メンタリストDaiGoの兄弟がヤバイ!松丸亮吾の謎解きが話題に!

日本で唯一メンタリズムを広めた人気メンタリストのDaiGoさんは、東大の謎解きクリエイター集団元代表・松丸亮吾さんと兄弟であることが発覚しています。今回はDaiGoさん実弟・松丸亮吾さんの年収や母親・兄弟の関係性、話題の謎解きについて調査しました。

弟もすごい?!メンタリストDaiGoのプロフィール

まずはメンタリストDaiGoさんのプロフィールを簡単にご紹介します。

  • 本名:松丸大吾
  • 生年月日:1986年11月22日
  • 血液型:B型
  • 出身地:静岡県清水市
  • 出身校:慶應義塾大学理工学部(卒業後、同大学の大学院・理工学研究科修士課程に進むも中退)

メンタリストとして活躍する一方で、多くの著書を出版する作家としても大活躍しています。

関連する記事はこちら

DaiGoの弟・松丸亮吾がすごい?兄弟を隠していた理由とは?

日本では唯一となるメンタリスト・DaiGoさんは、メンタリズムを日本に広めた第一人者であり、現在も各方面で大活躍されていますが、弟の松丸亮吾さんも兄に引けを取らない頭脳明晰な人物です。

兄・DaiGoさんは東大受験に失敗しながらも、受験対策を一切しなかった慶應義塾大学には一発合格し、弟の松丸亮吾さんは兄が進学を熱望していた東大に合格した秀才兄弟です。

DaiGoさんの凄さを知る人は多いですよね。では、弟・松丸亮吾さんはどのくらい凄い人物なのでしょうか。合わせて、2人が兄弟であることを隠していた理由も調査してみました。

松丸亮吾は小さい頃DaiGoにメンタリズムの実験台にされていた

年齢が9歳離れている松丸亮吾さんと兄・DaiGoさんですが、松丸亮吾さんはまだ小さかった子供の頃にDaiGoさんのメンタリズムの実験台にされていたといいます。

DaiGoさんがメンタリズムの勉強を始めたのは大学生の頃だったそうですから、その頃弟の松丸亮吾さんはまだ小学校高学年・若しくは中学生だったんですよね。

メンタリズムは、質問に対しての回答・目や表情筋の動きで人の心を読むものなので、まだ幼くて純粋な弟は、兄にとっては格好の実験台だったのかもしれません。

松丸亮吾は「今夜はナゾトレ」に出演し謎解きのブームに火をつけた

松丸亮吾さんはフジテレビ系列で放送のクイズ番組「今夜はナゾトレ」の『東大ナゾトレ』コーナーに出演し、謎解きのブーム火付け人となりました。

このコーナーは東大生を中心に構成された謎解き集団”AnotherVision”が問題を作成しており、松丸亮吾さんはこの集団の2代目代表を務めていました。

テレビ出演すると、松丸亮吾さんが現役東大生で秀才でありながら、”かっこかわいい”ルックスが目を引き、あっという間に若い女性を中心に人気が出たのです。

DaiGoの弟・松丸亮吾は兄がコンプレックスだった!

DaiGoさんは現役大学生時代からメディアに出てメンタリストとして活躍・人気が出るようになると、弟の松丸亮吾さんは周囲から「DaiGoの弟」としか認識してもらえなかったそうです。

メンタリズムの実験台にされたことも、弟からすれば悔しい気持ちになったといいます。そしていつしか有名になった兄・DaiGoさんに対し劣等感を抱くようになってしまったそうです。

松丸亮吾は高校で成績最下位!DaiGoを越えるために東大を目指す

松丸亮吾さんは高校では成績が最下位だったといいます。実は高校生の頃はすっかりやる気をなくしてしまい、学校にもろくに行かずにゲームセンターなどで時間を潰していたそうです。

しかし通っていた高校は「麻布高等学校」で、その偏差値は70前後と推定されています。麻布高校は中高一貫校なので、高校受験の偏差値は基本的にはないようです。

劣等生だった松丸亮吾さんを奮い立たせたのは、『兄を越えたい』という気持ちだったといいます。そして兄が入れなかった東大合格を目指すことを決意したのです。

松丸亮吾は浪人している?東大には現役合格していた!

