中森明菜は家族と絶縁?確執が原因で戸籍を抜いた?現在の関係は? タレント

中森明菜は家族と絶縁?確執が原因で戸籍を抜いた?現在の関係は?

2014年に歌手活動を再開した中森明菜さん。しかし復帰と同時に中森明菜家族間での確執が報じられ、中森明菜さんが戸籍を抜いていたことまで明かされました。ただ連絡を取らないのではなく、本格的に絶縁をしている理由とは?中森明菜家族と生い立ちを紹介していきます。

中森明菜は家族と絶縁状態?確執の理由は?

Simone_ph / Pixabay

圧倒的な存在感を持つパフォーマンスで、芸能界にも数多くの熱狂的なファンを持つ歌手・中森明菜さん。

しかしプライベートでは不遇な報道をされることが多く、これまでも度々世間を賑わせ、また心配もさせてきました。

2014年には中森明菜家族の確執も報じられましたが、何が原因で彼女は家族と絶縁までしていたのでしょうか?

家族と絶縁?中森明菜のプロフィール!

  • 本名 中森明菜
  • 生年月日 1965年7月13日 (2019年現在・54歳)
  • 出身 東京都大田区
  • 血液型 A型
  • 所属事務所 FAITH
  • 学歴 明治大学付属中野高等学校定時制中退

中森明菜さんは1982年に『スローモーション』でデビュー、同年に自身の代表作ともなる『少女A』をリリースして、一躍80年代を代表するシンガーとなりました。

その後も『飾りじゃないのよ涙は』や『DESIRE -情熱-』といったヒット曲を数多く出し、1992年にはドラマ『素顔のままで』で女優としての活動も開始。

2010年から2013年までは芸能活動を休止していましたが、2014年の紅白で歌手活動を再開しました。

中森明菜は中森家と確執がある?

中森明菜さんは1995年に母親の千恵子さんを亡くす前後から、家族とは関りを絶った状態にあるそうです。

家族の中の特定の誰かと会っていないのではなく、中森家の人々は25年もの間、誰も中森明菜さんとは会えない状態が続いているのだと言います。

そして家族間の確執が浮き彫りになったのが、2016年5月に父の明夫さんが女性自身の誌上で行ったインタビューでした。

母親が亡くなる前も会っていない?戸籍を抜いていた?

明夫さん曰く、中森明菜さんは母・千恵子さんが末期がんで入院をしている時も、病室に全く顔を出さなかったのだと言います。

それどころか、千恵子さんが息を引き取る直前に中森明菜さんの所属事務所のスタッフが病室を訪れ、「明菜さんが戸籍を抜きたがっている」という話をしていったのだそうです。

そしてその後、中森明菜さんは家族に相談をすることもなく中森家の戸籍から抜けており、実家に置いてあった荷物も事務所スタッフが持ち去ってしまったのだと明夫さんは語っています。

死ぬ前に会いたいと実父が告白

明夫さんは家族や親族には「自分に何かあっても、明菜には連絡しなくて良い」と話しているそうです。

しかし本当は死ぬ前に1度で良いから会いたい、と高齢の親の苦しい胸の内を明夫さんはインタビューで明かしていました。

確執の理由は?毒親疑惑も

家族と絶縁した理由について、中森明菜さん自身の口からは何も語られていません。そのため明夫さんの言い分だけを見れば中森明菜さんが酷薄なように見えてしまいますが、もっと複雑な事情がある様子です。

中森明菜さんは1994年に出版された自叙伝『中森明菜心の履歴書』で、親に愛情を注がれずに育ったことを告白しており、自己肯定感が低いのだということを綴っています。

親の顔色を窺ってばかりいたせいか、周囲に嫌な思いをさせないように上手く立ち回ろうとするものの感情を制御できないと語っており、この成育歴も家族との確執に関わっていると考えられるのです。

家族と絶縁状態になった原因はお金の使い込みだった?

中森明菜さんは6人兄弟の5人目として、東京都清瀬市の精肉店を営む両親の元に産まれました。

幼い頃から貧しかったために歌手を目指し、大成功を収めて家族にも楽をさせてあげたのですが、これに味をしめた中森明菜さんの家族は働くなり、両親が事務所に金の無心に来ることさえあったそうです。

明菜は、当時の事務所のスタッフから『清瀬(の家族)にいっぱいお金が行っていて、大変なんだよ』と言われたそうです

(引用:女性自身)

明夫さんは、明菜さんを通さずに事務所から多額のお金を受領したことを否定しています。

しかし、事務所からこのような話があったのならば、中森明菜さん自身は稼いだお金が家族に流れていたことを知っていたはずです。

働かずに家族が自分の稼ぎをあてにして暮らし、しかも事務所にまでたかりに行っていたのだとすれば、そこから確執ができて絶縁をに至っても無理はないでしょう。

親族がお金目的で情報を売った?

