高橋一生の弟はネバヤンの安倍勇磨!実家は?壮絶な生い立ちとは?

高橋一生さんの実家は5人で弟が4人います。三男の安部勇磨さんとは、異父兄弟で父親が違います。そして、四男と五男とはまた別の父親です。母親は10年以上絶縁状態でしたが、2015年に肺癌で亡くなっています。そんな高橋一生さんの壮絶な生い立ちを紹介します。

弟がたくさん?高橋一生のプロフィール!

高橋一生さんは、1980年12月9日生まれ、東京都出身の俳優・歌手です。舞プロモーションに所属しています。

小さい頃、ふさぎがちだった高橋さんを見ていた祖母は、色んな稽古事をさせましたが、続かなかったそうです。児童劇団にも入っていて、祖母が発表会に見に来ていたことが嬉しかったといいます。

1990年に映画「ほしをつぐもの」で映画初出演し、1995年にアニメーション映画「耳をすませば」で天沢聖司の声を演じています。舞台「フォーティンブラス」で準主役デビューしています。

関連する記事はこちら

高橋一生の弟はミュージシャン・ネバヤンの安部勇磨!

高橋一生さんの弟はミュージシャンで、音楽バンド「ネバヤン」の安部勇磨さんです。安部勇磨さんは5人兄弟の三男で、高橋一生さんとは異父兄弟だそうです。

そんな高橋一生さんと安部勇磨さんの関係や、「ネバヤン」の活動などを紹介していきます。

「A studio」で高橋一生の弟がバンドのボーカルをしていることが判明!

高橋一生さんは、「A studio」に出演し、弟は安部勇磨さんといい、バンドのボーカルをしていることを明かしています。「本当にいい曲を作るんですよ」とベタ褒めしていました。

弟・安部勇磨の画像はある?

高橋一生さんには、バンド活動をしている安部勇磨さんがいます。なぜ高橋一生さんと苗字が違うのか?それは2人の父親が違うからでした。

そんな安部勇磨さんの画像がありますので紹介します。

高橋一生と弟・安倍勇磨は顔が似てる?幼い頃とそっくり!?

この画像は高橋一生さんの子供の頃ですが、弟の安部勇磨さんに似ています。

安部勇磨さんの写真を見ると、現在の高橋一生さんとは全く似ていないように見えます。同じ兄弟なのに?と思ってしまいます。

しかし、高橋一生さんの子供の頃の写真を見ると、安部勇磨さんとそっくりなのが分かります。本当に似すぎていてびっくりします。

兄・高橋一生の影響で音楽を始めた?

1980年12月生まれの高橋一生さんは5人兄弟の長男で、1990年9月生まれの安部勇磨さんは三男です。10歳離れた安部勇磨さんは、高橋一生さんの影響を受けて音楽を始めたそうです。

安部勇磨さんは、高橋さんがバンドをやっていたこともあって、自分もやってみようと思い、予備校を辞めた時に音楽を始めたと語っています。

高橋一生さんは中学時代にバンド活動をしていて、ギターを弾いていたようですが、安部勇磨さんはそんな高橋さんの影響を受けていたのでしょう。

弟・安部勇磨のバンド「ネバヤン」はどんなバンド?

高橋さんの弟である安部勇磨さんのバンド「never young beach」とは、どんな活動をしているのでしょうか?「ネバヤン」は、昭和のノスタルジーを今風にアレンジしているバンドといわれています。

音楽サイトなどでは、「1970年代の日本のフォークと、海外のトロピカルなインディーロックの融合」と称されています。

2017年にメジャーデビュー!全国ツアーも開催!

「ネバヤン」は、2014年に安部勇磨さんと松島皓さんのユニットとして結成し、2014年に現在の体制となり、2015年5月にインディーズデビュー、2017年1月にはメジャーデビューを果たしています。

「ネバヤン」は、全国ツアーも開催していて、2019年5月29日にNHKホールで行われたファイナル公演の様子も公開しています。

高橋一生の歌手デビューで、弟との共演に期待!