東大合格を目指し猛勉強に励んだ松丸亮吾さんは、受験生の頃は1日に10時間も勉強し、やりたいことは10時間の勉強を終えたら思いきりやるとルール決めして実践していたそうです。

その甲斐あって、東大にストレートで合格しています。高校時代成績が最下位クラスだったことを考えると、本当に努力に努力を積み重ねたことが伺えますよね。

一部ネット上では、松丸亮吾さんは1浪しているという噂もあるようですが、1浪ではなく大学に在籍してから留年か休学をしていたため、4年間で卒業出来なかったようです。

DaiGoと弟・松丸亮吾の現在の関係は?仲良し?

メンタリストとしての地位を築きメディアに出演し活躍する兄・DaiGoさんに劣等感を抱えていた松丸亮吾さんですが、現在はテレビ番組にも揃って出演することもあります。

見る限り兄弟仲は良いようです。そもそも弟は兄にコンプレックスを持っていた時期があったとしても、9歳の年の差を考えると仲が悪かった訳ではないのでしょう。

今では職業こそ違いますが、9歳の年の差があっても互いに成人を過ぎ、”一社会人”としてお互いに尊重し認め合う関係性なのでしょう。

ニコニコ動画の「松丸亮吾も出演する『頭脳王』を裏実況」で兄弟と明かす

日本テレビ系列で放送されたクイズ番組「頭脳王」に出演した松丸亮吾さんは、番組オンエアと同時にニコニコ放送で兄・DaiGoさんと裏実況で共演しました。

ここで初めで自分たちの口から2人が兄弟であることが明かされました。松丸亮吾さんは、兄・DaiGoさんの力を借りずに自分の力で成功すること目標にしていたため秘密にしていたそうです。

テレビ出演当初も兄・DaiGoさんから兄弟だと公表しないかと誘われたそうですが、自分が何かを成し遂げるまでは公表したくないと断っていたそうですよ。

ニコニコ動画で一緒にチャンネルを開設

ニコニコ放送で共演したDaiGoさんと松丸亮吾さんは、一緒にチャンネルを開設しています。

松丸亮吾さんはちゃんねる開設に際し、「せっかく兄弟だと公表するなら一緒にやろう」と、自身が成功したら兄・DaiGoさんと面白いものが作れると思っていたと打ち明けています。

兄弟だからこそ通じ合える部分や、家族だから思いつくアイデアもあるようで、兄・DaiGoさんとの共同作業はとても楽しく充実しているそうです。

2018年には「深イイ話」でDaiGoの弟・松丸亮吾が共演!

2018年9月に日本テレビで放送された「深イイ話」にDaiGoさんの弟・松丸亮吾さんが出演しました。

番組では、松丸亮吾さんの超合理的すぎる私生活に密着し、自宅や実家なども公開されました。

この密着取材のVTRの中で、兄・DaiGoさんとテレビ初共演の映像が紹介されました。この番組で、過去に抱えていた兄・DaiGoに対するコンプレックスが現在はないことを告白しています。

2019年「モニタリング」で兄弟バトル!結果は秒殺?

2019年5月にはTBS系で放送の人気番組「モニタリング」の3時間SPでは、DaiGoさんと松丸亮吾さんの兄弟バトルが実現しました。

バトル内容は、ババ抜きから始まり、その次はDaiGoさんに見えない状態で松丸亮吾さんが手にしたボールの色を当てるゲームでしたがどちらもDaiGoさんが勝利しました。

松丸亮吾さんが謎解きで勝負を挑むも、制限時間30秒の謎解きもDaiGoさんが秒殺。『君の意図を解いた』とメンタリストらしい名言を残し、兄が兄弟対決に圧勝した結果となりました。

DaiGoの弟・松丸亮吾は兄と共同で脳トレゲームアプリを作成

松丸亮吾さんは、DaiGoさんと共同で脳トレゲームアプリ『DNB』を作成しています。

この脳トレアプリをゲーム感覚で毎日続けることにより、自身のワーキングメモリやIQが向上する効果が期待出来るそうです。

ワーキングメモリを鍛えることによって、仕事や勉強の能力・効果を向上させることが出来るようになるそうです。アプリは無料なので、興味のある方は試してみる価値がありそうですね。

松丸亮吾は現在は子供の憧れ?隠れないといけないほどの人気っぷり!

