上沼恵美子の若い頃がアイドル並みにかわいい!漫才もすごかった? タレント

上沼恵美子の若い頃がアイドル並みにかわいい!漫才もすごかった?

今回は、上沼恵美子さんについてまとめました。今や大阪を拠点に番組のMCを務めていますが、若い頃は、漫才師として活躍し、アイドル並みにかわいいと言われていた上沼恵美子さん。若い頃の動画や画像とともに、活動や結婚、引退までくわしくチェックしました。

若い頃がかわいい?芸人・上沼恵美子のプロフィール!

  • 本名:上沼恵美子(かみぬま えみこ)
  • 生年月日:1955年4月13日
  • 出身地:兵庫県三原郡南淡町福良
  • 方言:大阪弁
  • 配偶者:上沼真平
  • 元コンビ名:海原千里・万理
  • 出演番組:「上沼恵美子のこころ晴天」「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」「快傑えみちゃんねる」など

上沼恵美子の若い頃がかわいすぎる?画像や動画を集めてみた!

shell_ghostcage / Pixabay

アイドル並みにかわいいと言われ、若い頃から大人気だった上沼恵美子さん。彼女の若い頃のかわいすぎる画像や動画を、チェックしてみました。

どの画像をみても、一目見ただけで伝わる美人っぷりで、アイドルと言われても疑わないルックスをしています。また、昭和っぽさ溢れるレトロな髪型や服装の雰囲気は、令和の今見ても劣らない魅力ですね。

動いている上沼恵美子さんも、画像に劣らないほどかわいいです。これだけ美人でかわいいと、アイドルと言われてもおかしくありません。また、若い頃から、しゃべりが達者で華もありますね。

顔がかわいいだけでなく、スタイルも抜群、声も若々しくあどけなさが残っていて、歌唱力も抜群だったので、きっと男性ファンも多くついていたことでしょう。

上沼恵美子の若い頃の人気ぶりは?アイドル並みにすごかった?

Jacob-Medien / Pixabay

デビュー当時の若い頃から「かわいい」と言われていた上沼恵美子さんは、若い頃はアイドルに負けないほどの人気があったようです。

上沼恵美子は姉と漫才コンビ「海原千里・万理」でデビュー!賞受賞も!

上沼恵美子さんは、1971~1977年にかけて「海原千里・万理」という漫才師として活動していました。父親が演芸好きだったようで、歌や演劇を見て育ったのが、漫才師になるきっかけだったようですね。

中学を卒業してから、妹の千里さんと「海原千里・万理」を組み、デビューしてすぐに「上方お笑い大賞」で銀賞し、その2年後には「NHK漫才コンテスト」で最優秀賞を受賞するほど、若い頃から実力者です。

すぐに大人気!「漫才界の白雪姫」と呼ばれアイドル的存在に!

若い頃から、漫才師として世間に認められていった上沼恵美子さん。当時、大人気だった天地真理さんという、アイドルに似ていることから「漫才界の白雪姫」と名付けられ、アイドル的存在として人気に火がつきました。

人気が出てからは、そのルックスで、漫才だけでなく歌手としても売り出されていたようです。これは本当のアイドルも顔負けですね。

上沼恵美子のコンビは島田紳助やビートたけしも認める面白さだった!

lincerta / Pixabay

海原千里・万理は、芸能界の実力者の方々からも認められるほど、相当な腕を持っていたようで、あの島田紳助さんやビートたけしさんからも、認められています。

島田紳助さんは、海原千里・万理の漫才のネタを書き起こして自身の漫才に生かしていたと言います。この話からも、さまざまな漫才師の手本となるくらい、実力が高かったことがわかりますね。

また、女性お笑い芸人に対して辛口なビートたけしさんも、海原千里・万理の漫才は認めざるをえないほど、うまいと評価しています。

上沼恵美子はデビュー後、映画に出演したこともある?

