大坂なおみはコーチを変えてスランプに?コーチ解消の理由とは?

世界ランキング1位を獲得した大阪なおみさんが不調に喘いでいます。理由はサーシャ・バインコーチとの契約解消だと噂されていまが、どうして突然コーチを解任してしまったのでしょうか?大阪なおみさんがコーチを解消してしまった理由やスランプの原因について探ってみました。

大坂なおみのコーチの力が絶大だった?大坂なおみのプロフィール!

世界ランク1位に輝いた大阪なおみさん。大阪なおみさんのコーチはサーシャ・バインさんで、2017年12月に就任し、大躍進の2018年を経て2019年の2月に突然のコーチ契約を解除してしまいます。

大阪なおみさんとコーチの関係について見ていく前に、大阪なおみさんのプロフィールからご紹介します。

大阪なおみのプロフィール

  • 愛称 なおみちゃん
  • 国籍 日本
  • 出身地 大阪府大阪市中央区、フロリダ州パームビーチ郡ポカラトン
  • 身長 180cm
  • 体重 69kg

世界1位に輝いたのはコーチのおかげ?コーチ力とは?

大阪なおみさんが世界1位に輝いたのは、本人の実力もさることながら、コーチの力も大きかったようです。

2019年の2月に突然のコーチ解約以降から不調が続いていることを考えれば、コーチの存在は大きかったのではという印象を強くします。

前コーチはメンタルの強化を重視していた

サーシャ・バインさんが大阪なおみさんのコーチでしたが、彼のコーチは大阪なおみさんのメンタル部分をサポートすることに重点を置かれていたようです。

というのも、大阪なおみさんは精神的な面での波が激しく、サーシャ・バインさんのメンタル部分を強くするコーチ力が大阪なおみさんを強くしたのではないかと言われているのです。

関連する記事はこちら

大坂なおみはコーチが変わり試合に勝てなくなった?

大阪なおみさんはコーチが変わってから試合に勝てなくなったと言われています。今年に入ってから不調がエスカレートしていますが、その理由について探ってみました。

全米オープン優勝後、大坂なおみはコーチが変わりスランプに?

大阪なおみさんは全米オープンで優勝し、日本中を沸かせたことは記憶に新しいですね。飛ぶ鳥を落とす勢いだった大阪なおみさんですが、まさかの初戦敗退を今年に入ってから2度も喫しています。

思えば世界ランキング50位にも届かなかった大阪なおみさんが豹変し、わずか1年で4大タイトル優勝、2大会連続優勝という快挙を成し遂げたのは大阪なおみさん自身も予期していなかったかもしれません。

コーチが変わったことでメンタル面が心配?

サーシャ・バインさんがコーチになる前は大阪なおみさんはメンタル面の弱さが指摘されていました。試合中に落ち込み、ペースを崩したり、そうなると自身ややる気を回復できず敗れてしまうことがありました。

ところが、サーシャ・バインさんがコーチに就任すると、大阪なおみさんに自信を持たせる言葉がけによって自信を持ったようです。

ポジティブな言葉で激励をした前コーチ

サーシャ・バインさんは常にポジティブな言葉で激励します。大阪なおみさんより低い視線で話しかけていきます。そうすることで大阪なおみさんの心に力が宿るようです。

しかしコーチが変わってしまい、そのようなメンタル部分でのフォローは以前のようではなくなってしまいました。大阪なおみさんのメンタル面が心配されています。

4大大会2度の初戦敗退にコーチ変更は「関係ない」と発言

今年1月には世界ランク1位へ上り詰めたばかりの大阪なおみさんですが、現在は不調続きです。

大阪なおみさん本人は不調の原因について「(コーチを変更したことは)全く関係ないと思う」と語っていました。

2019年2月にサーシャ・バインとコーチ契約解消

大阪なおみさんは2019年の2月12日に突然ツイッターでコーチを解任することをツイッターで発表しています。

「皆さん、この先、サーシャとは一緒に仕事をしません。感謝とともに、彼の将来がベストであることを祈っています。」

(引用:大阪なおみサイト)

これに対しサーシャ・バインさんも「ありがとう、これからもベストを尽くしてほしい」と返事しており、二人の間は円満解消だったようです。

テニスの世界では選手がコーチを変えるというのは珍しくありません。そう考えれば何の問題も無いように思われるのですが、大阪なおみさんの場合は失うものが大きかったような気もします。

大坂なおみが語るサーシャ・バインとのコーチ契約解消の理由とは?

