胸から激やせした河北麻友子が豊満だったころの水着姿が流出! 女優

胸から激やせした河北麻友子が豊満だったころの水着姿が流出!

河北麻友子といえば、大手化粧品メーカーのモデルに起用されたり、といまや時の人。ところが、激やせしたことでも有名ですよね。今日は、河北麻友子の非公開水着姿から、胸や、足、激やせした背景について解説していきますね!

河北麻友子の胸はAAAカップってほんと!?

えぐれたような、あばら骨が浮き出た胸になってしまった河北麻友子。顔は可愛いですが、顎がとがり、胸にはあばら骨が・・・。胸元が目立たない衣装にすればいいものを、河北麻友子のまわりのオッサンには、えぐれ胸が趣味の人が多いようで・・・

河北麻友子本人は、脳が洗脳されているので、えぐれ胸も気にならないそうです。問題は、河北麻友子周囲のオッサンです。よっぽど豊満な胸に飽きたのでしょうか・・・。われわれファンからすれば、可哀そうにみえてしまいます。

河北麻友子の水着撮影がキャンセルになった理由

いくら、周囲のオッサンの熱烈な支持があろうと、一般人の目には、可哀そうな河北麻友子の胸。写真集をだすにも、CM撮るにも、雑誌の撮影であろうと、顔に近い胸を露出できないのは、相当なハンディです。なにしろ、河北麻友子以外のモデルは、胸を競いますからね。

あばら骨がでていては、パッドを入れるくらいでは解決できません。特殊なパッドも取り寄せて、CM撮影にいどんだらしいですが(知り合い談)、あばら骨の画像修正のほうがコストがかかるとのことで、水着撮影はキャンセルになったそうです。

河北麻友子のウエストが49センチらしい!

河北麻友子は胸から激やせしましたが、当然、ウェストにも影響が。痩せる前は、63センチあったウエストも、いまや50センチを切っているとか・・・。たぶん、ウエストをよこから見ると、イッタンモメンのように、薄っぺらなはずです。

河北麻友子のウエストが50せんちを切ると困るのが、スタイリストです。いまでは、小学校低学年むけの衣装のなかから、大人っぽいものを探して、丈を修正して着せているそうです。裏方の苦労が半端ないですね・・・。

河北麻友子が激やせした理由とは・・・?

そもそも、河北麻友子がいまのように激やせしてしまった理由はなんなのでしょうか?あれほどひっぱりだこで、仕事が舞い込んでいれば、激やせする暇もなさそうなものですが・・・。業界での飲み会や、彼氏候補からの誘いも多いでしょうし・・・

河北麻友子が激やせしてしまった理由は、いくつか想像できます。忙しすぎる、とか、お腹を壊しやすい、とか、好き嫌いが激しすぎる、とか・・・。でも、もっとも信憑性があるのは、「いじめ」です。芸能界も、つらい世界です。

河北麻友子のウエストにあう水着を特注制作した会社社長

話は変わりまして、水着撮影がキャンセルになってしまい、一瞬で数千万円が泡に消えた河北麻友子。そうこうしてられない、ので、河北麻友子の体型をカバーする水着を特注制作することにしたそうです。普通なら、痩せて見える水着を探すのが常ですが、河北麻友子の場合は反対です。

胸のあばら骨を隠し、ウエストを適度にふっくら見せる水着・・・。なんて難しい注文でしょうか。あそこで、特注制作をひきうけたU社長は、水着の内側にシリコンをしきつめ、河北麻友子のからだの動きにあわせて、柔軟に吸いつく水着を開発したそうですよ!

河北麻友子の足が細すぎて、気持ち悪い!

ところが、水着で隠せないのが、足です。どうしても外にでてしまいますからね。まるで、爪楊枝のような河北麻友子の足、痛々しくて見ていられないスタッフが、撮影後、画像修正にあけくれているそうです。お気の毒様です・・・

写真になって、あの細さですから、実物は、箸くらいに感じるかもしれません。スキニージーンズをはいても、ダボダボになる、と知り合いのスタイリストがこぼしていました。実物は結構、気持ち悪いそうです。それでも、絵にしなければいけない、過酷な仕事ですね。

河北麻友子のウエストは一体何センチなのか?

河北麻友子のウエストが50センチを切ったのは数カ月前のことですから、いまは、もっと痩せているはずです。着物をきるとき、何枚ものタオルを腰にまきつけるように、河北麻友子もなんまいものタオルが必要だとか。衣装にあわせて用意しなければいけませんから、知り合いのスタイリストは、ありとあらゆるタオルを持ち歩いていましたよ!

あまりウエストが細くなると、当然、ウエストの内側にある内臓にも悪影響がでます。消化機能が低下したり、抵抗力がなくなるそうです。あの若さで、このようなことは大変です。これから河北麻友子がオバサンになると、一体どうなるのでしょうか。

河北麻友子が豊胸手術をしない理由が驚愕!

