高橋一生の鼻の傷の原因は粉瘤?癌や元カノ、整形ではない? タレント

高橋一生の鼻の傷の原因は粉瘤?癌や元カノ、整形ではない?

俳優の高橋一生さんの鼻の傷は、粉瘤を取り除いた手術の痕だといわれています。高橋さんの鼻の傷が粉瘤ではなく癌ではないかという噂や、元カノとの喧嘩や整形の傷跡ではないかといった噂までありました。そんな高橋一生さんの鼻の傷跡についてまとめてみました。

高橋一生の鼻の傷は粉瘤の手術痕?画像は?手術後の経過まとめ!

俳優の高橋一生さんの鼻の傷が問題になっていますが、それは癌ではなく粉瘤を切除した手術痕だったそうです。そんな高橋一生さんの鼻の傷に関することをまとめてみました。

鼻の傷が話題に?高橋一生のプロフィール!

高橋一生さんは、1980年12月9日生まれ、東京都出身の俳優・歌手です。幼年期にふさぎがちな一生さんをみかねた祖母が、色々と習い事をさせましたが、続かなかったといいます。

1990年の映画「ほしをつぐもの」で初出演し、1995年にスタジオジブリ製作の映画「耳をすませば」でキャラクターの天沢聖司の声を演じています。

2015年のテレビドラマ「民王」で、コンフィデンスアワーズ・ドラマ賞とザテレビジョンドラマアカデミー賞で助演男優賞を受賞しました。

高橋一生には鼻に傷がある?画像は?

高橋一生さんは、綺麗な顔立ちをした俳優で有名ですが、よく見ると鼻に傷があって癌との関係が噂されていました。高橋さんの鼻の傷が分かる画像を紹介します。

高橋一生は鼻の傷の原因に言及し粉瘤を取り除いた手術痕だと判明!

Free-Photos / Pixabay

高橋一生さんの鼻の傷の原因は、粉瘤(ふんりゅう)といわれるものだそうですが、その粉瘤を切除したときの傷跡だったことが分かっています。

高橋一生さん自身も鼻の傷跡に言及し、粉瘤を取り除いた手術によって出来た傷だと語っていました。

粉瘤とはどういう病気?

qimono / Pixabay

粉瘤とは、皮膚の下に袋状の嚢腫ができて、本来なら皮膚から剥げ落ちる角質と皮脂が、剥げ落ちずにその袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。

たまった角質や皮脂が袋の外に出られず、どんどんたまってきて少しずつ大きくなります。粉瘤は身体のどこにでもできますが、顔、首、背中などにできやすいそうです。

高橋一生の鼻の粉瘤が確認できる画像がある?当時の画像は?

高橋一生さんの鼻の粉瘤が確認できる画像がありましたので、その当時の画像を紹介します。

この写真は高橋一生さんが、2007年にNHKの大河ドラマ「風林火山」に出演していた頃のもので、右の鼻にうっすらと粉瘤のようなものが確認できます。

画像ではそれほど目立ちませんが、粉瘤は皮膚の下にできますので、目に見える部分は小さいそうです。

高橋一生は粉瘤を発見したのは2007年頃?鼻の手術は2008年?

高橋一生さんの鼻の傷というのは、粉瘤を取り除いたあとにできた手術のあとだったことが分かっていますが、これは2009年8月15日に本人がトークショーで公開しています。

高橋一生さんの粉瘤は、2008年のNHKの大河ドラマ「風林火山」の出演時に確認することができますが、それ以前は見られませんから、粉瘤が発見したのは2007年くらいではないかといわれています。

高橋一生さんは2009年に仕事をセーブしていたようですから、その前の2008年くらいに粉瘤の切除手術をしたとみられます。

高橋一生の手術後の2009年は仕事をセーブしていた

kla3950 / Pixabay

高橋一生さんは、2008年に粉瘤の切除手術をしていたとみられ、その後の2009年には仕事をセーブしていたようです。

また、その後に出演したテレビドラマは、2010年の「SOIL ソイル」というミステリードラマでしたが、その時には傷跡もほとんど目立たなくなっていました。

高橋一生の手術後の鼻の傷の変化は?

