井上尚弥の父は元ヤンキー?指導方針がスゴい!アパート経営も? タレント

井上尚弥の父は元ヤンキー?指導方針がスゴい!アパート経営も?

現在最強のプロボクサーと言われる井上尚弥選手を育てた、父・井上真吾さんとはどんな人なのでしょうか。その子育ての方針などに興味が尽きません。また真吾さんは専属のトレーナーです。最強のボクサーを最高のコンディションにする役目です。弟や家族についても調べてみました。

井上尚弥の父・井上真吾は元ヤンキーで前科持ち!?

バンタム級世界チャンピオン井上尚弥選手の父親は、井上真吾さんと言います。現在尚弥選手並びに拓真選手のトレーナーを務めています。また真吾さんは2004年に有限会社明成塗装を設立しました。

井上尚弥選手が小学生になると、2人の息子のボクシング練習場として「井上ボクシングジム」を設立しました。塗装会社を経営しながら、息子2人にしっかりボクシングを教えて来ました。

その後、井上尚弥選手がプロボクサーになって大橋ボクシングジム所属となってからは、全力でサポートするため井上選手の専属トレーナーとなりました。

井上真吾のプロフィール

井上真吾さんは、1971年8月24日生まれの、現在48歳です。神奈川県座間市出身です。小学生の時に両親が離婚し母子家庭で育ちました。中学卒業後に塗装業で働き始め、19歳で結婚し20歳で独立しました。

慎吾さんは、24歳の時に友人の勧めでボクシングを始めました。多忙のため競技から退きましたが、息子2人がボクシングに興味を持つようになってから、一緒にトレーニングを始めました。

井上真吾さんのトレーニング法は、徹底して基礎技術をみがくことにありました。そのためには「やれるまでやる」「集中してやる」がモットーになっています。その成果は、後に結果として現れてきます。

前科があるという噂はデマ!原因は見た目?画像は?

井上真吾さんには「前科がある」という噂が流れています。しかし、真吾さんに前科があるという噂は、完全にデマのようです。

噂の原因は、真吾さんの見た目がこわそうな感じで、更にボクシングで世界最強とも評価される井上尚弥選手の父親です。外見からの思いこみから、前科もあるのではという、イメージが先行したデマだと思われます。

元ヤンキー説は本当?テレビ番組で発覚?

井上真吾さんは、見た目がリーゼントのような髪型で、眉毛も細くて、顔もイカツイので「昔はヤンキーだったのでは?」という噂も飛び交っているようです。

その原因となったのが、NHKTVのドキュメント番組「アスリートの魂」です。番組で使われたのが、特攻服でヤンキー座りでカメラをにらむ、チンピラ風の写真紹介だったのです。

実際のところは分りません。でも多くの若者が通っていく道なので、ヤンキーの可能性は大いにありますね。当時は塗装業に入った頃でしょう。仕事の後でヤンキーを楽しんでいたのかもしれません。

実は真面目で優しい性格?

そんなイメージとは全く違って、井上真吾さんは「感情的に怒ることはしない」ことをモットーにしているそうなので、実際は優しく真面目な男性ということだと思います。

若い時に独立して自分の塗装会社を立ち上げたと言いますから、腕がよい事はもちろんですが、人として優れていないと仕事にならなかったと思います。

優しく真面目で、しかもしっかりしていればこそ、起業できたのだと思います。新婚さんで、好青年だったのではないでしょうか。

圧倒的な強さを誇る井上尚弥!に関する記事はこちら!

井上尚弥の父の職業は?

paologhedini / Pixabay

井上真吾さんは、中学を卒業した後に塗装関係の仕事に就き、結婚したタイミングで独立、「有限会社明成塗装」を立上げました。

また、こどものためにボクシングジムを設立したり、アパート経営などにも手を広げるなど、多角的な経営を行って来ました。

真吾さんは若いうちから、事業家としてのキャリアを重ねてきていますね。アパート経営などは、経営の才能に優れていたから出来たのでしょう。

ボクシングジム経営から息子の専属トレーナーへ!

