堀ちえみの病気は舌がん!現在の様子やこれまでの病歴まとめ

元アイドルの堀ちえみは、舌がんであることを発表しました。2019年には手術も行い病気の状況を見守っています。彼女は過去にも病歴が多く、ブログにも掲載したりしますが、批判を呼ぶコメントが多く度々炎上しています。彼女の病気についてまとめてみました。

病気との戦いが壮絶!堀ちえみのプロフィール!

堀 ちえみは、80年代を代表するアイドルで、ホリプロタレントスカウトキャラバンで優勝して芸能界デビューしています。

このころはアイドル全盛期でもあり、同期には小泉今日子、中森明菜、三田寛子、石川秀美、松本伊代、早見優、シブがき隊など錚々たるメンバーがいる「花の82年組」の一人です。

彼女の存在を強烈に印象付けたのは、何と言ってもTBSドラマの「スチュワーデス物語」で、劇中で使われた「教官!」や、「ドジでノロマな亀」などのセリフは当時の流行語になりました。

  • 芸名:堀 ちえみ(ほり ちえみ)
  • 本名: 尼子智栄美(あまこ ちえみ)
  • 生年月日:1967年2月15日
  • 出身地:大阪府堺市東区
  • 血液型:B型
  • 学歴:堀越高等学校卒業
  • ジャンル:アイドル歌謡曲
  • 職業:歌手、女優、タレント
  • 活動期間:1982年 – 1987年、1989年 –
  • 事務所:ホリプロ→松竹芸能

その後も歌や女優として活躍していた堀ちえみは、20歳になった1987年に突然の芸能界引退を発表します。しかし、2年後の1989年には事務所を移って芸能界に復帰します。

そして、その年に外科医の男性と結婚し、翌年の1990年に長男を、1992年に次男を、1993年には三男と、三人の男の子に恵まれますが、1999年に離婚しています。

2000年の5月に2度目の結婚となり、男女二人をもうけますが2010年6月に離婚となりました。2011年の12月に二人の子持ちの一般男性と再婚し、七人の子供の母親となりました。

関連する記事はこちら

堀ちえみの病気は?舌がんを発表し現在は?

タレントの堀ちえみは、2019年2月19日の自信のブログの中で、舌がん(口腔がん)に罹患していることを告白しています。

がんは、「ステージ4」というかなり進行した状態で見つかり、リンパへの転移も発見されました。

堀ちえみは2019年2月にステージ4の舌がんを公表し手術

舌がんであることを公表した堀ちえみは、発表の二日後に手術を控えていました。2月21日に行われた手術では、転移したと思われる頸部リンパ節と舌の6割を切除しています。

切除した部分には、太ももからの組織を移植する再建手術も同時に行われ、11時間にも及んだ大手術は無事に終わりました。

きっかけは口内炎?最初は服薬している副作用だと思っていた?

qimono / Pixabay

堀ちえみが、舌がんだと分かったのは最近のことですが、その兆候は以前から現れていたといいます。最初に下に異変を感じたのは以年ぐらい前の夏だったといいます。

最初は下の裏にできた「小さな口内」だったそうです。口内炎といえば大したものでは無く、病気ともいうのもはばかられるくらいです。

しかし、痛みもひどいため病院に行きましたが、その時に堀ちえみはリウマチの治療薬を服用しており、その薬の副作用に「口内炎」があり、医師もそのせいであろうと思い込んだようです。

副作用を抑えるためにリウマチの薬を辞めてみたものの回復の兆しは見られず、痛みも尋常でないことから別の病気が疑われ、検査したところ「舌がん」であると分かりました。

この間に一年の歳月が経過しており、がんは進行していたと考えられます。詳しく検査を進めた結果が、最悪ともいえる「ステージ4」で、全身転移も考えられるリンパへの転移が見つかったのです。

堀ちえみは2019年4月に食道がんの手術も

sasint / Pixabay

2月にリンパと舌の6割を切除する手術を受けた堀ちえみですが、4月の検査で「食道がん」が発見されます。これは初期の段階で発見されて、すぐに手術となったようです。

手術後の4月14日には、堀ちえみが自身のブログで「食道がん手術」を受けたことを報告しており、すでに退院しているとのことで、手術は無事に終わったようです。

堀ちえみががんになった原因は?たばこやお酒も関係してる?

