ムロツヨシは結婚しているのか?噂の彼女の真相は?本名まで公開! エンタメ

ムロツヨシは結婚しているのか?噂の彼女の真相は?本名まで公開!

現在俳優として人気のあるムロツヨシさんですが、ムロツヨシさんの生い立ちや本名なども気になりますよね?また、ムロツヨシさんに彼女はいるのか?結婚はしている?この先結婚の可能性は?今回はそんなムロツヨシさんに関してまとめさせて頂きました。

目次

[表示]

ムロツヨシは結婚している?彼女と噂される人物は誰?

ちょっぴりイケメンで優しそうな雰囲気の人気俳優ムロツヨシさんは現在41歳。人気俳優で、高学歴、性格も良さそうなのに、いまだ独身なんです。信じられませんね。恋愛についての情報が少ないですが、実際のところどうなのでしょうか?

ムロツヨシさんは、精神年齢が高く気が強くしっかりした女性が好みだそうです。ムロツヨシさんの熱愛の噂から、ついに結婚相手が見つかったのか?と名前の挙がった芸能人についていろいろと調べてみました。

ムロツヨシの彼女は水川あさみ?結婚前提の真剣交際をしてる?

ムロツヨシさんの彼女として頻繁に噂されるのが、女優やモデルとして活躍する、水川あさみさんです。ムロツヨシさんも水川あさみさんも、様々なドラマや映画に出演しているので、どこかで接点があってもおかしくありません。さらに水川あさみさんは数々の共演男性と熱愛の噂があるなど、芸能界でもモテ女として知られています。

ですからムロツヨシさんと非常に相性が良いのではないかと、周囲から常に指摘されていました。2人が熱愛関係にあると多くの人が感じたのが、2015年8月に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」です。この番組に出演したムロツヨシさんは、自身の得意料理として「ムロ鍋」を披露し、しゃべくり007メンバーにかなり好評でした。

交際を明言か?

ところがこの「ムロ鍋」は、5年前に同番組に出演した水川あさみさんが既に披露しているものと判明。その関連性を指摘されたムロツヨシさんが、「これでやっと言える!水川あさみがこの鍋をパクった!見たか水川!」と叫んだのです。

ただの友達以上の関係が、そこから見え隠れするため、もしかしたら「熱愛中の彼女ではないのか?」と噂されるようになったのです。しかしマスコミが追跡している形跡もありませんし、デート現場がすっぱ抜かれたような事実もありません。そのためムロツヨシさんと水川あさみさんというのは、仲良しな友達関係と見るのが自然ですね。

ムロツヨシの彼女は新垣結衣?結衣と結婚したいと暴露した?

ムロツヨシさんと熱愛中の噂がある女性として、名前が浮上しているのが女優として活躍する、新垣結衣さんです。2人はドラマや映画などで数多く共演しており、気心知れた中であると周囲から認められています。仕事で一緒になる機会の多い、ただの女友達という風に感じますよね。

ところがムロツヨシさんと新垣結衣さんが出演した情報番組で、「お酒を飲んだら『結衣』と呼びます」と爆弾発言。友達関係であっても、下の名前で呼ぶというのはかなり親しい間柄でないと、普通はできません。また別の機会にムロツヨシさんは、「芝居の世界でしか無理だけど、結衣と夫婦になりたい」とも発言。

熱愛は妄想だった?

これを見た視聴者は、「絶対に熱愛関係だよね」と、爆弾発言を繰り返すムロツヨシさんに、驚きの反応を示しました。本当にムロツヨシさんと新垣結衣さんは、彼氏・彼女の関係なのでしょうか?ムロツヨシさんが新垣結衣さんを好きなのは事実のようですが、新垣結衣さんはムロツヨシさんに恋愛感情は抱いていないとのこと。

かなり妄想が激しいムロツヨシさんに、新垣結衣さんはドン引きしているとの情報もあります。こうした点を総合的に判断してみると、新垣結衣さんがムロツヨシさんの彼女という可能性はゼロですね。

ムロツヨシの彼女は佐藤仁美で決定?舞台共演から結婚へ?

ムロツヨシさんの彼女として、最近になり名前が取り上げられているのが佐藤仁美さんです。ミュージカル「フルモンティ」で共演してから知り合うようになった2人は、すぐに意気投合。飲み友達から始まり、熱愛関係へと発展していきました。2人とも年齢的にも結婚を真剣に考える時期ですから、この熱愛も当然真剣交際へと発展。

一部の情報では両親への挨拶を済ませて、後は式場選びをするだけとの声も聞かれました。ところが佐藤仁美さんが理想の男性としての条件が、あまりにも厳しいのでムロツヨシさんでは結婚できないのではないかと言われています。佐藤仁美さんはどれだけ男性への条件が厳しいのか、一例を少し取り上げてみます。

佐藤仁美の結婚の条件

  • 年収1千万円以上で、身長173cm以上
  • 外見はタッキー似で中身は有吉弘行だけ
  • 朝起きたら不機嫌だから絶対に話しかけない
  • メールはすぐに返信しろ。だが私が返信しなくても文句言うな
  • 週7日カレーでも絶対に文句言わない
  • 私が寝るまで寝てはいけない。私が起きる前に起きないといけない
  • お風呂は私より先に絶対に入らない

これはほんの一例にすぎず、全てを合計すると25条あるのだとか。これではムロツヨシさんだけじゃなく、世の男性全てを集めてきても当てはまる人はいないでしょう。よってムロツヨシさんと佐藤仁美さんが、結婚を前提にした熱愛関係にあるというのは、ガセネタであることが分かります。

ムロツヨシの彼女の本命は石田ゆり子だった?結婚の予定は?

