結婚してますますエロい宮沢りえ!出演映画、ドラマ、CMを一挙公開! 女優

結婚してますますエロい宮沢りえ!出演映画、ドラマ、CMを一挙公開!

10代の頃から天才女優として大注目だった宮沢りえさん。V6の森田剛さんとの結婚でも話題になりましたね。日本を代表する大女優になった宮沢りえさんの過去の映画やドラマ、CMについてランキング形式でまとめました。気になる夫婦生活にもせまります!

デビュー当時はとがってた?出演映画を選んでいた宮沢りえ

若い頃の宮沢りえさんといえば、現在の落ち着いたイメージとは違ってかなりとがったイメージがありました。とくに紅白歌合戦で見せた「素肌でジャグジーバス」は衝撃的で、まさに「宮沢りえ、ここにあり!」という感じでした。天才はやっぱり、生まれながらに天才なんですね。

フレッシュな宮沢りえ!若い頃の悩殺CMまとめ

ドラマや映画はもちろんのこと、CMでも独特の存在感を放っていた宮沢りえさん。デビュー当時から現在までの名作CMについて独断と偏見によりまとめてみました。「宮沢りえ世代」の方もそうでない方も、名女優の可憐な七変化を存分に御堪能くださいませ。

宮沢りえの原点!三井リハウスガール

宮沢りえさんといえば三井リハウスガールを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。1987年に初代リハウスガールに選ばれ、CMでもイメージキャラクターを勤めた宮沢りえさん。早くも大人の女としてのフェロモンをほのかに感じさせる宮沢りえさんはやっぱり逸材でありました。

清純エロスがたまらない!ポカリスエット

三井リハウスガールの翌年、1988年から90年にかけて放送されたポカリスエットのCM。当時からすでに「ぼくらの七日間戦争」で注目をあつめていた宮沢りえさん。ポカリスエットのCMでも清純な爽快感をアピールしつつ、ほんのりとしたエロスを振りまいてりえちゃんファンの思春期男子を悩殺してくれました。

熟女になってもイケる!伊右衛門

10代の頃から順調にキャリアを積んでいる宮沢りえさん。30代以降はフェロモン路線に転向し、「伊右衛門」のCMではしっとりとした和服エロスを堪能させてくれました。本木雅弘さんの渋さとのバランスも最高で、15秒とはいわず何時間でも見ていたい大人のフェロモンがありました。

映画ドラマCMに引っ張りだこ!宮沢りえプロフィール

天才女優・宮沢りえさんの活躍ぶりについてまとめる前に、まずは宮沢りえさんの基本プロフィールについておさらいしておきましょう。宮沢りえさんはなぜ、「世界の宮沢りえ」になったのでしょうか。気になる素顔にせまります!

宮沢りえ(ミヤザワ リエ) 女優。1973年4月6日生まれ、東京都出身。B型。1987年、白鳥麗子役で登場したCMで一躍注目を浴びる。翌年、映画『ぼくらの七日間戦争』で映画デビュー。篠山紀信撮影の写真集『Santa-Fe』は社会現象と呼ばれるほどのヒットとなった。その他、映画『たそがれ清兵衛』、『父と暮せば』、『紙の月』、『湯を沸かすほどの熱い愛』、フジテレビ系ドラマ『いつも誰かに恋してるッ』、『いつか誰かと朝帰りッ』、NHK大河ドラマ『江 ~姫たちの戦国~』ほか、舞台・CMなどに出演。2009年、一般男性と結婚、第1子女児を出産。2018年3月、V6の森田剛と再婚。

https://www.oricon.co.jp/prof/201817/profile/

出演オファー多数!宮沢りえが映画やドラマ、CMに欠かせない訳

りえママとの関係や貴乃花との破局騒動など、若い頃からスキャンダルが絶えない宮沢りえさんですが、むしろスキャンダルをエネルギーにするかのように女優としてますます進化を遂げているイメージがあります。宮沢りえさんが日本の映画界に欠かせないとされる理由についてまとめてみました。

