竹内涼真のサッカーの実力がすごい!ヴェルディに所属していた?

爽やかなイケメン俳優として大活躍の竹内涼真。実は幼少期からサッカーをやっていて、その実力は中学・高校で有名チームヴェルディのユースに所属するほどでした。ヴェルディ時代の同期には有名選手も大勢います。幼少期から大学までの竹内涼真のサッカー人生をまとめました。

竹内涼真はサッカー選手を目指していた?実力がすごい!

竹内涼真はかつてサッカー選手を目指していたくらいサッカーが上手だそうです。サッカーを始めたきっかけは何だったのか、どれくらいの実力だったのか、竹内涼真のサッカー遍歴を見ていきましょう。

サッカーがうますぎる!?竹内涼真のプロフィール!

  • 芸名:竹内涼真(たけうちりょうま)
  • 本名:竹内 崚(たけうちりょう)
  • 生年月日:1993年4月26日
  • 職業:俳優・モデル
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 出身:東京都
  • 身長:185cm
  • 主な作品:「仮面ライダードライブ」「下町ロケット」

仮面ライダーで主演に抜擢されて以来、様々なドラマ・映画にキャスティングされています。映画「帝一の國」では日本アカデミー賞新人賞を受賞しました

TBSワールドカップ中継のメインパーソナリティも努めた竹内涼真

竹内涼真はサッカーが得意というのは有名な話です。

2018年のロシアワールドカップではTBSワールドカップ中継のメインパーソナリティに抜擢され、その知識の深さに高評価を得ました。

ただサッカーが趣味なだけ、というわけではなくそれ相応の実力を伴っているこということがサッカーファンにも支持を得たのでしょう。

竹内涼真のサッカーの実力がわかる動画は?

竹内涼真は子供の頃からずっとサッカーをしていました。その頃から身体も大きく、サッカーの実力もあったようです。

小学校の頃の竹内涼真のサッカーのプレイ動画が上記のものになります。

当時はスーパースターと呼ばれるほどサッカーがうまく、メダルもたくさんもらっていたようです。

竹内涼真は高校時代サッカー選手を目指していた?

高校時代の竹内涼真は東京ヴェルディユースに昇格したこともあり、サッカー一色の生活を送っていました。

部活動でサッカー部に所属するのではなく、チームに所属してサッカーをしていたということが本気でサッカー選手になりたかったのだとわかります。

実際、当時のチームメイトの中にはJリーグに昇格してサッカー選手として活動している選手もいるそうです。

竹内涼真は5歳でサッカーを始めた!きっかけは?

bottomlayercz0 / Pixabay

竹内涼真がサッカーを始めたのは5歳の時でした。幼少期の竹内涼真は身体が弱く、病院に行くことが多かったようです。

そんな中叔父の薦めでサッカーを始めたところ、すっかりのめり込みそれからは毎日サッカーばかりの日々を送ったそうです。

試合を見に行ったり、お父さんとボールを蹴り合ったり、好きな選手の真似をしたりとサッカー三昧でした。

竹内涼真は小学校4年生でヴェルディサッカースクール相模原へ

すっかりサッカー少年となった竹内涼真は小学校4年生の時に地元からほど近い神奈川県相模原市にあるユースチーム「ヴェエルディサッカースクール相模原」に通い始めます。

このヴェルディのユースチームは多くの日本代表選手やJリーガーを輩出した名門です。

毎週土日に試合があり、試合を録画して家でその動画を見ながら反省会をするほど向上心があったようです。本格的にプロを目指そうとする思いがわかります。

竹内涼真の中学時代はヴェルディジュニアチームでキャプテン!

竹内涼真の中学時代は特にサッカーの成長が目覚ましい期間でした。竹内涼真自身も「サッカー人生で一番楽しかった」と言っていたそうです。

その頃の竹内涼真はセンターバックのポジションを任され、キャプテンを務めていました。

レベルの高いヴェルディのジュニアチームなので、その中でキャプテンだったということはよほど実力があったことがうかがえます。

竹内涼真は中学を卒業して、ユースチームのセレクションに合格!

tomas_workman0 / Pixabay

チームの監督は竹内涼真の実力を買い、ヴェルディのユースチームのセレクションに推薦します。結果はなんと合格でした。

このセレクションで最終合格できるのは1000人中1人~3人程度だと言われており、この狭き門を竹内涼真は見事突破することができたのです。

竹内涼真は高校時代に挫折?Bチームに所属していた当時の心境は?

