田中みな実のベッドシーンがすごい?絶対正義が話題に!評判は? エンタメ

田中みな実のベッドシーンがすごい?絶対正義が話題に!評判は?

田中みな実はドラマ「絶対正義」に女優として初出演し、ベッドシーンやキスシーンを含む濡れ場に体当たり演技で挑みました。また「ルパンの娘」でも田中みな実はベッドシーンを披露しました。濡れ場を演じる女優としての田中みな実に肉薄します。

目次

[表示]

「絶対正義」で濡れ場披露!田中みな実のベッドシーンがやばい!

毎シリーズ話題を提供する深夜枠「オトナの土ドラ」で、田中みな実は2019年2月の「絶対正義」に女優初出演しました。この絶対正義では、田中みな実のベッドシーンを含む濡れ場が話題となります。

これまでは散々「ぶりっ子」な振舞いが特に女性から嫌われることの多かった田中みな実にとって、大きな転機となったようです。初めてのベッドシーンにも関わらず、田中みな実の濡れ場は評判でした。

女優としていきなり濡れ場に体当たりした田中みな実の、この作品について掘り下げます。また、立て続けに出演となった「ルパンの娘」でもベッドシーンの濡れ場があったのでそちらにも触れます。

田中みな実のベッドシーンとは?画像は?

田中みな実は女優として初めて挑む、この絶対正義で、その第1話からベッドシーンの濡れ場演技を見せました。この画像がその一幕で、不倫関係という危なげな繋がりを表情豊かに演じています。

ベッドシーンの中では濃厚なキスシーンもたっぷりの尺で放送され、本作では初回視聴率4.1%という好発進の火付け役を担いました。演技が初というのに、役作りも間の取り方も堂に入ったものです。

田中みな実の「絶対正義」での役柄は?

絶対正義は原作が、いわゆる「イヤミス」のカテゴリのもので、読後に嫌な感じを残すという小説でのトレンドの物語です。主人公演じる、山口紗弥加の高校でのクラスメイト役で、後女優になる役柄です。

劇中ではテレビ局プロデューサーと不倫をし、主人公を崖から突き落とすという極めて重要なポジションを務めました。一種の悪女でもあり、そのドロドロとした妖艶さを見事に表現しました。

田中みな実は「絶対正義」が女優デビュー作だった!

繰り返しになりますが、なんと田中みな実はこの絶対正義が女優デビュー作なのです。女子アナのドラマ起用では、比較的「鍵」となるポジションが任されることが多いのですが、田中みな実もそうでした。

田中みな実の初ベッドシーンの感想は?

絶対正義の主演、山口紗弥加は田中みな実のベッドシーンは「ケロっと」してたと言いますが違ったようです。田中みな実は初のベッドシーンに際して、次のようなコメントを後から述懐しました。

「どうしたらいいんだろうと思って…。朝7時8時だったんですよ。初対面でお互いバスローブ着て『お願いしま~す』って。

(引用:サンスポ.COM)

濡れ場撮影で、この期に及んで恥ずかしがっても仕方ないという、プロ根性が田中みな実のベッドシーン成功の裏にあったようです。

田中みな実のベッドシーンに対する視聴者の反応は?

絶対正義の第1話から、田中みな実のベッドシーンは登場します。いきなりの田中みな実の濡れ場に視聴者からは好評の声が多く上がっています。さらに絶対正義第6話では激しいキスシーンが登場です。

このシーンでは田中みな実の側から積極的で濃厚なキスが、ベッドシーンさながらに繰り広げられます。場面は一転し、事後に寛ぐかのような田中みな実の甘えのシーンが流れ視聴者は羨ましいの絶賛が多いです。

田中みな実のベッドシーンに対する芸能界の反応は?

田中みな実のベッドシーンは、午前7時からの開始だったらしく、初対面といきなりのベッドシーン撮影にケロっとした様子だったそうです。しかし田中みな実当人は、ただやるしかないと開き直りだったのです。

撮影の際に、田中みな実はベッドシーンのために思い切りよくバスローブを脱ぎ捨てました。しかしスタッフから「早いです」と制止がかかったそうです。

女優の長谷川京子には「見たよ、エッチなとこ」とからかわれたようです。思い切りの良さは、芸能界では、「いい仕事だった」という賛辞と受け止めていいようです。

田中みな実はキスシーンも過激すぎ?

