浅田真央の母親がすごい!現在は死去で死因は?苦労人だった?エンタメ

浅田真央の母親がすごい!現在は死去で死因は?苦労人だった?

元フィギュアスケーター選手の浅田真央は母の勧めでスケートをはじめ、世界で活躍する選手となりました。母は、娘が大会に参加中に倒れ、肝硬変のため帰らぬ人となりました。娘を支え続けた母親の生い立ちや、肝臓病と闘いと家族の思い出などをご紹介してまいります。

目次

[表示]

浅田真央の母親はどんな人?生い立ちが壮絶!

sasint / Pixabay

浅田真央の母親の壮絶な生い立ちや、彼女がどんな人であったかをご紹介いたします。

浅田真央のプロフィール!

浅田真央と父親は宝塚のファンだったそうで、当時のトップスターであった大地真央の名をもらい、「真央」と名付けたそうです。

  • 本名:浅田真央
  • 愛称:真央ちゃん、浅田選手
  • 誕生日:1990年9月25日
  • 出生地:愛知県名古屋市
  • 星座:てんびん座
  • 身長:163 cm
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 学歴:中京大学
  • 血液型:B型
  • 職業:プロフィギュアスケーター、タレント
  • 事務所:IMG TOKYO
  • 家族構成:姉(浅田舞)

浅田真央の姉である浅田舞は2つ年上ですが、フィギアスケートと始めたのは同時期で、浅田舞が5歳、浅田舞は7歳の時でした。年の差もあり最初は姉の活躍が目立ちましたが、小学校6年生で逆転します。

3回転3を回続けるコンビネーションジャンプに挑み、一躍「天才少女」スケーターとして脚光をあびることになります。その後はジュニア大会で何度も優勝し、海外に拠点を移して世界に挑むことになります。

母とともに厳しい練習を積んだ浅田真央は、2005年の「グランプリファイナル東京大会」での優勝をはじめ、オリンピックや他の世界大会で活躍する憧れのトップスケーターになりました。

浅田真央の主な成績と活躍!

  • 2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト
  • 2014年ソチオリンピック日本代表(6位)
  • 2008年、2010年、2014年世界選手権優勝
  • グランプリファイナル優勝4回
  • グランプリシリーズ通算14勝
  • 2010年バンクーバーオリンピックにて、女子シングル史上初めての、1つの競技会中で3度の3回転アクセルを成功させる
  • 2014年のソチオリンピックにて、女子史上初となる6種8トリプルジャンプ着氷を披露

浅田真央は選手を引退した後は、プロフィギアスケートやタレントとして活動しており、アイスショーなどで世代を問わず、スケートの楽しさを伝えています。

教育熱心な母親として知られていた浅田真央の母

sasint / Pixabay

浅田真央の母、匡子さんは教育熱心な母親として有名ですが、そこには自分と同じ「女」に生まれた二人の娘への「強く生きなさい!」というメッセージが込められているといわれます。

https://twitter.com/kinnnosakita/status/1167451861713997824?s=20

自分の命が残り少ないことを知ってか、自分が父や母を亡くしたあとに苦労したことを重ね、娘たちが自力で生きていく能力をつけるためにも、敢えて厳しく熱心に教育したといわれています。

浅田真央の母の生い立ちは?幼い頃父親を亡くしていた?

geralt / Pixabay

浅田真央の母親である浅田匡子さんは、裕福ではありませんでしたが、両親と姉の4人で生活していました。しかし彼女が12歳の時に父親が他界し、生活は困窮しました。

母親も20歳の頃他界してホステスの道へ?ソープ嬢という説も

Claudio_Scott / Pixabay

何とか暮らしていた姉妹でしたが、浅田匡子さんが20歳の時に母親も他界してしまいます。両親を亡くして路頭に迷った彼女は、ソープ嬢として働くしかなかったといわれています。

一部ではホステスをしていたとも言われていますが、岐阜では有名な風俗街の「金津園にある『入船』」とういうソープランドで働いていたという具体的な情報がありますが、真偽は確認できませんでした。

浅田真央の母親の出身地はどこ?源氏名は留美子?

https://twitter.com/kinnnosakita/status/1167904867970510848?s=20

「源氏名」という言葉の由来はさておき、通常は水商売や風俗店で働く時につかう仮名のことを言います。

浅田匡子さんは、金津園の「入船」にいた時は『留美子』と名乗っていたという具体的な話もあるようです。また、全く同じ店か分かりませんが、金津園には「入船」という店が今も存在しているのも事実です。

浅田真央に関する記事はこちら

https://career-find.jp/archives/159359

浅田真央の母親は現在死去?死因は肝硬変だった?

geralt / Pixabay

浅田真央の母親の浅田匡子さんは、2011年に亡くなられました。死因は肝硬変で肝機能の悪化によるものとされています。

浅田真央の母親の死因は肝硬変?どんな病気なの?

rawpixel / Pixabay

日本では重要な部分を「肝腎」などといいますが、これは肝臓と腎臓を表し非常に重要な臓器であることから由来しています。肝臓が弱ると体の解毒作用も弱り、免疫障害などにつながります。

また、肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、症状が現れた時には手遅れと言う場合も多く、肝硬変というのはかなり進行した状況で、維持できても良くなる事は殆どありません。

肝硬変になった肝臓は硬くなって正常な肝臓機能ができなくなった状態です。すると、腹水や食道静脈瘤、黄疸や肝性脳症などになり、命の危険をともなうことになってしまいます。

浅田真央の母親は長らく肝臓を患っていた?

Counselling / Pixabay

肝硬変にはウイルスによる感染か、継続的なアルコール摂取などによるものがあります。どちらも症状が現れた場合には、現状維持さえ難しく投薬治療で時間を稼ぐか、臓器移植を考えるしかないでしょう。

また、肝硬変まで至ると医者も嫌がるほどの苦しみを伴う病気ですので、自分で病気の進行も分かります。かなり長い期間、苦痛に耐えながら娘と生活していたようです。

20年以上も肝臓を患っていたという情報もあり、浅田真央を出産したころから病気の兆候があったと考えられます。

浅田真央の母親の顔色が変わったのは黄疸のため?

https://twitter.com/kinnnosakita/status/1167450987843338240?s=20

肝機能が低下すると「黄疸」の症状が現れます。白目の部分や、皮膚が黄色くなってきます。皮膚は黄色味を帯びた後は、日焼けのように黒っぽく見えてくるのが特徴です。

浅田真央の母親である浅田匡子も、ある時期から顔が浅黒くなったと噂されたそうで、黄疸の症状が出ていたと考えられ、かなり身体の調子が悪いのではともいわれていたようです。

NEXT:浅田真央の母親は肝臓の移植手術も受けていた
1/4