松本人志の筋肉の画像が怖いレベル!動画や筋トレ方法やいつからなど タレント

松本人志の筋肉の画像が怖いレベル!動画や筋トレ方法やいつからなど

最近では筋肉キャラが定着している松本人志さん。ジムに通わずにあの筋肉を手に入れたそうですが、一体いつから、どうして筋トレを始めたのでしょう。この記事では、松本人志さんの筋肉画像や動画、筋トレメニュー、愛飲のプロテインもご紹介致します。

松本人志の筋肉が凄い!マッチョな筋肉画像や実力を紹介!

松本人志さんといえば、最近目立っているのが逞しい筋肉。彼のプロフィールを始め、実際の筋肉の画像や筋力の強さをご紹介したいと思います。

マッチョで有名!松本人志のプロフィール

松本人志さんは、お笑いコンビ・ダウンタウンのツッコミ担当として知られるお笑い芸人です。1963年9月8日生まれで、2019年9月現在で56歳になりました。兵庫県尼崎市出身で、NSC大阪高の1期生です。

映画監督としての顔も持ち、映画『大日本人』や『R100』など、4作品を手掛けています。2007年にはカンヌ国際映画祭の監督週間に招待されるといった快挙を成し遂げ、大きな話題を呼びました。

そんな松本人志さんですが、最近ではバラエティ番組などで筋肉キャラとしてもイジられる事が増えましたね。彼の筋肉に関するエピソードや筋トレの方法をご紹介する前に、実際に彼の筋肉を見ていきましょう。

とにかく凄い!松本人志のマッチョなムキムキ筋肉画像!

凄い筋肉ですよね。50代後半のお笑い芸人の筋肉とは思えません。ここまでムキムキだと、昔から筋トレをしていたのではないかと思ってしまいますよね。

ところが、松本人志さんの筋肉が大きくなったのはつい数年前からの事。次は松本人志さんが筋トレを始める前の姿を見てみましょう。

筋トレ前の松本人志は細かった?筋肉ビフォー画像

こちらがビフォーアフターの画像になります。筋トレ前の松本人志さんは、今と比べて貧相な胸板であばらは浮き出て、腕も細いですよね。心なしか首も細いような気がします。

【動画】松本人志の筋肉はスゴイ?実力は?

https://www.youtube.com/watch?v=j9a5ilZ8vQE

松本人志さんの筋肉ですが、もちろん見せかけの筋肉ではありません。その証拠として、上の動画では100kgのバーベルを挙げる事に成功しています。

ちなみに相方の浜田雅功さんは、40kgを降ろす事には成功したものの、持ち上げる事はできませんでした。松本人志さんがどれだけ凄いかお分かり頂けるかと思います。

松本人志の身長・体重・体脂肪はどれくらい?

松本人志さんは、身長が172cm、体重は67.4kgだそうです。身長172cmの男性の平均体重が62.1kgなので、平均よりも重いようですね。恐らく筋肉の量が多いのだと思われます。

体脂肪率は、意外にも16.6%。いわゆるマッチョな方というのは体脂肪率12%以下の事が多い為、少し脂肪が多いようです。筋肉と脂肪が多い人というと、レスラー体型の方が多いみたいですね。

いつから?どうして?松本人志が筋トレに目覚めたきっかけは?

今となっては筋肉キャラが定着した松本人志さんですが、いつから筋肉が付き始めたのでしょうか。また、どうして筋トレを始めたのでしょうか。彼が筋トレに目覚めたきっかけについてご紹介致します。

きっかけは2002年〜2003年頃の「サイボーグ魂」でのトレーニング!

harutmovsisyan / Pixabay

松本人志さんが筋トレを始めたきっかけは、2002年から2003年にかけて放送されたスポーツドキュメンタリー番組『サイボーグ魂』で行ったトレーニングとされています。

同番組内では、元ボクシング世界チャンピオンの鬼塚勝也さんとトレーニングをしました。ストイックな性格の松本人志さんは、番組終了後もボクシングとトレーニングを続けて体作りをしていたそうですね。

目覚めたのは2011年頃?

Ichigo121212 / Pixabay

しかし、ボクシングのトレーニングというのは筋肉が大きくなりにくいようです。確かにボクサーの体つきを見ても、ムキムキよりは細マッチョな方が多く見られますよね。

松本人志さんの大きな筋肉は、2011年頃から本格的な筋トレを始めてからのものとされています。一説によると、45歳という高齢で娘が生まれた為、娘が大きくなる前に老化する事が心配になったようですね。

筋トレに目覚めた理由①大切な家族を守るため?