最後に女優の石田ゆり子さんです。石田ゆり子さんは「最後の大物独身女優」と言われていますね。お二人は、PanasonicのテレビCMで夫婦役を演じておられます。「夫婦」としてSNSの公式アカウントまで開設されています。石田ゆり子さんはムロツヨシさんよりも7歳歳上で少し歳の差がありますね。

そんなムロツヨシさんと石田ゆり子さんは、2017年から食事デートを度々目撃されているんです。恋愛の噂の少ない石田ゆり子さんですが、プライベートでも男性と食事に行くことはなく、女子会ばかり。共演した男性俳優とですらお食事に行くことはないそうです。

そんな石田ゆり子がムロツヨシさんとお食事?

これはかなり怪しいですよね。お二人は恋愛に発展するのでしょうか?もしくはもう発展している?最後の大物独身女性といわれている石田ゆり子さんですが、結婚願望はあるようで、男性と食事に行くことなんてないのに、ムロツヨシさんと食事を重ねている。これはどういうことなのでしょうか?

ムロツヨシさんて不思議な魅力がありますよね。ルックスを超越した何かが。その何かが石田ゆり子さんのハートを揺り動かしたのかもしれません。ムロツヨシさんなら最後の大物独身女優・石田ゆり子のハートに火をつけるのは、それほど難しい事では無いのかもしれませんね。

ムロツヨシのプロフィール

  • 名前:ムロツヨシ
  • 本名:非公開
  • 生年月日:1976年1月23日
  • 出身:神奈川県
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • 活動期間:1999年~

横浜市立六角橋中学校、神奈川県立鶴見高等学校を卒業し、一浪して東京理科大学へと入学します。入学後に手塚治虫原作の「陽だまりの樹」の段田安則さんの芝居に感銘を受けたことをきっかけに俳優を志しなんと大学は3週間で中退し、俳優養成所に入ったそうです。

活動歴

1999年から単独で舞台活動をしながら下積みし、2005年には映画「サマータイムマシン・ブルース」を足掛かりに映画にも出演するようになりました。2008年から始めた、舞台「muro式」では脚本・演出・出演まで手がけ、2009年12月から舞台「muro式」の広報活動の一環として、「ムロツヨシ、バナシ」を開催しています。

それから人気は急上昇し、2014年の「日経トレンディ」が選ぶ「今年のヒット人」として選ばれます。交友関係としては踊る大捜査線シリーズ等でも共演した小泉孝太郎さんと大親友で、小泉孝太郎さんだけではなく、小泉家とも家族ぐるみの付き合いがあるそうです。

ムロツヨシの本名って?

ムロツヨシさんは本名が非公開になっていて、本名に関しては確実な情報はありませんでした。そんな中でも噂として候補に挙がっているのが「福室剛(ふくむろつよし)」、または「室剛」や「室毅」ではないかという噂もあります。本名の画数が多く漢字も難しい為覚えてもらうためムロツヨシにしたと本人も語っています。

また、本名を公表しない理由に関しては家族への気遣いもあります。ムロツヨシさんの両親は離婚しており、母親は小さい頃に離婚してから会っていないそうで、新たな家庭を築いている母親に「ムロツヨシの母親だ」と騒がれない様にという母親を気遣っているのでしょう。優しい心遣いですね。

ムロツヨシは壮絶な生い立ちだった!

上記でも述べた様にムロツヨシさんの両親は離婚されているのですが、離婚したのはムロツヨシさんが3歳とまだ小さい頃で母親は家を出て行き、父は別の女性の元、残されたお姉さんととムロツヨシさんは、叔母や祖父母に預けられました。

それだけでも辛い生い立ちですが、なんとそれだけではく中学生の時に父親が新しい母と異母兄弟を連れて戻ってきて、ムロツヨシさんと祖父母が暮らしていたアパートの隣室に、父親とその新しい家族が生活を始めたそうです。そんな波乱な人生を送りながらも進学校である神奈川県立鶴見高等学校を卒業し、東京理科大学へと入学しています。

反抗期はなかった?

そんな人生であればぐれてしまう事も考えられますがお姉さんの反抗期がひどかった為、ムロツヨシさん自身は反抗期がなかったといいます。そして大学に入り三週間で、段田安則さんの演技に刺激を受け、大学中退し役者の道を志します。

ムロツヨシの凄いエピソード

あるとき小劇場の飲み会で、「踊る大走査線」などを手がけた本広克行(もとひろ かつゆき)監督に出会い、自分の名前を売り込んだそうですが、その売り込み方がムロツヨシさんらしくもあり、度胸を感じさせます。

まず監督の横に座り名刺を渡すまでは当たり前ですが、名前を覚えてもらう為にと会話の全てのワードに「ムロツヨシ」というワードを盛り込んでいったそうです。その甲斐もあり、実際その後監督の作品に出演する事になりました。

まとめ

今回はムロツヨシさんの彼女の噂から生い立ちまで紹介させて頂きましたが、あのテレビで見る明るいムロツヨシさんを見る限り、壮絶な生い立ちがあったなんて想像できませんね。小さい頃に両親が離婚して、親がいない中で育っていれば途中でグレてしまったり塞ぎこんでしまう人もいるでしょう。

しかし、そんな部分を見せずテレビの中であんなにユニークなキャラでいるムロツヨシさんはとても強い人なのだと思います。あのユニークなキャラを活かして良い結婚相手を見つけてほしいですね。ムロツヨシさんが結婚発表をするまでもそう遠くないかもしれませんね。