樹木希林の名言が心に響く。生き方の指標となる50の言葉を紹介 エンタメ

樹木希林の名言が心に響く。生き方の指標となる50の言葉を紹介

2018年9月、映画・ドラマ・CMで大活躍した個性派女優の樹木希林さんが亡くなりました。癌と闘いながらの女優人生、家族との数奇な関係、そんな樹木希林さんの言葉に心が動かされた人は数知れません。樹木希林さんの思考・生き方など人生に役立つ50の名言を紹介します。

心に残る名言と言葉をくれた樹木希林のプロフィール

樹木希林さんの生き方に賛同する人が増えています。樹木希林さんが残した名言を厳選した本も発売されています。樹木希林さんのプロフィールは、下記の通りです。

  • 生年月日:1943年1月15日 2018年9月15日没(享年75歳)
  • 出身地:東京府東京市神田区(現:東京都千代田区)
  • 本名:内田啓子
  • 旧芸名:悠木千帆
  • 2008年紫綬褒章を受章
  • 2007年「東京タワーオカンとボクと、時々オトン」2012年「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞
  • 出演作品(テレビドラマ):「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」「夢千代日記」など
  • 出演作品(映画):「命」「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」「わが母の記」「あん」など
  • 出演作品(CM):「ピップエレキバン」「フジカラー」など

心に残る樹木希林の名言・言葉50選「人生編」

樹木希林さんの心に残る名言・言葉(人生編)を選びました。人が困難と遭遇した時、捉え方・考え方を少し変えるだけで乗り越えるヒントになります。

樹木希林さんの哲学が感じられる名言をご紹介します。

  • 嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。井戸のポンプでも、動かしていれば、そのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくても、にっこり笑っていると、だんだん嬉しい感情が湧いてくる
  • ちゃんと生きるっていう事は、何でもない事をやるしかない
  • 靴下でもシャツでも最後は掃除道具として、最後まで使い切る。人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に尽きるということだと思う。自分の最後だけは、きちんとシンプルに始末することが最終目標
  • 今日、用事があること(きょうよう)を『今日用』と言っているんだけど、神さまがお与えくださった『今日用』に向き合うことが毎日の幸せなのよね。『今日用』をこなす事が、人生を使い切ったという安堵につながるんじゃない
  • 生命は永遠のものだと思っています。現在、このように服を着た樹木希林は死ねばそれで終わりですが、生命というものはずっと続き、またいろいろなきっかけや縁があれば、次は山田太郎という人間として現れるかもしれない
  • 「自分がいつまでも」っていうことが美しいと思っているなら、この世の中に排除されたらつらいでしょうけど。それが普通だと思っていたら、排除されるっていうことはひとつもいやじゃないわよ
  • 「あのね、年をとるっていうのは本当におもしろいもの。年をとるっていうのは絶対におもしろい現象がいっぱいあるのよ。」
  • 「やったことがほんのわずかだもの。やり残したことばっかりでしょう、きっと。一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、本当にたわいもない人生だから、大仰には考えない」
  • 「人は死ぬ」と実感できれば、しっかり生きられる
  • 人生なんて自分の思い描いた通りにならなくて当たり前

(引用:まるちょん名言)

関連する記事はこちら

心に残る樹木希林の名言・言葉50選「生き方編」

樹木希林さんの心に残る名言・言葉(生き方編)を選びました。人は、現象の受け止め方によって、随分心がラクになります。そんな樹木希林さんの名言をヒントにして下さい。

  • 面白いわよねぇ、世の中って。「老後がどう」「死はどう」って、頭の中でこねくりまわす世界よりもはるかに大きくて。予想外の連続よね。楽しむのではなくて、面白がることよ。楽しむというのは客観的でしょう。中に入って面白がるの。面白がらなきゃ、やってけないもの、この世の中。
  • 今の時代は型がなくても生きていける状態になった。でも死ぬ時に気づいて振り返ったときに、「あらーっ」て思うんじゃないかな、とも思うの。でも私はそういうふうにしては死ねないな、というのがある
  • 自分にとって具体的に不本意なことをしてくる存在を師として先生として受けとめる。受けとめ方を変えることで、すばらしいものに見えてくるんじゃないでしょうか
  • 自分が生きてきたことが、人様のご迷惑にならないようにと思ってるの。生きていることによって、出すゴミがないようにね(笑)。『役目を存分に果たした』と思えるように、「人生を始末」する気持ちで毎日を過ごしてるのよ。新しいものはめったに欲しいと思わないし、家のテレビはいまだにブラウン管なんだから
  • 「おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」
  • 「欲や執着があると、それが弱みになって、人がつけこみやすくなる。」
  • 「端から見て良さそうに見えているものが、案外その人にとって辛かったりするものがあるから、みんなそれぞれだから。」
  • モノがあるとモノにおいかけられます
  • ちょっとした出来事とか、物とか、そういうものの背景にある人の気持ちに気付けるかどうかが大事ね。
  • 自分にとって具体的に不本意なことをしてくる存在を師として先生として受けとめる。受けとめ方を変えることで、すばらしいものに見えてくるんじゃないでしょうか

