長嶋茂雄の現在の病状は?病気は何?一時危篤状態という噂も!

球界の伝説として知られる長嶋茂雄さん。しかし脳梗塞、胆石と度重なる病気や病状が不明なことから、死亡説が流れたこともありました。長嶋茂雄現在は病気を克服して健康な状態なのでしょうか?入院先や入院時の病状とともに長嶋茂雄現在を紹介致します。

長嶋茂雄の現在!病状は深刻で死亡説も⁉︎

DarkoStojanovic / Pixabay

2018年に入院をして以降、詳しい病状が報道されなかったことからネットを中心に野球ファンの間では死亡説まで囁かれてしまった、長嶋茂雄さん。

入院をする原因となった病気は何だったのでしょうか?また、長嶋茂雄現在の病状はどのようなものなのでしょう?入院から長嶋茂雄現在までを紹介していきます。

長嶋茂雄のプロフィール

  • 生年月日  1936年2月20日 (現在・83歳)
  • 愛称 ミスタージャイアンツ、ミスター、チョーさんなど
  • 血液型 B型
  • 出身地 千葉県印旛郡臼井町
  • 身長 178 cm
  • 体重 76 kg
  • 最終学歴 立教大学卒業
  • 配偶者 長嶋亜希子(1965年~2007年)
  • 子供 長嶋一茂、長嶋三奈、長嶋正興

高校卒業時には既に読売ジャイアンツから入団を打診されていたという長嶋茂雄さん。大学卒業後、1958年に同球団に入団してからは、初年度で数々の記録を残して4番打者に抜擢されました。

翌年に王貞治さんが入団してからは「ON砲」としてジャイアンツの主砲として活躍を見せ、1974年に現役を引退した時には、背番号の3が永久欠番となる程チームに貢献をしました。

その後、2001年までは一時離脱しながらもジャイアンツの監督を歴任し、松井秀喜さんや高橋由伸さんなどの後進の育成にも貢献。2013年には国民栄誉賞も授与されています。

2018年に胆石を患い入院!

2018年7月の頭に長嶋茂雄さんが激しい腹痛に襲われて緊急入院していたことが、翌月8日に報道されて世間を騒がせました。

入院の理由は胆石で、病院に運び込まれた時には高熱が出ていた上に黄疸の症状も見られたと言います。

病状の情報なし?死亡説まで浮上!

長嶋茂雄さんの入院が報じられた際、病状については全く触れられないまま「長嶋茂雄現在は回復に向かっている」というコメントが公表されたためにファンは混乱。

「ミスターの病気、胆石じゃなくて胆のうがんなんじゃないの?」「詳しく言えないということは、覚悟した方が良いのかも」と、ファンの間では長嶋茂雄さんの死亡説まで流れるようになってしまいました。

感染症で危篤状態?4ヶ月で日常生活が送れるまで回復

入院を公表する前、8月初旬までの長嶋茂雄さんの病状は非常に危険なもので、感染症から予断を許さない状態であったとも言われています。

しかしその4ヶ月後には年内の退院が予定される程に回復しており、入院中に落ちてしまった筋力を取り戻すためのリハビリに励んでいるという長嶋茂雄さん直々のコメントも発表されました。

12月末に退院?「非常に元気」?

予定通りに長嶋茂雄さんは2018年の12月末に退院をしており、ジャイアンツの山口寿一オーナーは長嶋茂雄現在について「非常に元気」とアナウンスしました。

退院後は自宅でリハビリを開始しているとのことも明かされましたが、ここまでどのような経緯で病状が改善したのかが明かされなかったために、ファンからはこの朗報を疑問視する声もあがりました。

退院後はリハビリ生活!本当の病状を気にする声も

2019年1月には主治医から外出許可も出たと公表されるなど、長嶋茂雄現在は順調に回復を見せているということが報道されていました。

さらに2月には次女の三奈さんがスポーツ報知の取材に対して「胆汁が増加したせいか、胆石も内視鏡手術のために入れたステントも父の体内から消えた」と、信じがたい出来事を語っていました。

これに対して「ステントが溶けるのは流石にあり得ない」「本当は公開できない病気なのでは?」と、長嶋茂雄さんの病状についての報道を訝しむ意見もあがったのです。

2019年8月8日、長嶋茂雄から「回復している」とのコメント

2018年8月にも長嶋茂雄さんから直々に「長嶋茂雄現在は回復しています」とのコメントが公表されましたが、この時は病状が全く分からなかったためにファンからは余計に心配されていました。

しかし、2019年4月に東京ドームで行われた巨人対阪神戦を観るために長嶋茂雄さんが公の場に姿を見せ、ようやくファンも回復しているという情報を信じることができたのです。

2019年8月に大会名誉会長を務めるゴルフのセガサミーカップの授賞式を欠席したものの、「リハビリに励んで、来年は出席します」といった旨のコメントを出しています。

11月開催予定の少年野球教室に参加?

長嶋茂雄さんは郷里である千葉県の佐倉市で、少年野球の教室を開催しています。

2018年11月には第5回目の教室が開催されており、入院中でありながら長嶋茂雄さんは参加の意思を見せたものの、結局その夢は叶わず子供たちにメッセージを送るだけとなりました。

2019年については開催されるのかも現時点では不明ですが、子供達も長嶋茂雄さんに指導してもらえるのを心待ちにしていることでしょう。

長嶋茂雄の入院先は?

vitalworks / Pixabay

長嶋茂雄現在は外出が可能になるほどに回復していることが分かりましたが、昨年末まで滞在していた入院先の病院はどこだったのでしょうか?長嶋茂雄さんの入院先の情報を調べてみました。

入院先は「東京女子医大病院」か「日大板橋病院」?

