矢口真里とクローゼット。再婚までクローゼット婚と揶揄される原因は タレント

矢口真里とクローゼット。再婚までクローゼット婚と揶揄される原因は

矢口真里さんといえば2013年に自宅での不倫を夫の中村昌也さんに目撃され、不倫相手の梅田賢三さんがクローゼットに隠れたことやピストン矢口と呼ばれたこと有名ですよね。2018年には再婚した矢口真里さんですが、そんな彼女の再婚についてみていきます。

矢口真里のクローゼット不倫を振り返る!

Babienochka / Pixabay

2011年に結婚をした元夫の中村昌也さんとの離婚原因が話題になり、そこから大きくイメージをダウンさせてしまった矢口真里さん。

しっかり者で真面目という矢口真里さんの印象を大きく変えてしまった、矢口真里クローゼット不倫について振り返ってみましょう。

矢口真里のプロフィール

  • 生年月日 1983年1月20日 (2019年現在・36歳)
  • 血液型 A型
  • 身長 144.8cm
  • 所属事務所 アップフロントクリエイト
  •  出身地 神奈川県横浜市

矢口真里さんは1998年5月に第2期モーニング娘。のメンバーとして市井紗耶香さんや保田圭さんらと共にデビュー。グループの1stシングル『抱いてHOLD ON ME!』から参加しています。

その後2005年にモーニング娘。を卒業するまでは、タンポポやミニモニ。といったユニットでも活躍し、卒業後は「ワイプの女王」との異名を持つほど情報番組やバラエティ番組に多数出演してます。

しかし2013年に不倫報道がされると好感度はガタ落ちし、TVから姿を消していました。現在ではAbemaTVで『矢口真里の火曜The NIGHT』という番組も持ち、人気も回復しつつあります。

クローゼット不倫の由来は?

矢口真里さんと梅田賢三さんの不倫は「クローゼット不倫」と揶揄されています。

これは矢口真里さんの元夫の中村昌也さんが自宅に戻った際、丸裸で寝室にいた不倫相手の梅田賢三さんがクローゼットに隠れていたとの話に由来しています。

このコントかコメディ映画のようなエピソードが話題を呼び、現在でも「矢口真里=クローゼット」という印象がある人も多いようです。

2011年、中村昌也と結婚!身長差40cm超の夫婦として話題に

矢口真里さんは2011年に中村昌也さんと結婚を発表しました。矢口真里さんが144㎝と小柄に対して中村昌也さんが192cmと高身長であるため、身長差はなんと48cmです。

並ぶと大人と子供ほどの差があることから、芸能界でも珍しいほどの身長差カップルとして話題になりました。

2013年、梅田賢三と浮気中に中村昌也が帰宅

2013年2月に矢口真里さんが当時モデルとして活動していた梅田賢三さんを自宅に誘い2人で寝室にいたところ、帰りが遅くなると話していた中村昌也さんが突如帰宅して不倫が発覚しました。

中村昌也さんが帰宅すると自宅マンションの扉にチェーンがかけられており、怪しんで何度もノブを動かして扉を開けようとしたため、パニックになった矢口真里さんが全裸同然の姿で解錠します。

矢口真里さんの姿に驚いた中村昌也さんが寝室に入って、妻の不貞行為を知ってしまったのです。

梅田賢三はクローゼットに隠れたが、あえなく見つかり全裸土下座

中村昌也さんの帰宅に気付いた梅田賢三さんは慌てて寝室内のクローゼットに隠れたのですが、玄関に見慣れぬ靴があったことや矢口真里さんの様子から家の中に男性がいるのは明白でした。

あえなく梅田賢三さんはクローゼットから引きずり出され、全裸で土下座をさせられたのだと言います。

5月に矢口真里と中村昌也は離婚!矢口は無期限の謹慎に

不倫発覚から2ヶ月が経った5月には、中村昌也さんと矢口真里さんは離婚を発表。あまりにも世間を騒がせたことから矢口真里さんは無期限の謹慎を命じられて、その後は表舞台から姿を消しました。

実は矢口真里さんは、モーニング娘。を小栗旬さんとの熱愛が報じられたために卒業しており、その時も1年半の謹慎処分を受けています。

そのため2回目の謹慎となったこともあり、不倫発覚当時は引退も考えていたと言います。

一部では矢口真里は友人から距離を置かれたという報道も

矢口真里さんは不倫が発覚した後に周囲に相談を持ち掛けていたのですが、それは中村昌也さんへの謝罪についてではなく、専ら自分が芸能界に残る方法についてばかりだったのだといいます。

さらには自分のやったことに対しても「旦那には口止めしたし」と気にしていない様子で、これに違和感を感じた知人や友人もいたと言われています。

自分のイメージ低下を防ぐために中村昌也さんのDVをでっちあげようとしたとの話もあり、不倫そのものよりもその後の態度が原因で、離れていった人もいたと言われています。

浮気相手は梅田賢三だけではなかった?

