羽生結弦の筋肉が細マッチョで美しい!トレーニング方法は? タレント

羽生結弦の筋肉が細マッチョで美しい!トレーニング方法は?

フィギュアスケート界を牽引するスター選手である羽生結弦選手。細身のため、あまり筋肉が凄いという印象はありませんが、実際には足や腕もしっかりとした筋肉がついているという細マッチョな体型の持ち主です。羽生結弦選手の筋肉の美しさとトレーニング法に迫っていきます。

細身でも筋肉はスゴい!羽生結弦のプロフィール!

  • 生年月日 1994年12月7日 (2019年現在・ 24歳)
  • 出身地 宮城県
  • 血液型 B型
  • 身長 172cm
  • 体重 56kg
  • 学歴 早稲田大学 人間科学部通信教育課程在学中
  • 所属 全日本空輸 ANA

羽生結弦選手は2011年に四大陸選手権に初出場をして銀メダルを獲得、大会史上最年少メダリストとして注目を集めました。

その後も2014年にソチオリンピックに出場して男子のシングルで金メダルに輝き、続く2018年の平昌オリンピックでも金メダルを獲得。

2大会連続で金メダルという、フィギュアスケート界では日本人男子初となる偉業を成し遂げました。この偉業を称え、2018年4月には史上最年少となる個人での国民栄誉賞も受勲しています。

関連する記事はこちら

羽生結弦のスゴい筋肉画像集!

小顔で手足が長いこともあり、筋肉質というよりはやや華奢な印象さえある羽生結弦選手。しかし羽生結弦選手は男性も憧れるしなやかな筋肉の持ち主として、注目を集めているのです。

流石アスリートとうならされてしまうこと必至の、羽生結弦筋肉美がよく分かる画像を紹介していきます。

プルシェンコとの2ショットで羽生結弦の筋肉が話題に!

羽生結弦選手の筋肉が想像以上に凄かったと話題になったのがこちらの写真で、スケート界の皇帝と呼ばれた、エフゲニー・プルシェンコ氏とのバックステージでの2ショットです。

プルシェンコ氏の肉襦袢も気になりますが、羽生結弦選手の太ももが普段の優雅な姿からは想像がつかない程、がっしりしていたことが分かります。

しかし注意して見ると、羽生結弦選手の足の筋肉はタイツや衣装の上からでも鍛えられていることが確認できるのです。

どんなポーズをしてもぶれない強靭な下半身。内腿の筋肉、内転筋が非常に発達していることが分かります。

軽やかな滑りを生み出す、ふくらはぎのヒラメ筋にも注目です。無駄な肉が全くないのも凄いですよね。

4回転半ジャンプを完成させたいという、羽生結弦選手。そのためにはジャンプの衝撃に耐えられる下半身の筋肉が必要だとも言われています。

しかし中腰の状態でここまでバランスが保てるのですから、十分に下半身は鍛えられていることが分かりますよね。

美しく長い腕の筋肉

2019年3月に、宇野昌磨選手と田中刑事選手とともに、映画『翔んで埼玉』の「埼玉のポーズ」を披露して話題となった羽生結弦選手。

この時、ポーズと共に話題になったのが、腕まくりをした羽生結弦選手の前腕の筋肉でした。

羽生結弦選手の腕は長袖の衣装を着ていると細く見えるのですが、実際は筋張っていてしなやかな筋肉に覆われているのです。

血管が浮き出た男らしい腕に惚れ惚れとするファンも多い様子。すらりとして長いだけではなく、上腕も盛り上がる程筋肉がついています。

半袖を着ている姿を見ると、無駄な肉がついていないために腕が細く見えただけなのがよく分かりますよね。

羽生結弦のバキバキに鍛えられた腹筋画像

2015年に放送された『くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド』の中で、羽生結弦選手が着ていたシャツを脱ぐというシーンがあり、そこで現れた腹筋に驚きの声が集まりました。

色白で中性的な印象もある羽生結弦選手の腹筋が、まさかここまでバキバキに割れているとは視聴者も思っていなかったのです。

『ファンタジー・オン・アイス』でチラ見せしていた腹筋も、美しいと話題に。羽生結弦選手の腹筋には、男性からも「羨ましい」「理想の細マッチョ」と称賛の声が寄せられています。

見事なシックスパック。ちなみの羽生結弦選手の腹筋チラ見せは『ファンタジー・オン・アイス』の名物のようになっており、これを楽しみにしているファンもいるのだそうです。

羽生結弦の男らしい胸板画像

実は胸筋も凄い羽生結弦選手。練習着のうえからでも、筋肉が隆起しているのが分かります。体が薄い印象のある羽生結弦選手ですが、胸板も厚いんです。

こちらも『くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド』の中で見られた羽生結弦選手の上半身の筋肉です。激しい競技に耐えられる体幹を作った結果、胸板も厚くなったのでしょうか。

絵に描いたような逆三角形の羽生結弦選手の体型。ファンからは「もはや芸術品」とまで称賛されています。

羽生結弦のしなやかな背筋画像

胸筋同様に背筋も綺麗についています。羽生結弦選手のしなやかで力強い演技を支えていたのは、この背筋だったんですね。

羽生結弦選手の背筋については、織田信成さんも「凄い!」とTVで語っていたことがある程。トップクラスの競技経験者から見ても、羽生結弦選手の体幹は一目置かれているんです。

羽生結弦の筋肉のつまった大きなお尻も魅力!

