大野智の絵の実力がスゴい!プロも認める才能で個展やコラボでも活躍 タレント

大野智の絵の実力がスゴい!プロも認める才能で個展やコラボでも活躍

人気アイドルグループ『嵐』のリーダーを務めている大野智さん。24時間テレビのチャリTシャツをデザインした事や、個展を開催した事などから、その絵の才能はご存知の方も多いと思われます。この記事では、彼の作品や絵に対する想い、エピソードをご紹介させて頂きます。

絵の腕前がスゴい!大野智のプロフィール

大野智さんと言えば、ジャニーズの男性アイドルグループ『嵐』のリーダーである事が知られていますね。関係者やファンからは『リーダー』や『大ちゃん』といった愛称で親しまれています。

大野智さんは、アイドル以外にも多方面で活躍。アイドルとしての歌やダンスは勿論の事、作曲活動やダンスの振り付け、趣味の釣りや、過去にはバドミントンにも打ち込んでいた事から、多彩な才能を見せています。

そんな才能の内の1つに、絵の腕前があります。大野智さんはアーティストとしても活動しており、24時間テレビのチャリTシャツのデザインや、個展を開いた事でも話題になりましたね。

関連する記事はこちら

【画像】大野智の絵が独学なのに上手すぎる!

大野智さんの作品を数枚、ご紹介させて頂きました。彼の絵の才能がお分かり頂けたかと思います。

ところが彼、実は絵については完全に独学のようで、これまでスクールなどに通った事はないのだそう。それでもこれだけの繊細な絵を描けるという事は、もはや天才としか言いようがありませんね。

大野智の絵の評価は?プロも絶賛?

大野智さんの絵は、プロの画家やアーティストからも絶賛されるほどの高評価のようです。

ジャニーズには、同じく個展を開いた事がある香取慎吾さんや、写真家としても活躍する岡田准一さん、グッズのデザインを担当する安田章大さんがいますが、中でも大野智さんは格が違い過ぎるとの声も。

絵の仕事のオファーも入るほどの実力!

これだけの絵の才能があれば、当然のように絵の仕事のオファーもたくさん入ります。

『嵐』メンバーが出演するバラエティ番組『嵐にしやがれ』での仕事は勿論、24時間テレビのチャリTシャツのデザインや、グッズのデザインの依頼、2015年にはJALの飛行機のデザインも担当しました。

画家も認める才能!24時間TVのTシャツで奈良美智や草間彌生とコラボ

2004年の24時間テレビでチャリTシャツのデザインをした事をきっかけに、以降もチャリTシャツのデザインを手掛ける事が増えました。中には、大物アーティストとのコラボも実現しています。

2012年の24時間テレビでは、画家の奈良美智さんとコラボ。奈良美智さんは、可愛い少女のイラストが印象的なアーティストで、大野智さんとコラボしたチャリTシャツでも少女の絵が見られます。

2013年の24時間テレビでは、世界的に有名なアーティスト、草間彌生さんとコラボ。草間彌生さんと言えば、多数のドット柄を用いたデザインが有名ですよね。彼女も、大野智さんの才能を認めているようです。

単独でのデザインも!

勿論、コラボだけでなく大野智さん単独によるチャリTシャツもたくさんあります。中にはイラストではなく、文字だけでデザインされたシンプルなチャリTシャツも存在しており、高いセンスを感じる事ができます。

2019年のTシャツも大野智が担当?

2019年に開催された24時間テレビでも、大野智さんがチャリTシャツのデザインを担当。デザインというよりは、もはや芸術作品の域に達してしまいそうな完成度ですよね。

大野智は国内外で絵の個展を開催している!

世間に絵の才能を見せつけた大野智さんは、これまでに2度の個展を開催。中には上海でも個展を開いた事があり、国内外を問わずにアーティストとして活躍しています。

2008年に初の個展を開催

2008年2月、六本木ヒルズで自身初となる個展『FREESTYLE』を開催。同名のアート写真集も販売されるなど、大野智さんのアーティストとしての顔が有名になったきっかけにもなりました。

こちらの個展の目玉作品の1つになったのが、画像のタツノオトシゴの絵。遠くから見るとただのタツノオトシゴですが、間近で見ると様々なモチーフが組み合わせて表現されている事が分かります。

他にも、デフォルメされた人物の絵や精密に描かれた絵も多数展示され、絵以外にもフィギュアなどの立体作品も展示。様々な方面で彼の”アート”を表現し、大きな話題を呼びました。

2015年にも上海と東京で個展を開催

初の個展から7年後、2015年には東京で『FREESTYLE II』が開催。これに先駆けて、上海では前回の『FREESTYLE』と同じ内容の個展も開催され、海外デビューも果たしました。

『FREESTYLE II』では、2匹のパグの絵が注目されました。制作に2週間かけ、友人の飼っているパグを描いたそうです。画像では見づらいですが、目の中に大野智さんがいるなど細かい描写がされています。

他にも、大野智さんが漫画加・藤子不二雄A先生に送ったという似顔絵の色紙も展示。前回の個展からは絵のタッチなどは変わらないものの、多数の新作が展示される事となりました。

大野智の絵に対するファンの反応は?

