武田真治の顔の昔の若い頃からの変形に笑うしかない…!鼻や目の整形 タレント

武田真治の顔の昔の若い頃からの変形に笑うしかない…!鼻や目の整形

「筋肉サックス」の愛称でおなじみの俳優・武田真治に整形疑惑が浮上しています。昔の若い頃と比較すると鼻などが整形したように変わったと言われているそうです。濃い顔はアイヌの血から来ているとの意見もあるので、武田真治の顔について画像を比較して検証しました。

武田真治の顔が昔・若い頃と全然違う!?整形した?

現在では「筋肉」と「サックス」のイメージが強い武田真治ですが、昔の若い頃は甘いマスクで人気の俳優でした。

そんな彼の顔が若い頃と比べると整形したように違うという噂になっているので、若い頃と現在の顔の違いをみていきましょう。

武田真治のプロフィール!現在の画像は?

北海道出身の武田真治は、1972年12月18日生まれで現在46歳です。身長は165cmと低めですが、現在の体脂肪率は驚きの6%だそうです。

デビューのきっかけとなったのは、1989年の「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞したことでした。当時はまだ高校在学中だったといいます。

「フェミ顔」と呼ばれるほどの甘いマスクの持ち主で、アイドル的存在としてドラマや映画、バラエティーで活躍してきました。現在は「筋肉サックス」という愛称で呼ばれています。

武田真治の顔が濃くなった?整形前の画像は?

武田真治は、1990年から俳優として数々のドラマや映画に出演をしているので、年齢を重ねるごとに顔つきが変わっていく様子がわかりやすい人物だといえます。

30代のある時を境に顔が変わったことや、顔が濃くなったという声が上がるようになり、整形疑惑が浮上するようになりました。

ジュノンボーイコンテストの頃が好青年!

こちらは武田真治が17歳だった頃の画像です。まだ高校生ということで、成長過程のためあどけなさが感じられますね。現在の面影は薄っすらある程度でしょうか。

ジュノンボーイコンテストでグランプリを受賞したこの頃は、アイドル的存在の好青年として人気があったようです。

若い頃のドラマ出演時は眉間が盛り上がってない

こちらは昔の若い頃の画像です。1994年のドラマ「南くんの恋人」に出演していた時のものですが、鼻の付け根である眉間に注目すると現在ほど盛り上がっていないようにも見えますね。

現在は眉間から鼻が生えているような顔つきになっていますが、この頃はまだ鼻の付け根が自然な印象で違和感は少ないのではないでしょうか。

顔が変わり出したのは37歳ごろ?

武田真治は2009年の映画「今日からヒットマン」に出演していました。画像は37歳の頃のものですが、どうやらこの頃から顔に変化が出てきたと噂されているようです。

確かに鼻が急に高くなったようにも見えます。目元は整形していると言うほどの変化はありません。しかし、この頃から顔が変わったという指摘が増えたことにはなんとなく納得がいきますね。

武田真治の整形疑惑!鼻や目を整形ビフォーアフター画像で検証!

武田真治の目や鼻には整形疑惑が浮上しています。昔の若い頃と現在の顔を比べてみると、整形したかのように変化しているからだそうです。

ここからは、武田真治の目や鼻についての整形疑惑を画像で検証していきましょう!

鼻が高くなった!ヒアルロン酸を入れてる?

武田真治の鼻は、昔の若い頃と現在を比べるとかなり印象が変わったようにも見えますね。画像で見ると、現在は鼻筋が通って、鼻先がシュッと尖り気味になっています。

彼の鼻は付け根が眉間の間から生えるような形になっていますが、眉間の間から高さが出ているのが不自然なため、ヒアルロン酸を入れているのではないかと指摘されています。

頬にもヒアルロン酸?口角のシワが不自然?

鼻の高さをヒアルロン酸で変えている可能性があると噂されている武田真治ですが、鼻以外にもヒアルロン酸を注入している可能性が高い部分があります。

笑顔の画像ではわかりやすいですが、笑った時の口角に出るシワが妙に膨らんでいるようにも見えますよね。ヒアルロン酸を使うと、このような特徴が表れることが多いそうです。

口元の笑いジワやたるみなどは、多くの芸能人が加齢と共に多少手直しをしています。武田真治もメンテナンスとしてヒアルロン酸注入を行なっているのかもしれませんね。

目の印象も変わった?

目についても昔と現在を比べて見ると、横幅が広がったように見えるのではないでしょうか。これには鼻の変化が関係しているのではないかとも言われています。

鼻の付け根が高くなり、目が中央に寄ってほりが深くなったのかもしれません。瞼をいじった痕跡や目頭切開などの特徴もないので、目は整形していない可能性もあります。

武田真治の顔が変わったのは筋トレの影響もある?いつ始めたの?

lukaszdylka / Pixabay

武田真治の顔については、整形疑惑が噂される程度に年々変化しているのがわかります。それと同時に、体つきもどんどんたくましく筋肉質になっていっているのは有名です。

武田真治は筋肉キャラとしてもバラエティなどでイジられていますよね。NHKの「みんなで筋肉体操」ではレギュラー出演しており、持ち前の筋肉をいかした番組出演で話題になりました。

彼が筋トレを始めたのは1996年頃からだそうです。顎関節症に罹ったことで、食いしばる力を分散させるコントロールが必要だったため、筋トレを始めたのがきっかけだったといいます。

武田真治の顔が濃いのはアイヌ出身だから?

武田真治の顔は日本人にしては濃いめな顔つきですよね。そのルーツは、彼の出身地である北海道の先住民・アイヌ民族にあるのかもしれません。

同じく離島である沖縄出身の人も、顔が濃い人が多いのではないでしょうか。島国の先住民は顔が濃い傾向があるので、武田真治もアイヌ出身のため濃い顔立ちをしているのかもしれません。

しかし、北海道出身だからといって必ずしもアイヌ出身とは限りませんし、武田真治がアイヌ出身であるという情報は見当たらないので憶測にすぎません。

武田真治の顔が昔の若い頃と違うのは加齢と筋トレのせい!?

武田真治の目や鼻について、整形しているかのように変わったと感じる人は少なくありません。確かに昔の若い頃と現在を画像で比べると、鼻の印象が違っているのがわかります。

しかし、顎関節症がきっかけで始めた筋トレで体もだいぶ変わりました。筋トレによる体重の変化は、顔の肉付きにも関わってくるので一概に整形したとは言えないのかもしれません。

また、10代の頃から長年俳優活動をしているので、加齢によって顔つきが変わって見えていることもあるでしょう。現在も筋トレを続けているようなので、今後の武田真治の変化も気になりますね。