山田孝之の若い頃がかわいい!ちゅらさん・五つ子の子役時代画像! タレント

山田孝之の若い頃がかわいい!ちゅらさん・五つ子の子役時代画像!

山田孝之さんといえば現在は様々な役柄を演じてファンを飽きさせませんが「ちゅらさん」「大好き五つ子」などに登場していた昔(若い頃)の子役時代はかわいいイケメン俳優でした。ここではそんな山田孝之さんのデビュー当時のかわいい姿からの変化とそのきっかけを探ります。

目次

[表示]

若い頃は超絶かわいい?山田孝之のプロフィール!

  • 生年月日:1983年10月20日(2019年9月現在の年齢:35歳)
  • 出身地:鹿児島県川内市→東京都
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型
  • 配偶者:あり(一般女性、2012年-)

山田孝之さんは1999年、16歳の時にテレビドラマ「サイコメトラーEIJI」で俳優としてデビューしました。

翌年には「大好き五つ子」にも登場し、2003年にはドラマ「WATER BOYS」で初の主演を務め、翌2004年にはエランドール賞の新人賞を受賞します。

2005年「電車男」にて映画でも初の映画単独主演を飾り、2007年の映画「クローズZERO」ではワイルドな役どころという新境地を開拓して以降、独特の存在感のある俳優として活躍中です。

かわいくて爽やか!若い頃の山田孝之の出演作と画像集!

現在はワイルドな雰囲気の山田孝之さんですが、昔(若い頃)のデビュー当時は子役でかわいいと評判でした。

ここでは、そんなかわいくて爽やかなイケメン時代の昔(若い頃)の山田孝之さんの出演作と画像をご紹介します。

子役時代の山田孝之が可愛すぎる!

子役時代の昔(若い頃)のデビュー当時の山田孝之さんは頬がふっくらしており目が大きくいかにも幼い顔立ちですが、将来のイケメンぶりを期待させるとてもかわいい顔をしています。

「サイコメトラーEIJI2」で子役デビュー!

山田孝之さんの俳優デビューは16歳の頃の「サイコメトラーEIJI」への出演でした。

子役としての昔(若い頃)の山田孝之さんはこの劇中でタカユキという不良少年役を演じていますが、子供っぽさの残るかわいい風貌です。

国仲涼子の弟役で話題に!「ちゅらさん」での山田孝之

2001年に放送された連続テレビ小説(NHK)の「ちゅらさん」では山田孝之さんは国仲涼子さんの弟役として出演していますが、やはりこの時期もかわいい雰囲気です。

この番組で山田孝之さんはかわいいと話題になり、知名度とお茶の間の人気を獲得しています。

2001年「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」

2001年の夏の群像ドラマ「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」に出演時の山田孝之さんです。共演者は水野美紀さん、菅野美穂さん、渡部篤郎さん、所ジョージさん、及川光博さんらでした。

2002年「ランチの女王」

2002年7月似放送されたドラマ「ランチの女王」では、堤真一さん、江口洋介さん、妻夫木聡さん、山下智久さんと共演し、イケメン揃いと話題になっています。

「大好き五つ子」に出演!山田孝之が主題歌も歌う?

山田孝之さんは、2002年に放送されたテレビドラマ「大好き五つ子4」にも第7話でゲスト出演し、主題歌も歌っています。

2003年「WATER BOYS」

2003年に出演した映画「WATER BOYS」でも、山田孝之さんは森山未來さん、瑛太さん、石垣佑磨さん、田中圭さんらと共演してイケメン揃いと話題になりました。

2003年「ドラゴンヘッド」

山田孝之さんはこんな特殊メイクもやっていました。2003年の映画「ドラゴンヘッド」での姿ですが、かわいい子役という雰囲気はまったく感じられません。

2004年「世界の中心で、愛をさけぶ」

「ザ・テレビジョン」のドラマアカデミー賞を受賞したヒットドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」でも山田孝之さんは主人公役で好演しました。

2004年「FIRE BOYS め組の大吾」

2004年に主演を務めたドラマ「FIRE BOYS め組の大吾」ではかつて不良少年だった消防士役を好演しました。

2004年「ジェニファ 涙石の恋」

長野県を舞台とした日米合作映画「ジェニファ 涙石の恋」で山田孝之さんはW主演の一人としてアメリカ人少女のホストファミリーとなる田舎町の寺の居候の役を務めました。

2005年「H2〜君といた日々」

あだち充さんの作品の映像化ドラマとして2005年1月から放送された「H2〜君といた日々」でも山田孝之さんは主人公役を務めています。

2005年「電車男」で見せたオタク姿からのイケメン!