あばら骨が見えるほどの胸になってしまうと、芸能人の価値が下がるので、事務所からは「豊胸手術を受けろ」と指示されるのが通例です。もちろん、河北麻友子にもその指示が下がりました。ところが、いつまで待っても河北麻友子の、ムネには豊胸手術が行われません。

その理由が判明しました!豊胸手術は、土台に、ヒアルロン酸や、豊胸バッグをのせます。つまり、ヒアルロン酸や、豊胸バッグを支えるだけの土台が必要、ということです。ところが、河北麻友子の胸は、すでにその土台さえないのです。

河北麻友子のウエストと胸の差は何センチあるのか?

豊胸手術を受けることもできず、痩せる一方の河北麻友子。どんどん、ウエストと胸の差がなくなりつつ、あるそうです。つまり、爪楊枝体型ですね。これでは、いくら顔が可愛くても、ファンが減ってしまいますよね。

痩せている小学生の女の子は、ウエストと胸の差がなく、一直線です。河北麻友子は成人ですが、ほぼ、やせっぽっちの小学生と同じ体型だとか・・・。これから、女性らしい体型に、河北麻友子は変貌をとげられるのでしょうかね・・・。

河北麻友子の足と胸が太らない理由は食事にあった!

芸能界でイジメにあっていると噂の河北麻友子ですが、精神的によほどつらいのか、日増しに食事の量が減っているそうです。そして、味も薄味を好むようで、塩分も不足しているようです。体にむくみがないことが、足の細さに影響しているようです。

足が太い人のほとんどが、セルライトがたっぷりついているそうです。セルライトは、塩分のとりすぎなどで、足がむくんだ状態のままで、脂肪がつくこと。河北麻友子の場合、常に薄味なので、足がむくむことがないのですね。

河北麻友子が激やせする前の水着姿を独自ルートで入手!

激やせする前の河北麻友子の写真を、独自のルートで見せてもらいました。いまよりふっくらして、肌の色つやもよく、お得意の河北麻友子スマイルも輝いていました。頬がふっくらして、愛らしいんですが、ちょっとオバサンくさかったです。

河北麻友子の小学生時代のクラスメートにきいたところ、当時から明るい笑顔は健在で、クラスの人気モノだったそう。やはり、激やせしようと、芸能界入りしようと、面影はそのままひきつぐものなのですね。

河北麻友子の顔立ちは、すこしでも太ると、オバサンっぽくなるのが特徴かもしれません。それもあって、(河北麻友子本人も気づいていて)激やせしていったのかもしれませんね。イジメの周りから、オバサンポイ、と言われたのかもしれません。

河北麻友子は中学生時代、豊満な胸だったのは本当か?!

ふっくら、どころか、中学生のころの河北麻友子は、肥満タイプでした。そして、驚いたころに、そのころの河北麻友子は、豊満だったのです!噂ではEカップだったとか・・・。なんとももったいないですね。いまでもEカップをキープして入れば・・・。

しかし、一回なくなってしまったものを追い求めてもしょうがありません。Eカップから、AAAカップに落ち込んでしまうほど、河北麻友子の精神上、芸能界でのイジメは厳しい経験なのでしょう。河北麻友子のあかるい笑顔のウラには、人生ドラマがあるのです。

河北麻友子が着用した水着を入手したら・・・!

独自のルートで、河北麻友子が着用した、という水着を入手しました。伸縮性のある素材だからなのか、手のひらにすっぽり収まるほどの、小さな水着です。こんな小さな面積に体が入ってしまうなんて、驚異的です!よほど、補強技術が優れていないと、映像にうつってしまいそうです。

水着は、特注なので、市販されていません。しかも、撮影に使用した水着は、撮影後、着用予定がないとのことで、クリーニングもされずに、スタジオに放置されていました。清掃業者に廃棄される寸前に入手した水着なのです。

激やせした河北麻友子の悩みを、水着で一晩ヒアリング!

そんなこんなで、河北麻友子にも悩みが多そうなので、一晩かけて、悩みをヒアリングしてあげました。彼女も、水着姿がコンプレックスのようなので、アドバイスをするために、水着姿になってもらいました。見るに堪えない、細い水着姿で、よくこんな姿で仕事ができたな、と画像修正技術と裏方の苦労を想像しました。

僕の目の前にいた水着姿の河北麻友子は、売れっ子芸能人とはおもえないほど、華奢で、小さくて、オーラもなく、泣きじゃくっているばかりの小さな小さな女の子でした。小学生より小さく感じました。それだけ、日頃の悩みに押しつぶされそうになっているのだな、と気の毒になりました。

結局、河北麻友子がオバサンになったら、ここから崩れる!

一晩、河北麻友子と向き合って、ヒアリングして感じたことですが、彼女が10年後、20年後、いつか、オバサンになったとき、崩れる箇所がはっきりわかりました。どんなに整形手術をしようと、どんな恋をしようと、どんなお金持ちになろうと、必ず崩れてしまうウィークポイントです。

しかし、河北麻友子がくずれても、そんな彼女を心から愛し、いつくしむパートナーがそばにいれば、それでいいのではないか、とおもうのです。いまは売れっ子の河北麻友子。でも、いつかは枯れるのですから。そんな彼女を大きく包み込んでくれるパートナーと出逢うことを祈っています。彼女の明るい笑顔は、歳をとっても色あせないはず。