Free-Photos / Pixabay

これらの大野智さんの絵に対して、ネット上では「素晴らしい!」「アイドルになれて芸術家にもなれるとか凄い」「天は彼に二物を与えた」といった絶賛の声がたくさん見受けられました。

芸能人のアーティストデビューや個展開催には批判がつきものですが、大野智さんの場合は芸能人である事は関係ないくらいの才能なんでしょうね。ネット上でも批判的なコメントはあまり見られませんでした。

大野智が絵を描きはじめたきっかけとは?

大野智さんは小学生の頃から絵が好きだったそうで、図工や美術の時間が楽しみだったようです。ドラゴンボールなどの好きな漫画の模写を始め、イラストレーターを目指していた事もあったそうです。

また、ゆっくりと休みを取る事よりも絵を描く事がストレス発散になるとも語った事があり、ジャニーズ事務所に入所してからも絵を描き続けたとの事。そうした事で徐々に腕が上がり、現在の絵の才能があるようですね。

描き続けるのはジャニーズをやめようと思っていたから?

実は大野智さん、絵を描き続けた理由の1つに「ジャニーズを退職しようと思っていたから」というものがあるそうです。これは『嵐』結成よりもずっと前の事で、また大野智さんがジャニーズJr.だった頃の話です。

大野智さんはアイドルとしての仕事になかなか興味が沸かず、いずれはジャニーズ事務所を抜けてイラストレーターとして活動する事を夢見ていた時期があったそうです。

大野智が時間をかけなくてもうまく描けるのはなぜ?何かコツはある?

そんな大野智さんですが、絵を上手に描く秘訣やコツを語った事があります。これから絵の勉強を始める方や、趣味や仕事で描いているけどスランプという方にはぜひ読んで頂きたいと思います。

「嵐にしやがれ」の画力対決で描いた絵が上手い!

『嵐』の冠番組であるバラエティ番組『嵐にしやがれ』でも、大野智さんは絵の腕前を披露しています。

ちなみに上の画像は、大野智さんが短時間で描いたという犬の絵。絵に描き慣れていない人は、犬や猫といった四足歩行の動物や横から見た図を描きがちですが、彼は見事に正面から見た顔を描いています。

絵を上手に描く秘訣は?

TOKIOの長瀬智也さんが、大野智さんに「どうしたら絵が上手く描けるの?」と質問。すると、大野智さんは絵を上手に描く秘訣を語りました。

大野智さん曰く、「見たままをそのまま描く」との事。例えば彼がスプーンの絵を描いた時は、細かい影や反射部分まで精密に描く事で、リアリティを表現する事ができたようです。

また、「絵に上手い下手はない」といった発言もしており、「何かを描いたらそれはもうその人の絵」との事。有名な画家・ピカソも、お世辞には絵が上手とは言い難い為、確かに上手かどうかは関係ないですよね。

失恋のショックで絵が描けなくなっていた!?

これまで、数々の絵の仕事や個展の開催などを行ってきた大野智さんですが、2018年1月1月に放送された『嵐にしやがれ元日スペシャル!』では、絵について「この2年まるで手つかず」と明かしました。

大野智さんは、絵に対して「描きたい時に描く」といったスタンスで、気分が乗らない時は全く描かないとの事。今回の場合、2年間という長期に渡って絵を描く気分になれなかったという事ですね。

というのも、その理由は失恋のショックとの噂も。当時から2年前に、元女優・夏目鈴さんとの熱愛がスキャンダルされて事務所から別れさせられたとの事。それから絵を描いていないのではないかと推測されています。

大野智の絵の実力がスゴかった!

いかがでしたでしょうか。大野智さんのアート作品の数々や、絵に対する想いやエピソードについて、お分かり頂けたのではないかと思います。

元『SMAP』の香取慎吾さんも個展を開いていますが、彼は賛否両論。芸能人の個展開催には批判が付き物ですが、大野智さんの場合はそういったコメントはありませんでした。それだけ評価されているのでしょう。

2020年12月31日をもって、無期限の活動休止を発表した『嵐』。大野智さんはアーティストとしての仕事に専念するのではないかといった噂もあり、今後の活動にも注目されています。

関連する記事はこちら