中森明菜自殺未遂の原因は近藤真彦?伝説の金屏風会見の真相に迫る エンタメ

中森明菜自殺未遂の原因は近藤真彦?伝説の金屏風会見の真相に迫る

松田聖子さんと並んで、昭和のアイドルスターであり歌姫である中森明菜さんが、かつて近藤真彦さん宅で自殺未遂をしたことを覚えている人も多いことでしょう。その後30年経った今、封印されていた金屏風会見とその黒幕の真相に迫ります。

目次

[表示]

自殺未遂をしていた中森明菜!その原因は近藤真彦?

Counselling / Pixabay

中森明菜さんが自殺未遂事件を起こしたのは1989年7月11日、24歳の誕生日直前のことでした。当時中森明菜さんは近藤真彦さんと恋人関係にあったと報じられていますが、二人の間に何があったのでしょうか?

中森明菜のプロフィール

  • 生年月日:1965年7月13日
  • 出身地:東京都清瀬市
  • 血液型:A型
  • 職業:歌手・女優・アイドル
  • 所属事務所:FAITH

中森明菜さんは16歳で「スター誕生!」に合格し、1982年「スローモーション」でデビューしました。2枚目シングル「少女A」のヒットでスターの座に上がり、松田聖子さんと並ぶアイドルスターとなりました。

1985年「ミ・アモーレ」、1986年「DESIRE」で2年連続日本レコード大賞を受賞しています。また、ドラマ「素顔のままで」や「冷たい月」で他の女優とW主演をするなど、女優としても活躍しています。

近藤真彦のプロフィール

  • 生年月日:1964年7月19日
  • 出身地:神奈川県大和市
  • 血液型:O型
  • 職業:歌手・俳優・タレント・会社役員・元レーシングドライバー
  • 所属事務所:ジャニーズ事務

1977年、近藤真彦さんが中学1年の時にジャニーズ事務所に入所し、1979年のドラマ「3年B組金八先生」でデビュー、田原正彦さん、野村義男さんとともに「たのきんトリオ」として活躍しました。

1980年12月に「スニーカーぶる~す」で歌手デビューし、以来ヒットを続け1987年には「愚か者」で日本レコード大賞受を受賞しています。また、レーシングドライバーとしても活躍していました。

1989年7月中森明菜が近藤真彦の自宅で自殺を図った事が報じられる

GoranH / Pixabay

1989年7月11日の夜、東京・六本木にある近藤真彦さんの自宅の浴室で、中森明菜さんが左手首を切るという自殺未遂事件が報じられました。

この日、地方での仕事を終え帰宅した近藤真彦さんが、手首を切った中森明菜さんを発見し119番通報したのが午後4時49分。救急隊が駆け付けた時には、中森明菜さんは居間に寝かされていたということです。

中森明菜さんは仕事がオフだったため、免許の更新をすませ近藤さん宅へ向かったとされていますが、免許の更新をしたのにもかかわらず自殺とは、いったい何があったのでしょうか?

中森明菜は一命を取り止めるも6時間に及ぶ大手術を受けた

Engin_Akyurt / Pixabay

中森明菜さんの傷は左ひじ内側に深さ2㎝、長さ8㎝で神経にまで達していたそうです。直ちに慈恵医大病院へ搬送されましたが、6時間にも及ぶ大手術となりました。

幸いにして一命は取り留めましたが、2週間の入院を余儀なくされ、その後心身共に療養生活に入ることになりました。

同年の大晦日近藤真彦同席で伝説の「金屏風会見」が行われた

中森明菜さんが自殺未遂事件を起こした半年後の大晦日、今では伝説とまで言われる「金屏風会見」が行われました。

用意された金屏風の前に、事件後初めて公の場に姿を表した中森明菜さんと同席した近藤真彦さん。誰もが二人の結婚会見だと思っていたのですが、実際は一連の騒動を謝罪する中森さんの謝罪会見だったのです。

金屏風会見はジャニーズ平成最大のスキャンダル?

