安達祐実の母・安達有里の現在は病気?不仲説の真相やAV出演など エンタメ

安達祐実の母・安達有里の現在は病気?不仲説の真相やAV出演など

安達祐実さんの母親でタレントの安達有里さんは一時安達祐実さんと不仲で絶縁状態と噂されました。今回は、安達有里さんが過去に出した写真集やAVについて、告白した整形について、そして元旦那井戸田潤さんとの確執についてや実家、2人の現在についてまとめました。

目次

[表示]

安達祐実の母・安達有里の現在は?不仲説は本当?

安達有里さんは、子役からの芸能活動で有名な女優、安達祐実さんの母親です。

そんな安達有里さんですが、48歳になってからヌード写真集を出版したり、高額の全身整形手術を受け告白したことで話題になりました。

こちらでは安達有里さんのプロフィールや写真集発売、AV出演に関して紹介いたします。

安達祐実の母・安達有里のプロフィールと画像!

  • 生年月日:1957年8月30日
  • 出身地:東京都台東区浅草
  • 血液型:AB型
  • 職業:タレント

安達有里さんは、女優の安達祐実さんを人気女優にしたステージママとして有名で、安達祐実さんの幼少期には安達祐実さんのマネージャーをしていました。

安達有里さんは、タレント活動の一つとしてヌード写真集を出し、多くの人を驚かせました。

2006年に写真集「Myself」を出版!裏方から表舞台に!

安達有里さんは2006年に48歳という年齢で「Myself」というヘアヌード写真集を出しました。突然の写真集に多くの人が驚きました。

また、母親のヘアヌード写真集発売に関して安達祐実さんは、撮ってしまったのものは仕方ないとして反対する様子はメディアの前で見せませんでした。

ドラマ出演・写真集「Beauty Smile」も出版!整形やAV出演も?

また、安達有里さんはヘアヌード写真集発売の2年後、次はヌード写真集「Beauty Smile」を発売しました。

安達有里さんはこの写真集のために全身を美容整形手術したことも公表し、整形にかかった金額は609万円と語っています。

また、2009年にはAV「TABOO」を発売し、翌年セクシーイメージDVD「jouet」を発売。この撮影のために顔全体を整形し、380万円ほどかけたとのこと。

若い彼氏が家を出入り?娘を警戒するように

安達有里さんは、若い彼氏ができた時、家にその彼が出入りするようになり、その彼氏が安達祐実さんと年が近かったため不安になったとのこと。

その頃から娘を女として意識し、安達祐実さんに対して警戒心を抱いたそうです。

2010年娘・安達祐実との確執や絶縁がスクープ!

安達祐実さんと安達有里さんは一時絶縁関係ではないかと言われていました。その理由として、安達有里さんの過剰な娘への干渉が挙げられています。

また、安達有里さんと井戸田潤さんが離婚した後、この2人の離婚について2人の出会いから離婚に至るまでを安達有里さんが情報を漏らしていたことがわかりました。

その発覚により、安達祐実さんは安達有里さんを信用できなくなり、一時絶縁状態だったと言われています。

安達祐実は不仲説否定!持ちつ持たれつの関係?

絶縁状態だと噂されていた安達有里さんど安達祐実さんですが、2019年1月に放送されたバラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」では親子で出演。

番組では安達祐実さんが実家に週3回は帰ってきていると語り、2人の関係について以下のように語っていました。実は今はとても仲が良いようです。

安達祐実「なんか親子の感じはあまりしないかもしれない。親子といえども、持ちつ持たれつじゃないですか。」

安達有里「ずっと祐実ちゃんに食べさせてもらわないとだから、逆らわない、みたいな。」

(引用:櫻井・有吉THE夜会)

現在は安達祐実との関係も修復?ブログに家族写真も!

現在は安達祐実さんと安達有里さんはとても仲が良いようで、2018年10月の安達有里さんのブログには安達祐実さんと娘と息子の長谷川哲郎さんとの写真が投稿されていました。

同日に安達祐実さん自身のInstagramでも安達祐実さんと兄とのツーショットが投稿されていました。

繰り返す奇行に周囲からは精神病ではないかとの声

安達有里さんのヌード写真集発売や安達祐実さんへのライバル心の強さから、安達有里さんは精神病ではないかとの声がネットでは見られました。

さらに、安達祐実さんが「よくまともに育った」といった意見などもありました。

安達祐実の母・安達有里の最近の様子をチェック!

安達祐実さんと絶縁状態と噂されている安達有里さんですが、2019年に「櫻井・有吉THE夜会」で共演しました。

こちらでは不仲で絶縁状態と噂されていた安達有里さんと安達祐実さんの現在や共演番組の様子をまとめました。

「櫻井・有吉THE夜会」で親子共演!実家がホラー?

