武田真治の筋肉が筋肉体操・ベンチプレスでもはや人外!食事もヤバい タレント

武田真治の筋肉が筋肉体操・ベンチプレスでもはや人外!食事もヤバい

武田真治さんは昔はフェミ男として人気でしたが、最近ではNHKの「筋肉体操」に出演するなど、筋肉キャラとして注目を集めています。武田真治さんのベンチプレスでの筋トレや食事へのこだわり、現在の体脂肪率について、また武田さんの勧めるダイエット法についてまとめました。

目次

[表示]

「筋肉体操」で武田真治の筋肉が話題に!画像は?

2018年にNHKで放送された「みんなで筋肉体操」で肉体を披露した武田真治さん。その筋肉の発達ぶりに多くの視聴者が釘付けになりました。SNS上でも「筋肉やばい」「カッコいい」と話題になりました。

武田真治の筋肉がスゴすぎる!

武田真治さんの現在の筋肉がよくわかる画像をまとめました。

それぞれの筋肉がくっきりと分かれています。憂いを帯びた表情と筋肉のギャップが印象的です。

他の二人と比べても、大きな筋肉がはっきりと盛り上がっているのがわかります。

胸元から覗く大胸筋、盛り上がった三角筋が目を引きます。カールおじさんの扮装とのギャップが目を引きますね。

公式Instagramでも筋肉を披露!

lukaszdylka / Pixabay

武田真治さんは公式Instagramでも度々筋肉を披露し、ファンを喜ばせています。

自宅でしょうか、鏡で自撮りした姿を投稿した武田真治さん。この姿にファンは「写真エロい!」「美しい筋肉美」と歓喜のコメントを寄せています。

映画「Diner ダイナー」での殺し屋役のメイクを投稿しています。コメント欄は「前からだけどやっぱりめちゃくちゃかっこいい」「めっちゃ綺麗な6パック」「美しい筋肉萌え萌え」と盛り上がりました。

サックスを演奏する武田真治さん。鍛えられた上腕筋に、「めっちゃカッコイイ!腕の筋肉が筋が!」「キャー真ちゃんの上腕二頭筋〜」等、興奮が抑えられないといったコメントが寄せられました。

筋肉キャラとしてブレイクした「みんなで筋肉体操」

NHK「みんなで筋肉体操」は、3人のマッチョな男性をスタジオで先生が淡々と指導する、いわゆる健康体操のような体裁ですがその内容はおよそ常人が真似できないようなハードな筋トレがほとんどです。

多くの視聴者は筋トレの内容やダイエットよりも出演者の鍛え抜かれた肉体に注目しています。

「筋肉体操」には筋肉女子やDVDブックも

2019年7月には筋肉女子の出演する「みんなで筋肉体操第3シーズン」も放送されています。

出演者3人の経歴は看護師でテコンドー選手、アイドルで格闘家、獣医学科の学生でボディビルダーという珍しい経歴の持ち主ばかりで、こちらも注目を集めました。

また、シーズン1・2を再編集したDVD付き書籍「みんなで筋肉体操」が発売されています。100分超の筋トレお手本DVDも付いているため、ダイエットしたい人や、筋肉鑑賞をしたい人にも需要がありそうです。

映画「Diner ダイナー」では筋肉自慢の殺し屋役に!

武田真治さんは2019年7月公開の映画「Diner ダイナー」で、筋肉自慢の荒くれ者の殺し屋を演じました。

上半身に派手なタトゥーを施し、スペイン語で周囲を威嚇するキレキレの役で、楽しく演じることができたと語っています。

筋トレ方法が独特?武田真治の筋肉はベンチプレスで作られた!

武田真治さんの鍛え抜かれた筋肉から、さぞ色々な筋トレをこなしていると思いがちですが、ほぼベンチプレスのみで筋トレを行っているというのです。本人も「ベンチプレスだけと言ってもいい」と明言しています。

ベンチプレスのために自宅をジム化

武田真治さんは筋トレのために自宅にホームジムを開設し、そこで週に3回程度の筋トレを行っています。芸能活動の合間にジムに通うとなると時間的にも大変でしょうから、自宅で筋トレができるのは効率的です。

武田真治さんの筋トレに対する真剣さが感じられます。

筋トレはベンチプレスのみ!腹筋運動をしない

武田真治さんのバキバキに割れた腹筋は目を引きますよね。一体何回腹筋運動をしたらこんなカッコいいお腹になれるんだろうと思ってしまいます。

しかし、武田さんはいわゆる腹筋運動をほとんどしないと言います。実は腹筋は元々の構造上6つに割れているものなのです。その割れた腹筋を脂肪が隠しているだけなので、脂肪を減らせば割れた腹筋が見えてきます。

ベンチプレスで鍛えられるのは主に大胸筋や三角筋、上腕三頭筋ですが、これらの大きな筋肉を鍛えると基礎代謝が上がり、結果全身の脂肪を落とす効果が期待できるというわけですね。

ベンチプレスの重量は何キロ?回数は?