そもそもなぜ大阪なおみさんはサーシャ・バインさんとのコーチ契約を解消してしまったのでしょうか?コーチ契約解消は大阪なおみさん本人による希望だったそうです。

大阪なおみさんがコーチ解消をしたのは、今後さらに活躍するための一つの戦略のためということです。今向上したい技術はネットプレーと第サーブの改良で、それを教えてくれる人を探していたようです。

サーシャ・バインさんはメンタル面の強化だったそうで、メンタル面を克服したので、今後は新しい技術に磨きをかけるために新しいコーチを雇ったようです。

大坂なおみにはサーシャ・バインがやはり必要?

大阪なおみさんに詳しいある関係者の話によると、「大阪なおみ選手はサーシャ・バインコーチと別れてしまったことで、周囲からの雑音が大きくなり、テニスに集中できなくなってしまった」とのことです。

サーシャ・バインさんは大阪なおみさんの純粋さなど、長所を引き出しつつ会話を通じて改善点を自分で気づかせるように指導していました。

メンタル面での不安定さから、「電撃引退の懸念」もあるとされており大阪なおみさんには、前のコーチが必要だったのではないかということが指摘されています。

大坂なおみとサーシャ・バインの関係が人気だった?

大阪なおみさんは世界ランク1位という快挙を成し遂げましたが、観衆の目は大阪なおみさん一人に向けられていたのではありません。サーシャコーチへの共感と好感も大きな魅力でした。

特に2013年3月、初めてのツアー優勝となったBNPパリバ・オープンのライブの映像は印象的でした。

大阪なおみ選手は試合前に自信を無くし子供のようにいじけて「わたし、もうだめ、帰りたい」と弱音を吐いていました。サーシャ・バインさんはコートに膝をついて大阪なおみさんに話しかけます。

ファン達は二人のやり取りに魅せられる

ポジティブな言葉で激励し、「相手がこういう戦法で来たらどうするんだっけ?」と投げかけると大阪なおみさんの目に輝きが戻ります。

その顔を見たサーシャ・バインさんは「そうだ、君ならできる!」と大阪なおみさんをさらに力強く励まします。この光景を見たファンたちは大阪なおみさんとコーチのやり取りに魅せられました。

二人の二人三脚があったからこその優勝で、それをファンの人たちは分かっていたのでしょう。サーシャ・バインさんと大阪なおみさんの関係は人気でした。

サーシャ・バインは大坂なおみのコーチをなおも熱望?

サーシャ・バインさんは一説によると、現在でも大阪なおみさんのコーチを熱望しているという噂があります。サーシャ・バインさんは次のように言っていたそうです。

「もし、万一、なおみからの誘いがあれば、いずれまた彼女と組んでもいいと思っている」

(引用:ダ・ヴィンチニュース)

サーシャ・バインは「心を強くする」という著書も執筆

大阪なおみさんのコーチを務めたサーシャ・バインさんはその後、著書を執筆しています。2019年7月11日に刊行されたばかりの書籍で、『心を強くする「世界一のメンタル」50のルール』というタイトルです。

この本の中には大阪なおみさんのメンタルを強くした秘密が書かれており、スポーツ選手だけでなくビジネスマンや学生など「人を伸ばす方法」を知りたい人にもおすすめの本となっています。

大坂なおみの今後に必要なコーチは誰?

現在のテニス業界の状況は選手一人では勝てないそうです。メディア戦略、データ分析も始め総合的なチーム力で相手に打ち勝たなければなりません。

しかし現在の大阪なおみさんは自分以外の物を極力排除し、自分の感覚だけで戦おうとしているようだ、とはある関係者の話です。

もしかすると大阪なおみさんの不調はメンタリティー以前に発想や思考性を変えることが必要なのかもしれません。それを助言できるスタッフやコーチに出会えることが打開への鍵になるかもしれません。

大坂なおみとサーシャ・バインとのコーチ解消の真相は?