金屏風の前での謝罪会見は、中森明菜さんの意に沿うもにではなく、ジャニーズ事務所側から仕組まれたのでは?と報道されています。

そのためこの会見は、ジャニーズトップスターである近藤真彦さんを守るため、中森明菜さんを奈落の底に突き落としたという、ジャニーズ平成最大のスキャンダルと言われるようになりました。

関する記事はこちら

事件発生から金屏風会見までの流れ

衝撃的な中森明菜さんの自殺未遂事件発生から、約半年後に行われた金屏風会見までの間に、いったい何があったのでしょうか?一連の流れを追ってみましょう。

中森明菜・近藤真彦の2人は当時、誰もが知るビックカップルだった

中森明菜さんと近藤真彦さんは、どちらも1980年代を代表するトップアイドルスターでした。必然的に雑誌の表紙やテレビ番組などに共演することが多く、二人は怪しいのでは?と噂されはじめました。

1985年1月公開の映画「愛・旅立ち」で二人はW主演を務め、二人の関係が決定付けられました。公には報道されなかったものの、二人は誰もが知るビッグカップルだったのです。

2人の交際時からジャニーズの圧力が噂される

アイドル同士の交際が御法度だったこの時代に、二人が恋人同士であることを当時のマスコミはほとんど取り上げていなかったのはおかしな話です。

これはマスコミに対してジャニーズ事務所側から相当な圧力がかけられている、と噂されたのも無理はありません。

金を貢がされていたことや近藤真彦と松田聖子の密会が自殺の引き金?

恋人同士だった二人ですが、中森明菜さんが自殺未遂を起こす前に中森明菜さんから近藤真彦さんへ相当な額の金銭が手渡されていたこともわかりました。

結婚のための新居や家具を買うというこで手渡した額は8000万円とも数億円とも言われていますが、新居を購入した事実はなく、家具は近藤真彦さんに持ち逃げされたとも言われています。

また、ニューヨークで松田聖子さんとのキスシーンがFRIDAYによって報じられ、そのショックで自殺したのでは?とも噂されましたが、事件後松田聖子さんはその件に関しての釈明会見をしています。

騙されて貢いだ金はレースに消えた?現在も返済されない8千万円

1984年の富士フレッシュマンレース参戦を皮切りに、レーシングドライバーとして活躍しはじめた近藤真彦さんですが、中森明菜さんが貢いだお金はこのレースに消えたと報じられています。

しかもそのお金は現在も返済されておらず、借用書もまだ手元にあるままだと、当時の中森明菜さん側の所属事務所関係者が話しているという情報もあります。

病院に搬送された中森明菜だったが忽然と姿を消す

慈恵医大病院では2週間の入院という診断であったにもかかわらず、「重症のため1カ月の面会謝絶」としたのは、入院中中森明菜さんの世話をしたというジャニーズ事務所のメリー喜多川さんでした。

何故か、当時中森明菜さんの所属事務所であった音研側でさえ面会できなかったそうです。

そして、明菜さんの姿を捉えようと、病院には連日マスコミの記者や報道陣が集まっていたのですが、いつの間にか中森明菜さんは病院から忽然と姿を消していたのです。

同年の大晦日約半年振りに中森明菜は表舞台に姿を現す

1989年12月31日、事件からおよそ半年ぶりに中森明菜さんは会見を開くために表舞台に姿を表しました。

会見の3日前にそれまでの所属プロダクション音研から独立し、新事務所「コレクション」を設立した中森明菜さんが「どうしても年内に皆さんに挨拶をしたい」とのこで開かれたというのがこの会見です。

会見場には金屏風が置かれ誰もが結婚会見と信じて疑わなかった

会見場にはあらかじめ金屏風が置かれていたため、集まった報道陣は誰もが中森明菜さんと近藤真彦さんの結婚発表のための会見と、信じて疑わなかったといいます。

金屏風会見の動画

事務所側からの簡単な説明のあと、中森明菜さんが話はじめていますが、最初から声が震え涙で声を詰まらせています。結婚会見や新事務所の挨拶とはほど遠いものでした。

2人は互いの関係を否定!無念さを滲ませていた中森明菜

近藤真彦さんも同席の会見で、報道陣は二人の関係を詰め寄りますが、二人はお互いに関係を否定、信頼できる友達だというだけにとどまりました。しかし中森明菜さんの表情からは無念さが滲んでいます。

事件に関する世間の声

この事件に関して、世間ではジャニーズ事務所や近藤真彦さんを強く批判する声が現在でも多く聞かれます。今の時代にこの会見があったなら、炎上どころではなくマッチは引退になるという声もあります。

この会見を忘れていけない、酷すぎるという声が中森明菜さんのファンだけでなく一般の方の声としても上がっており、この事件の悲惨さを改めて知ることができます。

伝説の金屏風会見に付き纏う黒い噂

Talenvni / Pixabay

伝説の金屏風会見には黒幕がいるのではないか?と疑問を抱くマスコミ関係者は少なくなかったようです。この不自然な会見には様々な黒い噂が飛び交いました。

現場に一番に駆け付けたのはメリー喜多川だった?

