内田有紀は現在が可愛いすぎて反則の声!年代別にかわいい画像まとめ エンタメ

内田有紀は現在が可愛いすぎて反則の声!年代別にかわいい画像まとめ

内田有紀さんは、若い頃から美人で昔の写真と比べても年齢を感じさせませんが、生い立ちは壮絶なものがありました。1992年にテレビドラマでデビューし、2002年の「北の国から」で共演したことから、吉岡秀隆さんと結婚しています。そんな内田有紀さんのことを紹介します。

内田有紀が昔と変わらず美人!若い頃の画像は?

女優の内田有紀さんは、昔から現在までずっと変わらず美人ですが、若い頃の写真を紹介しながら、その変わらない美貌を検証していきます。

内田有紀のプロフィール

内田有紀さんは、1975年11月16日生まれ、東京都出身の女優・歌手です。バーニングプロダクションに所属しています。芸能活動を専念するために、藤村女子高等学校を2年で中退しています。

内田有紀さんは、東京都広尾の裕福な家庭に育っています。小学校6年生の頃に母親がモデルにスカウトされたことで一緒に撮影現場に行っていましたが、本人も中学2年生からモデルの仕事を始めています。

1992年にテレビドラマ「その時、ハートは盗まれた」に出演し、女優デビューしています。1994年「時をかける少女」で連続ドラマ初主演を果たし、10月には「TENCAを取ろう!」で歌手デビューしました。

内田有紀の昔の画像は?

ショートカットが良く似合う内田有紀さんの20代の頃の写真です。

内田有紀さんがロングヘアをショートにしていたのは、事務所の先輩からショートカットが似合うと言われたからだそうです。

この写真は「時をかける少女」の頃で内田有紀さんが19歳でした。

昔からその雰囲気が変わっていない若い頃の内田有紀さんです。

内田有紀さんがドラマ第二弾「17歳-at seventeen-」で主演を務めた頃の画像です。

2001年のドラマ「ビッグウイング」に出演していた頃の内田有紀さんです。

1995年、デビューしたての内田有紀さんの初々しい写真です。

「時をかける少女」の頃ですが、ちょっと違った印象の写真です。

オーディションの時の内田有紀さんの写真です。

1998年6月に放送された、「踊る大捜査線番外編」の内田有紀さんです。

内田有紀の現在の画像

現在43歳ですが、そんな年齢を全く感じさせない、昔と変わらない綺麗な内田有紀さんの写真を紹介します。

43歳という年齢を感じさせない美容法は酵素風呂?

wilkernet / Pixabay

内田有紀さんは昔から美しく、43歳の現在でも変わらないのは、何か秘訣があるのか調べてみました。

年齢を感じさせない美しさを保てている内田有紀さんは、色んな美容法を試しているようです。例えば、その中には「酵素風呂」がありますが、「酵素風呂」はデトックス効果によって身体の毒素を出す美容法です。

この「酵素風呂」は内側から綺麗になる美容法だといわれています。その他の内田有紀さんが実行している美容法として、生野菜で作った野菜ジュースを毎日飲んでいるそうです。

内田有紀の生い立ちが壮絶?両親は幼い頃に離婚?

Mysticsartdesign / Pixabay

女優の内田有紀さんの生い立ちが壮絶だといわれていますが、どんなことがあったのでしょうか。内田有紀さんの生い立ちをたどっていきたいと思います。

内田有紀が小学2年生の時に両親が離婚

内田有紀さんの両親は、内田さんが小学2年生の時に離婚しています。その後どちらも再婚することになりますが、内田有紀さんは両親の間をあちこち転々とさせられた生い立ちがありました。

父親に引き取られ、再婚した新しい母と暮らす

pasja1000 / Pixabay

離婚後は内田有紀さんは父親に引き取られることになりました。しかし、父親はその後再婚し、新しい母親と暮らすことになりますが、思春期の有紀さんにとってその新しい母親とはうまくいかなかったようです。

父親の下を離れ母親と暮らすも母親が再婚

mohamed_hassan / Pixabay

新しい母親に馴染めなかったのか、内田有紀さんは母親の元で暮らすようになりました。しかし、その後母親も再婚してしまい、有紀さんにとっては理想的な生活は長続きしなかったようです。

居場所がなくなってしまったように思ったのかもしれませんが、内田有紀さんは母親の元も去ることになりました。

祖父母に引き取られる

Free-Photos / Pixabay

母親が再婚したことで、居場所がなくなってしまうという生い立ちを背負った内田有紀さんは、その頃まだ中学生だったため、祖父母の元で暮らすことになりました。

内田有紀さんは祖父母の家から中学校から高校へと進学し、フェンシングを始めます。そのフェンシングではオリンピック選手レベルの腕前だったといわれています。

内田有紀さんは、中学2年の頃にはモデルとしての活動を始めていて、CMなどにも出演していましたが、それは小学校6年生の頃にモデルとしてスカウトされ、既に事務所に入っていたからでした。

高校に入り一人暮らしを始め本格的な芸能活動へ

高校に入ると内田有紀さんは、祖父母の元を去り、ひとり暮らしを始めるようになりました。当時は芸能活動をしながら、アルバイトで生計を立てていたそうです。

高校2年生の時にドラマ「その時、ハートは盗まれた」に出演していますが、そこからトップアイドルへと急速に昇りつめ、芸能活動を専念されるために高校を中退しています。

内田有紀の経歴は?

