深田恭子のキュートな髪型を真似したい!オーダー方法やセットを紹介 美容

深田恭子のキュートな髪型を真似したい!オーダー方法やセットを紹介

かっこいい女子「深田恭子」の「髪型」はで誰もが真似たいと思います。「ルパンの娘」や「はじこい」そして「ダメ恋」等の作品の「ショート」「ボブ」「ミディアム」などのスタイルは、彼女の魅力を伝えてます。現在の深田恭子の髪型のオーダー方法やセット方法を御紹介します。

目次

[表示]

深田恭子のプロフィール!最新の髪型は?

深キョンこと深田恭子は東京都生まれの36歳です(2019年現在)。水泳大好きの「元気いっぱい」の彼女は、今でも「サーフィン」を楽しむ健康的な女優です。

憧れはなんと「マリー・アントワネット」といいますから「上昇志向」の彼女らしです。得意なものは「ピアノ演奏」で、有名歌手の伴奏もしたことがあるといいます。

日本アカデミー賞 新人俳優賞など多くの賞を受賞している「実力派」で、今や日本を代表する女優の一人です。映画やテレビドラマの出演数が圧倒的数を誇るのは、ご存知の通りです。

深田恭子の現在の髪型は?

深田恭子の現在の髪型は、「ロング」か「セミロング」で、「毛先中心」のボディーパーマを緩くかけるパターンが多いです。時には「ストレートパーマ」でウエーブをなくしている時もあります。

「スパイラルパーマ」や「アイロン巻き」の時が多いのは「ロング」に適したスタイルだからでしょう。「ショート」や「ミディアム」の時はウエーブはそれほどありません。

深田恭子の最新ヘアスタイルを真似したい!セットの方法は?

深田恭子は「ロング」の時は「髪の艶」が大切にしています。必ず「トリートメントスプレー」を使います。「ロング」の場合は「ブロー」はかなりのテクニックが必要ですので「ボブアイロン」の方がいいでしょう。

大体の水分を「ドライヤー」で飛ばし、後は毛先をスパイラルに巻きます。ウエーブは毛先20センチくらいですので、半分くらいから巻けば十分でしょう。ドライヤーは「根元」をしっかりと乾かします。

深田恭子のドラマ別髪型特集!「ルパンの娘」の髪型を真似したい!

深田恭子の「ルパンの娘」の時の髪型は、とても人気があります。そんな彼女の「ドラマ別髪型特集」です。出演時の髪型の雰囲気を真似したいと思う方は一見です。

深田恭子のルパンの娘出演時の髪型画像

「ロング」のゆるふわ巻きです。直径が3センチくらいの「ボブアイロン」を使い内巻きに巻いていきます。基本は中間から毛先の大きなウエーブですので、下のビデオを参考にウエーブをつくります。

この方法は色んな長さに対応できる方法なので、覚えておくと便利です。特に長い髪は「ブロー」で仕上げるのは大変なので、「コテ」を使った方が簡単です。

美しい「ストレート」は、よほどよく手入れをしていないと作れません。「ストレートパーマ」をかけたり、つや出しをかけて「ブロー」したりして、意外と「ストレート」の方が手間がかかります。

前髪は3センチくらいパネル(ブロックして引き出す髪の束)を引き出してカットします。あまり広くとると重たくなりますのでご注意ください。

正面から大きく写した深田恭子の写真です。前髪の両端エリアは2センチくらい残して「長く」置いています。しかし長さは「顎の部分」につく程度です。「片方の耳」だけをかけて残した前髪がアクセントです。

こちらも「ゆるふわパーマ」で、前髪はシャギー調に不揃いにカットしています。ウエーブは少し上からかけて「自由なスタイル」にしています。風になびくような動きを狙った「動きのあるパーマ」です。

後ろでまとめた感じの髪は、前髪だけをミディアムの長さ位に残したスタイルのバリエーションです。後ろをまとめ上げるだけでこんなに感じが変わります。

ルパンの娘風の髪型のポイントとオーダー方法は?

ルパンの娘風の髪型のポイントは「ストレート」と「前髪の眉毛くらいにカット」そして前の「はし2~3センチのエリアのアクセント」つまり「前髪の両端を顎くらい」の長さに「カット」している点です。

片方だけの耳を出して「アシメントリー」のスタイルを作っています。両方を下ろせば通常の「ロングストレート」に、片方の髪を耳にかければ「アシメ」になるスタイルです。

この時ブロックは「前髪の短く切る部分」と「前髪の長くする部分」とサイドと後ろの「ロングストレート」の部分の3つに分かれています。

前髪も大切?ヘアアレンジの方法は?

ということで「ロングストレート」の部分は通常の「ワンレングス」で良いのですが、美容師さんにお願いするときは注意が必要です。

前髪がただの「レイヤー」ではなく、3つの違う長さでカットされいる点に留意してもらう必要があります。深田恭子の写真を見せて前髪の特殊なラインを確認してもらいましょう。

深田恭子のドラマ別髪型特集!「はじこい」の髪型が可愛い!