Free-Photos / Pixabay

舌がん(口腔がん)の発生率を統計で見ると、喫煙者の罹患率はタバコを吸わない人の7倍にものぼる結果が出ています。喫煙と舌がんには深い関係があると分かったわけです。

そこで、舌がんになった人は喫煙していることが疑われ、すぐにタバコを辞める必要があります。堀ちえみ病気も喫煙が疑われましたがタバコを吸っていた事実はないようです。

彼女の場合には、タバコとは無関係だったようですが、一部で「堀ちえみは喫煙者である」と勝手な憶測がなされ、がんの原因もタバコだと噂されたようです。

Free-Photos / Pixabay

舌がんのもう一つの原因とされるのが「お酒」です。特にアルコール度数の高いものは良くないとされています。

但し、お酒も量や質と関係し、各人により影響力も異なります。「酒とタバコ」だけが「舌がん」の原因というわけではありません。

全く酒もたばこもやらない人でも「舌がん」になる人はいて、あくまで統計学上では「酒とタバコ」はやめた方が「舌がん」になりにくいというだけの話です。

舌がんは初期段階で気付くのは難しい?

1045373 / Pixabay

舌は食事や会話などで毎日使うものであり、舌や口の中に「口内炎」ができることは多くの人が経験しているでしょう。そういう意味からすると非常に見つけにくいのが「舌がん」です。

堀ちえみのように、激痛がともなったり、しこりができるなどの状態となった場合には、かなり「がん」が進行している状態だといいます。

初期の段階では通常に起きる普通の口内炎であり、他の薬を服用していれば口内炎ができやすくなることもあり、自覚症状が出る前に見つけることは難しいとされています。

堀ちえみは「金スマ」出演で闘病の覚悟を決めた?

堀ちえみは、手術前に『キンスマ』に出演しており、手術後に『中居正広のキンスマペシャル』に出演した時には、術前の『キンスマ』出演で闘病の決心をしたと語っています。

出演した時には、最後のステージになると思い、司会の中居にも手紙を送ったようですが、スタジオで歌った際に「また戻ってきたい!」と思い、闘病する覚悟ができたそうです。

現在は旅行に行けるほど回復!

Free-Photos / Pixabay

堀ちえみは、2019年の8月13日から韓国旅行をしていたことをブログでコメントしています。

韓国梨泰院に来ました

社長のユンさんを始め皆様が、私を見るなり、『大丈夫 心配で心配で』『元気そうで 涙が出るよ』と涙を浮かべて、そう言ってくれました

本当に有難いです。心から皆様に感謝です。温かいです。

優しい気持ちで繋がる事の大切さも、病気を経験して改めて知りました。ありがとうございます

(引用:excite)

