風間俊介の3年B組金八先生の演技が再注目のわけ!覚せい剤がリアル タレント

風間俊介の3年B組金八先生の演技が再注目のわけ!覚せい剤がリアル

1999年に放送された『金八先生』第5シーズンに出演していた、ジャニーズ所属の風間俊介さん。本作で風間俊介さんはクラス一の問題児である兼末健次郎演じ、その演技力が高く評価されました。画像と共に『金八先生』第5シーズンの風間俊介さんの演技を振り返ってみましょう。

風間俊介の3年B組金八先生での演技がすごい!第5シーズンに出演?

ジャニーズの俳優組として、演技力が評価されてきた風間俊介さん。普段は温厚な印象のある風間俊介さんですが、1999年に金八先生に出演した際には病んだ演技が「怖い」と評判になりました。

風間俊介さんの演じた兼末健次郎という少年が登場する、金八先生の第5シーズンとはどのような作品だったのでしょうか?

金八先生出演が話題に!風間俊介のプロフィール!

  • 生年月日 1983年6月17日 (2019年現在・36歳)
  • 出身地 東京都墨田区
  • 血液型 A型
  • 身長 164cm
  • 所属事務所 ジャニーズ事務所

1997年にオーディションに合格してジャニーズ事務所に入所した風間俊介さん。当時はジャニーズJr.として活動をしていましたが、高校受験で活動休止をしたために同期のメンバーから後れを取ってしまいました。

しかし、その後『金八先生』に出演して演技力が評価されたことがきっかけとなり、朝のテレビ小説『純と愛』などにも出演して俳優としての知名度を上げていきました。

現在ではスポーツキャスターや、ZIP!などで司会業にも取り組んでいます。

風間俊介は最高傑作とも名高い金八先生の第5シーズンに出演していた!

風間俊介さんが出演した第5シーズンの金八先生は、これまでの作品と比べても衝撃的なシーンが多く、作品自体もシリーズ中屈指の名作と言われてきました。

これまでも金八先生にはジャニーズのタレントが多数出演しており、このシーズンには亀梨和也さんも出演していました。

しかし、歴代のジャニーズ出演者の中でも風間俊介さんの演技力は群を抜いており、アイドルとしてではなく役者として高く評価されたのです。

「3年B組金八先生」第5シーズンのあらすじは?

金八先生の第5シーズンは、学級崩壊したクラスの担任を急遽、武田鉄矢さん演じる坂本金八が務めるというシーンから始まり、冒頭から生徒による担任いじめの描写が続くと言うショッキングな内容でした。

特定の生徒が荒れているのではなく、クラス全体がおかしい中で金八先生は奮闘を続けるのですが、遂に生徒が隣接する老人ホームで元桜中学の校長を相手に障害未遂を起こし、自殺を図ってしまうことに。

体罰は絶対悪という傾向があった時代に放送されていながら、涙ながらに金八先生が生徒に手をあげるシーンなども話題を呼びました。

風間俊介が演じた役柄は兼末健次郎?クラスの黒幕だった!

本作で風間俊介さんが演じた兼末健次郎という少年は、一見優等生風で亀梨和也さん演じる不良少年を嗜めるようなそぶりを大人の前で見せながら、実はクラス全体を指揮していたと言ういわば黒幕。

しかし、そこまで兼末健次郎が止んでしまった背景には複雑な事情があり、終盤に明かされた家庭事情や兄と両親の確執に視聴者は衝撃を受けました。

優等生から、大人を馬鹿にし周囲を操ることに生きがいを感じている病んだ少年、金八先生に助けを求める子供という変化の多い役柄を、風間俊介さんは見事に演じ切ったのです。

風間俊介の当時の画像は?

上の画像が金八先生に出演していた当時の風間俊介さんです。小柄で、どちらかと言えば実年齢よりも幼くさえ見える人懐こい風貌を持ちながら、黒幕だったという演出にはインパクトがありました。

金八先生での風間俊介の演技への評価がすごかった!

現在でも金八先生と言えば第5シーズン、一番印象に残った生徒は兼末健次郎と評価する人が多いほど風間俊介さんへの評価は高く、放送終了後には日刊スポーツのドラマ・グランプリで新人賞にも選ばれています。

ドラマのラストでは兼末健次郎が金八先生に憧れて教師を目指すと言う変化も見られるのですが、兼末健次郎は実際にその後のシリーズに教師として登場もしています。

それほど役柄、そして演じた風間俊介さん双方の人気・評価が高かったのです。

金八先生でも評価された演技力!風間俊介はジャニーズで異色の経歴?