(引用:まるちょん名言)

関連する記事はこちら

心に残る樹木希林の名言・言葉50選「思考編」

樹木希林さんの心に残る名言・言葉(思考編)を選びました。樹木希林さんの名言から、人は、人生にどう向き合っていけば良いのかを教えてくれます。

  • (仕事や人生を楽しむ秘訣について)他人と比較しない。世間と比較しないこと。比較すると這い上がれないので。挫折するので
  • 私の場合には、年を取ることに対して、一切ストップをかける気持ちがないんです。だから私は『老いる』ということに対して、恐怖もなければ、嫌だなあという罪悪感もない
  • 楽しむのではなくて、面白がることよ
  • 「自分がいつまでも」っていうことが美しいと思っているなら、この世の中に排除されたらつらいでしょうけど。それが普通だと思っていたら、排除されるっていうことはひとつもいやじゃないわよ
  • あのね、年をとるっていうのは本当に面白いもの。年をとるっていうのは絶対に面白い現象がいっぱいあるのよ。だから、若い時には当たり前にできていたものが、できなくなること、一つずつを面白がってほしいのよ
  • やったことがほんのわずかだもの。やり残したことばっかりでしょう、きっと。一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、本当にたわいもない人生だから、大仰には考えない
  • 人がうれしかったりした時に、泣くことが多いわね。悔しい、悲しい、で泣いたことはないわね。「なんてすてきなことを言うんだ」っていう時に泣けてくるね
  • 言葉ってものは、傷つけもするし、幸せにもする単純な文法です
  • この年になると、がんだけじゃなくていろんな病気にかかりますし、不自由になります。~中略~ でもね、それでいいの。こうやって人間は自分の不自由さに仕えて成熟していくんです。若くても不自由なことはたくさんあると思います。それは自分のことだけではなく、他人だったり、ときにはわが子だったりもします。でも、その不自由さを何とかしようとするんじゃなくて、不自由なまま、おもしろがっていく。それが大事なんじゃないかと思うんです
  • 健康な人も一度自分が、向こう側へ行くということを想像してみるといいと思うんですね。そうすると、つまんない欲だとか、金銭欲だとか、名誉欲だとか、いろんな欲がありますよね。そうしたものからね、離れていくんです

(引用:まるちょん名言)

心に残る樹木希林の名言・言葉50選「その他編」

樹木希林さんの心に残る名言・言葉(その他編)を選びました。

病気・ガン

qimono / Pixabay

人は、生きていく過程において病気は、避けては通れません。ガンが全身に転移した後も、最後まで仕事・人生と向き合ってきた樹木希林さんの言葉を紹介します。

  • (自身の全身ガンに関して告白したことについての言葉)ガンになって死ぬのが一番幸せだと思います。畳の上で死ねるし、用意ができます。片付けしてその準備ができるのは最高だと思っています。内田に言われました。『全身ガンで明日にでも死ぬのかと思っていたら、やたら元気でいろいろなところに顔を出すので、あれはガンガン詐欺(笑)だと思われているよ』って
  • 死はいつか来るものではなく、いつでも来るものなの、私の場合。全身がんですから。だから仕事も先の約束はしない。せいぜい1年以内。
  • 今は仕事のブッキングも全部、自分でやっています。そうじゃないと、人の人生までブッキングしちゃうからさ。がんを持病として持っているし。そういう身体であるということがすごく歯止めになっている
  • 「病名は?」って医者に聞いたのよ。「いろんながんがあるけど、私の今の病名は何ですか」って聞いたら「全身ががんですよ」って言うのよ。「え、あ、私、全身ががんなんですね」って。そういうことなの。別に衝撃的でもなんでもないわけ。どこに出てもおかしくないがんなわけです
  • 病気をしてから、いつ逝ってもいいように、自分の周りを身軽にしておきたいという思いが強くなったのはあるわね。朝はひとしきり掃除することから始まる。ぐちゃぐちゃしているのを見るのが好きでないの。でも、ものがなければ簡単よ。
  • 病気のおかげで、いろいろな気づきもありましたね。だって、気づきをしないと、もったいないじゃない? せっかく大変な思いをするのに、それを『こんなふうになってしまって』と愚痴にしていたら、自分にとって損ですから
  • がんをやっつけようとすると、へばるとわたしは思ってるから、『薬出しますか?』って言われても、いらないって言う。薬飲んで寝ついてたら、もっともっと、がんが増えると思うのよね。闘うっていう感覚がないんだね。生活の質を下げないで、自然にいるような道を見つけようという生き方なの
  • どの場面にも善と悪があることを受け入れることから、本当の意味で人間がたくましくなっていく。病というものを駄目として、健康であることをいいとするだけなら、こんなつまらない人生はない
  • 健康な人も一度自分が、向こう側へ行くということを想像してみるといいと思うんですね。そうすると、つまんない欲だとか、金銭欲だとか、名誉欲だとか、いろんな欲がありますよね。そうしたものからね、離れていくんです
  • ガンは日常の積み重ねの結果故に、摘出したら終わりというものではない