TheVirtualDenise / Pixabay

松本人志さんが筋トレに目覚めた理由として、1つが大切な家族を守る為だそうです。

とあるバラエティ番組で、元SMAPの中居正広さんと共演。すると、中居正広さんからどうして筋トレを始めたのか、理由を尋ねられたそうです。その際、松本人志さんは以下のようなコメントをしています。

「それは結婚したからや。俺には守らなければならないものがあるから、何かあった時は対処できるようにしとかんとな」

(引用:マゴノテ)

家族を守りたいという想いから筋トレを始めた松本人志さん。誰しもが考える事ではありますが、実際にここまでムキムキになる人はなかなかいませんよね。相当な家族想いである事がうかがえます。

筋トレに目覚めた理由②バイオハザードの登場キャラに嫌気が指した?

松本人志さんが筋トレに目覚めたもう1つの理由が、ゲーム『バイオハザード』の登場キャラクターに嫌気が指した為だそうです。以下、2018年2月18日に放送された『ワイドナショー』での発言です。

「『バイオハザード』とかやっていた時に、登場人物がムッキムキ。あれが嫌になってきたんです。こんなガリガリのきゃしゃな俺が米兵みたいなやつに助けてもらっている、憑依してやっている場合じゃないと。で、本当に筋トレしようと思った」

(引用:スポニチ Sponichi Annex 芸能)

松本人志さんと言えば、TVゲーム好きでも知られています。『バイオハザード』以外にも、『ピクミン』や『ワンダの虚像』、『鬼武者』なども好きなようですね。TVゲームに影響されやすい性格なのでしょうか。

ちなみに、同番組内ではMCの東野幸治さんに「娘さんのために筋トレしてるんでしょ」と問われると、「そんなんウソウソ」と発言。一体、どちらが本当の理由なのでしょうか……。

筋トレに目覚めた理由③筋トレ依存症?

markusspiske / Pixabay

松本人志さんが筋トレに目覚めた理由、最後は筋トレ依存症だからとの事。

『ワイドナショー』でネットゲーム依存症の話題を取り上げると、ゲーム好きな松本人志さんも依存症なのではないかと共演者から指摘。すると松本人志さんは、以下のような発言をしました。

「ネットゲーム依存ではないが、筋トレ依存症ではあるかも。やらないと気持ち悪い。」

(引用:エントピ[Entertainment Topics])

結局のところ、筋トレをしないと落ち着かないみたいですね。努力してやっているというより、食事や入浴、歯磨きのように生活の一部になっているようです。

命名「マツザップ」?松本人志の筋トレメニューを公開!

松本人志さんの筋トレの理由がわかった(?)ところで、彼の筋トレメニューをご紹介致します。これから筋トレやダイエットを考えている方、必見です。

松本流筋トレは「マツザップ」

ムリな食事制限ナシ。かかる費用0円。ひたすら自分で自分を追い込む。。。
それがマツザップ。。。会員非募集。

(引用:松本人志(@matsu_bouz)/ Twitter)

松本人志さんが自身の筋トレメニューをライザップならぬ『マツザップ』と命名。会員は非募集との事ですが、彼の筋トレメニューを真似するだけなら問題ありません。彼の言う通り、自分で自分を追い込んでみましょう。

松本人志の筋トレメニューとは?

  • ベンチプレス(大胸筋) – 95kg x 5回 + 115kg x 3回 + 135kg x 2回
  • チェストプレス(大胸筋) – 55kg x 15回 + 65kg x 15回 + 75kg x 15回
  • ラットプルダウン(背筋) – 85kg x 15 回 x 3セット
  • ライイングトライセプスエクステンション(上腕三頭筋) – 20kg x 25回 x 3セット
  • ダンベルシュラッグ(僧帽筋) – 片側25kgずつ x 50回 x 3セット(3セット目は60~70回)
  • シットアップ(腹筋) – 15回 x 3セット
  • チェストプレス[2回目](大胸筋) – 75kg x 15回 x 1セット + 浅い可動域で75kg x 100回連打
  • ラットプルダウン[2回目](背筋) – 70kg x 15回 x 1セット + 浅い可動域で70kg x 100回連打

実は上半身ばかり鍛えるメニューになっていた?