小学生になった長男・尚弥さんが、ボクシングをしたいと言い出しました。井上真吾さんは息子のその発言に対し、「危ないからダメだ」と反対をしたそうです。

しかし、息子の井上尚弥さんが本当にやりたいと、必死にお父さんに伝えたことでボクシングに取り組むことを許可したといいます。

そして家族のことを一番に思っている真吾さんは、そんな息子を全力でサポートしたいと考えて、ボクシングトレーナーの道を選んで、活動するようになったそうです。

2014年に最優秀トレーナーの賞を受賞

井上真吾さんは、2014年度のエディ・タウンゼント賞を受賞しました。この賞は、当該年度に活躍した、もしくは長く縁の下の力持ちとして、ボクシング界に貢献したトレーナーを受賞の対象とするものです。

さらに井上真吾さんは、2018年度トレーナー賞も受賞しています。

地元・座間市でアパート経営もしている

Free-Photos / Pixabay

井上真吾さんは、ビジネスとして地元の座間市でアパート経営を行っています。若いときにお金で苦労したことから、「安く住んでほしい」との思いから、アパートの賃料は全12部屋で家賃2万円という破格だそうです。

座間遺棄事件の現場となったアパートだった!

Tama66 / Pixabay

ところでこのアパートですが、不幸な事に神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件の舞台となってしまいました。

事件後、井上真吾さんは取材に対して、どうしたら良いものか悩んでいると応えています。世間を騒がせた事件の現場ですからショックでしょう。風評被害などもあると思いますが、頑張って頂きたいです。

実際、家賃を更に下げるなど、不本意ながら対応しないと経営が成り立たなくなる可能性があります。

塗装会社や飲食店経営の経歴も

maeda_sion / Pixabay

井上真吾さんは、前述の如く塗装会社の運営のかたわら、アパート経営や、奥さんが中心となって居酒屋も運営しています。しっかりと多角経営をしていますね。

井上尚弥の父のボクシング指導方針は?

井上真吾さんのボクシング指導は、徹底して基礎技術をみがくことにありました。そのためには「やれるまでやる」「集中してやる」がモットーになっています。

このやり方が成功して、最強のボクサーが誕生したのです。

井上尚弥は強制的にボクシングをさせれたわけではなかった!

井上真吾さんは、当初は息子の井上尚弥さんが、ボクシングを学びたいというと反対しました。しかし、尚弥さんが本当にやりたいと必死に真吾さんに訴えたので、ボクシングに取り組むことを許可したといいます。

子供に向き合い幼少期から技術を教え込む

井上真吾さんは「幼いころから技術をしっかりと教える」ということに注力しました。

真吾さんの狙いは、幼い子供のうちから、基礎技術を繰り返し学ばせ、技術を習得させることでした。そうすれば、自然と優れた動きができるボクサーに育っていくのです。

親子だからこその信頼関係がある?

井上尚弥最強説がマスコミとかから、そういう考えが入って来たときに、ふんどしを締めるのが親としての自分の役目だと井上真吾さんは言っています。また怒ることも親にしかできないことが多いからとも。

みんなが気を遣ってしまったらよくないし、御神輿に担がれてしまったらだめなんだと言っています。

周りからのプレッシャーの中でも的確なアドバイス

gaganmasoun / Pixabay

周りからの期待がどんどん高まってきて、大きなプレッシャーとなっても、常に冷静で的確なアドバイスが出来ることが大事なんだといっています。それがずっと見て来た真吾さんには出来るといいます。