田中みな実はベッドシーンだけでなく、キスシーンが実に濃厚でエロかったと特に視聴者からは絶賛の声があります。その田中みな実のキスシーンとは、どんな様子だったのでしょう。

「絶対正義」でのキスシーン

田中みな実が絶対正義で見せた、シンボリックなキスシーンは2つあります。まず第1話の話題のベッドシーンの流れでのキスシーンが1つ。そして第6話では、奪うような激情のキスシーンがあります。

第1話でのベッドシーンの中のキスシーンは、尺もかなり長く、目を完全に閉じたり虚ろで色気たっぷりの表情などがしっかり見れます。ドラマ初出演にして、この濡れ場の堂々たる演技は凄いことです。

そしてもう1つのキスシーンは、第6話での「押し倒し」のキスシーンです。これはベッドではなく床でのものですが、上から押さえつけるように奪うキスが激しくもエロ過ぎと大きな話題となりました。

濃厚なキスシーンに視聴者の反応は?

この押し倒しからの奪うキスシーンに、視聴者は大興奮で、様々な言葉が飛び交いました。そのほとんどは「羨ましい」という内容のものです。

《みな実に押し倒されてえ》
《えろおおおおおおおおお》
《お色気要員過ぎる》《田中みな実はこれ素だろw》

(引用:EXCITEニュース)

そしてこの濃厚でエロいキスシーンが繰り広げられた後に、これまた田中みな実の「経験値」を思わせるシーンが続きます。

田中みな実はキス経験豊富?

この画像でみられる、田中みな実のキスの誘い方は、相当な手練れでキス経験が豊富なことを思わせます。緊張感が先に立つのではなく、微笑みから顔を近づけていく、そういうアプローチです。

このワンシーンでは、彼の口にまずイチゴを運び食べさせる流れで来ています。当然そのあとに、追いかけるように田中みな実の側から、彼はキスの応酬を受けるという段取りです。

打ち合わせではキスはふりで良いと言われていた?

田中みな実がラジオ番組で、「絶対正義」のラブシーンについて語ったことがありました。

ドラマの打ち合わせでは「キスはふりでいい」と言われ、「ラブシーンはどのくらいできるのか、見えて大丈夫な部分はどこまでか」などの質問もあったそうです。

撮影当日は、前だけ布を貼って隠し、演技のリハーサルをして本番になったそうです。キスのふりで良いと言われていましたが、監督から「しますよね?」と言われ、「分かりました」と了承したそうです。

田中みな実はルパンの娘でもベッドシーン?

田中みな実は、この絶対正義で濡れ場をきっちり演じられる女優として確実に認知されました。そして本作終了から半年も待たず、人気女優・深田恭子主演の「ルパンの娘」にも出演します。

このドラマではセクシー衣装でその魅力を全開する深田恭子に、田中みな実は第5話で遜色のないお色気で挑みます。役柄は同じ「セクシー泥棒」という設定です。

「ルパンの娘」で披露したベッドシーンとは?

元々、美しさを常に磨き上げていた田中みな実にとって、露出の大きなシーンは歓迎です。上の画像での悩殺ポーズなどは、実は田中みな実ならではのSMチックなシーンとなりました。

刑事役の加藤諒とのベッドシーンがこの画像です。はっきりとしたラブシーンとも言えませんが、甘い言葉とパンチラ攻撃で男を堕とす役柄は、田中みな実によく合っていたと評価は高いです。

これらの他にも、上半身のラインが丸見えな衣装のシーンなど、相当な露出度を田中みな実はクリアしました。

「奪い愛、夏」でも田中みな実のベッドシーンがある?

アベマのドラマの「奪い愛、夏」に、田中みな実が出演しています。第7話では、田中みな実のラブシーンと怪演が話題となりました。

話題になった田中みな実の怪演とは?

第7話で、田中みな実が演じる井川は、小池徹平さん演じる椿に「ずっと好きだったんです」「抱いて下さい」と頼み込みます。

椿と肉体関係になった井川は、水野美紀さんが演じる桜の殺害を椿に提案します。椿に色仕掛けして、ホテルで大胆な行動をとる井川を演じた田中みな実の演技が怪演と話題になりました。

田中みな実の演技に対する世間の反応とは

田中みな実の怪演に、「怖すぎる」「そんなことまでするの?」「行動が斜め上で、予測できない」などの反応がありました。

色気たっぷりにラブシーンを演じたことで、「ベッドシーンがセクシーだった」「怖いけれど、エロくて美しかった」など称賛のコメントも寄せられています。

雑誌で美尻のベッドシーンを披露?!

田中みな実が2019年12月26日にインスタを更新し、雑誌「smart」の撮影のオフショットを公開しました。

ベッドに横になって美尻が少し見える写真や、シャツのような服を着て綺麗な脚が見えるポーズをした写真を公開しています。

この投稿に対して「際どい」「ずっと、見つめていたい」「表情が抜群」などの反応がありました。

濡れ場女優・田中みな実はカトパンより上?今後の活動に期待の声!