Ribastank / Pixabay

『マツザップ』の筋トレメニューを見て頂けると分かると思いますが、実は上半身ばかり鍛えるメニューになっています。確かに、松本人志さんの下半身は特別ムキムキなわけではないように見えますよね。

マーベル・コミックの”ハルク”や、漫画『ONE PIECE』の”フランキー”、ディズニー映画『Mr.インクレディブル』の”Mr.インクレディブル”に例えられる事も多いようです。

筋トレはジムではなく自宅で

Pexels / Pixabay

都内で有名なジムというと、『東急スポーツオアシス』や『コナミスポーツクラブ』、『ゴールドジム』などが挙げられます。専用の個室でトレーニングするVIP会員の芸能人も多いみたいですね。

では松本人志さんはどこのジムに通っているのかというと、実はどこにも通っていません。彼が筋トレを行っている場所は、全部自宅のようです。専用の器具なども揃えてあるようですね。

実際、自宅での筋トレは長続きせずに諦める人が多く、筋トレや器具の知識を独学で学ばなければならない為、難しいとされています。それでもあれだけの筋肉を手に入れた松本人志さんは、やっぱり凄いですね。漫画

魔法の言葉は「うそよねん」「あいうえお」

StockSnap / Pixabay

筋トレをしている最中、回数を数える為に数字を発しながら体を動かしますよね。ところが松本人志さん、筋トレ時に限界を感じると数字の代わりに”魔法の言葉”を発するそうです。

“魔法の言葉”の1つが「うそよねん」。限界と感じている自分を騙す為、「うそよねん」と唱えながら筋トレをするそうです。自分を徹底的に追い込むスタイルの松本人志さんらしいやり方ですね。

もう1つが「あいうえお」。最後の5回の時に使う”魔法の言葉”で、「あいう」まで言うと「えお」まで言わなければ気持ちが悪いから頑張れるという、ネタなのかガチなのか分からないやり方です。

筋トレ後はプロテイン!「DNS Pro-X」を愛飲?

congerdesign / Pixabay

筋トレ後にはプロテインを飲むという松本人志さん。彼が愛飲しているのが、『DNS PRO-X』シリーズのプロテインだそうです。

この『DNS PRO-X』、キャップを開ければすぐ飲める為、筋トレ後30分以内のゴールデンタイムを逃さずにプロテインを摂取できます。ジムから帰宅して、水とパウダーをシェイクする手間がないようですね。

松本人志の筋トレに世間の評判は?

OmarMedinaFilms / Pixabay

「想像以上に凄い」「これで56歳はあり得ない」といった賞賛の声がある中、「気持ち悪い」「上半身と下半身のバランスが悪い」といった声もあるようです。

とは言うものの、50代後半、しかも自宅での筋トレでこれほどの筋肉がつくのは凄い事です。プロのボディビルダーというわけでもないので、筋トレのメニューやバランスにまで言及する必要はなさそうですね。

筋肉をフライデーされた?松本人志の「ムキムキ筋肉体操」

実は松本人志さん、筋肉をフライデーされた事があります。不倫や事件などの不祥事などがフライデーされる事はよくありますが、筋肉をフライデーされたとは一体どういう事なのでしょうか。

調べたところによると、松本人志さんは車の窓を鏡代わりに使ってポージングしていたとの事。しかもその車がたまたまフライデーの車だったようで、『ムキムキ筋肉体操』という題でフライデーに掲載されたようです。

筋トレをする人は実は弱い?松本人志の筋肉理論とは?

筋肉キャラが定着した松本人志さんですが、2018年12月2日放送の『ワイドナショー』では「筋トレやる人は実は弱い」と、自身の筋肉理論を語っています。

筋トレをする人は、自身の筋肉に不安や恐怖心を感じている人。それをきっかけにジムに通ったり、食事を制限したりする人は意志が弱いと結論付けました。

松本人志の筋肉は凄かった!

いかがでしたでしょうか。松本人志さんの筋肉や筋トレについて、お分かり頂けたかと思います。

まさか、ジムに通わないで自宅でのみ筋トレしているとは驚きでした。筋トレやダイエットをしたいけどジムには通いたくないという方に、希望を見せてくれましたね。

これからは筋肉キャラとしての活躍も広げていくであろう松本人志さん。彼の今後の芸能活動についても目が離せません。