「はじこい」のときの深田恭子の髪型は通常の「ロング」に全体に大きなウエーブをㇽけて「大きなうねり」を出しています。「ワンレングス」にアイロンで大きなウエーブをつけて「はじこい」の髪を楽しみましょう。

深田恭子のはじこい出演時の髪型画像

これも「ワンレングス」の「ロング」に「ゆるフワパーマ」のパターンです。ただし前髪は通常の「眉毛までカット」です。

深田恭子の髪は、大きなうねりの「ウエーブ」が美しいです。前髪は軽くして「髪の艶」を「つや出しスプレー」でしっかり出しています。

後ろは見えませんが深田恭子お得意の「大人のまとめ髪」です。「ビン」の部分だけ残して後は「少し高い位置」のまとめ髪は女性を「清楚」に見せます。

こちらはトップまで高くまとめたスタイルで「ちょっとよそ行き」な感じがする「まとめ髪」です。前髪にカットのラインは「ルパンの娘」と同じラインです。

美しいカラーは「レッド」系の色が入った明るいブラウンです。髪のカットラインは通常の「ワンレン」に「ボディーパーマ」を施した柔らかい流れのスタイルです。

はじこい風の髪型のポイントとオーダー方法は?

基本的には「ゆるフワパーマ」の「ロング」です。それをまとめ髪で形どりますが、前髪のアクセント部分は顎のラインまでは残してもらいましょう。ここは是非取り入れてもらうようにオーダーします。

深田恭子のドラマ別髪型特集!「ダメ恋」の髪型がキュート!

深田恭子の「ダメ恋」の髪型は「編み込みヘア」の「くるりんぱ」の「変形」です。後ろに下ろした髪は、左右に分けた感じです。やり方は下記のビデオを参照ください。あまり強く編み込まないでください。

深田恭子のダメ恋出演時の髪型画像

低い位置での「ポニーテール」ですが、かなり「ルーズ」な感じです。サイドもふわっとさせて柔らかい感じです。ただし「高い位置」ですると「若い感じ」がします。

上の髪を下ろした状態のスタイルです。前髪はやや重たくい見えますが、上の髪をすべて前に下ろしているからです。ウエーブがブローしやすい程度の強さです。

この時の深田恭子の髪は少し短くして、ハイトーンにしています。前髪が軽く見えるのは、髪をサイド持っていってるからです。トップの前の三角ベースの部分だけを前に下ろしています。

こちらも平均的な「ゆるフワパーマ」のロングの「ワンレングス」です。同じようにフロントは三角ベースのみ下ろしています。

フロント前髪の感じは、フロントの三角ベースの形(つまり毛の量の取り方)によって軽さが違います。深田恭子は気分に合わせて前髪の量を調節しています。

ダメ恋風の髪型のポイントとオーダー方法は?

深田恭子の「ダメ恋風」の髪の基本は「ロングのワンレン、ゆるフワパーマ」です。あとは前髪をどうしたいのか、ドラマの髪型の前髪の感じの変化に注意してオーダーします。

前髪は「下ろすのか下ろさないのか」あるいは「軽くするのか」などをはっきりと伝えましょう。

深田恭子の髪型画像を長さ別に紹介!どの深キョンが可愛い?

深田恭子の髪型画像を長さ別に見てみましょう。どの深キョンが可愛いと思うのかによって、目指す髪型が絞られます。まずは「ショートヘアー」から見てみましょう。

深田恭子のショートヘア画像

ハイトーンの「ショートボブ」です。トップは短くないので「裾」は「シャギー」を入れているのでしょう。通常のカットではこの軽さは出ないです。

アシメントリーのレイヤーカットです。なんとも「ミステリアス」なスタイルです。下ろした髪との前髪のバランスが面白いスタイルです。

完全な「内巻きのショートボブ」です。髪の色と肌の色の対比が美しいです。

こちらも「ショートボブ」ですが同じようにトップは長いスタイルです。顎にまとわる髪は少し「アシメントリー」になています。

これもアシメです。一部を長く置いてアクセントになっています。

深田恭子のボブヘア画像

ミディアムのボブスタイルです。ボブはボブらしいミディアムが中心です。ショートボブは「ショート」に入れています。

アッシュ系のミディアムのボブスタイルです、肩にかからない方が「内巻き」になり易いです。

もう少し短い「内巻きのミディアムのボブスタイル」です。色は「レッド系」です。

「ミディアムのボブ右パート」です。典型的なボブのお手本のような出来栄えです。

すこし「ブロー」でうかした「ふわっとボブ」です。根元から起こして丸くまとめます。

深田恭子のミディアムヘア画像

「ミディアムというのはロングとショートの間をさしますが、大体方に少しかかるくらいまでをさします。最もバリエーションの多いスタイルが可能な長さです。

スパイラルのアイロンを利かしたウエーブです。前髪は「シースルーバンク」で軽く眉を見せています。

こちらのボブは「ストレートっぽいブロー」でまとめています。「内巻き」が多いのですが、健康的な髪を感じさせます。

サイドを爽やかに流した「レイヤー」です。明るいブラウンのカラーが軽さを強調しています。

ちょうど肩のあたりでカットした「ミディアムワンレン」です。彼女にはちょうどこの位置が、顔を引き立てるベストポジションです。

サイド前半分が短いカットです。後ろとサイドの違いがメリハリを作っています。前は狭く三角べースをとり、前髪を薄くおろしています。こうすると前髪が軽くなります。

かなり強いパーマをかけて毛先を中に表現した「ミディアムカット」です。これも「アシメントリー」になっており左が少し短いです。

同じブラウンでもブラシの入れ方で感じが違います。「左パート」で「ゆるフワパーマ」をかけています。

一般的な「ミディアムスタイル」で、やはり肩くらいの長さです。どちらを向いても「毛先が跳ねにくい」という利点があります。

「ボブの部類」に入れてもいいカットです。「前下がり」にカットされており、落ち着いた感じがします。長さとしては「ミディアム」と「ショート」の中間くらいです。

NEXT:深田恭子のロングヘア画像
1/2