矢口真里さんは結婚前から病的だと言われる程、合コンやイケメンが好きだったとの話もあります。

中村昌也さんとも、そういった「男漁り」をしている最中に知り合ったそうですが、不倫相手は梅田賢三さんだけではなく、ジャニーズ事務所のアイドルや中村昌也さんの友人も含まれていたのだと言います。

梅田賢三さんとの不倫発覚時にも少なくとも他に4人の人物が、矢口真里さんの浮気相手として浮上していたそうです。

浮気発覚の現場から「ピストン矢口」のあだ名も

矢口真里さんの浮気発覚についてはいくつか情報があり、中村昌也さんが帰宅した時に矢口真里さんと梅田賢三さんはお互い全裸でピストン運動の真っ最中だったとの話もありました。

この話によると中村昌也さんはまるで妻主演のAVを見せられているような気分になって呆然としてしまい、その隙に梅田賢三さんがクローゼットに隠れたのだそうです。

元アイドルとは思えないような衝撃的なエピソードから矢口真里さんは「ピストン矢口」と呼ばれるようになり、ネット流行語大賞を狙えると言われるほど浸透してしまったのです。

結婚前から有名だった矢口真里の合コン好き

矢口真里さんは独身の頃から大の合コン好きとして知られていたそうで、周囲の誰かが誕生日を迎えると、それを理由に合コンを開催していたと言います。

そして、合コンに呼ぶ男性も矢口真里さん自身が吟味していたのだといいます。

ファッション誌などを手に、好みのイケメン男性を見つけては“これ呼びたい。誰か連絡先、知らない?”と指名することが頻繁にあった

(引用:エキサイトニュース)

結婚してからは、「幸せのお裾分け」と言って独身の友人のために合コンを開いていたようですが、参加者によると、一番合コンを楽しんでいたのは主催者の矢口真里さん本人だったとも言われています。

関連する記事はこちら

クローゼット不倫後の活動は?イメージは払拭できた?

Stroganova / Pixabay

あろうことか夫に不倫現場を押さえられて離婚というスキャンダルを起こしてしまった矢口真里さん。

元モーニング娘。の中でもしっかり者の印象があったため、クローゼット不倫が報じられてからは大きくイメージをダウンさせてしまいました。

不倫、離婚後の矢口真里さんの仕事はどのように変化したのでしょうか?

72時間TV、しくじり先生などで度々ネタにされるクローゼット

2016年の元旦に放送された『しくじり先生』では、ゲストとしてクローゼットから登場するという自虐ネタを披露した矢口真里さん。

また、2017年11月に出演した『72時間ホンネテレビ』(Abema TV)では、矢口真里さんに対して太田光さんが「クローゼットに隠れろ」と、しつこくクローゼットネタをいじるシーンも見られました。

しかし、これらの頑張りが「図太い」「中村昌也の気持ち考えたことあるの?」と、視聴者の不快感を煽ってしまうこともありました。

2016年には日清のCMに起用されるもあえなくお蔵入り

2016年3月30日から、矢口真里さんを起用したカップヌードルのCMが流されたのですが、視聴者からの批判が殺到して、僅か10日間流されただけでお蔵入りとなってしまいました。

不倫をしたことで得るものは何もない、ということを矢口真里さんが語っている内容なのですが、どんな意図があっても彼女と不倫の印象を強く与えるCMは不愉快だと感じる視聴者も多かったのでしょう。

このCMシリーズは他にも新垣隆さんが出演するものもあったのですが、これも「不謹慎」とされ放送が中止されています。

2018年、ダウンタウンDX出演時にはクローゼットをネタに

2018年8月に『ダウンタウンDX』に出演した際、矢口真里さんは司会の松本人志さんから「本当にクローゼットに隠れてたの?」と聞かれて、あっさりこれを肯定します。

さらに「靴箱に入ってたんだよね」という松本人志さんのボケに対して「洋服の方!」とツッコむなど、ノリノリでクローゼットをネタにしている様子も見られました。

これに対して視聴者からは「面白い!」という感想があった反面、「無神経」「被害者がいるのに、笑い話にするな」と批判の声も多くあがっていました。

2014年の復帰当初からクローゼットは自虐ネタ?

