吉高由里子は濡れ場シーンがエロすぎ!?蛇にピアスでのヌードに驚愕 エンタメ

吉高由里子は濡れ場シーンがエロすぎ!?蛇にピアスでのヌードに驚愕

映画「検察側の罪人」でキムタクと共演した吉高由里子さん。吉高由里子さんを有名にしたのは、蜷川幸雄監督の映画「蛇にピアス」への出演です。その映画で演じた濡れ場シーンはエロ過ぎとネットで評判です。彼女のヌードやキスシーン・ラブシーンの画像や動画を集めました。

目次

[表示]

意外と濡れ場が多い?吉高由里子のプロフィール!

映画「検察側の罪人」でキムタクや二宮和也さんと共演した吉高由里子さん。今では、シリアスな役やひょうきんな役まで演じる演技派女優です。

吉高由里子さんを一躍有名にしたのは蜷川幸雄監督の映画「蛇にピアス」への出演です。その映画で彼女は、濡れ場を見事に演じ切りました。吉高由里子さんのイメージとは違います、意外にも濡れ場シーンが多いです。

そんな吉高由里子さんのプロフィールは、下記の通りです。

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1988年7月22日(31歳)
  • 身長:158㎝
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:アミューズ
  • デビュー:映画デビュー「紀子の食卓」
  • 受賞:2006年第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、2007年第32回日本アカデミー賞新人賞、ブルーリボン賞新人賞受賞、2013年第68回毎日映画コンクール女優助演賞など
  • 出演作品(映画):「蛇にピアス」「カイジ人生逆転ゲーム」「GANTZ」「横道世之介」「真夏の方程式」など
  • 出演作品(テレビ):「太陽と海の教室」「白い春」「東京DOGS」「ガリレオ」「花子とアン」「東京タラレバ娘」など

超エロい!吉高由里子の濡れ場といえば『蛇にピアス』

吉高由里子さんを有名にしたのは、映画「蛇にピアス」ですが、この映画では、吉高由里子さんが、ヌードシーンや濡れ場シーンを体当たりで演じています。

吉高ファンには、一度は観て欲しい映画です。超エロいと思う人が多いのではないでしょうか。

吉高由里子、大胆ヌードで情事を表現!前貼りもなし?

映画「蛇にピアス」では、過激な濡れ場が多くあります。当時10代で新人女優の吉高由里子さんの主演には、疑問視する人もいたのですが、実際の彼女の演技力は高いものがあり、世間の注目を浴びた作品になりました。

また、蜷川幸雄監督は、彼女の脱ぎっぷりを評価して主演抜擢を決めたという逸話があります。また濡れ場の撮影には、吉高由里子さんが前張りなしでトライしたという情報もあります。

確かに、映画「蛇とピアス」では、吉高由里子さんは惜しみなくヌードを披露していることから、前張りを付けていなかったのではないかと思えるくらいです。

当時はまだ19歳?後ろ手に縛られSMプレイ?

あるアイドル評論家が吉高由里子さんのことについて「蛇とピアスでは、惜しみなく裸体をみせています。後ろ手に縛られ、身体の自由を奪う拘束セックスは、ドSな男性にはたまないでしょう」と語っています。

吉高由里子さんは、当時19歳です。映画「蛇とピアス」で日本アカデミー賞新人賞やブルーリボン賞新人賞を受賞しました。

10代でヌード作品に出演した女優でNHK朝の連続テレビ小説のヒロインに抜擢されたのは、高橋洋子さん「北の家族」と吉高由里子さん「花子とアン」です。

注目の濡れ場シーンの動画はある?

映画「蛇にピアス」で吉高由里子さんの濡れ場シーンの動画です。

オーディションでも脱いでいた?

Pexels / Pixabay

吉高由里子さんは、「蛇とピアス」の原作を読んで「ぜひ、自分が主役を演じたい」と事務所にオーデション応募を承諾させました。

「蛇とピアス」のオーデションの時は、ヌードを披露して「小さいおっぱいですけど、いいですか?」と言ったみたいです。

吉高由里子の濡れ場シーンは他にも?

Free-Photos / Pixabay

吉高由里子さんは、他の映画・テレビドラマでも濡れ場を演じています。紹介したいと思います。

映画「ユリゴコロ」で娼婦役で松山ケンイチと濡れ場シーン!

映画「ユリゴコロ」で吉高由里子さんは、夫役の松山ケンイチさんと煎餅布団でのセックスシーンという濡れ場を演じています。もっとエロいのは、娼婦役の吉高由里子さんが、調理場でセックスをするというシーンです。

「検察側の罪人」で二宮和也と濡れ場を演じるも体位が謎?