高橋一生さんは、2019年4月13日に放送開始するドラマ「東京独身男子」で主演をつとめていますが、その主題歌「きみに会いたい-Dance with you」で歌手デビューしました。

高橋一生さんはエレカシの大ファンだったことから、宮本浩次さんに楽曲提供のラブコールを送っていたそうで、宮本さんが承諾したことから話がまとまったそうです。

高橋一生さんは持ち前の美声で、歌手デビューにも話題となっています。今後は弟の安部勇磨さんとの共演も実現するかもしれません。

壮絶な生い立ち!高橋一生は5人兄弟で弟は4人!全員父親が違う?

eyeImage / Pixabay

高橋一生さんは、実は5人兄弟の長男で、下に4人の弟がいるそうです。三男がバンドグループ「ネバヤン」の安部勇磨さんで、他の3人は一般人です。

そんな高橋一生さんの弟たちと、高橋さんの関係について紹介します。

弟たちの年齢は?現在の職業も!

StockSnap / Pixabay

高橋一生さんの兄弟は5人ですが、兄弟のそれぞれの父親は3人います。高橋一生さんの本当の父親は高橋さんが5歳の頃に亡くなっています。

次男はデザイン系の仕事をしているそうですが、年齢などは不明です。三男は安部勇磨さんで28歳です。

四男は21歳で何の仕事をしているのか分かりませんが、五男は19歳で寿司職人(2017年時点)の見習いをしています。

高橋一生は複雑な家庭だった!父親は3人いて、全員死別?

pasja1000 / Pixabay

高橋一生さんの本当の父親は、高橋さんが5歳の頃に死別し、母親はその後再婚した父親との間に次男と三男を生んでいます。高橋さんにとって2人目の父親とも死別していますが、死因などは公開されていません。

母親はその後3人目の父親と再婚し、その夫との間に四男、五男が生まれていますが、その3人目の父親も亡くなっているといわれています。

高橋一生さんの本当の父親を含めた3人の父親は皆亡くなっているようですが、本当に亡くなっているのか?死因は何だったのか?詳しいことは分かっていません。そして母親もすでに4年前に亡くなっています。

弟はしゅうしゅう?

高橋一生さんの4人の弟の中に、しゅうしゅうさんという人がいるといわれていますが、調べてみると、しゅうしゅうさんは弟ではありませんでした。

しゅうしゅうさんは、コーディネートの紹介などをするブロガーだそうですが、高橋一生さんと顔が似ているようです。

しかし、しゅうしゅうさんがどんな人なのか詳しい情報がありませんし、どうして高橋一生さんの弟といわれているのか分かりませんが、顔が似ていることからそう思われていたようです。

俳優・高杉真宙も弟?

俳優の高杉真宙さんが高橋一生さんの弟といわれていますが、それは事実ではありませんでした。

この高杉真宙さんも高橋一生さんに顔が似ていることで、弟だといわれるようになったようです。

高橋一生の実家はどこ?

高橋一生さんは、東京都港区赤坂で生まれています。母親は3度結婚し、3人の夫とは死別しているようです。

高橋一生と母親には確執があった?毒親っぷりとは?死に際に和解?

shanghaistoneman / Pixabay

高橋一生さんの母親は、2015年に癌で亡くなっています。

しかし、高橋さんとは確執があって、それまで母親とはずっと会っていなかったようです。

そして母親が亡くなる1週間前にようやく対面することができて和解し、最期を看取っています。

お金遣いの荒い人だった?仕事はW杯周期で変わる⁉︎

MabelAmber / Pixabay

高橋一生さんの母親は、お金の使い方が荒い人だったそうです。数年間どこかで働いて、そのお金で自営を始めるのはいいのですが、いつも半年くらいで辞めてしまうという繰り返しだったといいます。

そんな母親ですから、だいたいW杯くらいの周期で貧困生活がはじまっていたそうです。母親は金銭感覚に少し問題があったようで、事業で失敗をするたびに引っ越しをしていたといいます。

しかし、高橋一生さんが小さい頃は、習い事や児童劇団に入っていたほどでしたから、当時は裕福な生活を送っていたのでしょう。

息子と別居していた実父のもとへお金を徴収に?

geralt / Pixabay

高橋一生さんの弟、安部勇磨さんによると、父親が家にいたという記憶はあまりなく、会う時は母にお金を徴収しに行かされていたそうです。

さらに驚いたことに、中学生の頃にお金持ちの女友達の家に行くときに、母親から「家賃が払えないからあの子の親から100万借りて来い」と言われたことがあったようです。

母親は息子たちにもお金を無心?高橋一生の車を母親が勝手に売っていた?