また、羽生結弦選手と言えばお尻周りの筋肉が凄いことでも知られています。羽生結弦選手の演技を支える肝とも言われる、お尻周辺の筋肉を見ていきましょう。

羽生結弦選手の身長は172cm、体重は56kgと数字だけ見るとかなり軽いのですが、それでもこれだけ腰回りががっしりしているということは、大臀筋がかなりついていることが分かります。

ソチオリンピックの頃に比べてお尻が大きくなったと言われる羽生結弦選手ですが、ジャンプの完成度を高めるために鍛えた結果と見られています。

羽生結弦の美しい筋肉の鍛え方は?トレーニング方法を紹介!

markusspiske / Pixabay

羽生結弦選手の筋肉は見せるためにつけたものではなく、フィギュアスケートのためにつけたものなので、過剰すぎないしなやかさが魅力です。

どのようにすれば羽生結弦選手のような筋肉が手に入るのか、トレーニング方法を紹介していきます。

体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛える

背筋、腹筋、大殿筋を鍛えるのに、羽生譲選手は体幹トレーニングを取り入れていたと考えられます。

氷の上でも軸がぶれないインナーマッスルを手に入れるため、羽生結弦選手が体幹を鍛えていたことは確かですから、無駄のない背筋や腹筋を手に入れたい人は是非挑戦しましょう。

そうは言っても体幹トレーニングってどうやるの?と感じる方は、上の動画を参考にしてみてください。想像以上に負荷がかかるので、毎日行えばしなやかな筋肉が手に入りますよ。

スポーツ界で流行の実践型エクササイズ

羽生結弦さんはジムなどで行うようなマシンを使うトレーニングではなく、器具を必要としない実践型トレーニングを取り入れていることを行っていると予想されます。

マシンで負荷をかけると部分的に筋肉がつきすぎて、体全体が重くなってしまう恐れがあるのです。

実践型トレーニングは鍛えたい場所によってやり方が異なるのですが、マシンで行うトレーニングよりも筋肉を傷めるリスクも少なく、家庭でも取り入れられるというメリットがあります。

ギャロップトレーニング

上の動画では羽生結弦選手が「ギャロップ・トレーニング」という方法で、下半身を鍛えている様子が見られます。動画でいうと大体7分半くらいからです。

ギャロップ・トレーニングでは腰椎と大腿骨を接続する腸腰筋が鍛えられるため、美脚効果だけではなく太りにくい体を手に入れるという嬉しい効果も期待できます。

スッキリした下半身を手に入れたいという方は、腸腰筋とヒラメ筋が鍛えられるギャロップ・トレーニングに挑戦してみましょう。

鍛えにくい脚の筋肉はバレエでつけた?

羽生結弦選手にはバレエの経験があり、脚の筋肉はバレエのレッスンの賜物と考えられています。

バレエは簡単なポーズをとるだけでも足の筋肉を使うため、強くてしなやかな下半身を作るにはもってこいだったのでしょう。

練習の合間の軽い筋トレ

羽生結弦選手は練習の合間の空いた時間に、腕立て伏せなどの軽い筋トレをしている姿がよく見られます。

もともと痩せやすく筋肉が落ちやすい体質をしているという羽生結弦選手。こまめに筋トレをすることで体型を保っているのです。

ノートに食事記録などをして体調管理

さらに羽生結弦選手は、その日に食べた食事や体調などをノートに書き留めておくことで、自分の生活をしっかり管理していると言います。

何を食べた時に調子が良かったか、また悪かったかを把握することで食事のプランもきちんと立てているのだとか。

また、おにぎりなどをちょこちょこ食べるというのも、羽生結弦選手が取り入れている食事方法として知られています。

現在は右足のケガに悩まされながらも治療と筋トレに励んでいる

2018年11月のロシア杯に出場し、右足首靱帯を損傷してしまった羽生結弦選手。2019年はこの怪我の治療に時間を割いており、2019年3月には三角靭帯も損傷していることが公表されました。

苦しい状況ですが、羽生結弦選手は9月のオータム・クラシックには出場するとのことで、現在は治療とリハビリ、筋肉を落とさないための筋トレに励んでいるものと見られます。

9月の時点では怪我が完治する可能性は低いとされていますが、羽生結弦選手は前向きにトレーニングに取り組んでいると報じられています。

羽生結弦の筋肉はストイックな性格の賜物!

Free-Photos / Pixabay

理想的な細マッチョと言われる羽生結弦選手の腹筋や背筋、足や腕の筋肉が分かる画像の紹介や、羽生結弦選手の筋肉を目指すためのトレーニング方法を紹介致しました。

実戦で使うための筋肉をつけているからこそ、筋肉量が変わらないようにストイックな努力を続けている羽生結弦選手。

2019年現在は怪我の治りが思わしくなく、3月の世界選手権ではネイサン・チェンに惜敗してしまいました。現在の羽生結弦選手は雪辱戦に向けて励んでいるとのことなので、彼の活躍を応援しましょう。

関連する記事はこちら