「いい流れの時はやり方を変えない」というのがスポーツ界の常識となっているそうですが、大阪なおみさんが世界ランク1位を制した後、突然コーチを変えたことにいろいろな憶測が飛び交っています。

大阪なおみさん本人は円満解消と言っていますが、本当のところはどうだったのでしょうか。コーチ解消の真相に迫ってみました!

コーチ解消理由の真相①報酬金額で揉めた

MichaelWuensch / Pixabay

突然のコーチ解消の理由として「報酬金額でもめた」という説がありました。大阪なおみさんが世界ランク1位となったことで当然報酬も上がります。

そこでサーシャ・バインさんが報酬の値上げを要求し、要求が高額すぎるため契約を打ち切ったというのです。

しかし大阪のマネジメント会社の関係者によると、「金銭面ではない」とのことです。

コーチ解消理由の真相②サーシャ・バインの粘着質さ

geralt / Pixabay

コーチ解消の理由として大阪なおみさんとサーシャ・バインさんとの間に軋轢が生じたことも噂されています。

サーシャ・バインさんが成功体験に自信を持ち、必要以上に大阪なおみさんをコントロールしたがったということも伝えられています。

本来のんびりした性格で一人でいたい大阪なおみさんにとって、それがストレスになっていったとも考えられます。

コーチ解消理由の真相③雇う者と雇われる者の関係

geralt / Pixabay

大阪なおみさんの賞金獲得額が上がれば上がるほど、出来高制であればコーチの金額も上がります。両者がどちらも謙虚であれば問題はありません。

しかしどこかに隙間が生まれ、雇うものと雇われる者との関係が崩れたとしたら、いつまでもその関係を続けるのは困難でしょう。

コーチと選手は信頼関係で結ばれていなくてはなりませんが、いつの間にかそれがなくなってしまったとも考えられます。

大坂なおみが13歳の時の元コーチが訴訟を起こしていた?

大阪なおみさんが13歳のころに元コーチが訴訟を起こしていたという情報を掴みました。この事件の詳細について見ていくことにしましょう。

2019年5月24日のフライデーに掲載された記事の中で、大阪なおみさんの元コーチが支払いをめぐって訴訟を起こしたということが書かれていました。

このコーチはクリストフ・ジーンさんと言う人で、大阪なおみさんに対して「賞金と契約金の20%の支払い」を求めており、訴訟を起こしたそうです。

大阪なおみの父が事件の原因?!

この事件は大阪なおみさんには全く身に覚えがなく、大阪なおみさんの父親であったハイチ出身のレオナルドさんが勝手に契約を交わし、その後その契約を無視したことが原因であったようです。

というのも、当時父親であるレオナルドさんはコーチのクリストフさんと2012年に契約書を交わしますが、当の本人であるレオナルドさんも大阪なおみさんがここまで成功するとは思っていなかったようです。

レオナルドさんは遊びのつもりで大阪なおみさんをコーチのところに通わせていたそうです。コーチのクリストフさんがレオナルドさんに支払いを求めてものらりくらりと交わされていたということです。

弁護士は法的根拠がないとしている

succo / Pixabay

大阪なおみさんの代理人を務める弁護士は次のように話しています。

「ナオミが華々しい成功を収めたことがきっかけで、不当な要求が出てくることは意外なことではない。だが、ナオミが見たこともなければ署名したこともない『同意書』をもとにしたこのくだらない訴訟は、あまりにも馬鹿げている。法的根拠がないので、(フロリダ州の裁判所に)棄却するよう申請する」

(引用:フライデー)

成功するとその利権を狙っていろいろな人が出てきますが、大阪なおみさんのメンタルに影響がないことを祈ります。

大阪なおみのコーチングやマネージメントが成功することを願う!

世界ランク1位を獲得し、テニスの女王に上り詰めたと思いきや、最近は不調続きの大阪なおみさん。その原因はコーチを変えたことにある?との噂ですがどうやらそれも一因にあるようですね。

ファンとしては再び世界ランク1位に返り咲くのを待ち望むところですが、まずは大阪なおみさんのコーチング、およびマネージメントがうまくいくのを願いたいところです。

関連する記事はこちら