樹木希林の若い頃がかわいい!内田裕也とヌード写真?芸名を売った? タレント

樹木希林の若い頃がかわいい!内田裕也とヌード写真?芸名を売った?

樹木希林さんの若い頃の画像がかわいいと話題になっています。内田裕也さんとツーショットで撮ったヌード写真の画像から若い頃名乗っていた別の芸名「悠木千帆」二まつわるエピソードまで、知られざる若い頃の樹木希林さんをご紹介します。

若い頃が気になる!樹木希林のプロフィール

  • 芸名:樹木希林(きき・きりん)
  • 本名:内田啓子(うちだ・けいこ)
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1943年1月15日-2018年9月15日(75歳没)
  • 身長:159cm
  • 血液型:A型

樹木希林さんは元警察官の父親とカフェ経営者の母親との間に生まれました。千代田女学園在学中は演劇部に所属し薬剤師を目指していましたが卒業後は文学座一期生として入門します。

樹木希林さんは1970年スタートの水曜劇場『時間ですよ』でブレイクし、以降女優として活躍を続けてきました。2008年に紫綬褒章、2013年に日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞しています。

樹木希林さんは2018年9月15日に東京都・渋谷区の自宅にて親族に看取られて亡くなり、同月30日に東京都港区・西麻布の寺院にて葬儀が行われました。

【画像・動画】樹木希林の若い頃がファンキーでかわいい!

昔(若い頃)から年齢よりも上の老け役に定評のあった樹木希林さんですが、その若い頃がファンキーでとてもかわいいと言われています。そんなおしゃれでかわいい樹木希林さんの画像をご紹介します。

若い頃の樹木希林がかわいくておしゃれ!

若い頃の樹木希林さんは童顔でショートヘアのよく似合うとても愛らしい顔をしています。

欅坂46の平手友梨奈さんに似ているという声もあります。

かなりファンキーな雰囲気になっていた時期もあったようです。

昔から老け役!ドラマ「寺内貫太郎一家」

ドラマ「寺内貫太郎一家」では悠木千帆名義の樹木希林さんが小林亜星さん扮する貫太郎の母親役を努めました。

当時悠木千帆(樹木希林)さんは小林亜星さんより10歳も年下だったそうですが、髪を脱色して老け顔風の化粧を施し、指ぬき手袋を外さずに老女役に徹しています。

このドラマでは、母屋の騒動から離れに逃げ込んだ悠木千帆(樹木希林)さんが沢田研二のポスターに向かって「ジュリー!」と叫ぶシーンが見所だと話題になりました。

コメディドラマ「ムー」

「寺内貫太郎一家」から4年後の1977年にスタートしたコメディドラマ「ムー」では老舗足袋店のお手伝いという役を好演しました。

翌年の1978年にはさらにコミカルさを増した続編(「ムー一族」)も放送されました。

主役の郷ひろみさんとの息の合った名コンビが話題となり「お化けのロック」や「林檎殺人事件」といった大ヒットシングルもリリースしています。

郷ひろみと歌手活動もしていた

こちらがその大ヒットシングル「お化けのロック」と「林檎殺人事件」の動画です。

樹木希林さんの自由な雰囲気の歌声が非常に個性的で、アイドルらしい歌声の郷ひろみさんとのデュエットが印象的に耳に残ります。

最初の結婚相手は岸田森!

樹木希林さんは内田裕也さんと結婚する前に、文学座の同期であった4歳年上の俳優の岸田森(きしだ・しん)さんと1964年に最初の結婚をしています。

ただこの結婚生活は長くは続かず、岸田さんの仕事が結婚直後に多忙となりすれ違いがちになっていたところに樹木希林さんとお姑さんの関係が悪化したことも重なり、4年後に離婚しました。

岸田さんとの間には子供はおらず、岸田さんもその後バーのママをしていた一般女性と再婚しましたが再び離婚し、1982年食道がんによりこの世を去っています。

二番目の旦那・内田裕也との画像がファンキー!

1973年10月、30歳を迎えた樹木希林さんは3歳年上の内田裕也さんと再婚しました。

結婚式もデニムで行うという個性的なもので話題となっています。

樹木希林の若い頃の芸名は悠木千帆!番組で売った!?

樹木希林さんは、以前は悠木千帆という名義で女優活動を行っていましたが、改名にあたりその芸名を売却したとのことです。

黒柳徹子の番組で芸名を売っていた!

