長澤まさみは歌がうまい?SINGが話題に!過去にはCDデビュー?

美人で演技もうまい長澤まさみさんですが、声優を務めた映画「SING」で披露した歌がうまいと話題になっています。「セーラー服と機関銃」「若者たち2014」「キャバレー」などでもその歌声を披露している長澤まさみさん。歌声の真相や歌声の動画もご紹介します。

長澤まさみは歌がうまい?映画「SING」で話題に!

giselly / Pixabay

実力派女優としてその名前を知らない人はいないくらい有名な長澤まさみさんですが、実は歌がうまいことでも話題となっています。話題となっている映画「SING」についてもご紹介します。

美人で歌までうまい!長澤まさみのプロフィール!

長澤まさみさんは、1987年6月3日生まれの現在32歳で、東宝芸能所属の女優です。長澤まさみは本名で、静岡県磐田市出身です。父親はジュビロ磐田で初代監督を務めた元サッカー日本代表の長澤和明さんです。

2000年1月に第5回東宝「シンデレラ」のオーディションで史上最年少の12歳グランプリになり芸能界入りしています。同年の「クロスファイア」で女優デビューしています。

2003年度には、第27回「日本アカデミー賞」新人俳優賞、第25回「ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞、第8回「ニフティ映画大賞」新人賞を受賞するなど、数々の賞を受賞しています。

長澤まさみは歌うますぎ?「SING」の歌が話題に!動画は?

2016年公開のアニメーション映画「SING」で、長澤まさみさんはヤマアラシの少女で、パンクロックのバンドのサブボーカルを務めるアッシュ役を務めていました。

作中では長澤さんの歌声も披露されており、その歌声がとてもうまいと話題となったのです。話題の動画をご紹介します。

長澤まさみが声優を務める「SING」のあらすじや役柄は?

長澤まさみさんが声優を務めた映画「SING」は、2016年公開のアメリカ合衆国発の3Dを駆使したコンピュータアニメーションで作られたコメディ映画です。日本では、2017年3月17日に公開されています。

劇場主であるコアラのバスター・ムーンが、経営が傾いている劇場を再建するために、歌のオーディションを開くなど様々な企画を立てて奮闘する、コメティー要素がたくさん盛り込まれたサクセスストーリーです。

日本版では多くの有名人が声優を務めました。

  • バスタームーン(コアラ)<劇場支配人>ー声優:内村光良
  • ミーナ(ゾウ)<シンガー>ーMISIA
  • アッシュ(ヤマアラシ)<シンガー>ー長澤まさみ
  • ジョニー(ゴリラ)<シンガー>ースキマスイッチの大橋卓弥
  • グンター(ブタ)<シンガー兼ダンサー>ートレンディエンジェルの斎藤司
  • マイク(ネズミ)<シンガー>ー山寺宏一
  • ロジータ(ブタ)<シンガー>ー坂本真綾
  • ミス・クローリー(イグアナ)<劇場事務員>ー田中真弓
  • エディ(ヒツジ)<バスターの友人>ー宮野真守

長澤まさみの歌声に対する反応は?

rawpixel / Pixabay

長澤まさみさんの歌声に対する反応は、一様に「うまい!」という評価だった様です。

  • 長澤まさみ完璧すぎるw
  • カッコいい声だな
  • むっちゃうまいやん!
  • 声綺麗で顔かわいいってずるいやろ
  • 本当に歌うまい…びびったかっこよすぎ

(引用:YouTube)

関連する記事はこちら

長澤まさみはCDデビューもしていた!?

Brett_Hondow / Pixabay

「SING」での歌声が好評だった長澤まさみさんですが、実はCDデビューもしていた事をご存知でしょうか?他にも長澤まさみさんの歌声をご紹介します。

長澤まさみは「セーラー服と機関銃」でCDデビューも果たしてる?

2006年放送のドラマ「セーラー服と機関銃」で、主人公の星泉役を演じた長澤まさみさんですが、ドラマで演じた星泉名義でCDデビューも果たしています。

長澤さんは星泉名義で、2006年10月25日にビクターエンタテインメントより「セーラー服と機関銃」というタイトルでCDを発売しています。この曲はドラマの主題歌として起用されていました。

長澤まさみは「若者たち2014」での歌もうまい!ギターも弾いてる?

2014年放送のドラマ「若者たち2014」では、ギターの演奏がうまい少女である屋代多香子役を演じていました。ドラマの中で、長澤さんはギターの演奏と歌を披露しています。

その歌声はとてもうまく、ドラマ「セーラー服と機関銃」の時よりもうまくなっていると絶賛されました。長澤さんは「恥をかかなくて良かった」と語っていたそうで口パクではなく本当に歌を歌っていたと考えられます。

長澤まさみは舞台「キャバレー」でも歌がすごい!

長澤まさみさんは、2017年のミュージカル舞台「キャバレー」でヒロインのサリー・ボウルズ役を演じています。作中では、セクシーな衣装に身を包んだ長澤まさみさんがダンスとともに名曲の数々を歌い上げました。

ミュージカルは歌とダンスの実力がなければ演じることができないので、ヒロインに抜擢されるほどの歌とダンスの実力を持ち合わせているということが証明されましたね。その歌声は素晴らしく、大絶賛されました。

長澤まさみはオーディションでも歌を披露していた?

長澤まさみさんは、2000年に開催された東宝の「シンデレラ」オーディションで史上最年少である12歳でグランプリに選出されています。

長澤さんはこのオーディションで歌声も披露したそうで、歌声での評価も高かったそうです。また、デビュー後の初主演ドラマでもその歌声を披露しています。

長澤まさみは歌がうますぎて口パク疑惑まで浮上してる?

RobinHiggins / Pixabay

長澤まさみさんは歌手顔負けのその歌唱力で、口パク疑惑までもが浮上しています。ドラマや映画などでは、歌声と映像が別撮りとなることが多いために、そのような疑惑が浮上したと考えられます。

しかし、長澤さんはドラマなどで「恥をかかなくて良かった」とコメントしていることから推測すると、口パクではなく実際に歌っている可能性が高いと思われます。

長澤まさみの最新情報は?歌も上手で舞台でもどんどん活躍?

長澤まさみさんは、2019年12月15日から上演予定の、田中哲司さん、大森南朋さん、赤堀雅秋さんらが主催するコムレイドのプロデュース公演「神の子」でヒロインやくに大抜擢されています。

舞台の中心人物である大森南朋さんが長澤まさみさんの実力にに惚れ込み、直接メールで出演オファーをしたそうです。長澤さんはこのメールに「はい、興味あります」と即レスしたそうです。

歌も演技もうまい長澤まさみ

きれいで演技の実力も兼ね備えた長澤まさみさんですが、映画「SING」や「セーラー服と機関銃」、「若者たち2014」や「キャバレー」など数多くの作品でその華麗な歌声を披露しています。

その歌の実力は、多くの人から「うまい!」と大絶賛されるほどの実力で、演技だけでなく歌の実力も相まって、次々と新しい作品に出演しています。今後の長澤さんの活躍も楽しみですね。

関連する記事はこちら