このように旅行先でのたくさんの話もあり、長時間の旅行に耐えられるほどに回復したようです。

関連する記事はこちら

堀ちえみは病気続き?過去の病歴まとめ

堀ちえみは、舌がんになる以前にも、たくさんの病気にかかり闘病生活を送ったり、危険な状態にもなったことがあるようです。彼女の病歴を追ってみます。

堀ちえみの病歴①拒食症

mojzagrebinfo / Pixabay

堀ちえみは、19歳の時に拒食症(摂食障害)になり、50㎏あった体重が35㎏まで落ちてしまったことがあるそうです。なお、現在は完治しています。

拒食症は摂食障害というように食べることが怖くなって、食べられなくなったり、食べても吐き出してしまい、栄養が不足してどんどんと痩せていきます。

精神的な病気でもあり、彼女はこの時に音楽プロデューサーと不倫関係にあったのが原因でした。太ることを恐れ、食事を拒むようになったようです。

堀ちえみの病歴②重傷急性膵炎

zachvanstone8 / Pixabay

膵臓というと聞きなれない臓器ですが、ここをやられると大変なことになります。最近でも「膵臓がん」などで亡くなる方は多いようです。

堀ちえみは、重症急性膵炎(すいえん)という病気に30代の前半に罹っています。この病気により、彼女は生死の境を30日以上さまよったそうです。

重症急性膵炎は20%で、遅く見つかった場合には50%以上の確率で死に至る危険な病気です。自分の化酵素が自分の膵臓を溶かしてしまうそうで、堀の場合には腸まで溶けていたといいます。

堀ちえみの病歴③突発性大腿骨頭壊死症状

Joevet / Pixabay

俳優の坂口憲二がなったことで有名になった病気でもあり、発症すると這って歩かなければいけなくなるほどの激痛を伴なう骨の病気です。

大腿骨の先(頭)の部分が壊死する難病で、股関節に激痛がはしり歩けなくなります。難病というように完治させる薬などは見つかっていません。

唯一の治療方法は人工関節を入れることで、堀ちえみもこの方法で病気を乗り越えています。

堀ちえみの病歴④リウマチ

なった人にしか分からないのが「リウマチ」の痛みだといいます。年配の女性に多く見られる病気ですが、若い人にも起こります。

堀ちえみが「リウマチ」だと言われたのは2017年で、ちょうど50歳を超えたころに罹患したようです。これも激痛を伴う病気で完治は難しいとされます。

関節が炎症を起こすため痛みが出るのですが、ひどくなると軟骨や骨が変形するまでになり、見ただけで痛々しい姿になります。そしてこの治療薬の副作用に口内炎があるのです。

堀ちえみの病歴⑤神経障害性

VSRao / Pixabay

堀ちえみは、リウマチと同時期に神経障害性疼痛も患ったといいます。突然にピリピリと電気が走ったような痛みが来て、神経が過敏に反応します。

天気や体調のちょっとした変化で症状が現れたりもするのでやっかいな病気です。自分で上手くコントロールできませんので、痛み止めの薬を常時持ち歩く必要があります。

堀ちえみはがんの手術後ブログが炎上?その原因は?

堀ちえみは、がんの手術後の状況などをブログに載せていたようですが、そのブログが炎上したと言われています。その原因となったブログを調べてみました。

堀ちえみは現在病気で激やせ?ブログの写真は加工だった?

堀ちえみは、舌がんの手術後に自身の画像をブログに投稿しました。それが、とても痩せ細って痛々しく見えました。

  • リウマチでこんなヒールで出かけるの?
  • さすがにリウマチでは危ない気がする
  • え?痩せた?細長い!
  • 急に細長くなっている(笑)さすがに加工でしょ?

(引用:dailynewsonline)

家族で気合いを入れてショッピングと題して、彼女が投稿した写真は本当に痩せこけた彼女の顔がありました。しかし足元には高いヒールのサンダルを履いていました。

まずここに視線が集まり、上記のような批判が寄せられました。そして玄関で撮られた写真は、テレビで同じ玄関が写されていたことでネット上で写真の解析が行われました。

テレビとブログでは背景の物の位置が違っており、加工であるとネット上では断定されたのです。本当のことは分かっていませんが、急に痩せた姿を見て驚いた人は多かったようです。

堀ちえみはがん患者にマウンティングしブログが炎上していたことも

johnhain / Pixabay

ここで一応「マウンティング」という言葉に触れておきますが、「自分の方が格上」だとアピールすることを言います。次が、ブログに投稿した堀ちえみのマウンティングです。

経過も順調です 今日の診察の、先生のお話の中で、一番心強かった言葉

「癌はもはや治る時代なのです」「5年間は診察と検査は続くけれど、舌癌に関してはもうない」

今日の診察を受けて、癌という病気に捕らわれるのではなく、もっと心を自由にして生きた方がいいと、悟りました

(引用:cyzo)

がん患者の方を勇気づける言葉とは言い難く、自分だけ特別に助かったことを自慢しいるように捉えられました。

そして、堀ちえみへの批判の言葉が、集中砲火となって浴びせられました。

  • 治る時代、かもしれないけどそれでもまだがんで亡くなる方はいるのに…
  • 自分が言われて嬉しかったかもしれないけど心に秘めておけばいいのに
  • あんたはそうかもしれない。でもそうじゃない人もいる。それがなぜわからない?

