大谷翔平は高校時代からヤバかった!素晴らしすぎる伝説とエピソード タレント

大谷翔平は高校時代からヤバかった!素晴らしすぎる伝説とエピソード

ロサンゼルス・エンゼルスで活躍する野球選手の大谷翔平さんですが、高校時代からその活躍ぶりはすごかったと話題です。大谷翔平さんの凄すぎる高校時代の記録や、甲子園出場時の成績、二刀流に関してのエピソードや伝説などを紹介します。

高校時代から凄かった!大谷翔平のプロフィールは?

大谷翔平選手といえば現在米ロサンゼルス・エンゼルスで活躍するメジャーリーガーですが、高校時代からその成績はすごかったようです。まずは大谷選手のプロフィールを見ていきましょう。

  • 生年月日:1994年7月5日
  • 出身地:岩手県奥州市
  • 身長:193センチ
  • 体重:95キロ
  • 所属球団:ロサンゼルス・エンゼルス

大谷選手は地元岩手県の強豪・花巻東高校に進学します。1年秋からエースとして活躍し、2012年のドラフトで北海道日本ハムファイターズに1位指名されました。

プロ入り後大谷選手は順調に頭角を現し、2014年にはプロ野球史上初めてとなる「投手として2ケタ勝利・打者として2桁本塁打」を記録します。2017年には満を持して米大リーグに挑戦しています。

大谷翔平の高校時代の成績が凄かった!160kmの剛速球!

大谷選手は高校時代からその身体能力の高さなどから注目され続けていました。大谷選手が高校時代に記録した球速や本塁打の記録などから、大谷選手がどのような選手だったのか紹介します。

大谷翔平の高校は?岩手県の花巻東高校?

大谷選手は高校入学前からその労力の高さが注目され、県内外の高校から注目されていました。その中で、当時花巻東高校のエースとして活躍し、西武に入団した菊池雄星選手に憧れ花巻東高校に入学します。

大谷翔平の高校時代の画像は?

高校時代の大谷選手の画像です。当時から身長はかなり高く、体格も出来上がっていましたがプロの世界に入った現在よりも少し線は細いです。

高校1年生の時から4番バッターで注目されていた大谷翔平

大谷選手は高校入学時から投手としても打者としても注目され、花巻東高校でもその活躍が期待されました。そして3年生が引退した後の秋には、大谷選手はチームの4番として活躍します。

この時点では投手としての起用はありませんでしたが、これには花巻東高校の佐々木監督が「投手としてかなり有望なのでじっくり成長させたい」との意図があったそうです。

高校時代に投手として酷使され、プロ野球に入ってから結果が出ない選手も多いことは事実です。そんな中佐々木監督のこの判断は結果的に成功したといえます。

大谷翔平は高校時代から二刀流?

大谷選手といえば「二刀流」がその代名詞として有名ですが、高校時代から投打の二刀流で活躍しています。投打でチームの中心で、プロ野球やメジャーリーグのスカウトにも注目されています。

しかし大谷選手以前に投打二刀流で活躍した選手がいないため、当初は大谷選手をプロ入り後どちらに専念させた方が良いかの議論が盛んにおこなわれていました。

大谷翔平の高校時代の時の球速は?

大谷選手は高校時代に、岩手県大会で当時高校生としては最速となる160km/hを記録しました。このことはメディアでも大きく取り上げられ、大谷選手は「みちのくのダルビッシュ」として注目されます。

大谷翔平の高校時代の成績は?

大谷選手はまず打者として、高校通算56本のホームランを打っています。この記録は歴代でもかなり多い数で、甲子園でも打率.333、1本のホームランを打っています。

投手としては甲子園に2試合の登板、14イニングで防御率は3.77、16奪三振という記録を残しています。1イニングに1つ以上の三振を奪い、その潜在能力を見せています。

関連する記事はこちら

高校時代の大谷翔平がすごい!伝説・エピソードは?

高校時代の大谷選手は、佐々木監督が慎重に起用したこともあり記録としてはそれほど圧倒的なものではないかもしれません。しかしプロのスカウトから高い評価を得たのにはその伝説やエピソードが理由です。

大谷選手の高校時代の記憶に残るエピソードや伝説を紹介します。

大谷翔平が岩手大会で衝撃の160km!動画は?

