム「愛すべきものすべてに」が1996年9月にリリースされました。目を伏せ手で顔を半分隠しているのに、イケメンということがわかります。

1999年3月にリリースされた、尾崎豊さんの未発表音源アルバム「風にうたえば」のジャケットです。髪の乱れもまたかっこいいです。

尾崎豊さんの17回忌にあわせて、ファンからのリクエストをもとに人気の高い曲を選んで制作された、ラブソング曲集「WEDNESDAY ~LOVE SONG BEST OF YUTAKA OZAKI」です。

このアルバムは、2008年4月にリリースされました。肩を出した少しセクシーで男前な尾崎豊さんも素敵です。

1987年に尾崎豊さんが覚醒剤取締法違反で逮捕されたことにより一時活動を休止、翌年1988年に活動を再開する際にリリースされたのが、この「太陽の破片」でした。

光に向かって手を伸ばす尾崎豊さん、かっこいいです。

尾崎豊さんの10回忌にあたる2001年4月25日にリリースされたシングル「Forget-me-not」です。10代最後のアルバム「壊れた扉から」からのシングルカットで、映画主題歌に起用されています。

ジャケット写真も10代の美男子・尾崎豊さんが使われています。

現在までに3度シングル化されている「OH MY LITTLE GIRL」。この画像は1994年にテレビドラマの主題歌に起用され、シングルCDとして発売された際のジャケットです。

尾崎豊さんのCDジャケットの中では数が少ない、カメラ目線の写真が起用されています。

1991年5月に約3年ぶりとなるライブツアー「TOUR 1991 BIRTH」がスタート、そしてこのツアーが生涯最後のライブとなりました。

そのツアー初日の様子が収められたDVD「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」のジャケットは、尾崎豊さんの素敵なスタイルがはっきりわかる全身写真となっています。

尾崎豊さんの遺作アルバムとなった「放熱の証」は、尾崎豊さんの死後1992年5月にリリースされました。十字架の上に横たわった尾崎豊さんの横顔は、かっこいいですが切なくなります。

1985年3月に発売されたセカンドアルバム「回帰線」のジャケットです。このアルバムは大手音楽チャートで初登場1位を獲得しています。岩につかまる尾崎豊さんを強調して撮影されたそうです。

雑誌の表紙を飾ったことも!セクシーでかっこいい!

雑誌「ROCKIN\’ ON JAPAN」1987年11月号の表紙を飾っています。力強い眼差しがとても男前ですね。

雑誌「ローリングストーン」2011年7月号の表紙です。伏し目がちな尾崎豊さんもかっこいいですが、こんな笑顔も素敵です。

1985年12月に発刊された雑誌「B-PASS 創刊号」で表紙を飾りました。遠くを見つめる尾崎豊さん、イケメンですね。

2015年11月に発売された「ロック ジェット」VOL.63は、若い頃の尾崎豊さんが表紙となっています。

尾崎豊さんの没後25年に特別出版された「尾崎豊 Forget Me Not(別冊宝島)」です。2017年4月に発売されました。美少年・尾崎豊のこちらを見つめる視線にドキッとします。

1998年5月に発行された「マンスリー・エム」の創刊2号では、七回忌にあわせて尾崎豊さんが特集されました。笑顔の尾崎豊さんが表紙を飾るのは少なく、イケメンの笑顔に癒されます。

1991年2月号の「月刊カドカワ」です。スーツに中折れ帽というあまり見ないスタイルが新鮮です。

2019年4月に発行された「Pen」の表紙を、尾崎豊さんが飾っています。少し虚ろな目線の尾崎豊さんです。

尾崎豊はプライベートでもイケメン!

尾崎豊さん16歳のプライベート写真です。若い頃からイケメンです。

中学時代を共に過ごした同窓生との写真です。少し下から見上げてこちらを見る尾崎豊さんは、かなりの美男子です。

学生時代の尾崎豊さんです。クラスにこんな美男子がいたなんてうらやましいです。

移動中の尾崎豊さんです。何かに打ち込む姿もかっこいいですね。

1985年に大阪球場で行われたライブの会場での1ショットです。サングラスで男前度がアップです。

1988年に入籍した奥様・繁美さんと、息子・裕哉さんとの3ショットです。父の顔でも男前です。

尾崎豊さんが、珍しく足を投げ出しギターを弾いています。朝霧高原でMV撮影後の尾崎豊さんのかっこいいショットです。

親友の吉川晃司さんとのツーショットです。2人共イケメンですね。

NEXT:尾崎豊のかっこよすぎるインタビュー動画は?
1/2