仙道敦子の現在は女優復帰!復帰理由は?若い頃は子役として活躍! エンタメ

仙道敦子の現在は女優復帰!復帰理由は?若い頃は子役として活躍!

80年代後半から90年代前半にかけて多くのドラマや映画に出演し人気女優だった仙道敦子さん。結婚してからは女優から遠ざかっていましたが、現在は復帰して女優活動しています。復帰の理由は?若い頃は子役として活躍していた?当時の画像を交えて紹介します。

仙道敦子の現在は?女優復帰した理由とは?

仙道敦子さんは女優として80年代後半から90年代前半に公開された多くのトレンディドラマや映画に出演しました。1993年に俳優の緒形直人さんと結婚後は、主婦に専念していたようで女優を休業していました。

2018年7月にTBSテレビで放送された「この世界の片隅に」にお母さん役で出演し、23年ぶりに女優として復帰を果たしました。復帰した理由を調べてみたので紹介します。

女優復帰して話題に!仙道敦子のプロフィール!

仙道敦子さんが23年ぶりにドラマ出演することは大きな話題になりました。そんな仙道敦子さんのプロフィールをまずは紹介します。

  • 本名 緒形敦子
  • 出身地 愛知県名古屋市
  • 生年月日 1969年9月28日
  • 年齢 49歳
  • 身長 160㎝
  • 血液型 B型
  • 職業 女優、歌手
  • 配偶者 緒形直人
  • 学歴 東京都立代々木高等学校卒業
  • 所属事務所 研音

仙道敦子は現在、女優に復帰!緒形直人と結婚後は活動休止状態だった

連続ドラマ出演復帰後もNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演するなど、ブランクを感じさせず順調に復帰の軌道にのっているようです。

23年ぶりの女優復帰とのことなので、1993年に緒形直人さんと結婚されてから、ほとんど女優活動は休止していたと考えていいでしょう。2男1女と子供を出産したので、専業主婦の道を選んだようです。

仙道敦子は活動休止中も中村由真のブログに登場してた?

仙道敦子さんは活動休止中に女優の中村由真さんのブログにツーショットで登場しています。中村由真さんとは同じ東京都立代々木高校出身であり近い年代でもあるので、親しい間柄ようです。

仙道敦子は2018年7月の「この世界の片隅に」で女優復帰!

仙道敦子さんは、広島と戦争の中で生きた人々を描いたドラマ「この世界の片隅に」で主人公の松本穂香さん演じる「北條すず」の母親役である「浦野キセノ」役で女優復帰しました。

やさしいお母さん役を見事に演じており、若い頃にはなかった新たな魅力がありました。

仙道敦子の現在が美しすぎると話題に!

現在は50歳近くになる仙道敦子さんですが、若い頃の美しさを保っており、世間では美しすぎると話題になっています。現在の画像を紹介します。

確かに若い頃の美貌を維持しています。スタイルも維持しているようで40代後半の女性としては美しすぎます。

仙道敦子が女優復帰した理由は?子育てが一段落?

rawpixel / Pixabay

仙道敦子さんが女優復帰した理由は何故でしょうか?大方の考えでは子育てが一段落したからと思われます。長男である俳優の緒形敦さんは21歳であり、次男も高校生位です。

仙道敦子さんは12歳の子役からデビューした根っからの女優です。演技力にも定評がありオファーも多くあるでしょう。子育てが一段落し女優復帰するのも自然な流れでしょう。

仙道敦子は俳優デビューした息子の後押しのため復帰?

長男の緒形敦さんは俳優として役所広司さんや山崎賢人さん主演ドラマ「陸王」に山崎賢人さん演じる「宮沢大地」の友人役としてデビューしました。

しかしその後は特に俳優としてまだ目立つ活動をしていません。祖父はあの偉大な俳優である、故・緒形拳さんであり、父も演技俳優、緒形直人さんですので俳優として期待したいところです。

仙道敦子さんがメディアに復帰することにより、息子の敦さんにも世間の注目があたるでしょう。息子のドラマ出演のきっかけや顔を売る後押しとして、女優復帰を果たしたのも理由の一つかもしれません。

仙道敦子が語った復帰理由は?いいタイミングでオファーがあったから?

manusama / Pixabay

仙道敦子さんは女優復帰について徹子の部屋で「自分の中ではそんなに大きなこととしては捉えていなくて」と語っています。

子育てが一段落して時間に余裕がでてきた頃に「少しずつ仕事頂けたら」と思っていた時に、復帰のオファーがきたようです。タイミングがうまくマッチしたことが復帰のきっかけとなったようです。

23年のブランクがあったので、最初は少々ネガティブな気持ちもあったようです。しかし過去に多くの出会いと助けられてきている自覚があり、これもご縁と思い決断したようです。

関連記事はこちら

仙道敦子の最新情報は?復帰後も大活躍!