風間俊介さんはジャニーズ事務所所属でありながら、現在はアイドル活動や歌手活動は行っていません。

話が上手く、物腰が柔らかいことから司会業を任されることは見られるものの、圧倒的に俳優の仕事が多いというジャニーズの中では少し変わったポジションにいます。

実は紆余曲折があったと言う、風間俊介さんの異色の経歴を見てみましょう。

風間俊介の演技力はジャニーズの中でも段違いに高い!

金八先生に出演した当初の風間俊介さんはほぼ無名の状態だったため、視聴者からは「目つきが怖い」「役者も兼末健次郎同様に性格が悪いのでは?」と否定的な意見も多かったそうです。

しかし嫌われる役を演じて本当に視聴者に嫌悪感を与える程、風間俊介さんの演技力は高く、その後の出演作でも完璧な役作りをしてみせました。

現在ジャニーズ所属で俳優としてキャリアを確立しているのは、風間俊介さんと生田斗真さん、長谷川純さんの3人だけとも言われ、風間俊介さんがジャニーズ屈指の演技力を持っていることが窺えます。

風間俊介はアイドルとしては脱落していた?

風間俊介さんはジャニーズ入所後に大学受験のために活動を休止していた期間があり、これが原因でアイドルとして開花しなかったという過去があります。

復帰後にはジャニーズJr.に戻れたものの、隣で踊っていたはずの生田斗真さんとの距離も開いてしまい、彼のバックダンサーを務めさせられたという苦い経験も。

そのようにアイドルとして完全に方向性や売り出し方を見失っていたところに、金八先生の話が舞い込んできたのでした。

現在ではジャニーズでも珍しい俳優枠で活躍中!

金八先生に出演後、風間俊介さんは生田斗真さんと山下智久さん、長谷川純さんと4人で「4TOPS」というグループを結成しました。

今にして思えば豪華なメンバーなのですが、このグループはあっという間に解散となり、風間俊介さんは声優や舞台で仕事を続けていくことになります。

しかし2011年に出演した『それでも生きていく』、2012年に出演した『純と愛』で再度役者として大きな注目を集め、ジャニーズでも異色の俳優枠として活躍を見せていったのです。

風間俊介は金八先生時代から話題の演技力で令和を体現する役者へ?

若い頃は問題を抱えた人物を演じることが多かった兼末健次郎さんですが、近年では温和な笑顔が似合うひたむきな男性を演じることが格段に増えてきました。

ここでは時代を反映しているとも言われる、風間俊介さんの代表作品と役柄を紹介していきます。

「金八先生」以降の活躍ぶりがすごい!風間俊介の出演作品は?

『それでも生きていく』、『純と愛』でも癖のある役を演じた風間俊介さんでしたが『陸王』や『西郷どん』では、ひたむきさを見せる演技が涙を誘うと高い評価を獲得。

2019年に入ると『やすらぎの刻~道』『監察医 朝顔』に連続して出演しており、妻子のために頑張る一途な夫役を好演して、見事にインパクトの強すぎた兼末健次郎のイメージを脱却しています。

風間俊介は”令和を体現する役者”?

1999年という不安定な時代にマッチした内容の作品となった金八先生の第5シーズンで、作品の顔とも言える役を任され、見事に演じ切った風間俊介さん。

癒しを求めている人が多いと言われる現在では、人を裏切らず、裏表のない好青年を演じて時代の求めるものを体現し続けてきたとも評価されています。

風間俊介さんは2020年に放送予定の大河ドラマ『麒麟がくる』への出演も決まっており、役柄はなんと徳川家康公。一国の長をどのように風間俊介さんが演じるのか、注目が集まっています。

風間俊介の役作りへの真剣さが凄い!

風間俊介さんが俳優として演技力を評価されるきっかけとなった金八先生の第5シーズンの画像や兼末健次郎という役どころ、ジャニーズ事務所での経歴やその後の活躍について紹介致しました。

今や俳優としての仕事が途切れなく舞い込んできている風間俊介さんですが、役作りの際には様々な人に意見を聞いて、時間をかけて人物像を掴んでいるのだと言います。

年齢と共に幅広い役を演じ、さらに新しいものにも挑戦している風間俊介さん。今後の活躍からも目が離せませんね。