「今夜はナゾトレ」のレギュラー出演の他にも多数のクイズ番組やバラエティ番組に出演し、謎解きの本も出版している松丸亮吾さんはクイズ作家として周知される存在となりました。

最近では子供たち向けのクイズイベントなどを開催していることもあり、道端に小学生などの子供たちがいれば身を隠さないといけないほどの人気ぶりだといいます。

謎解きがブームとなった今、松丸亮吾さんは子供たちにとって憧れの存在となっているようです。

DaiGoの弟・松丸亮吾の謎解きがすごい?!気になる年収は?

DaiGoさんの弟の松丸亮吾さんは、東大の謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表で、現在はクイズ作家として活躍しています。

テレビ出演に端を発し謎解きがブームになると、アナザービジョンが作問した著書は累計発行部数が115万部超の大ヒットとなりました。

本の出版以外にもテレビ・イベントへの出演など、多岐に渡り活躍する松丸亮吾さんの年収は一体どれくらいなのでしょうか。

松丸亮吾は本「東大ナゾトレ」を出版!年収はいくら?

2017年5月末日に「東京ナゾトレ」の初版発行をした、松丸亮吾さんも所属するAnotherVisionは、その後もハイペースで続編を出版し、現在最新10巻まで発行しています。

その累積発行部数は115万部を超えたそうです。こうなると松丸亮吾さんの年収も気になるところです。本の印税は平均6~12%と出版社との契約によって様々あるようです。

仮に10%の印税だったとして「東京ナゾトレ」だけでも、概算で1億1500万円の印税収益があり、それを本の作問をした仲間たちで、貢献度合いで歩合振り分けしているそうです。

東京謎解きシリーズの本が売れすぎてばい?!

2019年6月に「東京ナゾトレ」の10巻を発売した東京謎解きシリーズは、累計115万部万を超えるミリオンセラーとなりました。

老若男女問わず楽しめる謎解きは今や社会現象となっていますが、松丸亮吾さん自身も1巻が出版されるときにはこれ程の人気シリーズになることは予測していなかったといいます。

僅か2年で10巻発行した謎解きシリーズですが、この勢いはどこまで続くのでしょう。作問・監修するAnotherVisionのメンバーも問題作りやイベント・自主公演と大忙しですね。

映画「ルイスと不思議の時計」のイベントでの謎解き動画

2018年10月には当時公開中の映画「ルイスと不思議の時計」のPRイベントに出席した松丸亮吾さんは、映画のストーリーに合わせ”時計”にまつわる謎解きを出題します。

この謎解きに挑んだのは、ママタレとして活躍する北斗晶さんと藤本美貴さんでしたが、問題が出題されるや否や悩みだしヒントをもらいやっと正解を導き出していました。

北斗晶さんは『解けた時気持ちがいい』と感想を述べていました。謎解きに必要なことは「発想の転換・柔軟な心」だということなので、年齢問わず楽しめるところが魅力なのでしょう。

兄弟の謎解き生放送の動画

現在はDaiGoさんと弟・松丸亮吾さんが兄弟でニコニコ生放送で謎解きの動画を配信しています。

『ナゾトキを科学にする』をコンセプトに、2人が謎解きの持つ力についてトークを展開していますが、何といっても兄弟の仲の良さがわかる動画です。

DaiGoは他にも兄弟がいる?4人兄弟で全員頭が良い!

メンタリストとして活躍するDaiGoさんと、謎解きで一気にブレイクした当時現役東大生の松丸亮吾さんが兄弟であることが発覚し世間は大いに驚かされました。

実は、DaiGoさんには松丸亮吾さんの他にも兄弟が2人います。男のみの4兄弟ということだけでも珍しいのですが、何と兄弟全員が頭が良いというのですから、開いた口が塞がらない状態です。

DaiGoは長男!残り3人の弟は?