子どもの頃から自分の背中を見せてきた

WenPhotos / Pixabay

井上真吾さんは、親として指導者としてずっと子どもの頃から、真剣に取組む自分の背中を見せてきました。その自負がしっかりとあります。

WBSS準決勝前に相手陣営から突き飛ばされる!世界で話題に

今年の5月18日に開催されたWBSS準決勝前のある日、井上真吾さんは対戦相手ロドリゲスの公開練習を視察しました。リング上で練習するロドリゲスを撮影していました。

その時トレーナーのウィリアム・クルーズ氏が歩み寄ってきました。そして、真吾さんを左手で突き飛ばし、撮影を止めさせようとしました。突然の出来事に真吾さんはもちろん、周囲の関係者も驚きを隠せませんでした。

いったい、なぜ公開練習の視察を妨害するという実力行使に出たのでしょうか。井上真吾さんに撮影させないようにしたクルーズ氏は、一方的に自分の役割を果たしただけだと主張しました。

井上尚弥の家族構成は?弟もいる?

井上尚也選手には、井上拓真という弟がいます。同じく無敗(12戦12勝)のプロボクサーです。

兄弟そろって世界的ボクサー!弟・井上拓真のプロフィールと画像

井上拓真選手は、1995年12月26日生まれの、現在23歳です。神奈川県座間市出身です。大橋ボクシングジム所属で、所属事務所はホリプロです。担当トレーナーは父・井上真吾です。

2013年12月にプロデビュー戦で勝利、現在に至る。身長は164cmです。

井上真吾の息子2人が史上初兄弟ダブル世界王座統一戦!

現在兄の井上尚弥選手はWBAの正規王者です。そしてワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)は、WBA、WBO、IBFの3団体の王者が参戦しているので、実質この3団体の統一戦です。

従って井上尚弥選手がWBSSで優勝した場合は、兄はWBA、WBO、IBFのバンタム級3団体の王者となります。弟の拓真選手は、WBCの王者統一戦に勝てば兄弟で4団体を制覇することになります。

11月7日、さいたまスーパーアリーナで、その戦いは実現します。

井上尚弥はWBSSのバンタム級決勝としてWBAスーパー王者となる5階級制覇王者ノニト・ドネアとWBA王座統一戦、井上拓真はWBC正規王者ナルディーヌ・ウーバーリとのWBC王座統一戦に臨みます。

姉がかわいいと話題!年齢は?

井上家には、プロボクサーの兄弟の上にお姉さんがいます。なまえは井上晴香さんです。井上晴香さんは、尚弥選手より2つ上ということで現在28歳です。

井上晴香さんは「姉バカ」と言われるほど、2人の弟がかわいくてならないようです。週に2、3回は晴香さん得意のスポーツマッサージを2人に施すみたいです。

晴香さんについては、まだ結婚はしていないようです。

母親は居酒屋を経営?

masterd / Pixabay

井上真吾さんは、2013年に「小料理BOX」という家庭料理の居酒屋を始めました。お店の方は、祖母、母と姉の親子三代で助け合いながら運営していました。

「小料理BOX」は、連日ボクシングファンを始め、にぎわっていましたが、残念ながら現在は閉店してしまいました。お母さんが孫の世話に専念したいからという理由らしいです。

井上尚弥は結婚しているの?

井上尚弥選手は2015年に保育士の可愛らしい女性と結婚して、息子さんもいます。

2015年に高校時代から付き合っていた女性と結婚!息子が1人!

2015年、井上尚弥選手は高校時代から交際していた女性と結婚しました。翌年の6月には結婚式も挙げられました。お相手は元は保母さんをされていたんだそうです

2人の間に、2017年10月には長男が誕生しています。

これから歴史がはじまります

来る11月7日、さいたまスーパーアリーナで、新たな歴史が始まろうとしています。日本人の兄弟が、四団体を完全制覇する日が近付いています。本当に楽しみですね、

そして、これをステップにして、井上兄弟は世界的なスターへの道を歩む事になるでしょう。その歴史の目撃者になれる幸運が、まもなく訪れます。

井上尚弥の嫁が美人すぎると話題に!に関する記事はこちら!