しかし高校時代に入り、竹内涼真に試練が訪れます。それは激しいレギュラー争いです。

竹内涼真は膝に怪我を抱えていたこともあり、練習に満足に取り組めない日々もあったそうです。ハイレベルなチームなので周囲とレベルが離れていき、次第に試合に出場する機会が少なくなっていきました。

本気でサッカーを目指す人が集まる中、Bチームで出場機会の少なくなった竹内涼真はプロになることを諦めつつあったそうです。当時の心境をこう述べています。

その時はネガティブだったんですよ。プロになる人は普段からポジティブ。僕はネガティブで、失敗したら考えちゃうし、ケガも多かったし、そこに気づけなかったので高校3年間は良くない3年間だった。もう無理かな、と思うのが先だった

(引用:日刊スポーツ)

関連する記事はこちら

竹内涼真は大学進学するもサッカーを断念して俳優の道へ?

5歳から高校生まで、まさにサッカー一色の生活を続けていた竹内涼真。

しかし、高校時代の挫折からサッカーの道を諦め俳優の道へ進むことを決断します。その思いはどうだったのでしょうか。

竹内涼真はスポーツ推薦で立正大学へ進学!サッカーは1年間だけ?

プロを目指すことの難しさを感じた高校時代を経て、竹内涼真はスポーツ推薦で立正大学へ入学します。立正大学は強豪校出身者やユース所属の人が集うサッカーのレベルの高い大学です。

竹内涼真は1年生の頃、Aチームで1試合Bチームで12試合出場しましたが、いずれも得点はありませんでした。

2年生以降は芸能界に入ったためサッカーの出場記録はありません。

竹内涼真はサッカーの道を諦めて俳優の道へ

サッカー選手への道をほぼ諦めていた2013年の1月、竹内涼真は女性ファッション誌「mina」のオーディションに応募し見事グランプリを勝ち取ります。

芸能界入りの決意として、竹内涼真はこう語っています。

ネガティブで失敗したので、次にこの仕事をする時には正反対のことをすればうまくいくかな。

(引用:日刊スポーツ)

ポジティブに自分を思うことで高校時代の挫折をバネにして華々しいデビューを飾ったのです。

竹内涼真と同世代のサッカー選手は有名選手ばかり!?

竹内涼真が所蔵していたヴェルディユースは日本代表選手を多数輩出する名門チームです。もちろん竹内涼真の同期で有名サッカー選手になった方はたくさんいます。

有名選手ばかりで、竹内涼真がこのメンバーと一緒に練習をしていたかと思うと彼がどれだけ本気でサッカー選手を目指していたかがわかります。

ヴェルディ時代の同期①杉本竜士選手

同期のサッカー選手として最も有名なのがU-22の日本代表として招集された杉本竜士です。

杉本竜士と竹内涼真はジュニアユース時代からの同期で、現在は徳島ヴォルティスに所属しています。

日本代表に招集されるということはかなりの実力があるということです。竹内涼真の同期の中でも出世頭とも言える選手です。

ヴェルディ時代の同期②舘野俊祐選手

FC大阪に所属している舘野俊祐も竹内涼真の同期の一人です。

竹内涼真はヴェルディのジュニアユースから昇格しましたが、高校時代に地元の富山を離れてヴェルディのユースチームに入団したそうです。

竹内涼真は舘野俊祐のTwitterにも登場?

実は舘野俊祐のTwitterに竹内涼真が登場していたことがあります。

青春真っ只中と言えるヴェルディユース時代に苦楽を共にしたメンバーなので、今もまだ交流があることがわかります。

ヴェルディ時代の同期③田中貴大選手

鈴鹿アンリミテッドFCに所属している田中貴大も竹内涼真のヴェルディ時代の同期です。

竹内涼真とはジュニアユース時代からの同期で、同期の選手の中でも特に付き合いの長い選手です。

スピード豊かなオーバーラップを得意とする攻撃的なプレーが持ち味です。

ヴェルディ時代の同期④南秀仁選手

最後に紹介する竹内涼真の同期がモンテディオ山形に所属する南秀仁です。

高校時代に挫折を経験とした竹内涼真とは対照的に高校二年生の時にJリーグデビューを果たし、現在もJリーガーとして活躍をしています。

不祥事で出場停止処分を受けてしまってから活躍の場は少し減ってしまっているようです。

関連する記事はこちら

竹内涼真の最新情報は?サッカーは断念でも俳優で大活躍!

サッカー人生から俳優人生へ道を変えた竹内涼真ですが、俳優として大活躍しています。

9月20日には出演映画「初恋ロスタイム」の公開が決定しています。

竹内涼真の役どころは物語の鍵を握る重要な医師で、主演の若手俳優陣を支えるものとなっています。立派なベテラン俳優ですね。

サッカーでの挫折をバネに俳優で大躍進

竹内涼真は幼少期から高校時代までサッカーに人生を捧げていて、その実力もなかなかのものであったことがわかります。高校時代の挫折が無ければサッカー選手になっていたかもしれませんね。

俳優になった今でもサッカーのパーソナリティなどでサッカー経験が活かされているようです。サッカーがあったからこそ今の俳優として輝く竹内涼真があるのでしょう。これからの映画やテレビでの活躍にも注目です。

関連する記事はこちら