今後も通院をするため、長嶋茂雄さんは今回の病気で入院をしていた病院を明らかにしていません。

しかし、2004年に脳梗塞を発症した際には東京女子医大病院が入院先であったことから、こちらに再度入院した可能性が高いとも考えられています。

また、過去に通院していたことがあるため日大板橋病院に入院していたのではないかとも言われていますが、真偽は定かではありません。

現在は都内の療養を目的とした高級施設に入居?

長嶋茂雄現在は自宅で次女の三奈さんと生活しているものと思われていましたが、リハビリや療養を目的とした都内の高級施設に入居しているとの噂も流れています。

並大抵の施設ではなく、月々の施設利用料金が百万円を下らないとまで言われています。

もし長嶋茂雄さんが施設でリハビリに励んでいるのだとしたら高いニーズに応えられる設備が整っているのでしょうから、桁違いの料金が発生しても不思議ではないのかもしれません。

過去にも病気で倒れていた長嶋茂雄

AKuptsova / Pixabay

長嶋茂雄さんは2004年にも脳梗塞で緊急入院をしており、その時も病状が心配されていました。長嶋茂雄さんの容態が危ぶまれた脳梗塞の発症から、長嶋茂雄現在の回復ぶりを紹介していきます。

2004年3月に脳梗塞で自宅で倒れた

2004年3月4日、長嶋茂雄さんは自宅にいた際に心原性脳塞栓症という重篤な脳梗塞を発症し、そのまま倒れて緊急入院をしていました。

心原性脳塞栓症とは普通の脳梗塞とは異なり、心臓に発生した血栓が脳内に移動することで発症するもので、脳の血管が完全に詰まる可能性もある恐ろしい病気です。

病状は深刻でアテネオリンピックへの同行を断念

長嶋茂雄さんが脳梗塞で倒れた年の夏にはアテネオリンピックが開催され、長嶋茂雄さんは野球の日本代表監督としてアテネに向かう予定でした。

病状は思わしくなくオリンピックどころではなかったのですが、長嶋茂雄さんはずっと楽しみにしていたオリンピック参戦を諦めることができず、同行する気でいたのだそうです。

しかし、長旅に耐えられないと判断した長男の一茂さんが主治医と話し合った結果、同行は辞退することを発表しました。

後遺症で右半身麻痺と言語障害が残った

心原性脳塞栓症は重症化しやすい病気で、発症した際の死亡率が高いと言われています。

長嶋茂雄さんは一命をとりとめただけでも幸運だと言える状況だったのですが、後遺症として右半身麻痺と言語障害を抱えてしまいました。

主治医に寝たきりの可能性を指摘されるが歩けるほど回復

入院中に長嶋茂雄さんは医師から寝たきりになることもあり得る、と重い告知を受けました。しかし、それに必死に抵抗するようにリハビリに励み続けて、長嶋茂雄現在は歩けるまでに回復しています。

長嶋茂雄さんのリハビリの様子は見ているだけでも辛くなるような過酷なもので、苦痛に顔を歪めながらも、手足を動かす練習をし続けていたのだそうです。

退院してからはなんと鉄アレイまで使ってリハビリを続け、「これはリハビリではなく筋トレだ」と周囲に豪語しながら、なんと筋力と体重まで取り戻していったのです。

長嶋茂雄の子供たちの現在は?確執が深刻化?

RyanMcGuire / Pixabay

長嶋茂雄現在は病気の回復が安堵されている一方で、三奈さんや一茂さんら子供の間に確執ができていることも噂されています。

兄弟の仲は相当に険悪なものになっていると囁かれており、長嶋茂雄さんへの負担も心配されている程です。長嶋茂雄現在の家庭環境はどのようになっているのでしょうか?

長嶋茂雄の子供は何人?兄弟仲は元から悪かった?

長嶋茂雄さんには4人の子供がおり、長女の有希さん、長男の一茂さん、次女の三奈さん、次男の正興さんと二男二女に恵まれています。

しかし、一茂さん曰く家族そろって食事をした経験がないような家庭環境であったそうで、家族の中心であった亜希子夫人が他界してからは兄弟が一堂に会する機会もなくなっていったと言います。

かつては姉弟でTVなどに出演して仲の良さを見せていた三奈さんと一茂さんの関係も、現在では険悪なものに変化してしまっていると囁かれています。

亜希子夫人の死後30億円の遺産管理などで骨肉の争いへ

亜希子夫人が他界して以降、夫人が管理していた30億円もの資産は子供達に引き継がれたのですが、これを誰が管理するのかを巡って三奈さんと一茂さんの間に争いが勃発。

さらに「長嶋茂雄」という商標を一茂さんが期限切れを見計らって自分の会社のものにしようとしたなど、家族間の対立が浮き彫りになるような事件が続きました。

次男の正興さんは早い時期から家を出て家族の誰とも連絡を取っておらず、長女の有希さんは表に出てきていません。長嶋茂雄現在の家庭は崩壊しかけているとまで言われています。

関連する記事はこちら

長嶋茂雄現在は回復傾向にあり!

lsauvage / Pixabay

緊急入院、死亡説まで囁かれる程伏せられていた病状、長嶋茂雄現在の様子や過去に発症した脳梗塞と入院先、複雑な家族事情について紹介致しました。

春にはファンの前に元気な姿を見せ、本当に驚異的な速さで回復を見せていたことを証明して見せた長嶋茂雄さん。

長嶋茂雄現在は危篤状態から2度も回復していることとなるのですが、ファンからは「あまり無理をしないで」との声もあがっています。今後も無理のない範囲で活躍を見せて欲しいですね。

関連する記事はこちら