(引用:cyzo)

自分だけが良ければよいという発言にとられたようです。実は、この少しまえにも同じような投稿を堀ちえみがブログ上でしており、火に油を注ぐ格好となりました。

がんの患者さんはもちょろんですが、がんで亡くなられた遺族の方への配慮も欠けているとされ、火は大きく燃え広がりました。

堀ちえみは手術後のブログのタイトルで病気の再発を匂わせ炎上?

Alexas_Fotos / Pixabay

堀ちえみは、手術後の6月18日に『怖いよぉ~どうしたらいいの?』のいうタイトルでブログに投稿し、またネット上に嵐を呼びます。

『怖いよぉ~どうしたらいいの?』・・タイトル

『こんな事態は、生まれて初めてびっくりびっくりびっくり』・・・書き出し

『人生っていろんなことが起きるなぁ。退屈しないけれど、ゆっくりしたいよーッ』・・・文中

(引用:news.nifty)

これらの言葉が物議を醸したのはいうまでもありません。何といっても手術から2か月後のブログです。批判の声はまたまた語気を強くします。

  • 病気を連想させるようなタイトルやめて
  • また病気の再発かと思わせるタイトル。 親しい人はドキッとして心配するよね。想像力ない人だな
  • 再発?転移?それとも?ってドキッとしちゃった
  • 主語がないのはわざと? 意味深タイトルでアクセス稼ぎかな

(引用:news.nifty)

説明しますと、堀ちえみの自宅に大きなハチの巣があり、それを発見した堀が「物凄く感情的なタイトル」でコメントしたようです。

タイトルや、囲み文字だけを見た人は驚いたことは間違いなく、人騒がせな堀ちえみに非難が集中しています。

堀ちえみはがんになる前もブログ炎上

Free-Photos / Pixabay

堀ちえみのブログが炎上したのは今回が初めてではありません。がんになる前にも一度ではなく、何度もブログは火の海になっています。

がんになる直前には、洗顔フォームを紹介しており、「長年愛用の洗顔フォーム」と謳っています。しかし、ブログを見ていた人は覚えていました。

彼女は前にもこの洗顔フォームをブログで取り上げており、半年前に「初めて使った」と言っているのを、ネット閲覧者同士で確認しています。つまり嘘つきということです。

また、52歳の誕生日の旦那さんが温泉旅行に連れて行ってくれたことをブログにアップしていますが、なんと「まさかのヘリで温泉旅行」でした。

こういったことを堀ちえみは平気で書くようで、見た人からは「また堀の自慢話」だとされ、非難を浴びています。

  • すごい成り上がり感(笑)
  • 大して羨ましくない移動だな
  • 出ました!堀さんの自慢ブログ!!

(引用:wezz-y)

堀ちえみへの皮肉が込められたコメントが多くよせられていて、この直後に「舌がん」を発表しますが「普段の食生活が悪い」という指摘もされていました。

思いやりあるコメントを!!

Sonnenstrahl / Pixabay

堀ちえみは、自ら「舌がん」であることを告白し、がん患者や家族たちに勇気を与えようとしてくれたようです。

しかし、彼女の発言やコメントにが、過大と思われる表現がや矛盾した内容もあり、あらぬ疑いを抱かれたり、自慢話だと誤解されてもいるようです。

これまで幾多の難病と闘ってきたことは事実ですが、他にもっと苦しんでいる人がいるのも現実で、もう少し思いやりのあるコメントを心がけるべきでしょう!!

関連する記事はこちら