大坂なおみの現在は二重国籍!日本とアメリカのどちらを選択する? タレント

大坂なおみの現在は二重国籍!日本とアメリカのどちらを選択する?

世界で注目を浴びている日本代表のプロテニスプレイヤー、大坂なおみ選手。ご存知の方も多いと思いますが、彼女はアメリカと日本のハーフ。現在は二重国籍ですが、今後どちらかの国籍を選択しなければならないようです。そんな彼女の国籍問題について、調査致しました。

国籍選択に注目!大坂なおみのプロフィールは?

大坂なおみ選手は、世界中から注目されている日本代表のプロテニスプレイヤー。最近では、2019年1月に開催された全豪オープンで優勝を果たし、シングルスの世界ランキング1位を獲得しました。

幼い頃からジュニア大会で数々の功績を残した大坂なおみ選手は、プロ資格が得られる14歳になると大人に混ざってプロの大会に出場するようになりました。以後、その実力を世界に見せつけていきます。

ちなみに大阪なおみ選手は”新幹線”という愛称でも呼ばれることがあり、その由来は彼女の成長の早さ。日本の高速鉄道である新幹線の如く、彼女はテニスの実力を急加速で上げているのです。

大坂なおみの国籍選択に注目が集まる理由とは?

大坂なおみ選手は日本代表の選手でありながら、人生のほとんどをアメリカで過ごしている上、日本語もカタコト。実は日本とアメリカ以外にも、ハイチやドイツといった多くの国から支えられているようです。

しかも数多くの大会で優勝し、世界ランキング1位にもなった大坂なおみ選手。彼女の国籍選択、日本人としては「日本人でいて欲しい」という願望が強くなり、注目が集まっているようです。

大坂なおみはハーフ?本名は?両親の国籍は?

大坂なおみ選手は、アメリカと日本のハーフです。父がアメリカ人であるのに完全な日本名であるため、別の本名があるとも思われがちですが、本名も大坂なおみ。母親の姓から来ているようです。

父親はハイチ共和国出身のハイチ系アメリカ人、レオナルド・フランソワさん。母親は北海道札幌市出身の日本人、大阪環さんとの事。ちなみに姉には、同じくプロテニスプレイヤーの大坂まり選手がいます。

海外の報道では、大坂なおみ選手を”ハイチ系日本人”として報道している事も多いようですね。

関連する記事はこちら

大坂なおみの国籍はどちらを選択?二重国籍は認められた?

大坂なおみ選手は、二重国籍である事をたびたびメディアに取り上げられます。しかしこの二重国籍、実は期限付き。期限内にどちらの国籍を選択するか決めなければならないようです。

大坂なおみ選手がどちらの国籍を取得するのか、現在の彼女の情報から推測してみました。

大坂なおみの国籍は日本とアメリカの二重国籍

大坂なおみ選手の国籍は、日本とアメリカ合衆国の二重国籍。父親がアメリカ人で母親が日本人である為、二重国籍が発生したようです。

大坂なおみは二重国籍が認められている?

法律上では、アメリカでは二重国籍が認められていますが、日本では原則として認められていないようです。大坂なおみ選手は二重国籍ですが、日本からは認められていないのでしょうか。

すると、週刊誌『ニューズウィーク』の日本版で連載しているパックンことパトリック・ハーランさんの『パックンのちょっとマジメな話』の2019年4月10日の記事では、「彼女の二重国籍が認められた」との事。

日本はあくまで”原則”として二重国籍を認めていないだけで、例外もある様子。大坂なおみ選手はその例外に該当するようで、期限付きで二重国籍が認められているのです。

大坂なおみは2019年10月の誕生日までに国籍を選択?

ではその期限はいつなのかというと、2019年10月16日までのようです。大坂なおみ選手の22歳の誕生日ですね。

法務省のHPによると、国籍を選択する期限の説明で「20歳に達する以前に二重国籍となった場合、22歳に達するまで」との事。大坂なおみ選手は22歳になる前に国籍を選択しなければならないようです。

ちなみに、期限までに国籍の選択をしない場合、自動的に日本国籍を失ってしまうようです。その場合はアメリカ国籍が残る事になりますが、日本国民としては早めの内に日本国籍を選択して欲しいですね。

大坂なおみの二重国籍はなぜ発生した?

大阪なおみ選手は、アメリカ国籍の父親と日本国籍の母親との間に誕生しました。この場合、アメリカの法律と日本の法律の両方が適用されるため、両方の国籍を取得できるとの事です。

大阪なおみは日本で生まれていた

ちなみに大坂なおみ選手は日本で誕生しているようです。父親と母親は日本で出会ったようで、そのまま日本国内で結婚、出産したようですね。

大坂なおみが日本国籍を取得すると10億円の課税?