吉高由里子さんが映画「検察側の罪人」で二宮和也さんと濡れ場を演じました。その濡れ場のことがネットに上がっています。

吉高が二宮の自室を訪れると、彼女のほうから強引にキスして二宮を驚かせる。そしてシーンが変わると、2人が裸でシーツを羽織った状態で寝転がる姿が映し出されます。

シーツを羽織ってトークする2人ですが、横並びではなく頭の向きは真逆。仰向きになり開脚した状態でお互いが相手に足を向けているのです。想像するに、この体勢でフィニッシュするとしたら、吉高が騎乗位か座位で果ててそのまま後ろにのけぞったか、でなければ“松葉崩し”をしていたかしか考えられない。観客からは『どうやったらあんな体勢に? と考えさせられた』『生々しかった』『気持ち悪い』といった感想が聞かれます

(引用:Rakuten News)

「わたし、定時で帰ります。」でも濡場を演じた?視聴率確保のため?

吉高由里子さんは、TBS系で放送された「わたし、定時で帰ります」では、過激な濡れ場も辞さないとの意気込みで臨んだそうです。

その理由は、彼女が出演した前作「正義のセ」(日本テレビ系列放映)の視聴率が9.8%と振るわなかったので、何としても視聴率を2桁にしたかったみたいです。

しかし、実際には、中丸雄一さんとのキスシーンがあっただけです。

「東京タラレバ娘」で坂口健太郎ともラブシーン?

日本テレビ系で放送された「東京タラレバ娘」の第2話でKEY役の坂口健太郎さんとキスをしてセックスするというラブシーンを演じています。

吉高由里子が「脱いだらすごかった芸能人」第2位に!?

「脱いだらすごかった芸能人」というネットの調査で第1位は元TBSアナウンサーの田中みな実さんで第2位は吉高由里子さんでした。

吉高由里子さんが選ばれたのは「蛇にピアス」での濃厚な濡れ場を演じ切ったからでしょう。

濡れ場シーンだけじゃない!吉高由里子はキスシーンもたくさん!

吉高由里子さんは、映画・テレビドラマでキスシーンをたくさん演じています。画像を交えて紹介します。

「わたし、定時で帰ります。」で中丸雄一とかわいいキスシーン

2019年4月~6月にTBSテレビ系で放送された「わたし、定時で帰ります」で吉高由里子さんがは、諏訪巧役の中丸雄一さんとキスシーンを演じました。

ネットでは「中丸君のキス不慣れ感が笑ってしまう」「結構、ガッツリいくね~」などざわつきました。

映画「婚前特急」で5人の俳優とキス?

吉高由里子さんは、2011年4月に公開された映画「婚前特急」で5人の俳優とキスシーンを演じました。5人の俳優は、加瀬亮さん、榎木孝明さん、青木崇高さん、吉村卓也さん、浜野謙太さんです。

「正義のセ」では予想外の大胆キス?

2018年4月から日本テレビ系で放送された「正義のセ」5話で酔っ払った新米検事役の吉高由里子さんが、同じ検事役の三浦翔平さんに突然キスをするというラブシーンを演じました。

ネットでは、このキスシーンにざわつきました。「このキスは、セクハラだと思う」「女が男に強引にキスをしてもセクハラ!」との指摘がありました。

一方、「ドラマに何を言っているの!」「フィクションだから、そんなクレーム付けないで」との反論もありました。

まるで晒し者!?「僕らがいた」では200人の前でキス!

2012年3月に公開された映画「僕らがいた前編」で矢野元晴役の生田斗真さんと高橋七美役の吉高由里子さんがバス停でキスをするというシーンがありました。

初日舞台挨拶で、そのシーンの事を、生田斗真さんは「道路の向こうに200人くらいのギャラリーがいて、メチャ見られていた」、吉高由里子さんは「メチャ晒し者でしたね」と語りました。

「東京タラレバ娘」では強引なキスにきゅん!

日本テレビ系で放送された「東京タラレバ娘」第7話で酔った倫子役の吉高由里子さんは、早坂役の鈴木亮平さんにいきなりキスをします。その後、鈴木亮平さんがさんに強引なキスをするというシーンがありました。

ネットでは、このシーンをみた女性ファンが「ああああ~!タラレバ~」「早坂さんにメチャメチャ萌える」「早坂さんのキスが良かったぁ!」「早坂さんの破壊力が半端ない」など絶叫しました。

演技派俳優・吉高由里子の今後の活躍に期待

吉高由里子さんは、2019年9月2日「人生1回しかないですよ。悔いなく生きましょう!」とツィートしています。このツィートに吉高由里子さんの映画・ドラマ・CMでの全力で演じ切る彼女の女優哲学を感じます。

吉高由里子さんは、今回紹介したように濡れ場シーンやキスシーン、ラブシーンにも体当たり演技で臨んでいます。そんな吉高由里子さんの演技に世代を超えたファンが女優魂を感じると思います。

これからの吉高由里子さんの演技に益々期待したいと思います。