家族と中森明菜さんの間に確執があるという話は、週刊誌が嗅ぎつけて明夫さんにインタビューを申し込んだのではなく、中森明菜さんの親族からの情報提供で明らかになったとの話もあります。

しかも情報が提供された時期も2014年の中森明菜さんの復帰に合わせた時期となっていることから、最もお金になる時期にプライベートな情報を売った親族がいると考えられているのです。

絶縁の原因?母親は中森家の墓に入っていない

中森明菜さんの母親の千恵子さんは、末期のがんであると分かった時に「家族に迷惑を掛けたくない」という理由で、家を出て1人で病気療養を行っていたのだそうです。

さらに生前から「中森家の墓には入らない」と意思を伝えており、これは実父、つまり中森明菜さんの母方の祖父と同じ墓に入りたいためと言われています。

しかし分骨という手段もあるのに母親が自分の骨を全て実家の墓に収めることを望んだことから、中森明菜さんが父を始めとする家族に不信感を持ったのでは?とも考えられています。

実父は関係を復活させようとしている?発言に矛盾も!

明夫さんは家族が1つになることを望んいると言いますが、雑誌のインタビューで明夫さんが語る中森明菜さんの様子には、インタビューの記事ごとに矛盾が見られます。

例えば2014年に女性自身で「明菜は(千恵子さんの)お見舞いに来ていない」と語っていたのに、2016年の同誌の取材には「母親の見舞いに何回も来ていて」と、食い違う発言をしているのです。

このことから記事の内容がセンセーショナルなものになるようにと、明夫さんが事実とは異なる発言ををしている可能性も疑われています。

中森明菜と家族の関係は?壮絶な生い立ちを紹介!

TheVirtualDenise / Pixabay

家族との確執が取り沙汰されている中森明菜さんですが、その生い立ちも壮絶なものでした。歌手になったことの大きな理由とも言える、中森明菜さんの壮絶な生い立ちを見てみましょう。

実家は精肉店を経営!家族構成は?

中森明菜さんは東京大田区で誕生した後に、同じく東京都内の多摩地区にある清瀬市に家族そろって転居。両親は清瀬市で精肉店を経営していました。

子沢山な家庭で、中森明菜さんは2人の兄と2人の姉、そして1人の妹に挟まれた6人兄弟の5番目として育ちました。

実家は貧乏だった?母親は見栄っぱり

中森明菜さんの実家は、子供が多かったせいもあり裕福とは言えない状態であったそうです。食事もキャベツばかりが目立ち、家の中では4人もの兄や姉から回ってきたおさがりの服を着て過ごしていたと言います。

しかし、外に出掛ける時には家庭の経済状況に見合わないような良い洋服を着せられることが多く、中森明菜さんは「母親は見栄っ張り」と感じていたと語っています。

幼少期は愛情を受けていない?自分を否定して育った

貧乏でも愛情に溢れた大家族に育った、というわけでもなく、中森明菜さんは自分が生まれてきたことを申し訳なく思うことが多々あったという程、両親から愛情を受けずに育ちました。

中森明菜さんは体が弱かったため、彼女の体調に家族の予定が左右されることがあったそうです。そのため母・千恵子さんに「明菜なんていなければ」と言われることもあったのだとか。

自分の子供部屋を与えられたりしても手放しで喜べず、いつも自分なんかのために申し訳ないという気持ちを抱えていたと言います。

保母さんが夢だった?6歳の頃に決意!お金を稼ぐためタレントに

将来は優しい保母さんになりたいというのが、子供の頃の中森明菜さんの夢でした。

しかし家が貧乏なことを考えると、もっと若くして仕事ができ、成功すれば大金が稼げるタレントになった方が良いのではないか?と考えるようになったそうです。

そして母のかつての夢であったことから、歌手を目指して家族に内緒で『スター誕生!』に書類を送ったのです。

「スター誕生!」に出場!母親が喜んだ

1981年、16歳の中森明菜さんは見事に人気オーディション番組であった『スター誕生!』に出場を果たします。

中学生の時から何度も応募してやっと出場の機会を得たことに、自らも歌手に憧れていた母の千恵子さんも大喜びであったそうです。

11社からスカウト!1982年「スローモーション」でデビュー

『スター誕生!』で、中森明菜さんは山口百恵さんの『旅先案内人』を披露し、392点という高得点を叩き出しました。

これは番組史上最高得点であり、中森明菜さんの元には11社にも及ぶ芸能事務所からスカウトが殺到しました。

そして番組に出た翌年、1982年には『スローモーション』でデビューを果たし、たちまち時代を代表するスターへと成長していったのです。

1989年近藤真彦の自宅で自殺未遂!