悠木千帆名義の売却は、1977年4月放送の黒柳徹子さんの司会による特別番組の「にんげん縁日」というオークション企画にて行われました。

売るものがなかった樹木希林さんは、思い入れの薄かった「悠木千帆」の芸名を売ることにしたのです。

売却は前もって告知されていたのでつかこうへい氏から200万円で買取のオファーもあったのですが断っており、結局青山のブティック経営者が40万円で落札し、後に山田和葉さんという女優に譲渡されています。

「樹木希林」という芸名の由来は?

樹木希林という芸名に決まるまでには他の案も色々とありましたが、最終的には樹木希林さん自ら辞書を引きつつ考案したこの名前に決まったのだそうです。

「樹木が集合して希な林をなす」ことから、人が集い何かをはぐくむというイメージのある樹木希林という4文字で、音の重なりも気に入ってこの名前に落ち着きました。

ちなみに他の案には「ちゃちゃちゃりん」(ふさわしい漢字がなかったので却下となった)「母啓子」(若いうちは「ははけいこ」歳をとったら「ばばけいこ」とできる)などがあったようです。

樹木希林と内田裕也の馴れ初めは?若い頃から別居してた?

内田裕也さんと樹木希林さんの馴れ初めや別居の詳細について、また離婚をしなかった理由についてもご紹介します。

馴れ初めはかまやつひろし出演ドラマ?

樹木希林さんと内田裕也さんの仲を取り持ったのは、内田さんと親しい友人として交友のあったかまやつひろしさんです。

樹木希林さんは、かまやつさんとの共演ドラマ「時間ですよ」の収録現場に友人としてかまやつさんを訪ねた内田さんと出会い意気投合します。そして最初のデートの次の日に内田さんから結婚の申し込みを受けました。

結婚にあたっての内田裕也さんのコメントは、次のようなものだったそうです。この言葉からは、2人が特別な連帯感で結ばれていたことがうかがい知れるのではないでしょうか。

俺も彼女も普通の人とは結婚できない。その2人が出会えたことを神様に感謝したい
(引用:J-CASTニュース)

妊娠をきっかけに結婚1年半で別居!

結婚当初から内田さんは相当な暴れようで、樹木希林さん曰く毎晩のように暴力を振るわれ、何かあった時はすぐに着てもらえるよう警察にも話を付けていたそうです。

そんな内田さんも寝ているときは静かになるので、樹木希林さんは包丁で刺すことも頭をよぎったほどだそうですが、こんなことで捕まるのももったいない、この人は自分が縛っておかないとと思って思いとどまりました。

結婚から1年半後、樹木希林さんは也哉子さんを身ごもり、こんな物騒な環境で育児は不可能だと判断して別居に踏み切っています。

離婚しなかった理由は?

破天荒な内田裕也さんと樹木希林さんの結婚生活が生涯続いた理由は、樹木希林さんが絶対に離婚しないという強い意志を持っていたことによります。

1981年には内田裕也さんから一方的に離婚届を区役所に提出されていますが、樹木希林さんはそれを無効とするべく訴訟を起こして勝訴を勝ち取りもしています。

2人とも型破りな性格をしていることを樹木希林さんは自覚しており、内田さんのことは(困難が有ることで成長できるので)「有り難い」存在と語っています。

若い頃から不動産投資で成功!でも相続トラブルはなし?

樹木希林さんは昔(若い頃)から不動産に関心が高く、20代から投資を始め、都内に総額10億円を超す不動産を所有していました。

それら不動産は樹木希林さん亡き後に内田裕也さん名義のものを残して親族に負担をかけることのないよう、樹木希林さんの生前より手続き可能なものは手続きを済ませておいたのだそうです。

そのため相続は非常にスムーズに運び、いっさいのトラブルもなかったことが専門家をうならせています。

何でも面白がっていた樹木希林さん

暴力・別居・浮気など、内田裕也さんとの結婚生活のエピソードからは常識で考えれば苦労にしか見えない面が多いのですが、決して別れようとせずに生涯添い遂げた樹木希林さんの姿勢に驚く人は多いでしょう。

樹木希林さんは過去の発言のなかで「なんでも面白がる」という趣旨のことを折にふれて語っています。

結婚生活の苦労も自らの老いさえも面白がった樹木希林さんの姿勢やその名言の数々は示唆に富み、多くを教えてくれると好評です。興味を持たれた方は、樹木希林さんの著書を手に取ってみてはいかがでしょうか。