中森明菜さんが近藤真彦さんの自宅で自殺未遂をした時、近藤真彦さんの発見のあと一番にかけつけたのはジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川さんでした。

中森明菜は嘘を吐かれて会見に引っ張り出された?

急遽行われた金屏風会見は、誰もが想像していた二人の結婚報告会見ではなく、中森明菜さんの自殺未遂謝罪会見であったため、マスコミ各社を驚かせました。

これには影に黒幕がおり、ジャニーズ事務所が近藤真彦との婚約会見をするというような嘘をついて、中森明菜をマスコミの前に引っ張り出したのではないかと憶測されています。

嘘を吹き込んで中森明菜と事務所を仲たがいさせた?

また、中森明菜さんが入院中に世話をしたというメリー喜多川さんが、当時中森明菜さんが所属していた研音に搾取されているという嘘を吹き込み、研音から独立するように勧めたとされています。

そうして中森明菜さんは研音から離れ、金屏風会見前の12月28日に元近藤真彦さんの担当でビクターのディレクターであった小杉利宇造氏と新事務所「コレクション」を設立したと発表しました。

全ては中森明菜を干す罠だった?紅白復帰を潰し、嫌がらせも続いた

金屏風会見は12月31日NHK紅白歌合戦の裏番組として用意されていた特番を取りやめ、急遽生放送として報道陣を集めたという不自然なものでした。

実は中森明菜さんには、紅白歌合戦出場のオファーがすでに入っていたということです。しかも、一緒に新事務所を設立したはずの小杉氏は年が明けるとまもなく事務所から離れてしまったのです。

すべては中森明菜さんを芸能界から干す罠だったとマスコミでは見ています。小杉利宇層造氏は現在ジャニーズ・エンタテイメント三代目社長となっています。

近藤真彦と黒幕と呼ばれるメリー喜多川の親密な関係

あるインタビューの中で「(娘の)ジュリーとタレントを結婚させるならマッチしかいない」と語ったというメリー喜多川さん。一連の黒幕と呼ばれるメリー喜多川さんと近藤真彦さんは親密な関係にあったようです。

「マッチとメリーさんは夫婦同然だった」「マッチが素っ裸でメリーさん宅にいた」などと書いた元光GENJIの候補メンバーであった木山将吾さんの暴露本も出ています。

中森明菜自殺未遂事件のその後

Comfreak / Pixabay

マスコミに大きく取り上げられた中森明菜さんの自殺未遂事件、そして金屏風会見ですが、その後二人はどうなったかを追ってみました。

94年に近藤真彦は一般女性と結婚

近藤真彦さんは中森明菜さんの自殺未遂からおよそ5年後の1994年6月に一般女性和田敦子さんと結婚しています。披露宴は翌年2月に開かれました。また、2007年には待望の長男が誕生しています。

中森明菜は90年に復帰するも精神状態が不安定に

90年に復帰した中森明菜さんは、「Dear Friend」のヒットを始め、その後も数多くの賞を受賞する活躍を見せていましたし、ドラマ出演など女優業でも活躍していました。

しかし、所属事務所やファンクラブに関するトラブルが続くなど、精神的負担が相次ぎ、体調不良による無期限の活動休止をするという発表をして公の場から姿を消しました。

一連の事件は現在も中森明菜に暗い影を落としている

2014年の紅白歌合戦で、ニューヨークからサプライズゲストとして、活動休止後初めてその姿を見せた中森明菜さん。その復帰を多くのファンが喜びました。

しかし、その後復帰を模索するものの上手く行かず、2016年と翌17年にディナーショーを開きましたが18年末ではツアーもできないままでした。

中森明菜さんは今、わずかなスタッフしか信用できない状態らしく、あの一連の事件はまだ暗い影を落としているようです。

NEXT:中森明菜悲しい歌姫伝説
1/2