歌手としてはこれ以上ないほどの順調な活動を見せていた中森明菜さんでしたが、プライベートでは交際をしていた近藤真彦さんとの関係に悩むことが多かったとされます。

そこに追い打ちをかけるように1989年には近藤真彦さんに、仕事でのライバルでもあった松田聖子さんとの熱愛が報じられ、そのことがショックで、中森明菜さんは左腕を切って自殺未遂騒動を起こしたのです。

しかも、現場となったのが近藤真彦さんの自宅であったことから世間に大きな衝撃を与えました。

金屏風事件が起こる

自殺未遂を起こした中森明菜さんに近づいてきたのが、近藤真彦さんの所属事務所・ジャニーズ事務所の副社長であったメリー喜多川氏でした。

メリー氏は中森明菜さんを唆して独立させたうえ、近藤真彦さんとの婚約会見を開くからと中森明菜さんを金屏風を用意した会場に呼び出しました。

金屏風前の会見で、メリー喜多川氏から「近藤さんとは関係なかったと言いなさい」と指示された中森は、涙ながらに近藤との関係を否定。近藤も白々しく中森の身体を心配する様子を見せたのだった。

(引用:エキサイトニュース)

しかし、中森明菜さんが金屏風の前で行ったのは謝罪会見でした。婚約会見と言うのはメリー氏の罠で、会見の直前で中森明菜さんを脅して近藤真彦さんとの関係を否定させたのです。

この金屏風の前での謝罪会見が行われたのは、中森明菜さんが自殺未遂を起こした1989年の大晦日。中森明菜さんにもオファーが来ていた、紅白歌合戦が行われていた時間でした。

2010年に無期限の活動休止!うつ病に

所属事務所であった研音から離れた中森明菜さんの元には、お金になる彼女の才能を狙った人間が次から次へと現れました。

そして心労がたたった中森明菜さんは、遂に2010年に活動休止を発表。この時、理由は明かされないまま復帰の時期も明言されなかったため、重度の鬱病を患っているという噂もながれました。

それ程、当時の中森明菜さんの様子は危うく、ファンの心配を誘うものだったのです。

中森明菜と家族の現在の関係は?

Pexels / Pixabay

現在も中森明菜家族と中森明菜さんの関係は断絶状態だと言われていますが、家族や親族が彼女にコンタクトを取ろうとしたとの話もあるようです。現在の中森明菜さんと家族の関係について見ていきましょう。

生きているうちに会いたい?実父が手紙を送っている

中森明菜さんの父・明夫さんは、2015年に娘に向けて手紙を送っていたのだと言います。

この年は千恵子さんが亡くなってから20年が経つという区切りの年であったため、家族そろって法要を行わないかと打診したそうです。しかし、結局法事の場に中森明菜さんは姿を見せませんでした。

姪っ子が関係修復のために動いたことも

年老いた祖父の様子を心配してか、中森明菜さんから見ると姪にあたる女性が彼女に向けて手紙を出していたこともあるそうです。

手紙を出したのは中森明菜さんのお兄さんの娘さんだったのですが、これに対しても中森明菜さんからは家族の距離が縮まるようなアクションは帰ってこなかった模様です。

ひ孫が亡くなっていた?妹・明穂が交通事故に

2012年には中森明菜さんのお姉さんの娘さんが小児白血病で小学6年生で他界していたそうで、このことはメディアを通して明夫さんから中森明菜さんに伝えられました。

また、2010年には中森明菜さんの妹の明穂さんも交通事故で踵に大怪我を負っており、同じくメディアを通して父から連絡の取れない娘へと報告をしています。

妹・元アイドル明穂が死去!中森明菜は現れなかった

2019年5月27日、中森明菜さんの妹の中森明穂さんが肝硬変のため52歳の若さで急逝しました。葬儀は同月の29日に行われたのですが、中森明菜さんは妹の訃報を受けたものの姿は見せませんでした。

中森明菜さんと明穂さんは仲の良い姉妹でしたが、明穂さんが下着やヌードでの撮影の仕事を受けたことで姉妹間に溝ができてしまったと言います。

しかし、明穂さんはずっと「お姉ちゃんに会いたい」と口にしていたそうです。

中森明菜と家族の溝が埋まる日は来るのか?

RyanMcGuire / Pixabay

中森明菜さんと中森明菜家族との間に生まれた確執について、戸籍を抜いて絶縁するまでに至った理由や幸せとは言えなかった生い立ちなどを含めて紹介致しました。

中森明菜さんと言えば、80年代に数多登場した他のアイドルにはないような憂いを帯びた大人っぽさが魅力の歌手でした。

その魅力を生み出したのは間違いなく壮絶な半生だったと考えられていますが、人生の折り返し地点に立った今、中森明菜さんには温かい家庭と幸せ、安らぎを得て欲しいと願わずにはいられません。

関連する記事はこちら