ワンオクTakaは元ジャニーズ!事務所退所の理由はスキャンダル? タレント

ワンオクTakaは元ジャニーズ!事務所退所の理由はスキャンダル?

世界的人気を誇るロックバンド『ONE OK ROCK』、通称”ワンオク”のボーカル・Takaさん。実は彼、バンドをする前はジャニーズでアイドルとしても活躍してしました。一時期はNEWSに所属していた事も。そんな彼のジャニーズ時代のエピソードをまとめました。

目次

[表示]

ワンオク・Takaの意外な過去!昔はジャニーズに所属していた!

世界的に人気になったロックバンド・ワンオクのボーカルであるTakaさんの意外な過去、皆さんはご存知でしょうか。実は彼、小学校から高校にかけてジャニーズ事務所に所属していたのです。

Takaのプロフィール

Takaさんは、ロックバンド『ONE OK ROCK』通称ワンオクのボーカリストです。両親は歌手の森進一さんと森昌子さんで、弟はロックバンド『MY FIRST STORY』のHiroさんです。

2007年4月にワンオクがメジャーデビューし、2010年には武道館公演を敢行。最近では海外での活動も目立ち、楽曲も英語歌詞のものがほとんどになりました。

少年隊の舞台を見たことがきっかけで2001年ジャニーズ事務所へ

Takaさんが小学生の時、父親に連れられてジャニーズのアイドルグループ『少年隊』の舞台を見に行くと、彼らのダンスやパフォーマンスに魅了。父親に「あんなダンスがしたい」と話したようです。

2001年、父親からの「学業に支障をきたしたら辞めさせる」という条件の下、ジャニーズ事務所に入所。養成所での活動を始め、週1回土曜日のみレッスンに参加していました。

ジャニーズ事務所に入ったのは、森進一とジャニー喜多川に縁があったから?

ダンスに魅了されたTakaさんがジャニーズ事務所に入ったのは、父・森進一さんとジャニー喜多川さんに縁があったからだそうです。

ジャニー喜多川さんがジャニーズ事務所を設立する前、渡辺プロダクションでプロデューサーをしていた頃、初めて手掛けた芸能人が森進一さんだったそうです。そのため、彼にとって森進一さんは特別な存在のようです。

そういった縁があり、森進一さんの息子ということでTakaさんをジャニーズ事務所で預かったとのことです。

ジャニーズjr.時代から才能の片鱗が!

Free-Photos / Pixabay

ジャニーズJr.時代からもTakaさんの才能の片鱗を見ることができます。

TakaさんがジャニーズJr.に加入して間もなく音楽番組『ミュージックステーション』にソロ出演、父・森進一さんの代表曲『襟裳岬』を披露しました。この時点で既に高い歌唱力を発揮しています。

全国で放送された同番組は話題を呼び、音楽業界の期待は大きいものに。マスコミから引っ張りだこになり、音楽雑誌や芸能雑誌にも取沙汰されました。

2003年にはNewsのメンバーに選出されるも、同年12月に活動休止

ジャニーズ事務所に所属してから2年後の2003年、アイドルグループ『NEWS』のメンバーに選出。それによって、Takaさんも本格的に芸能活動を始めるようになりました。

『NEWS』というと今では有名ですよね。現在は4人しかいないメンバーも、結成時は9人いたとのこと。Takaさん以外にも歌手の山下智久さんや、『関ジャニ∞』の錦戸亮さんも初期メンバーでした。

ところが、同年12月にはTakaさんは『NEWS』を脱退。事務所によると脱退理由は「学業に専念するため」とのことで、芸能活動の休止も発表しました。

何かにつけて親の七光りと批判を受けていた

StockSnap / Pixabay

両親が森進一さんと森昌子さんという、超大物歌手2人の間に生まれたTakaさん。しかもジャニーズ事務所に所属してから芸能界デビューまでが早かった彼は、何かにつけて”親の七光り”と批判を受けました。

批判していたのは、他のジャニーズJr.も例外ではありません。下積みで苦労している彼らに対し、週1でしかレッスンしていないのに『NEWS』に選ばれたTakaさんを良く思っていない方も多かったようです。

活動休止の理由はスキャンダル?