2019年1月に放送された「櫻井・有吉THE夜会」では親子で共演し、安達祐実さんが週に3回も帰っているという実家が放映されました。

クリスマスシーズンだったため、実家はクリスマスの装飾が盛りだくさん。さらに、安達祐実さんの部屋は11歳年下の弟の部屋となっており、その部屋がホラーと話題になりました。

部屋の壁には「好きって気持ちは理屈じゃない」や「世の中は金だ」といった言葉などの落書きがぎっしり書かれていました。

2018年映画「Tokyo Loss」に出演!

安達有里さんは女優活動も行なっており、2018年には「Tokyo Loss」という映画で小宮清恵の役を演じました。

「Tokyo Loss」は8つの映画作品で構成されたオムニバス長編映画で、田中壱征監督の映画です。

2019年2月、彼氏と浅草デートを楽しむ

安達有里さんは、彼氏とのデートもブログに載せており、2019年2月には彼氏と浅草デートを楽しむ様子を写真付きで載せていました。

2019年7月、家族で墓参りに!

2019年7月には安達祐実さん含む家族でお墓参りにいったようで、その様子も写真付きでブログに掲載していました。

母・安達有里と安達祐実の元旦那との確執とは?

安達有里さんは、安達祐実さんと井戸田潤さんが結婚する際、ある言葉を怒鳴ったそうです。

その一面から子供を育て上げた1人の母親像が見えてきます。こちらでは、その確執について紹介いたします。

安達祐実の元旦那・井戸田潤と確執がある?

安達有里さんは、安達祐実さんを女性としてライバル視したりと、母親とは思えない行動を多々していますが、安達祐実さんの結婚の時には母親らしい一面を見せたようです。

安達有里さんは、安達祐実さんと井戸田潤さんが結婚するとなった際、井戸田潤さんに以下のように怒鳴ったとのこと。子供を思う親の姿がそこには見えます。

「子供を作ってから結婚なんてあんた卑怯よ!!」

(引用:芸能人のどこまでいっても気になる噂)

安達祐実の周囲がヤバイ?母や夫のエピソードは?

安達祐実さんと安達有里さんの間では、幼少期から驚くエピソードがあったようで、こちらでは一般の家庭では想像できない2人のエピソードを紹介いたします。

母の安達有里は娘・安達祐実が恋した相手と再婚した?

安達祐実さんは、幼稚園の最年長の時に現場で出会ったADの人に初めて恋心を抱きました。

しかし、とある日安達祐実さんが家に帰るとそのADの男性が家でファミコンをしていたため、不思議に思ったものの一緒に過ごせることが嬉しくてあまり気にしなかったそうです。

そして数日後、安達有里さんから、今日からADの人が新しいパパと宣言され、初恋は虚しく終わってしまったそうです。

母・安達有里は毒親だった?子役時代はお小遣い制?

安達祐実さんは、バラエティ番組「嵐にしやがれ」に出演した際、子役時代のお金事情について語りました。

子役時代、母親が全てギャラは管理していたとのことで、安達祐実さんはおこづかい制で、雑誌取材1回につき10円、ドラマが200円、CMが500円という短歌だったとのこと。

このことから、安達祐実さんの子役時代の稼ぎはほとんど安達有里さんのものになっていて、利用されていたと考えられ、毒親ではとの印象がつきました。

安達祐実の周囲は変人ばかり?母も夫も自由奔放?

安達祐実さんの母親の安達有里さんが自由奔放なことはわかりましたが、実は現在の安達祐実さんの夫、桑島智輝さんもかなりクセのある人物のようです。

桑島智輝さんは安達祐実さんの写真集「私生活」を撮影したことで知り合い、結婚に至りましたが、今でもほぼ毎日安達祐実さんの写真を取っているとのこと。

バラエティ番組「アウト×デラックス」に桑島智輝さんが出演した際、彼の撮る安達祐実さんの写真を見たマツコデラックスさんは「官能小説みたい」と述べました。

母親は安達有里!安達祐実のプロフィール!

  • 生年月日:1981年9月14日
  • 出身地:東京都
  • 身長:152cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優・タレント
  • 所属事務所:サンミュージックプロダクション

安達祐実さんは2歳の時に子育て雑誌にてモデルとしてデビューし、その後CMなどで子役で大活躍しました。

1994年、12歳の頃にはドラマ「家なき子」で主役を演じ最高視聴率37.2%を記録。ドラマでのセリフ「同情するならカネをくれ」は新語・流行語大賞に選ばれました。

今後の安達祐実さんの母・安達有里さんの活動に注目

安達有里さんは、安達祐実さんの初恋の人と結婚したり、ヌード写真集を発売、全身整形など、数々の話題で世間に衝撃を与えてきました。

周囲を驚かせてきた安達有里さんですが、今でもタレント活動は続けており、今後も私たちを驚かせてくれるのではないでしょうか。