井上尚弥の海外の反応は?WBSS決勝進出で海外メディアも大絶賛!エンタメ

井上尚弥の海外の反応は?WBSS決勝進出で海外メディアも大絶賛!

「モンスター」と異名を持つ、井上尚弥の海外の反応は大きく、海外メディアに絶賛されています。名立たる王者が参戦するWBSSで予想を超えた強さを見せつけた井上尚弥の海外の反応は、圧倒的に井上優勢と見られています。2019年11月の決勝まで待ちきれません。

目次

[表示]

海外の反応がヤバすぎる!井上尚弥のプロフィール

井上尚弥のプロフィールです。現在まで無敗!「モンスター」の経歴がヤバすぎます!!

名前(なまえ)井上 尚哉(いのうえ なおや) 生年月日1993年4月10日 出身地 神奈川県座間市 通称 Monster(怪物)

身長 165cm リーチ 171cm 階級 バンダム級 戦歴 18戦18勝16KO

(引用:スピカ紀行)

井上尚弥が獲得したタイトル 国内最速の記録で偉業

truthseeker08 / Pixabay

第36代日本ライトフライ級王座、第33代OPBF東洋太平洋、WBCライトフライ級王座、WBO世界スーパーフライ級王座、WBA、IBF、リングマガジン世界バンダム級王座と数々の獲得タイトルです。

アマチュア時代から日本ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得と偉業、プロに転向し8戦目にして2階級制覇は、国内最速の記録です。(世界最速はウクライナのロマチェンコ:7戦目)

https://career-find.jp/archives/122084

【海外の反応】WBSS準決勝のTKO勝ちが世界で話題に!

WBSS準決勝の相手はIBF世界王者。19戦無敗の強敵との対戦だったのですが、2R1分19秒TKO勝ちという結果に世界を驚かせました。

【海外の反応】事実上の決勝戦と呼ばれた決勝 トラブル続きの井上尚弥の試合前

https://twitter.com/blackpandamma/status/1170659666105442308

周囲の期待による井上尚弥のスランプや、日程延期などトラブルの連続、試合会場でもロドリゲス側トレーナーと井上の父・真吾さんが事前の練習中に言い争うなど、緊迫した状況が続いていました。

そして決戦、ゴングが鳴り1R目。ロドリゲスが積極的に攻めてくる展開に井上は押されがちであったものの、2R目から「モンスター」の本領発揮、攻撃的姿勢でボディーブローを炸裂させたのです。

海外ボクシングファンの反応は?

井上尚弥の勝利は世界を駆け巡り、海外メディアも大きく試合の勝利を報じました。勝利の直後の海外の反応のみならず、国内での反応も大きく、日本も大歓喜に包まれていました。

海外の反応は次の通り絶賛するコメントが多数、反応と評価は非常に高く、RING誌のPFP(パウンド・フォー・パウンド)ランキングで4位、世界的スーパースターの仲間入りを果たした一戦になりました。

  • 強者を示した2回の強襲。すごいパフォーマンスだ。
  • 尚弥は常に高いレベルにいる。最初に何発か当てられたが、その時に、ノニトの代名詞の左フックが爆発すれば、何かが起こるかも。試合が進めば進むほど、ノニトの敗北が確実になるだろう。
  • 井上尚弥、華々しいKO勝利おめでとう。スピード、パワー、正確性がどれも印象的。ルイス”豹”ネリとの試合が待ちきれない。
  • 井上のあのタイミング!
  • 第1ラウンドでお互いの打撃を交換している。
  • ワォ、井上は野獣だ。
  • どんでもねーな。信じられない!井上は少し荒っぽく、左フックを打って、マニー(※ロドリゲス)は避けられなかった。ラッシュを耐えることができなかったね。
  • 井上はまともじゃない。ニックネームどおり。ロドリゲスが井上に勝つと言っていた奴はどこ行った?
  • 井上は本物だ。5秒でマニーの鼻とあばらと気持ちを折った。
  • 世界的にも最高の選手かもしれない。ロマチェンコ、クロフォード、ウシクと同等だ。井上は全てを持っている。井上VSネリかナバレッテが真のテストになるだろう。

(引用:日常の104 ボクシング海外の反応)

海外メディアも絶賛!

fancycrave1 / Pixabay

井上の勝利は海外メディアも評価、関係者の驚きの声を伝えており、井上の強打、パンチのタイミング、眼の良さとレベルの高さを解説、「誰よりも先に進んだレベルにある」と評する声もあり大絶賛されました。

「美しき野獣(The Beauty of the Beast)」「「アジアの暗殺者(Asian assassin)」「日本のスーパースター」とクールな通り名で表現、ボクサーらの声を報道しています。

次の相手フィリピンのレジェンド、ノニト・ドネアとの決戦でも優勢とみられ、次はスーパーバンダム級の挑戦も!?という声もあり、バンダム級の制覇は確実視されています。

リング誌の記者を務めるトム・グレイ氏だ。試合翌日、自身のツイッターにこうつづっている。「この夜を終えた後の朝を迎えるまで、今までライブで観た中で最も眩しいほどのとんでもないパフォーマンスは、パッキャオがハットンをKOしたものだった。偉大なイノウエはそれに並んだ。規格外のパワーと、それをもたらすスピード、テクニック、そして完璧なタイミング。これらすべてがただただ信じられない! 『The Ring(Magazine)』のチャンピオンに相応しい!」

(引用:THE ANSWER)

英国のトレーナーであるデイブ・コールドウエルは「スポーツのトップレベルの戦いで、こんな力を示すファイターを見るのは“特別だ”」

(引用:Yahooニュース)

地元イギリスのボクサーのTwitter上の反応

12019 / Pixabay

地元イギリスボクサー達からロドリゲス戦の感想をTwitterでツイートされ、井上に対する注目が集まっていたようです。

WBC世界フライ級王者、チャーリー・エドワーズ、元スーパーミドル級欧州王者のフランク・ブリオーニ、ヘビー級ファイター、デーブ・アレンなど、各階級の名立たるボクサーばかりです。

みな井上に対し「モンスター」と表現、多くのボクサー達に強烈なインパクトを与えたようです。

WBC世界フライ級王者のチャーリー・エドワーズは「ワオ、イノウエはヤバイ、恐怖の男だ。なんてモンスターなんだ!」と称賛し、元スーパーミドル級欧州王者のフランク・ブリオーニも「イノウエは名前に偽りなし。本物のモンスターだ」と絶賛していたことも紹介している。

ヘビー級ファイター、デーブ・アレンも「私は素晴らしきイノウエに夢中だ。自分よりも10ストーン(63キロ)くらい軽いけど、彼の一撃は正直、食らいたくない。彼の一閃を食らってしまえば、どんなにサイズが大きくても、おしまいだ」と驚いたことを伝えている。グラスゴーの地で、無敗のロドリゲスを破壊した強さは多くのファイターの心にも刻まれている。

(引用:THEANSWER)

NEXT:アメリカとイギリスがモンスター争奪戦⁉
1/4