2005年に出演した話題作「電車男」では、劇中で演じたオタク姿からの変化がとても印象的でした。

昔の山田孝之にファンの反応は?

昔の子役時代の山田孝之さんの姿に対するネットの声は「かわいい」「イケメン」というものばかりです。

現在はワイルドな雰囲気の役柄の印象が強く、渋みもありますが若い頃は本当にかわいい印象だったことがネットの声からも見えてきます。

自身のインスタグラムに投稿した昔の写真にも反響

2016年秋に山田孝之さん自らインスタグラムに投稿した17歳の頃の写真グラビアにも、ファンからのかわいいというコメントが相次ぎました。

「かわいすぎやってば」

「嵐に入れると思います」

(引用:ライブドアニュース)

 

山田孝之の芸能界入りのきっかけはスカウトだった?

山田孝之さんの芸能界入りのきっかけは原宿へ遊びに行ったときのスカウトで、女の子と間違えられてスカウトされたという逸話が残っています。

そのころ家族とともに鹿児島から上京してきたばかりの山田孝之さんは、お姉さんらの荷物持ちとして遊びに連れられてやってきたラフォーレ原宿の前でスカウトに声をかけられました。

その時の服装はオレンジ色のジャージだったそうで、可愛い女の子が個性的な格好をしているということでスカウトされたのだそうです。昔(若い頃)の山田孝之さんがかわいいが故のエピソードです。

イケメンのイメージから一変!山田孝之が昔と今で違うのはなぜ?

山田孝之さんは現在は渋い演技派俳優へとイメージチェンジを図っています。昔(若い頃)のかわいい・イケメンなイメージからの変化の理由を探ってみましょう。

子役時代や若い頃のイメージに心とのギャップを感じていた山田孝之

山田孝之さんは年の離れた姉に共働きの両親という家庭に育った影響もあって、面白いことをして注目を集めたり悪戯をするのが大好きな子どもだったそうです。

女の子と間違われるほどかわいいルックスだったためにスカウトされて入った芸能界では、子役としてくる仕事はおしなべて繊細でイケメンな役どころがほとんどでした。

山田孝之さんは、面白い役や不良っぽい役など違う雰囲気の役への希望もありましたが、そういった希望はなかなか通らず、ずっとイメージを変えたいと思っていたと語っています。

クローズZEROをきっかけにワイルドなイメージへ

本来の自分の希望と違う役柄ばかりが回ってくる現状にストレスを感じていた頃にやってきた仕事が「クローズZERO」での不良役でした。

非常に気合を入れて臨んだ撮影現場では、胸毛を出すことも厭わず役柄を熱演し、かわいい子役からワイルドなイケメンへのイメージチェンジに大成功します。

山田孝之さんはこのとき、これからどんどん面白くなるだろうという予感があったと語っています。その言葉の通り、その後は様々な役柄を演じてカメレオン俳優と呼ばれるまでに大成しました。

ネガティブからポジティブへ!心の変化も!

仕事で様々な役をやれるようになり、俳優としてのキャリアを順調に積み重ねてゆきながらも、山田孝之さんは心のどこかに人に見られ評価される仕事に対してのだるさを感じていたといいます。

そんな気持ちに変化が訪れたのは子どもの誕生でした。守るべきものができて、だるいというようなネガティブな感情を抱えたままではやっていけないと思うにいたり、ポジティブになったそうです。

現在では人の評価を気にせず、自分の信念のままに思い切り仕事をしていこうとポジティブに考えているようです。

NEXT:俳優として一皮向けた?現在の山田孝之にも注目!
1/2