StockSnap / Pixabay

Takaさんは『NEWS』のメンバーに選ばれた頃から両親も仕事が忙しくなり、家を空ける事が増えました。もともと窮屈な教育方針を嫌がっていた彼は、これまでの反動で素行が悪くなっていきます。

髪を金髪にしてピアスを開け、学校をサボって悪友と遊び歩くなど、15歳の少年とは思えない素行不良が目立ちました。最終的には、女性とのキスや添い寝・タバコを咥えている姿がスキャンダルされてしまいます。

このスキャンダルに社長のジャニー喜多川さんは激怒し、Takaさんは『NEWS』からの脱退を命じられます。また、表向きは「学業に専念する」という理由で活動休止も発表しました。

活動休止の後に事務所を脱退、学校も退学に!

mozlase__ / Pixabay

Takaさんの素行不良やスキャンダルには父・森進一さんも激怒。もともと「学業に支障をきたしたら辞めさせる」という条件付きでの芸能活動だったため、条件を破ったことでジャニーズ事務所を退所させられます。

また、当時通っていた学校でも試験中のカンニング疑惑が浮上しており、これによりTakaさんは学校も停学。しかしこの頃からロックに目覚めていた彼は、音楽活動の為に自ら学校を退学します。

その後、ワンオクに加入し現在に至る

その後のTakaさんは、飲食店の厨房でアルバイトをしながら、音楽学校でギターやPCを勉強。また、高校時代の友人とバンドを組み、R&Bやバラード曲を中心としたライブ活動を始めるようになります。

ワンオクを結成したばかりのToruさんがライブを見に来ると、takaさんの歌唱力に驚愕。その場でワンオクに勧誘し、断られるも大量の勧誘メールやバイト先にも押し掛け、強引に彼をワンオクに加入されます。

最初は嫌々だったTakaさんも、次第にワンオクの活動が自分の求めていたものに近いと感じるようになり、積極的に練習やライブに参加するように。2007年にはメジャーデビューし、現在に至ります。

弟の森内寛樹もジャニーズに所属していた?

Takaさんの弟は、ロックバンド『MY FIRST STORY』のボーカル・Hiroさんということでも有名です。実は彼も、8歳の時にTakaさんと共にジャニーズ事務所に所属していました。

彼はTakaさんとは違って注目されることはなく、グループに所属することはなかったそうです。3年間、ジャニーズJr.として活動していたものの、11歳の時にジャニーズ事務所を退所しています。

関連する記事はこちら

ワンオク・Takaとジャニーズの現在の関係は?

ワンオクのTakaさんとジャニーズ事務所の現在の関係はどうなのでしょうか。

TakaさんがInstagramで綴った故・ジャニー喜多川さんへの想いや、滝沢秀明さんとの電話のやり取りなど、気になる情報をご紹介いたします。

ジャニー喜多川の訃報を受け、感謝の気持ちを綴るTaka

2019年7月9日、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川が急逝。2日後の11日には、Takaさんが自身のInstagramにて追悼コメントを投稿しました。

こんなふうにSNSで、文字だけでは表現しきれるはずもないし、本当に色々な想いが溢れ出てきてます。
ジャニーさん、たくさん迷惑をかけてすみませんでした。たくさんの愛をありがとうございました。たくさんたくさん感謝してます。
ジャニーズでの本当に色々な経験がなければ今の僕はいません。
ゆっくり休んでください。
お疲れ様でした。

(引用:Takaさん(@10696taka) – Instagram)

一時期はジャニー喜多川さんに激怒もされたTakaさんですが、現在の活躍はジャニー喜多川さんが大きく関係していることを明かしました。

この投稿によって、Takaさんが『NEWS』のメンバーだったことを初めて知るというファンもたくさんいたようで、驚きの声も上がりました。

ジャニーズ時代の縁は今も続いている?

Takaさんがジャニーズ事務所に所属すると、ジャニー喜多川さんは真っ先に当時のジャニーズJr.のリーダーだった滝沢秀明さんに紹介。滝沢秀明さんは『タッキー&翼』のタッキーとしても有名ですね。

現在、滝沢秀明さんはジャニーズ事務所の子会社『ジャニーズアイランド』の代表取締役社長を務めており、ジャニーズJr.の育成やプロデュースをメインに活動しています。

そんな滝沢秀明さんが、最近になってTakaさんに1本の電話をかけたそうです。内容はと言うと、「現在売り出し中のグループ『SixTONES』の楽曲を提供して欲しい」との事だったそうです。

滝沢秀明に依頼された楽曲提供に関する噂とは?