DaiGoさんは4兄弟の長兄で、3人弟がいることになります。既に番組などで共演している仲の良い弟・松丸亮吾さんは四男で末っ子です。

次男の名前は松丸慧吾(けいご)さん、三男は松丸怜吾(れいご)さんという名前です。

DaiGoさんの本名は松丸大吾で、父親の「悟(さとる)」の名前から部首を除いた『吾』という漢字を、子供たちの名前の下につけたといいます。

次男の慧吾の年齢や画像は?ニコニコ動画の配信者?

次男・松丸慧吾さんですが、年齢については一般人ということもあり特に公開されてはいませんが、ニコニコ動画で格闘ゲームの配信をしているそうです。

また、DaiGoさんと松丸亮吾さんが共同開発したゲームアプリ『DNB』ですが、アプリ開発には次男の慧吾さんも携わっているそうなので、やはり優秀な方なのでしょう。

画像の右から2番目にいるピンクのTシャツを着ているのが松丸慧吾さんです。

三男の怜吾の年齢や画像は?薬学生でバンド活動もしている!

三男・松丸怜吾さんに関しても、次男の慧吾さんと同様に一般人であることから年齢などは公表されていません。

しかし現在、どこの大学なのかは不明ですが薬学生だったことが判明しています。現在は調香師の仕事をされているようです。

そしてバンド活動もしているようで、調査したところ「リフの惑星」というバンドのドラムを担当しているようです。画像の一番右側にいるのが松丸怜吾さんです。

四男が謎解きで有名な亮吾

そして四男が謎解きで大ブレイクを果たした松丸亮吾さんです。DaiGoさんと兄弟であることを発表して以降は、番組・イベントで共演する機会も増えてきましたね。

長兄・DaiGoさんの背中を見続けていた松丸亮吾さんも、今は兄と対等な立場で仕事をしたり高度な兄弟トークを展開しています。

DaiGoは弟たちがすごいのは母親の影響?教育法や勉強法が話題に!

DaiGoさんや弟たちは皆それぞれに得意分野やや好きなことを見つけ、自分のやりたいことや目標を定め努力することで成功しています。

東大を受験する際に1日10時間の勉強を自身に課した松丸亮吾さんですが、これは元々は母親が「1日3時間勉強ルール」を作ってくれたことが元になっているそうです。

また、DaiGoさんも薬剤師だった母親が読書家だった影響を受け、幼少期から薬学書を読み、現在は1日に10~20冊もの本を速読で読んでいるといいます。

薬剤師だった母親は2012年にガンで亡くなっている!父親は?

HeungSoon / Pixabay

DaiGoさん兄弟がテストで間違ってしまった問題だけを纏めた”弱点対策ノート”を、子供達1人分ずつ作成してくれた母親は「勉強しなさい」と言うことがなかったそうです。

効率よく苦手なところをクリア出来るように、対策ノートまで作りながらも口うるさく言うことをしなかった優しい母は、2012年にガンで他界してしまったといいます。

父親に関しては「悟」という名前以外の情報はありませんでしたが、子供たちを私立中学~大学まで進学させるほどですから、それなりの地位を築いていると考えられます。

DaiGoと弟たちは仲良し?現在も度々会っている!

それぞれの道で活躍しているDaiGoさんと弟たちですが、兄弟仲は良好のようです。

ニコニコ放送に兄弟で登場したり、プライベートでも4人兄弟揃って食事したりすることもあるようですよ。

メンタリストDaoGoの弟たちは、兄に負けない努力家・個性派揃いだった!

志望していた東大に入れず、慶應義塾大学に進学したことでメンタリズムと出会い、日本で唯一のメンタリストとして成功をおさめ、今なお多方面で活躍するDaiGoさん。

その背中を追い、いつか追い越したいと兄への劣等感・反骨精神を糧に東大合格を果たした弟・松丸亮吾さんは、現在クイズ作家として大人気活躍中です。

他の兄弟も含め、DaiGoさん兄弟はみなが努力家であり、型にハマることなく”成りたい自分”を見つけ前進していました。これからも兄弟の絆を大切に各々に活躍し続けて欲しいですね。

関連する記事はこちら