一般的な成人男性で、ベンチプレスで持ち上げられる重量は平均約40kgというデータがあります。成人男性の平均体重が約65kgですから、自分の体重の60%程度を持ち上げることができる計算になります。

武田真治さんの体重は56kg、負荷は33kgですが実際は最大で90kgのベンチプレスを行っています。そのメニューは30kgから始めて50kg、70kgと20kgずつ追加し各10回挙げます。

その後最大90kgまでを挙げ、最後に30kgを100回挙げるというハードなものです。90kgというと、武田さん自身の1.5倍の重さを挙げるということ。これは筋トレの世界では「上級者」の部類に入ります。

体脂肪率6%で、腹筋運動なしでも割れた腹筋に

気になる武田信じさんの体脂肪率は6%です。厚生労働省が発表している肥満度判定基準では18.5%~25%が「普通体型」とされていますので、武田真治さんの体脂肪率はかなり低いと言えます。

同じくらいの体脂肪率のアスリートといえばサッカーの中村俊輔選手、本田圭佑選手、野球のイチロー選手、スケートの高橋大輔選手などが挙げられます。

体脂肪が少ないので、元々割れている腹筋が綺麗に見えていると言えそうです。

「TEPPENベンチプレス」で武田真治の記録が伝説に

武田真治さんの鍛えられた筋肉はバラエティ番組でも注目されています。以前フジテレビで放送された「芸能界特技王決定戦TEPPEN2019」で、自重の80%のベンチプレスの回数を競うコーナーに出演しました。

その時の他の出演者のうち、格闘家の魔娑斗さんは31回、国際弁護士の清原博さんは41回、アナウンサーの榎並大二郎さんが31回となかなかの成績を残す中、武田さんは109回とダントツの記録を叩き出します。

この記録は前回放送時の優勝者の記録である35回の3倍以上であり、放送以降は「武田真治のベンチプレス伝説」としてネット上で語り継がれています。

武田真治の筋肉をなかやまきんに君も絶賛

この次の回の「TEPPEN」では、ルール変更により惜しくも2位となった武田真治さんですが、共演した筋肉芸人、なかやまきんに君は武田真治さんの筋肉を超一流と絶賛しています。

ある番組でベンチプレスの対決をさせてもらったんですけど、とにかく素晴らしいの一言に尽きる。長時間、あのスピードで、あの重量のベンチプレスを繰り返された。おそらくなんですけども、元々持ってる体質か特別に才能のある方だと思う。競泳とかで、ずば抜けている方は運動しながら乳酸をエネルギーに変える能力が非常に優れている。どんなトレーニングをしても、あの記録は出ない。そういう神がかった世界的な記録。

(引用:ORICON NEWS)

「武田真治の筋肉ダイエット」とは

ダイエットして武田真治さんのようにカッコいい体になりたいけど、筋トレやベンチプレスって辛そう…ジムに行く時間もないし…と思っていませんか?

ここでは、武田真治さんが考案し、実際に「有吉ゼミ」で女優の斎藤こず恵さんを18kgの減量に導いた「筋肉ダイエット」をご紹介します。

筋肉ダイエット①筋肉赤ちゃん体操

まずは「ハイハイ」。四つん這いで膝を3cmほど浮かせ、そのまま前へ4歩、後ろへ4歩歩く。これを1分半2セット。背中を台のように平行に保つのがポイントです。インナーマッスルの強化に効果的とされています。

次に「仰向けでずり這い」。仰向けで横腹を縮めるようにクネクネと体をくねらせて、左右に進む。

最後に「うつ伏せバンザイ」。うつ伏せから両手足を浮かせ、そのポーズを1分半キープします。かなりハードなポーズですが、背骨に沿った筋肉を鍛えることができるので姿勢の矯正が期待できます。

筋肉ダイエット②筋肉アニマル体操

次に、動物の動きをまねた体操を行います。赤ちゃん体操に比べるとダイナミックな動きで面積の大きい筋肉を鍛えます。

モンキージャンプで引き締まった太ももになる

seth0s / Pixabay

まず1つ目は「モンキージャンプ」。リラックスした立ち姿勢から2回小さくジャンプしながら横に移動します。両手を頭の後ろで組み、片膝を床に近付けます。立ち上がって反対側もジャンプ、屈伸を行います。