ここで引合に出されるのは、ほぼ同年齢でフリーの加藤綾子です。女子アナとしてのステイタスは圧倒的にカトパンの優勢は動かないものの、女優として見た場合に逆転現象が起きたという評価が多いのです。

2018年ドラマ「ブラックペアン」で、加藤綾子は汚れ役を演じるも、棒読みでその評価はイマイチでした。その点田中みな実が絶対正義で魅せた妖艶さや、恐怖に泣き叫ぶ演技は非常に高い評価です。

田中みな実は「絶対正義」で、女優としても活動できることを見せました。ドラマでは完全にカトパンに大差をつけてリードしたということです。

田中みな実が女優として本格始動?!

田中みな実さんはフリーアナで、ドラマなどに出演していましたが、2020年から女優として本格的に活動を始めるのではないかと言われています。

有名女優が在籍する事務所に移籍

田中みな実さんは、2020年8月15日からフラームに移籍しました。田中みな実さんがいた前の事務所はフリーアナが多く、ドラマの仕事はあまり入ってこないようです。

女優として活動するために、有名女優が多くいる事務所に移籍したと言います。「M 愛すべき人がいて」で、安斉かれんという知名度の低い女優よりも、番手が下で不満だったから移籍したという噂もあります。

「絶対正義」では、ドラマ初出演でありながらベッドシーンを披露し、演技も根性も絶賛されました。田中みな実さんの濡れ場女優としての根性に、期待する声もあるようです。

NHKドラマに初出演!

事務所を移籍した田中みな実さんが、12月に放送される「ノースライト」というNHKのドラマに出演します。このドラマは横山秀夫さんの小説を原作に、家族を題材としたミステリードラマとなっています。

田中みな実さんは、設計事務所の事務員である津村マユミ役を務めます。「重厚な世界観の中で、新しい体験ができ、関われることが幸せ」「この機会に多くのことを吸収し、糧にしたい」と語っていました。

「ルパンの娘」の続編に出演予定だった?

田中みな実さんは、深田恭子さんが主演の「ルパンの娘」の続編のドラマに出演が決定しかけていました。2019年放送の同作ではゲストでしたが、続編では、深田恭子さんのライバルで出演予定だったそうです。

しかし、田中みな実さんが事務所を移籍してドタキャンとなったようです。1回オファーを受けたようですが、「イロモノキャラを避けたい」という気持ちやキャリアのことも考えて断ったと言います。

このことが事実かどうかは不明ですが、ネットでは「勘違いしていそう」「ドタキャンなんて、大女優かよ」などの厳しい意見が寄せられました。

田中みな実のプロフィール!

田中みな実はニューヨーク生まれで、小学校時代は米国内を転々とする生活を送っていました。のち中学受験のために帰国し、都内でも名門の私立大妻女子中等部高等部から、青山学院大学に進学しました。

その青山学院の中でも看板学部の、文学部英米学科に在籍し英検は準1級で英語はペラペラなレベルとのことです。大学3年時には「ミス青山」の準ミスに輝き、少年誌のグラビアにも登場しました。

  • 本名    田中エイミーみな実
  • 出身地   埼玉県朝霞市
  • 生年月日  1986年11月23日(33歳)
  • 血液型   A型
  • 最終学歴  青山学院大学
  • 所属事務所 フラーム
  • 職歴    TBSテレビアナウンサー(2009年4月 – 2014年9月)、フリーアナウンサー(2014年10月 – )
  • 活動期間  2009年 –
  • ジャンル  バラエティ番組

(引用:wikipedia)

就活では民放各社を受けながらも、合格はTBSのみで入社は2009年のことでした。以後同局で重用されつつ、2014年には早くもフリー転身し様々な話題を提供しました。

ぶりっこ嫌われから転身!?田中みな実の女優の素質が凄い!

深夜枠ドラマ「絶対正義」で、見事にベッドシーンを演じた田中みな実の濡れ場演技の評価について迫ってみました。これまでは特に女性から不人気でアンチの多かった田中みな実の新境地が見えてきます。

元来負けず嫌いでストイックな面もあり、プロ根性に満ちている田中みな実は女優業でさらに一花咲かせそうです。最近はバラエティでもぶっちゃけトークが多く、徐々に反感を買わないように変化しました。

これだけの可愛さと、小柄ながら素晴らしいプロポーションの田中みな実が快進撃を始めそうです。今後は思い切った露出もあるかもしれない、ノっている田中みな実に大いに期待しましょう!