宮沢りえの母親は毒親レベルにヤバい!枕営業も命令した?親子関係を徹底分析! エンタメ

宮沢りえの母親は毒親レベルにヤバい!枕営業も命令した?親子関係を徹底分析!

10代の頃から映画、ドラマ、ヌード写真集と脚光を浴び、今や世界的な大女優へと成長した宮沢りえさん。順風満帆そのものに見えますが、子どもの頃は何かと強烈な「りえママ」に苦しめられたようで、その影響はとっくに成人した現在でも心に深く残っているようです。

目次

[表示]

枕営業も指示?宮沢りえの母親が毒親とよばれる理由

90年代にかけては宮沢りえさん本人以上に有名で、ワイドショーの中心だった「りえママ」。はたから見るとただただお騒がせな人というイメージしかありませんが、宮沢りえさんにとっては本当に毒親だったのでしょうか。宮沢りえさんとりえママとの知られざる関係についてまとめてみました。

宮沢りえの母親・宮沢光子こと「りえママ」のプロフィールは?

宮沢りえの母親、りえママは宮沢光子さんといい、若い頃は六本木の高級クラブでホステスとして働いていました。ホステス時代のりえママの美しさは女優の加賀まりこさんも証言しており、「全盛期の宮沢りえさんよりもキレイだった」ほどだとか。

ホステス時代のりえママは、オランダ人男性と知り合いステディな関係になり、宮沢りえさんを身ごもることになります。ところが、生んだばかりのりえさんを自分の父親、つまりはりえさんのおじいちゃんに預け、自分は海外でオランダ人男性との甘い新婚生活を勝手に楽しみます。

オランダ人男性との結婚生活はわずか4カ月足らずで破綻し、離婚することとなってしまったのです。そして、単身日本に帰国したりえママは宮沢りえさんを引き取り、モデルにしようとプロデュースをはじめたのです。

宮沢りえを売り出したりえママの敏腕ぶりに脱帽!

宮沢りえさんが可愛い美少女になっていったことで、りえママは自分の娘を芸能界にいれようと、敏腕ぶりを発揮しはじめました。宮沢りえさんの意思ではなく、りえママの意思で芸能界入りをしていたのです。

りえママがホステスをしていたころの、知り合いの店に幼い宮沢りえさんをよく連れて行っていたそうです。そこには、芸能界の幹部らが頻繁に通っていたからです。

そして、芸能界の幹部の目に留まり、事務所んいスカウトされて芸能界に入ることが決まっていったのです。

敏腕マネージャーとして宮沢りえを売り出したりえママ

宮沢りえさんを売り出そうと、りえママの敏腕ぶりは業界内でもすぐさま噂となりました。10代だった宮沢りえさんを「ふんどしカレンダー」に起用したことで話題となりました。

そして、17歳の時には篠山紀信さんによるヘアヌード写真集「Santa Fe」を発売し、150万部のベストセラーとなったのです。17歳の娘にヘアヌードを強要する母親はまさに毒親と言えるでしょう。

枕営業は当たり前!大物芸人との不倫も指示された宮沢りえ

「この子は将来絶対にスターになる!」と娘の才能を見抜くや否や、りえママはそれまでの放蕩ぶりから一転して強烈なステージママへと変貌し、宮沢りえさんを徹底的に支配しはじめます。

枕営業まで指示されていたようで、当時10代のりえさんがいかにつらかったか、いかに苦しんでいたか、想像するだけでも息苦しい思いです。

枕営業を見抜いていた?ビートたけし

宮沢りえさんをスターに押し上げるためにりえママが目をつけたのは、ビートたけしさんでした。当時は芸人としてバリバリの現役で、大きな力を持っていたたけしさんにりえさんを近づければ将来も安泰だと計算を働かせたのでしょう。

ビートたけしさんが泊まっていたホテルに突然宮沢りえさんが来て「ママに言われて来た」と言ったそうです。しかし、ビートたけしさんは何もすることなく、「早く帰って寝なさい」とりえさんをやさしく家に帰したそうです。

これには、たけしさんも驚いたようで、りえママの思惑をわかっていたようで、りえママには脱帽していたと言われています。

自殺未遂まで!歌舞伎界の宝にも枕営業を!

とにかく力をもっているスターなら誰でもよかったのか、りえママは歌舞伎界のプリンス・中村勘九郎(のちの中村勘三郎)さんにも枕営業を仕掛けていました。

実際に交際にも発展しかけたようで、最終的にりえさんは自殺未遂まで起こしてしまいます。娘を自殺寸前まで追い込んでもなおスターにこだわるりえママは、ちょっと異常ですよね。

相撲界もターゲットに!毒親が仕掛けた壮大なる枕営業

仕事はもちろん、娘の恋愛にまで事細かく口出ししていたりえママ。世間を大いに騒がせた貴乃花関との婚約&破局騒動も、あの一件で宮沢りえという名前を広く知らしめることになったのですから、一連のスキャンダルもまたりえママが仕掛けた壮大な枕営業だと言えなくもありません。なんて、皮肉がすぎるでしょうか。

宮沢は最後に会った際、貴乃花親方に対し、「強い横綱になってください」との言葉を贈ったという。その言葉通り、貴乃花親方は現役時代に歴代6位となる22回の優勝を果たし、横綱在位は歴代5位の49場所。04年に二子山部屋を継承して貴乃花部屋に変更し、弟子の育成に取り組んだ。

(引用元:ライブドアニュース)

宮沢りえが母親の反対を押し切って結婚し出産

宮沢りえさんが2009年4月に一般男性との結婚・妊娠を発表しました。相手はハワイ在住の実業家で元プロサーファーの男性でした。この結婚に、りえママは滞在先のパリから飛んで帰ってきて、結婚に反対をしたようです。

しかし、その当時宮沢りえさんはすでに妊娠6カ月で堕胎するのは不可能な時期でした。宮沢りえさんは母親の反対を押し切って結婚し出産したのです。この時、宮沢りえさんは初めて母親の意見を押し切り、自分の意思で道を歩みだしたのです。

しかし、この結婚も長くは続きませんでした。相手の男性は実業家という名ばかりで、ほとんど無職に近い状態だったようです。長い離婚調停の末に2016年3月に離婚が成立したのです。

宮沢りえも母親に!娘との関係は良好!