若い頃を見てお分かりの通り、あれだけかわいいルックスだった上沼恵美子さんですから、過去には映画にも出演したことがあるようです。

芸人デビューしてから間もないとき、1976年に東映でロードショーされた「トラック野郎・望郷一番星」で、ドライブインの女将役を演じたそうです。

「トラック野郎・望郷一番星」には、菅原文太さんをはじめ、俳優の梅宮辰夫さんがゲスト出演するなど大御所揃いの作品だったようで、そのなかでも怖気ずに、新人ながら出演した上沼恵美子さんのプロ魂を感じます。

人気絶頂期に結婚!一度引退していた

Takmeomeo / Pixabay

海原千里・万理として世に知られ、若い頃から実力派漫才師としても大活躍中していた上沼恵美子さん。

芸能界を順風満帆に進んでいると思われていましたが、1977年、上沼恵美子さんは22歳の年齢で結婚することになり、コンビを解散。また、そのタイミングで芸能界をも引退しました。

漫才師としての実力もあり、しゃべりだけでなくルックスや歌唱力もあった上沼恵美子さん。コンビ解散だけでなく、芸能界を引退するという形をとったため、まわりから惜しまれながら引退をしました。

旦那はテレビディレクター!子供も2人出産!

Pexels / Pixabay

上沼恵美子さんのご結婚相手は上沼真平さんという、テレビディレクターです。「日曜ドキドキパンチ」という関西番組に出演した際に、真平さんがそのディレクターを務めており、出会ったようです。

また、上沼恵美子さんは、真平さんとの間に2人子供がいるようです。1978年に長男の清太郎さん。1983年に次男の裕次郎さんを出産しました。

旦那さんと元気な息子さん2人と4人家族で、「芸能人・上沼恵美子」としてではなく「母親・上沼恵美子」として幸せに暮らしていたようで、なんとも微笑ましいです。

引退の1年後には復帰!

一度、芸能界を引退した上沼恵美子さんですが、引退した1年後には復帰をしたそうです。理由を問われると「専業主婦は向いていない」と語っていました。

中学を卒業して15.6歳と若い頃から、芸能界に足を踏み入れ、刺激あふれる世界の中を、かけめぐってきた上沼恵美子さんなので、一般人と同じような生活は退屈と感じたのかもしれません。

上沼恵美子は若い頃(デビュー前)のど自慢大会で毎回準優勝!?

上沼恵美子さんは、小さい頃から歌が大好きで、よく「ちびっこのど自慢退会」という子供向けののど自慢に出演し、歌を披露していたようです。そのときから、歌が非常にうまかったんですね。

天童よしみがライバルだった!

ちびっこのど自慢大会に、何度も出演をしていた上沼恵美子さんは、出場しすぎて、まわりからも顔を指されていたようです。

その大会には、なんとあの演歌歌手の「天童よしみ」さんもよく出場していたようで、1.2位を争うほど2人とも歌がうまく、ライバル同士だったそうです。

2人は接戦を繰り広げていたようですが、いつも優勝するのは、天童よしみさんだったといいます。上沼恵美子さんはあの歌唱力を持ってでも、天童よしみさんに勝つことは出来ず、惜しくも2位だったそうです。

上沼恵美子の歌っている動画はある?

若い頃、海原千里・万理として「大阪ラプソディー」という曲を発売していたようです。バブル時代を感じさせるバブリーな楽曲ですね。

天童よしみさんとライバル同士ということが納得いくほどの歌唱力です。

上沼恵美子は若い頃と比べて現在も面白すぎ?

芸能界を復帰し、ベテランになってからも「M-1グランプリ」の審査員や、自身の関西ローカル番組「快傑えみちゃんねる」のMCなど、数々の仕事を務めている上沼恵美子さん。

M-1の審査員として出演した際には、若手芸人に対しての大阪弁ならではのきつさとうまさの合わさったトークで、芸人や観客を黙らせるほどの腕をもっています。

また、自身の「快傑えみちゃんねる」などでは、旦那に対しての愚痴を軽快なテンポで繰り広げることが多く、若い頃に負けてないほど面白いと話題です。

2015年に「海原千里・万里」復活!

コンビを解散してからは、ずっと上沼恵美子として1人で活動している、上沼恵美子さんですが、実は2015年に一度「海原千里・万里」として復活をしたことがあります。

漫才ではなく歌手としての復活で、40年ぶりに姉妹デュオを披露し、ファンを喜ばせました。妹の万里さんと笑顔で登場し、おふたりとも仲良く元気な姿が、なんとも微笑ましいです。

若い頃から現在まで変わらずスター!「上沼恵美子」さん

今回は上沼恵美子さんの若い頃から現在までをまとめました。若い頃からルックス、実力ともに高いため、アイドル的存在としても芸人としても顔負けなことが分かりましたね。

若い頃から現在まで、変わらずにスタートしてあり続ける、上沼恵美子さんの元気でパワフルなご活躍に、今後も目が離せません。