(引用:NEVER まとめ)

恋人・夫婦・家族

mario0107 / Pixabay

恋人やパートナー・家族とどう向き合っていけば良いのかを樹木希林さんの名言にヒントがあると思います。

  • どれだけ人間が生まれて、合わない環境であっても、そこで出会うものがすべて必然なんだと思って、受け取り方を変えていく。そうすると成熟していくような気がするのよね。それで死に向かっていくのだろうと思う。でも人間ってだらしないから、あんまりいい奥さん、あんまりいい旦那さん、いい子供で楽だと、成熟する暇がないっていうか
  • 私は「なんで夫と別れないの」とよく聞かれますが、私にとってはありがたい存在です。ありがたいというのは漢字で書くと「有難い」、難が有る、と書きます。人がなぜ生まれたかと言えば、いろんな難を受けながら成熟していくためなんじゃないでしょうか
  • (離婚を拒否したのは、それを上回る大きな愛かという質問への答え)愛というより、私には内田さんが必要だったということですね。ただ向うは迷惑だっただろうなというのはよく分かる。今は『どうもありがとうね。大変だったわね』と言うと、『そんなことネェー』と言いますがね(笑)。来世で出会わないために、今完璧に付き合っているのよ
  • 結婚なんてね、若い時にしとかなきゃダメなの。物事の分別がついたら、あんなことできないんだから
  • まあ、縁ですから。自分に合った人と出会うわけですから。それに、親がへたばって喜ぶ子供はいないでしょ。よく娘は「お母さんは他人だからいい、私は血が繋がってる」って。今回も「お母さんがいてくれてよかった」と言ってくれました
  • (内田裕也さんとの結婚について)すごくいいヤツでね、あの夫じゃなかったらば、こんな面白い人生はなかったと思います
  • 「全部、好きです。すべて何もかも好きです。もし、来世というものがあって、生まれ変わることがあるのなら、また巡り合うことがないように。出会わないように、気をつけたいわね」
  • (美しさ、醜さについて)それはその人から見て、美しければ美しく、醜ければ醜いし。だってあんなに顔を引っ張ってしわを伸ばしたって、その人は「美しい」と思ってやっているけど、「変なの」って思う人もいるし。すべてそうじゃないですか
  • 「まあ、縁ですから。自分に合った人と出会うわけですから。それに、親がへたばって喜ぶ子供はいないでしょ。よく娘は「お母さんは他人だからいい、私は血が繋がってる」って。」
  • 本当は本来、女のもっているタチ(性質)、男がもっているタチがあると思うのね。女が美しくなる適性、男が見事になる適性ってあると思うの。そこをとっぱらっちゃって、どうでも生きられる時代なのかな

(引用:まるちょん名言)

樹木希林の言葉をまとめた本がベストセラーに!

樹木希林さんの死後、彼女に関する書籍がたくさん発行されています。

その中でも彼女の対談記事やインタビュー記事の発言を纏めた「一切なりゆき 樹木希林のことば」(文春新書)が2019年上期ベストセラーに選ばれています。

樹木希林の生き方・考え方に共感

樹木希林さんの名言に多くの人々が共感します。それは、彼女が人生を一所懸命生き抜いたことに賛同を覚えるからだと思います。

「人と比較しない、人は人、自分は自分」「人生を面白がって、平気で生き抜く」「死を実感できたら、しっかり生きられる」という彼女の哲学が多くの人が厳しい人生を生き抜くにあたって救いの手になっているからでしょう。

そんな救われた人の心の中で、樹木希林さんは、今でもしっかり生き抜いていると思います。

関連する記事はこちら