カンガルーキックでスッキリお腹を目指す

pen_ash / Pixabay

2つ目は「カンガルーキック」です。仰向けで両腕を頭の後ろで組み、自転車をこぐように片膝をお腹に近づける動きを交互に行います。伸ばした方の足は地面につけず、すれすれで止めるのがコツです。

キャットプッシュでカッコいい上半身を作る

MabelAmber / Pixabay

両手足を床につけて腕立て伏せの姿勢をとります。肘を伸ばして腰を上げ、お尻を突き出します。胸、お腹の順に前に向かって弧を描くように床に近付け、上半身を持ち上げます。この動きを繰り返します。

筋肉ダイエット③【動画】「筋肉リズム体操」

武田真治さんがプロのトレーナーと協力して製作したのが、自宅でも効率的に筋肉を鍛えることができる「筋肉リズム体操」です。この体操のために自ら音楽を作曲、演奏するという熱の入れようです。

この運動で1分半で7つの筋肉(広背筋、腹斜筋、前鋸筋、内転筋、大胸筋、大腿筋、大臀筋)を一緒に鍛えることができます。

1日2セット、3分間行えば代謝の改善により約200kcalのカロリー消費が見込める、ダイエットに効果的な体操です。

武田真治の食事法は?ストイックとは程遠い?

zuzyusa / Pixabay

熱心に筋肉を鍛えている武田真治さんですが、食事には意外に気を使わないと言います。

トレー二ングをする人なら野菜に鶏のささみ、プロテインを飲んで…と食事も厳しく管理するものと思いがちですが、そこには武田真治さんの持論がありました。

好きなものを食べて有酸素運動でカロリー消費

Free-Photos / Pixabay

武田真治さんはインタビューで、月のうち21日は大好きなチーズバーガーを食べると明言しています。時には1日に2個、同じ数だけシェイクも飲むとの事です。ピザやお酒、ラーメンも我慢せずに楽しんでいます。

武田真治さん自身、ベンチプレスの他にはジョギングしかしておらず、筋トレにはそれで十分だというのです。

僕は、我慢して手に入るものはないと思っているんです。我慢をするくらいなら努力すればいい。食べたいものがあれば、食べる。おかわりをしたければ、すればいい。あとは食べた分、運動して消費すればいいんです。食べたいものも食べず、運動もしない人生なんて、つまらないと思いませんか?

(引用:GOETHEweb)

あと3年でブヨブヨになる説も⁉︎

jarmoluk / Pixabay

現在は食事に制限を設けず、好きなものを食べて運動し、その肉体美を維持している武田真治さんですが、この生活に危険性を指摘する声もあります。

番組で武田さんの私生活に密着、観察したトレーナーは「現在は偶然バランスが取れているがあと3年で体がブヨブヨになる。今は食事制限は必要ないが、50歳になると代謝が低下して脂肪が蓄積される」というのです。

他にも、病気や怪我などのトラブルで筋トレができなくなった時に、それまでの食事の不摂生が顕在化する危険性も考えられます。

筋トレや筋肉にまつわる武田真治の名言は?

2018年の「新語・流行語大賞」で、武田真治さん出演の「筋肉体操」から「筋肉は裏切らない」がノミネートされました。正確には武田真治さんの発言ではないのですが、代表で受賞する流れになったようです。

他の番組内での武田真治さんの名言は、「ネガティブワードは発しない。違和感を楽しいと感じる」、「筋肉痛は大人のたしなみ」「不安の先にしか成長はない。僕はそれを冒険と呼びます」などが挙げられます。

 武田真治の筋トレ哲学「優雅な肉体が最高の復讐である。」

武田真治さんは41歳で発表した自身の著書「優雅な肉体が最高の復習である。」の中で、40歳になるまで筋トレをしていることを極力公言しないようにしてきたとしています。その理由についても同著で述べています。

なぜなら若い肉体が美しいのは当たり前で、それをあえて披露する特別な理由などないと思っていたからです。しかし今、自分が地道に続けていたことが、僕と同世代の人たちとの間で肉体や健康状態に大きな差を生んでいる気がして、自分でもこれまでの歩みを振り返りながら、一冊の本に自己をさらしてみようと思いました。

(引用:優美な肉体が最高の復讐である。)

NEXT:武田真治はいつから現在のような筋肉キャラになったの?
1/2