宮沢りえさんは一般男性と結婚し、2009年5月に長女を出産しました。宮沢りえさんも娘を持つ母親となったのです。そんな娘さんも現在では11歳となり、小学5年生となっています。

宮沢りえさんは娘さんとの関係は良好のようで、休日には母娘2人で仲良くショッピングに出かけたりと、仲睦まじい姿を目撃されています。

2018年3月に森田剛と再婚!父娘の関係も良好!

2018年3月に1年半の交際を経て、森田剛さんと宮沢りえさんは再婚したことを発表しました。宮沢りえさんが再婚する条件に、娘が認めた人でないと再婚しないと決めていたそうです。

その娘さんが森田剛さんのことを「パパ」と呼び始めたことで、再婚を決意したそうです。そんな森田剛さんと娘さんの仲は良好なようで、宮沢りえさんがいないときに2人でショッピングをしていたのです。

娘さんの言動に終始デレデレな様子の森田剛さんの様子が目撃されていたのです。娘にも宮沢りえさんにも愛を注いでいる森田剛さんと、家族3人で仲良く暮らしているようです。

そもそも毒親って何?宮沢りえに教えたい定義

芸能界にかぎらず、一般の社会でも今、「毒親」が親子関係の大きなキーワードになりつつあります。ついつい軽々しく使ってしまいますが、そもそも毒親とはどのような両親を表すのでしょうか。毒親のおもな特徴と心理学的な定義についてまとめてみました。

子どもの人生こそ生きがい!無意識の支配と服従

Counselling / Pixabay

多くの毒親に見られる最大の特徴は、我が子への過剰な支配と干渉です。強烈な毒親と子どもは得てして「一卵性親子」などと言われているように、表面的には気持ちが通じ合っていて関係もうまくいっているように見えます。ただ、それは親の一方的な干渉によって成り立っている関係であって、健全とは言えません。

母と娘に多い!毒親の典型パターン!

edsavi30 / Pixabay

不思議なことに、母と娘、という組み合わせに毒親の兆候が多く見られると言われています。同性の親子は少なからず反発し合うものですが、母と娘となるととくにその心理が強くはたらき、そして母親が強烈な個性の持ち主だったとすると親子関係がよりいっそうこじれてしまいます。

毒親には2パターン!あなたのお母さんは大丈夫?

毒親には大きく、「自分は子どもに尽くしていると思い込んでいるパターン」と、「生んだ瞬間から子どもに愛情がないパターン」があります。後者はもうどうしようもありませんが、前者の場合はなまじ周囲から「いいお母さん」と思われている場合があるので自覚するタイミングを失ってしまう危険性があります。

宮沢りえだけじゃない!毒親に苦しめられた芸能人

強烈すぎる毒親に苦しめられたのは宮沢りえさんだけではありません。芸能人の母親にはいわゆる毒親タイプの人が多く、子どもの人生に後々まで影を落としています。芸能人の母親のうち、あきらかに毒親と言える人についてまとめてみました。

借金と暴力!加護亜依の母

いわゆる放任タイプの毒親としては、加護亜依さんの母親が挙げられます。ダメ夫との離婚と再婚を繰り返し、最終的に加護亜依さんの貯金をほとんどすべて食いつぶしてしまった母親。加護亜依さんの男運の悪さは、もしかしたら遺伝なのかもしれません。

息子の収入で豪遊する毒親!内山信二の母

芸能人の毒親のパターンでよく見られるのは、「子どもの収入で豪遊する」というものです。まあ、子どもが売れっ子になれば急に生活レベルが上がるわけですから、多少金銭感覚が狂ってしまうのも無理はありませんが、本当に愛情があれば「子どもの収入は子どものもの」ときちんと割り切れるはずですよね。

りえママに匹敵する毒親?貴乃花の母

宮沢りえさんと貴乃花関の破局騒動では、りえママに隠れて目立ちませんでしたが、貴乃花関のお母さん、藤田紀子さんも相当な毒親ぶりを発揮しています。

あの人の場合は毒親というよりは目立ちたがり屋で、熟女になってもヌードを披露したり、つい最近も有名芸人と噂になったりと、何かと話題を振りまいています。

今は亡きりえママ!母を亡くした宮沢りえは救われたか

宮沢りえさんを公私ともに翻弄しつづけてきたりえママも、2014年にこの世を去っています。娘に枕営業をさせ、自殺未遂まで追い込んだりえママはまぎれもなく毒親ですが、りえさんにとってただひとりの母親であることに変わりはありません。

枕営業、破局騒動、自殺未遂。娘であるりえさんに異常なまでの執着心を見せ、その人生をとことんまで支配しつづけたりえママ。りえママ亡き今、りえさんがせめて自分らしい人生を取り戻していることを祈るばかりです。