滝沢秀明さんは『SixTONES』に大きな期待を抱いており、世界デビューを計画しているとのこと。その為、世界で活躍している日本人アーティストの代表的存在としてTakaさんに楽曲を依頼したそうです。

しかし、Takaさんはこの依頼を「迷惑がかかるから」という理由で断ったそうです。副社長のメリー喜多川さんなどは元所属タレントとの関係はNGとしており、自分が関わると問題になってしまうと感じたようです。

とはいうものの、Takaさんも昔は滝沢秀明さんにお世話になったようで、恩を感じているとのこと。「これからも自分にできることがあれば、相談に乗りたい」と電話で語ったそうです。

ジャニーズ所属時代のTakaの画像・動画集

ここからは、Takaさんの貴重なジャニーズJr.時代やNEWS時代の画像・動画をいくつかご紹介させて頂きます。

Jr時代のTaka

ジャニーズJr.時代のTakaさんはまだ11~13歳。小学校高学年か、中学校に入学したばかりの頃になります。この頃から既にTakaさんの顔が作られているように思えますね。

Jr時代のTakaの歌唱力

こちらがジャニーズJr.時代のTakaさんが歌っている動画。曲は井上陽水さんとロックバンド・安全地帯の『夏の終わりのハーモニー』。当時から歌唱力が非常に高いことが分かりますね。

ちなみに隣で見事はハモりを披露しているのは、現『Hey! Say! JUMP』の薮宏太さんです。

News時代のTaka

『NEWS』のメンバーに選出された時のTakaさんは、当時まだ13歳。しかも、『NEWS』に在籍していた期間はわずか3ヶ月でした。短期間の間に撮影された、希少な画像達になります。

Newsの時にも発揮された抜群の歌唱力

3ヶ月しか『NEWS』に在籍していなかったTakaさんですが、その間にも抜群の歌唱力を披露。今思えば、歌って踊るアイドルよりも、歌に専念できるボーカリストの道を選んだのは正解だったように思えますね。

ジャニーズ時代について語るTaka!実は円満な関係ではなかった?

もともとはジャニーズ事務所に所属していたTakaさんですが、過去にはライブのMCやインタビューなどでジャニーズ時代について語っています。その内容から、事務所とは円満な関係でなかったようです。

ジャニーズ事務所時代、Takaは嫌われていた?

上述したように、Takaさんは両親が有名人である事や自身の不祥事から、ジャニーズで活動していた頃はファンからも他のジャニーズJr.からも嫌われていました。

特にNEWS時代は他のメンバーよりもメディアに注目される事が多く、彼の事を快く思っていないファンも多かったようです。彼がジャニーズ事務所を退所した理由は、ファンからの誹謗中傷も原因とされています。

親の七光りとバッシングを受けた事に対するTakaのコメント

TakaさんはライブのMCやインタビューで、「前の事務所だと嫌われていた」とコメントしたことがあるそうです。そのため、Takaさんとジャニーズ事務所が対立関係にあるという噂が流れているようです。

News時代、手越の事が苦手だった?

Takaさんは『NEWS』時代、バラエティ番組にもメンバー全員で出演。動画タイトルは『NEWS時代、Takaは手越が苦手だった!?』となっています。

しかしこのタイトルには違和感があり、動画内では特にTakaさんが手越祐也さんを苦手とするシーンはありませんでした。むしろTakaさんが手越祐也さんをフォローするなど、友好的な面が見られます。

こちらの動画では、若かりし頃の『NEWS』メンバーを見ることができます。また、松本人志さんの「今後4人になるかも」「手越ドーン来るかもしれん」といった予言にも思えるコメントが確認できます。

ワンオクの楽曲「欲望に満ちた青年団」はジャニーズをディスっている?

ワンオクのデビューアルバム『ゼイタクビョウ』に週力されている楽曲『欲望に満ちた青年団』では、ジャニーズの事をディスっているような歌詞が多く見られることでも話題になりました。

「一度はあの光を見たんだよ とてもキレイで でも今思えば汚かった あれはいわゆるBad Day Dreams」
「プレッシャー、イヤ味それに勝つために ただ嫌なヤツでそして気が付くと真っ暗な部屋に一人ぼっちだった」
「もう一度光浴びて そして今度は騙されぬように 僕らは今目指すよ 欲望に満ちた青年団 誰かが言った言葉 それすらその時は流して 今になって気付いたよ 欲望に負けた少年団」

(引用:messy)

ジャニーズ事務所に所属していた頃のTakaさんの事を書いた歌詞であるということは一目瞭然。この頃はまだTakaさんも若く、自分を追い出したジャニーズ事務所を恨んでいたのかもしれませんね。

NEXT:ワンオクのTakaは元ジャニーズだった!若い頃はヤンチャだった
1/2