甲子園の岩手県予選で大谷選手はピンチの場面を迎え、その場面を160km/hのストレートで見事に切り抜けています。この場面は全国に衝撃を与え、大谷選手が全国区で有名になるきっかけになりました。

この時大谷選手は球数も70球を超えており、体力も消耗していた状態でしたが、ピンチを迎えて一気にギアを入れたように150キロ台中盤を続けざまに投じていることも注目ポイントです。

高校3年生の夏は甲子園に出れず

大谷選手は全国でも注目の選手として甲子園への出場が期待されました。しかし、その注目度故に岩手県のライバル校は大谷選手の研究や対策を講じ、3年時には甲子園に出場できませんでした。

大谷翔平は目標をたてて成功?

大谷選手といえば有名なのは高校時代に立てた目標も話題となっています。まず大谷選手は入学時、「163km/hのストレートを投げる」と目標を立てており、プロ入り後にそれは達成されました。

大谷選手は高校時代に立てたその目標に対して「少し高めに目標を設定したのが良かった。周りが無理だといっても気にせず自分を信じて努力した」と語っており、志の高さ、意思の強さがうかがえます。

大谷翔平が高校野球での連投について語った

昨今では甲子園や高校野球の試合で、投手の連投が問題となっています。同じく岩手県の大船渡高校の佐々木選手が岩手県大会決勝で連投の影響を考え登板回避し、敗戦したことが議論を呼びました。

高校野球の規則には、現在まだ球数制限などはありません。この問題について大谷選手は「ある程度の範囲がある。チーム状況にもよるがその中で頑張ってほしい」と話しました。

大谷翔平の高校時代は野球以外もすごかった!身長や勉強の成績は?

野球での記録や身体能力などが注目されがちな大谷選手ですが、大谷選手がすごいのは野球だけではないといわれています。大谷選手の高校時代の勉強の成績や高校生活の様子などを紹介します。

大谷翔平の高校時代の身長がヤバすぎる?

大谷選手は現在身長193センチとかなりの高身長です。大谷選手は高校時代から身長は高かったのですが、高校入学時からなんと180センチも身長があったそうです。

日本人男性の身長の平均は約170センチだといわれているので、入学時から身長は高かったようです。そして大谷選手は高校3年生になると190センチを超えています。

大谷選手の同世代のライバルとして有名な当時大阪桐蔭高校の藤浪晋太郎選手は、現在197センチもあります。同級生で高身長という共通点が2人がライバルとして注目された理由の一つです。

大谷翔平は高校時代の勉強の成績もトップ!

大谷選手は高校時代、野球漬けの毎日を過ごしていました。しかし、勉強をおろそかにすることはなく、成績も学年で10番以内に入るほどだったそうです。

ちなみに大谷選手の好きな科目は日本史で、幕末辺りが特に好きだそうです。また、高校時代は大谷選手の体が大きすぎて机に足が入らず、特注の机といすを使っていました。

普段の高校生活の様子は?

大谷選手は高校時代に「ドラフト1位で8球団から指名される」ことを目標としていました。大谷選手は高校時代、ビジネス書を愛読しており、読書家な一面もあったようです。

また、モチベーションを高めるためにライバルの藤浪選手の雑誌の記事を切り抜いて自分の部屋に張っていたそう。高校時代から自分のモチベーションを管理し、より高いところを目指していたことがわかります。

大谷翔平は高校時代に彼女はいたの?

大谷選手は高校入学時から身長が高く、ルックスも良いことから高校でも人気だったようです。大谷選手が廊下を歩くと歓声が上がっていたという噂まであるほどです。

しかし大谷選手は高校時代、よほど野球漬けの毎日を送っていたのか彼女がいたという情報は全くありません。大谷選手がどれだけ野球に対して真摯に打ち込んでいるかがわかります。

関連する記事はこちら

大谷翔平の今後に注目

大谷翔平選手の高校時代について、その凄まじい記録や伝説・エピソードについて紹介しました。大谷選手は高校時代から野球に真摯に取り組み、現在でも活躍しています。

そんな大谷選手ですが現在米大リーグのロサンゼルス・エンゼルスで活躍しており、大リーグでも異例となる二刀流に挑戦しています。大谷選手がこれからどんな歴史を作ってくれるのか楽しみですね。

関連する記事はこちら