高橋一生さんの粉瘤を最初に確認できたのは、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」に出演していた頃でした。

その後、2008年のドラマ「1ポンドの福音」に出演した時には、はっきりと鼻の右横にデキモノのようなものが確認できます。2007年の「風林火山」の頃よりも粉瘤が大きくなっているように見えます。

2017年頃には鼻の傷痕がはっきりと分かるように

久しぶりに出演した2010年の「SOIL ソイル」では、傷跡もほとんど目立たなくなっているように見えました。

しかし、手術から8年後の2017年、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」では、鼻の傷がはっきりと分かります。

高橋一生の鼻の傷に対するファンの反応は?

jarmoluk / Pixabay

高橋一生さんの鼻の傷を見たファンの対応は、癌の手術ではないかと思っていた人もいたり、喧嘩の傷ではないかとか色々な情報が飛び交っていました。

高橋一生は「凪のお暇」に出演!現在の鼻の傷の様子は?

高橋一生さんは現在テレビドラマ「凪のお暇」に出演していますが、現在の鼻の傷は認められますが、ほとんどわからないまでになっています。

関連する記事はこちら

高橋一生の鼻の傷にはいろんな噂があった?癌?元カノ?整形説も?

geralt / Pixabay

高橋一生さんの鼻の傷にはいろんな噂があって、粉瘤といいつつ癌なのではないか?とか元カノとの喧嘩によって出来たのでは?といった疑惑が浮上しています。

また、高橋一生さんの傷跡は実は整形の痕ではないかといった噂まで出ていますが、それらの噂をひとつずつ見ていきます。

高橋一生の鼻は粉瘤ではなく癌という噂もあった

danymena88 / Pixabay

高橋一生さんの鼻の傷は、粉瘤ではなく癌ではないかといった噂もありました。粉瘤のことを調べてみると、粉瘤は確かに腫瘍の一種といったことが書かれています。

「腫瘍」という言葉から癌を想像してしまうのも無理はないかもしれませんが、粉瘤は皮膚の角質や脂肪のかたまりであり、おできのようなものですから癌ではありません。

また、粉瘤から癌化するといことはほとんどないそうですから、高橋一生さんの鼻の傷は、癌とは関係ないことが分かります。

高橋一生の鼻は病気はストレスのよるものもあった?

Davidqr / Pixabay

高橋一生さんの鼻の粉瘤は、ストレスからではないかという噂もありますが、確かに高橋さんの家庭環境は複雑で、亡くなった母親との仲も良くなかったそうですから、ストレスもあったのかもしれません。

しかし、実際にストレスによって高橋さんの鼻に粉瘤ができたことは、確証できるものはなく、想像にすぎないのではないでしょうか。

高橋一生の鼻の傷の原因は元カノという説も?激怒して鼻に傷?

ネット上では、高橋一生さんの鼻の傷は、元カノとの喧嘩で出来た傷ではないかともいわれていました。

高橋一生さんは、2011年にドラマで夫婦役を演じた、尾野真千子さんと噂がありましたが、その尾野真千子さんとの喧嘩で出来た傷だと疑惑がもたれました。

しかし、高橋さんの鼻の傷は、粉瘤を取り除いたときの手術痕だと分かっていますから、鼻の傷が喧嘩で出来たというのも、ただの噂に過ぎなかったようです。

高橋一生の鼻の傷は整形という説もデマ?

高橋一生さんの鼻の傷が整形によるものだという説もありますが、これはただの噂にすぎずデマだったようです。

今後は高橋一生の演技力に注目したい

俳優の高橋一生さんの鼻の傷は、粉瘤を取り除いた手術の痕だと分かっています。粉瘤ではなく癌ではないかという噂もありましたが、粉瘤が癌化することはほとんど考えられず、癌の可能性はないようです。

また、高橋一生さんの鼻にできた傷が元カノのとの喧嘩によるものといわれていたり、整形の傷跡ではないかといった噂までありました。そんな高橋さんの鼻の傷を出演したドラマの画像で検証してみました。

その結果、最近ではその傷跡はほとんど分からないほどになっていることが分かります。そんな高橋一生さんの鼻についての疑惑は晴れましたが、俳優としての演技力にも注目していきたいと思います。

関連する記事はこちら