ドラマ「この世界の片隅に」で見事に女優復帰を果たした仙道敦子さんですが、その他のドラマでも出演して活躍しています。又、女優以外でも過去に出演したドラマに関係するイベントに参加しています。

長渕剛さん主演の「とんぼ」ブルーレイ&DVD発売記念として抽選で出演者のサイン色紙があたるイベントがありました。出演した仙道敦子さんのサイン色紙も対象になっています。

バラエティー番組「ぴったんこカン・カン」でとんぼ同窓会が開催されました。共演した長渕剛さんや哀川翔さん、石倉三郎さんと出演しました。

仙道敦子が「リーガル・ハート」にゲスト出演!

仙道敦子さんは、反町隆史さん主演ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士」にゲスト出演しました。経営悪化により倒産寸前に苦しむ老人介護施設の運営会社社長役を好演しています。

仙道敦子の若い頃は?子役・歌手としても活躍!

仙道敦子さんは小学生から児童劇団ひまわりに所属していました。子役の頃から評価が高く、若い頃はドラマやCM、映画に多く出演し、歌手としても活躍しています。

仙道敦子は子役として活躍していた?経歴は?

仙道敦子さんは、1980年にテレビ東京で放送された時代劇「大江戸捜査網」に子役としてデビューし、1981年に放送されたドラマ「判決ー生きる」でレギュラー出演を果たしました。

いずれも名子役として高い評価を得て、以後多くのドラマや映画に出演するきっかけとなりました。

仙道敦子の若い頃の画像は?

仙道敦子さんはの若い頃の画像はネット上で多くでています。セーラー服姿もありますので紹介します。

チャームポイントである大きい目は現在もあまり変わってないようです。当時流行った松田聖子さんのトレードマークである聖子ちゃんカットも似合ってます。

仙道敦子の代表作品は?

仙道敦子さんは幅広くドラマに出演しました。どれも素晴らしい作品ばかりですが、代表作品を5作紹介します。

セーラー服反逆同盟

1986年に日本テレビ系で放送された学園ドラマです。かつてエリート校だった国鳥学園高校にのさばる悪の校長一派を倒すため、秘密をもった少女達で「セーラー服反逆同盟」を結成。

悪の一派との戦闘シーンでは全員白いセーラー服と派手なメイクで登場して悪を成敗する青春アクションドラマです。主演は中山美穂さんで仙道敦子さんは準主演でした。

仙道敦子さんは同盟のリーダー的存在である「高坂ユミ」役を熱演しました。その圧倒的な存在感や空手アクションにより、主演といってもいいような作品でした。

ホットドッグ

1990年TBS系で放送された柳葉敏郎さん主演のドラマです。柳葉敏郎さん演じるテキ屋「相京信」の恋人役である「高松友子」役を演じました。

続編シリーズとして「テキ屋の信ちゃん」がシリーズ化され、こちらも出演しています。

クリスマス・イブ

1990年にTBS系で放送された吉田栄作さんとのダブル主演ドラマです。都市銀行を舞台に行内結婚を描いた王道恋愛ドラマであり、バブル感満載のトレンディドラマです。

仙道敦子さんはヒロインの「河合雪子」役を演じました。このドラマは視聴率が最終回にむけて上がっていき、最終回は視聴率20%を超えるヒット作品となりました。

翌年にはスペシャル版である「クリスマス・イブからはじめよう」が放送され、物語は完結しました。

徹底的に愛は…

1993年にTBS系で放送され、クリスマス・イブ以来の吉田栄作さんとのダブル主演作品です。外務省内の恋愛を描いたドラマであり、ヒロイン役の「安達純子」を演じました。

主題歌はYOSHIKIさん作曲の「今を抱きしめて」であり、仙道敦子さんと吉田栄作さんのデュオ「NOA」が歌いました。

とんぼ

1988年にTBS系で放送された長渕剛さん主演ドラマで、長渕剛さん演じる「小川英二」の妹「小川あずさ」役を演じました。

仙道敦子は歌手としても活動していた!

仙道敦子さんは15歳でシングル「青いSunset」で歌手デビューしました。女優でありながら歌唱力を評価されて、シングル4枚、アルバム2枚をだしています。

吉田栄作さんとのデュオ「NOA」でのシングル曲「今を抱きしめて」では第36回レコード大賞で優秀賞を受賞しています。

今後は主演仙道敦子のドラマを期待

過去に多くのドラマに主演してきた仙道敦子さん。23年ぶりの復帰なのでいきなり主演とはいきませんが、今後は映画かドラマで「主演・仙道敦子」として活躍することをファンは期待しているでしょう。

関連する記事はこちら