不倫騒動後、無期限の謹慎を言い渡されていた矢口真里さんですが、2014年10月放送の『ミヤネ屋』でTVに復帰を果たしています。

なんと1時間20分も独占インタビューが行われたのですが、この時もクローゼットの話を自ら持ち出していました。

ネットを中心に話題になっていたためサービス精神だったのでしょうが、やはり視聴者からは「あけすけに話すことが反省なのか?」「イメージは悪いまま」と厳しい意見が寄せられてしまいました。

2018年のインスタグラムでもクローゼット

2018年11月22日、矢口真里さんはインスタグラムに入浴後の写真をアップして「綺麗!」「デビューした頃と全然変わらない」と称賛の声が集まり、話題になりました。

しかし一方で「クローゼットの中で見てみたい」「不倫BBA」と、全くクローゼットとは関係のない写真にさえ、クローゼット不倫を揶揄する声が複数寄せられてしまいました。

2019年6月、マクドナルドのPRキャラに起用されるも批判殺到

2019年6月に、マクドナルドは焼肉ソースをつかったダブルチーズバーガー、略して「ヤグチ」という新メニューを発表。

しかし、この新バーガーのPRに矢口真里さんを起用してことで、「食欲がなくなる」「不潔な印象がある人を食べ物のPRに使うのはどうかと思う」と、マクドナルドに批判が殺到してしまったのです。

どうやら不倫から6年が経過しても、矢口真里さんのイメージは完全には回復しきれていないようです。

矢口真里の再婚でクローゼットが再び話題に!

Pexels / Pixabay

矢口真里さんは2018年に、クローゼット不倫の相手であった梅田賢三さん(現在は芸能界を引退して一般人)との再婚を発表して、またしても話題となりました。

再婚後から現在の矢口真里さんの様子と、視聴者の反応を見ていきましょう。

矢口真里は2018年に浮気相手と再婚!クローゼット婚?

2018年3月に、クローゼット不倫の相手であった梅田賢三さんとの再婚を発表した矢口真里さん。

離婚後も交際を続けていたことから「本当に好きだったんだ」と意外がる声や、「やったことは悪いけれど、今度こそお幸せにね」と祝福すコメントも寄せられました。

しかし、まさにクローゼットに隠れていた相手との再婚となったため「クローゼット婚」と揶揄する声も多くあがりました。

逃走中!に出演した際は「クローゼットに隠れろ」と揶揄される

2015年に『逃走中』に出演した際には、特に視聴者から矢口真里さんに対して辛辣な意見が寄せられてしまいました。

矢口真里逃走中復帰か。 クローゼットの中に隠れてた方が良いのでは。

(引用:Twitter)

さらに共演したはるな愛さんが矢口真里さんが捕まった際に「隠れきれなかったの?」と呟いたことに対しても、ネットでは「クローゼットの扉を閉めるのが遅かったんでしょうな」とのツッコミがありました。

不倫後は何の番組に出ても、クローゼットにかけたツッコミが入ってしまう様子です。

クローゼット被害は第一子にまで

2019年8月に待望の第一子となる長男を出産した矢口真里さんでしたが、祝福する声に混ざって「クローゼットベビー誕生」と、ここでも揶揄する声が投げかけられてしまいました。

子供に対してまで酷いという反論がある一方、批判的な発言をする人達からは「矢口真里本人が不倫のことをネタにして金を稼いでいるのに、視聴者が言うと不謹慎なの?」と更なる反論が。

矢口真里さんは、2019年4月に妊娠を発表した際も「クローゼット妊娠」「クローゼット懐妊」と言われていました。

現在はテレビに復帰!厳しい声が多数?

8月に出産した後、育児休暇をとらずに10月から芸能界に復帰する予定でいるという矢口真里さん。

「ママタレは無理だと思う」と語ると、「自分にママタレの需要があると思ったの?」「子育てをきちんとできる人とは思えないし、私生活なんて知りたくない」と辛辣な声が寄せられてしまいました。

矢口真里さん自身は「爽やかな場は自分には合わない、もっとドロドロした仕事の需要があれば」と話していますが、視聴者の目はまだまだ厳しいのかもしれません。

矢口真里はこのままのキャラでも安泰?

Pexels / Pixabay

矢口真里さんが最初の夫である中村昌也さんと別れた理由となったクローゼット不倫についてや、当時の不倫相手であった梅田賢三さんとの再婚後の様子について紹介致しました。

今や何をしても「クローゼット」と揶揄される矢口真里さんですが、芸能関係者の間では「炎上商法としてクローゼットはまだ使えるし、矢口真里もブレイクを狙える」との声もあると言います。

賛否両論が寄せられている現在の矢口真里さん。これまでと同様に批判の声に負けず、産後に復帰した後は強い母親として頑張っていって欲しいですね。

関連する記事はこちら