内田有紀さんは芸能界に入ってから、どのような経緯をたどって現在に至っているのか、ドラマのことや結婚と離婚に関して紹介していきます。

小学6年生の時に母親がモデルとしてスカウトされ、内田有紀もモデルデビュー

Free-Photos / Pixabay

内田有紀さんは、小学6年生の時に母親がモデルとしてスカウトされ、その後有紀さんも中学2年生の頃にはモデルとして活動していました。

内田有紀さんの母親の画像などは、公開されていませんが、内田有紀さん似て美人でスタイルが良かったことが容易に想像できます。そんな母親ですから、スカウトされたのでしょう。

そして、当時から可愛くてスタイルの良かった内田有紀さんも、同時にスカウトされてモデルの仕事をするようになりました。

1992年ドラマ「その時、ハートは盗まれた」で女優デビュー

1992年には、フジテレビ系のテレビドラマ「その時、ハートは盗まれた」で女優としてデビューしていますが、当時は高校2年生でした。

また、同年の冬にはユニチカの水着キャンペーンモデルに選ばれ、芸能活動に専念するために、高校を2年で中退しています。

1994年10月「TENCAを取ろう!-内田の野望-」で歌手デビュー

1994年10月には、「TENCAを取ろう!-内田の野望-」で歌手デビューし、オリコン史上初の女性歌手初登場1位を記録しました。

また同年に「フジテレビビジュアルクイーン」に選ばれるなど、絶大な人気を得るようになりました。

2002年吉岡秀隆と共演し結婚

内田有紀さんと吉岡秀隆さんは、2002年の「北の国から~2002遺言~」で共演しています。内田有紀さんが演じる高村結と、吉岡秀隆さん演じる黒坂純は、恋人同士の役でした。

2人は役柄だけでなく、実際に恋人同士になって、撮影中には既にプロポーズをしていたといいます。

2人の結婚式は、共演した縁から「北の国から」の脚本家である倉本聰さんがプロデュースし、富良野で執り行われました。

結婚後、芸能界を引退し専業主婦になった

marvorel / Pixabay

内田有紀さんは、結婚後には芸能界を休止し、専業主婦となって家庭に入っています。結婚生活は3年でしたが、その間に子供はできませんでした。

内田有紀さんが専業主婦になって、芸能界を休止した理由は、吉岡秀隆さんが内田さんに、外に出ないで家にいてほしいという願望があったためだったようです。

2005年に吉岡秀隆と離婚

Free-Photos / Pixabay

2002年に結婚した内田有紀さんと吉岡秀隆さんですが、結婚生活は3年で終止符をうち、2005年に離婚しています。

離婚を切り出したのは、内田有紀さんの方からで、その理由はドラマや映画の主演が続いて、多忙を極めた吉岡秀隆さんとのすれ違いに耐え切れなかったと語っています。

吉岡秀隆さんは「女性は外に出ないで家にいる」という観念がありましたが、内田有紀さんが友人と出かけることも嫌がっていたことから、内田さんが閉塞感に耐え切れなくなったともいわれています。

2005年に芸能界に復帰し女優活動を再開

吉岡秀隆さんと離婚した内田有紀さんは、自分の居場所を見つけたいという思いから、2005年に芸能界に復帰し、女優としての活動を再開しました。

2006年に、放送されたドラマ「誰よりママを愛す」で、主演の田村正和さんの長女役を演じ、女優業を再開しました。事務所も引退前のバーニングプロダクションに復帰しています。

離婚後、柏原崇と熱愛が報道された

内田有紀さんは、吉岡秀隆さんとの離婚後は、俳優の柏原崇さんとの熱愛が報道さえていますが、再婚には至っていません。

一方柏原崇さんも、同じくバツイチですが、再婚する可能性もありますから、今後の2人の動向に注目したいと思います。

内田有紀は昔の失敗を今に活かしている?

Counselling / Pixabay

内田有紀さんへの雑誌のインタビューで、仕事で無理をされてしまった経験はありますか?という質問に、内田さんは以下のように答えています。

「若い頃はありましたね。どれくらい頑張ればいいのか、そのすべてや方法論も分からなかったので、空回りしていたことも。今は何事に対しても丁寧に。若い頃に失敗した、その経験があるからこそ、丁寧にできるようになったと思います」

(引用:YAHOOニュース)

内田有紀さんは若い頃に失敗した経験によって、仕事に生かせるようになったと語っています。

内田有紀はさらに磨きのかかった女優になりそう

女優の内田有紀さんは、若い頃から美人で、昔の写真と比べても年齢を感じさせない変わらない美しさを保っています。内田有紀さんの生い立ちは壮絶なものがあって、小学生の頃に両親が離婚しています。

1992年にテレビドラマ「その時、ハートは盗まれた」に出演し、女優デビューしました。2002年の「北の国から~2002遺言~」で吉岡秀隆さんと共演したことで、結婚にいたりますが3年で離婚しています。

内田有紀さんは、若い頃の失敗を生かして、仕事を丁寧にできるようになったといいます。そんな内田有紀さんは年齢を感じさせない美しさで、これからも磨かれた演技を見せてくれるでしょう。