田中みな実のベッドシーンがすごい?絶対正義が話題に!評判は?エンタメ

田中みな実のベッドシーンがすごい?絶対正義が話題に!評判は?

田中みな実はドラマ「絶対正義」に女優として初出演し、ベッドシーンやキスシーンを含む濡れ場に体当たり演技で挑みました。また「ルパンの娘」でも田中みな実はベッドシーンを披露しました。濡れ場を演じる女優としての田中みな実に肉薄します。

目次

[表示]

「絶対正義」で濡れ場披露!田中みな実のベッドシーンがやばい!

毎シリーズ話題を提供する深夜枠「オトナの土ドラ」で、田中みな実は2019年2月の「絶対正義」に女優初出演しました。この絶対正義では、田中みな実のベッドシーンを含む濡れ場が話題となります。

これまでは散々「ぶりっ子」な振舞いが特に女性から嫌われることの多かった田中みな実にとって、大きな転機となったようです。初めてのベッドシーンにも関わらず、田中みな実の濡れ場は評判でした。

女優としていきなり濡れ場に体当たりした田中みな実の、この作品について掘り下げます。また、立て続けに出演となった「ルパンの娘」でもベッドシーンの濡れ場があったのでそちらにも触れます。

田中みな実のベッドシーンとは?画像は?

田中みな実は女優として初めて挑む、この絶対正義で、その第1話からベッドシーンの濡れ場演技を見せました。この画像がその一幕で、不倫関係という危なげな繋がりを表情豊かに演じています。

ベッドシーンの中では濃厚なキスシーンもたっぷりの尺で放送され、本作では初回視聴率4.1%という好発進の火付け役を担いました。演技が初というのに、役作りも間の取り方も堂に入ったものです。

田中みな実の「絶対正義」での役柄は?

絶対正義は原作が、いわゆる「イヤミス」のカテゴリのもので、読後に嫌な感じを残すという小説でのトレンドの物語です。主人公演じる、山口紗弥加の高校でのクラスメイト役で、後女優になる役柄です。

劇中ではテレビ局プロデューサーと不倫をし、主人公を崖から突き落とすという極めて重要なポジションを務めました。一種の悪女でもあり、そのドロドロとした妖艶さを見事に表現しました。

田中みな実は「絶対正義」が女優デビュー作だった!

https://twitter.com/makiron7676/status/1099373922171015168?s=20

繰り返しになりますが、なんと田中みな実はこの絶対正義が女優デビュー作なのです。女子アナのドラマ起用では、比較的「鍵」となるポジションが任されることが多いのですが、田中みな実もそうでした。

田中みな実の初ベッドシーンの感想は?

絶対正義の主演、山口紗弥加は田中みな実のベッドシーンは「ケロっと」してたと言いますが違ったようです。田中みな実は初のベッドシーンに際して、次のようなコメントを後から述懐しました。

「どうしたらいいんだろうと思って…。朝7時8時だったんですよ。初対面でお互いバスローブ着て『お願いしま~す』って。

(引用:サンスポ.COM)

濡れ場撮影で、この期に及んで恥ずかしがっても仕方ないという、プロ根性が田中みな実のベッドシーン成功の裏にあったようです。

田中みな実のベッドシーンに対する視聴者の反応は?

絶対正義の第1話から、田中みな実のベッドシーンは登場します。いきなりの田中みな実の濡れ場に視聴者からは好評の声が多く上がっています。さらに絶対正義第6話では激しいキスシーンが登場です。

このシーンでは田中みな実の側から積極的で濃厚なキスが、ベッドシーンさながらに繰り広げられます。場面は一転し、事後に寛ぐかのような田中みな実の甘えのシーンが流れ視聴者は羨ましいの絶賛が多いです。

田中みな実のベッドシーンに対する芸能界の反応は?

田中みな実のベッドシーンは、午前7時からの開始だったらしく、初対面といきなりのベッドシーン撮影にケロっとした様子だったそうです。しかし田中みな実当人は、ただやるしかないと開き直りだったのです。

撮影の際に、田中みな実はベッドシーンのために思い切りよくバスローブを脱ぎ捨てました。しかしスタッフから「早いです」と制止がかかったそうです。

女優の長谷川京子には「見たよ、エッチなとこ」とからかわれたようです。思い切りの良さは、芸能界では、「いい仕事だった」という賛辞と受け止めていいようです。

NEXT:田中みな実はキスシーンも過激すぎ?
1/4