三井のリハウスガールのCMデビュー後、その圧倒的な可愛さで10代にして一躍トップスターにのし上がった宮沢りえさん。観月ありささん、牧瀬里穂さんと共に3Mとして90年代に大人気でした。歳を重ね現在の宮沢さんは、舞台・映画女優として数々の賞を総なめにし、大女優の地位を不動のものにしています。現在1児の母の44歳の宮沢さん。公私共に絶好調で、今もなお注目され続けている女優の一人です。
http://news.livedoor.com/article/detail/13712334/

おすすめは?宮沢りえの出演ドラマ、映画人気ランキング

10代で「宮沢りえ旋風」を巻き起こし、アラフィフになっても色気とフェロモンを失わない宮沢りえさん。今回は数えきれないほどの出演作品のなかから、独断と偏見、勝手な評価基準によって人気ランキングをつくってみました。皆さんのお気に入りは入っているでしょうか。

10代とは思えない!春日局

1989年放送の大河ドラマ「春日局」にお初役として出演した宮沢りえさん。当時は三井リハウスガール、ポカリスエットと現代風の清純派少女で売っていた宮沢りえさんですが、「春日局」では和服姿も板についていて、10代にして成熟した女のエロスと落ち着きを完璧に表現していました。

デビューならではの初々しさ!「ぼくらの七日間戦争」

宮沢りえさんの記念すべき映画デビュー作「ぼくらの七日間戦争」。自分たちのことを理解しようとしない大人という権力に若さのエネルギーをぶつける、という映画ですが、このなかで宮沢りえさんは反乱軍のリーダー的ポジションを演じ、清純とも反抗的ともまた違うあやうさを見事に感じさせました。

ベッドシーンもアリ!「紙の月」

角田光代原作で映画化された「紙の月」。顧客の預金を横領してしまう銀行員を演じた宮沢りえさん。あまりにリアルすぎる演技もさることながら、劇中で見せる濃厚なベッドシーンでも注目され、「宮沢りえはまだまだイケる!」ということをあらためて見せつけました。

大女優病?有名映画に多数出演の宮沢りえの裏側

アカデミー賞は当たり前、世界的な監督からも大注目の宮沢りえさんですが、ネガティブな噂もないわけではなく、「日本一わがままな女優」としても知られています。プロ意識化、あるいはたんなる傲慢か。宮沢りえさんの知られざる素顔について業界の声をまじえてお伝えします。

「独立した直後、彼女は『やっぱり生の舞台の感覚は大事にしたい』と言っていたそうです。実を言うと、満島は宮沢りえ(45)に憧れています。周囲には『りえさんみたいになりたい』と話しています。宮沢は基本的に舞台や映画の仕事が中心で、テレビドラマにはまず出ない。満島も独立後は、宮沢のやり方を参考にすると見られています」。宮沢といえば、今や誰もが認める大女優である。昨年は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(クロックワークス)で各映画賞の主演女優賞を総なめにした。http://news.livedoor.com/article/detail/14880086/

わがままも大女優の特権!噂を気にせず突き進んでほしい!

一部ではわがまま女優との噂もある宮沢りえさんですが、個人的には、多少のわがままは大女優の特権であり、作品にこだわることでクオリティの高い演技ができるのなら文句はないんじゃないかと思ってしまいます。宮沢りえさんには大女優の特権を活かして、これからもどんどん現場を振りまわしていただいたいですね。

バラエティにも出演!ドラマや映画だけじゃない宮沢りえを知る人

ドラマや映画で無敵状態の宮沢りえさんですが、若い頃はあの伝説のバラエティにも出演し、人気芸人と楽しそうにコントを披露していたりしていました。デビュー当時からの宮沢りえさんをよく知る芸能人についてまとめてみました。あの人との意外な関係もわかりますよ。

そのボディに一目ぼれ!篠山紀信

宮沢りえさんといえば「サンタフェ」、「サンタフェ」といえば篠山紀信さんですよね。実は、あのヌード写真集は篠山紀信さんからの提案だったそうで、宮沢りえさんのボディに惚れ込んだ篠山さんの熱烈なオファーによって実現したのだとか。さすがは篠山さん、先見性も抜群ですね!