]

日本人としては日本国籍を取得して頂きたいところですが、どうやら大坂なおみ選手ほどの人物が日本国籍を取得すると、10億円の課税が発生するというデメリットもあるようです。

この高額な課税の理由は、大坂なおみ選手の収入。彼女は数々の大会で優勝して多額の賞金を得ており、スポンサーとの契約料も大きいとされ、合計で40億円の収入があるのではないかと推測されています。

大坂なおみはどちらの国籍を選択する?

大坂なおみ選手は、テニスプレイヤーとしては日本に所属することを選択しました。では、実際の国籍は日本とアメリカのどちらを選択するのでしょうか。

大坂なおみ選手は「私のメンタリティーは日本人に近い」と語っており、「日本の食べ物が好き」「内向的だから日本人に合っている」ともコメント。自分がアメリカ人より日本人に近いと感じているようですね。

また、日本からは多くの支援を貰って恩義を感じているとの事。他にもスポンサーの関係や、2020年の東京オリンピックなど、多くの理由から大坂なおみ選手は日本国籍を取得するのではないかと言われています。

大坂なおみの姉は日本国籍を選択していた!

ちなみに大坂なおみ選手の1歳年上の姉・大坂まり選手ですが、彼女は既に22歳。国籍を選択しなければならない期間を過ぎていますが、一体どちらの国籍を選択したのでしょうか。

調べてみると、大坂まり選手は日本国籍を取得したようです。この事から、妹の大坂なおみ選手も日本国籍を取得する可能性が大きいと推測されます。姉妹でわざわざ別の国籍を選択する事もないでしょう。

大坂なおみは東京五輪に日本国籍で出場?

2020年に開催される東京オリンピック。大坂なおみ選手は日本代表として出場するのでしょうか。

大坂なおみは日本代表として東京五輪で金メダルが夢!

大坂なおみ選手は、「日本代表として東京オリンピックに出場して金メダルを獲る事が夢」とたびたび語っています。こういった事もあり、日本国籍を取得する可能性が大きいとされているようですね。

大坂なおみが東京五輪に出るには日本国籍しかない?

ところが、大坂なおみ選手が2020年の東京オリンピックに出場するには、どちらの国籍を選んでも日本代表としてしか出場できないようです。その理由は、オリンピックの規定にあるとの事。

オリンピックの規定では、国籍を変更した場合、3年経過するまで新しい国の代表として参加してはいけないそうです。現在は既に2019年なので、アメリカ国籍を取得したとしてもアメリカ代表にはなれないようです。

もっとも、大坂なおみ選手は「日本代表として金メダルを獲りたい」と宣言している為、この件に関しては問題ないかもしれませんね。

大坂なおみが日本人として大会に出場する理由とは?

大坂なおみ選手が長年育ってきたアメリカではなく、生まれて4年ほどしか過ごしていない日本に所属して大会に出場しているのには理由があります。

大坂なおみ選手の無名時代、アメリカのテニス協会は全く支援してくれなかったそうです。ところが日本のテニス協会は、まだ無名であるにも関わらず彼女に積極的に支援していたようで、これに恩義を感じているとの事。

有名になるとアメリカのテニス協会も掌を返しますが、大坂なおみ選手はこれまで支援を続けてくれていた日本に恩返しする為に、日本人として大会に出場する事になったそうです。

祖父がハーフである大坂なおみの生き方について語った

大坂なおみ選手の祖父・大坂鉄夫さんが、週刊誌『女性自身』のインタビューで彼女の生き方について語りました。

「ハーフであることをとやかく言う人はいくらでもいます。でもそんなものを気にしていたら、大きなことは成しえませんよね。なおみがこれほどまでに大勢に支持されていることが、頼もしくて仕方がないですよ」

(引用:女性自身)

大坂なおみ選手はメディアから国籍について問われても、「私は私」と返します。大坂なおみ選手や彼女の家族にとって、国籍は大きな問題ではないようですね。

大坂なおみの現在は二重国籍!日本を選択する可能性が高い!

いかがでしたでしょうか。大坂なおみ選手の二重国籍問題について、お分かり頂けたのではないかと思います。

現状は、「日本に恩を感じている」、「自分は日本人に近い」、「東京五輪は日本代表で出場したい」、「姉は日本国籍を取得」といった情報から、日本国籍を取得する可能性が高いと推測されています。

しかし、日本では多額な課税が求められてしまう為、現実はそう甘くありません。そろそろ22歳の誕生日を迎える大坂なおみ選手ですが、どちらの国籍を取得しても日本人として応援したいですね。

関連する記事はこちら