JayMantri / Pixabay

高橋一生さんの母親は、夫や子供たちの友達だけでなく、息子たちにもお金を無心していたようです。

高橋一生さんの母親は、お金が無くなると息子たちが所有するものを勝手に売ってしまう事もあり、ある時は高橋一生さんの車を勝手に売ったこともあったといいます。

安部勇磨さんは、高橋一生さんに連絡していると、母にお金を無心に行かされていましたから、母が亡くなったことで、やっと気兼ねなく兄弟全員で連絡を取れるようになったといいます。

母親は否定的な性格だった?

Alexas_Fotos / Pixabay

高橋一生さんがテレビ番組「a-studio」に出演したときに次のように語っています。

鶴瓶「小さい時に”あんた、たいした顔してないんだから、近所のにいちゃんの役したらいいよ”ってよく言われてたんやろ」

高橋「よく言われました。言われました。”となりのあんちゃんを目指しなさい、あんたなんか”みたいな」

(引用:a-studio)

高橋一生さんの母は、そういった「あんたなんか」という否定的な言葉を使っていたようですから、親子で良い関係ではなかったことが分かります。

母親が病気になり和解へ

truthseeker08 / Pixabay

高橋一生さんの母親は、2015年に癌で亡くなっていますが、高橋さんとはその10年以上前から絶縁状態だったそうです。高橋さんの車を勝手に売ったりしたことから、高橋さんは縁を切ろうと思ったようです。

その10年後に、弟の安部勇磨さんから母が病気(肺がん)であることを知らされました。しかし、高橋一生さんは、すぐに会いには行こうとはしませんでした。

その後、やせ細った母に会いに行くと、母は何度も「ごめんね、今まで」と謝ったといいます。その言葉を聞いた高橋さんは「大丈夫、弟はなんとかするから」と話し、母親はその1週間後に亡くなっています。

母親が亡くなり兄弟との縁が復活?

StockSnap / Pixabay

母親が亡くなったあと、高橋一生さんは4人に弟たちの親代わりとして、よく面倒をみるようになりました。とはいえ、高橋さんはもともと弟たちの面倒をずっと見ていました。

そんな意味では、母親が亡くなったことで、兄弟の縁が元のように復活したといえるでしょう。

高橋一生は弟たちの親代わりへ

高橋一生さんと末の弟とは18歳も年が違っていましたから、高橋さんは弟が赤ちゃんの頃はおむつを替えたりしていたそうです。

母親が亡くなったあと、高橋一生さんは、三男の安部勇磨さんにはプロの世界で勝負することを勧め、料理人になりたいという末の弟には修行ができるすし屋を紹介しています。

高橋一生が4人の弟を通じて感じた教育制度の大切さとは?

高橋一生さんは、2019年1月11日に連続ドラマ「みかづき」の試写会に出席し、塾講師へのメッセージを求められた時に、次のように教育制度の大切さを語っています。

「大変なお仕事だなと思います。弟が4人いるんですが、そのときの教育制度によって根本の性格などが位置づけられてしまうのを肌で感じていて、性格の基盤を作る大切な職業だなと感じます。生徒と目線を同じにするのを教えることの根幹だと思うので、同じ立ち位置で向き合っていただけたらと思います」

(引用:映画ナタリー)

高橋一生は壮絶な家庭環境を乗り越えて俳優として活躍している

俳優の高橋一生さんは5人兄弟の長男で、弟が4人います。そして、高橋一生さんの実家の壮絶な生い立ちのことをテレビ番組で明かしています。

三男の安部勇磨さんは、「ねばやん」のボーカル・ギターで、高橋一生さんとは異父兄弟で父親が違います。そして、四男と五男とは別の父親で、合計3人の父親がいましたが、皆亡くなったといわれています。

高橋一生さんの母親は、10年以上絶縁状態でしたが、2015年に肺癌で亡くなっていますが、亡くなる直前には和解しています。そんな高橋一生さんの壮絶な生い立ちを見てきましたがどう思われたでしょうか?

関連する記事はこちら