コントの才能を開花!とんねるず

若い世代にとってはあまりピンとこないかもしれませんが、宮沢りえさんは若い頃、伝説のバラエティ番組「みなさんのおかげです」に出演し、とんねるずとともにコントを披露していたんです。りえさんのコメディエンヌとしての才能は、とんねるずによってきたえられたのかもしれませんね。

コメディにも欠かせぬ逸材!三谷幸喜

三谷幸喜脚本の舞台「おのれナポレオン」で天海祐希さんの代役を務めあげた宮沢りえさん。オファーを受けてから公演までがほとんど時間がなく、それでも台詞を完璧に覚え、パーフェクトな役づくりを見せた宮沢りえさんは間違いなく日本を代表するコメディエンヌで、その才能は三谷幸喜さんを嫉妬させるほどだったといいます。

CM出演5000万、映画1億?宮沢りえのギャラ事情

「宮沢りえは使いにくい」と一部でささやかれている背景には、高騰気味のギャラ事情があると言われています。アカデミー賞女優ということで、映画1本1億は当たり前、CMだけでも5000万円以上は堅いとされる宮沢りえさん。芸能界きっての高給取りであり、おいそれとはオファーをかけにくいのもわかる気がします。

業界内での「序列」や「勢い」も一目瞭然である。例えば、「女優」ジャンルの最注目は再ブレイク中の宮沢りえ(42)だ。宮沢は『ヨルタモリ』(フジテレビ系・日・夜11時15分~)でタモリの下ネタトークをあしらう“大人の女”っぷりで新境地を開拓し、ギャラも最高ランクに近い8000万円にアップしている。「もともと盤石な評価を受けていたが、最近は仕事の幅が広がり、ギャラは昨年より1000万円程度上がった」(前出・代理店関係者)
http://news.livedoor.com/article/detail/10312943/

ドラマ出演がきっかけ?宮沢りえに夢中の男たち

アラフィフにさしかかり、ますます妖艶なフェロモンを振りまく宮沢りえさん。芸能界でも数多くの浮名を流しており、有名俳優や演出家との熱愛スキャンダルが今でも伝説のごとく語り継がれています。宮沢りえさんのフェロモンに骨抜きにされた男たちを思いきって公開いたします。

演出の舞台に出演!野田秀樹

宮沢りえさんの恋愛スキャンダルといえば、野田秀樹さんの名前を抜かすことはできません。もともとは演出家と女優として知り合ったふたり。独特の世界観に惹かれ合ったのでしょう。ワイドショーでは同棲報道が取り沙汰され、破局の際にも連日報道にさらされました。当時の報道を見て「何で俺には……」と三谷さんが悔しがっていたとか……。

本物のバーでしっぽりと?タモリ

フジテレビの「ヨルタモリ」で共演したタモリさん。番組ではあくまで飄々と、紳士的なキャラクターを演じていましたが、内心ではきっと「あわよくば俺だって……」と狙っていたに違いありません。収録が終わったあと、本物のバーでふたりきりの楽しい夜を過ごしていたりして?

なんだかんだでイケメン好き!森田剛

芸能界でさんざん浮名を流していた宮沢りえさんのハートを最終的に射止めたのは、V6の森田剛さんでした。ジャニーズ系とはちょっと意外でしたが、美男美女のビッグカップルということで、やっぱりお似合いの御夫婦です。これでスキャンダルも打ち止め、ということになるといいのですが……。

夫婦一緒のドラマ出演は?格差が気になる宮沢りえ

森田剛さんとの電撃入籍を発表した宮沢りえさん。早くも赤ちゃんが待ち望まれているところですが、業界的に見て、宮沢りえさんと森田剛さんの需要はどの程度あるのでしょうか。ちょっぴりシビアなドラマ事情ですが、今後の展開が気になるところです。

出演映画、ドラマ、CM多数!ますますエロくなる宮沢りえ

アラフィフになってもまだまだエロい宮沢りえさん。森田剛さんとの夫婦仲も順調のようで、女優としても新たな局面に入った感があります。これからもあふれんばかりのエロスと演技力で世界中を骨抜きにしてほしいものです。