高嶋ちさ子の母親の死因は?厳しい教育エピソードや家族について エンタメ

高嶋ちさ子の母親の死因は?厳しい教育エピソードや家族について

ヴァイオリ二ストの高嶋ちさ子さんは、母親から「ダウン症の姉の世話をするために兄とあなたを産んだ」といわれたそうです。4歳の頃にピアノを習い始めますが、才能がなくヴァイオリンを習うようになりました。そんな高嶋ちさ子さんの母親や家族のことを紹介します。

目次

[表示]

高嶋ちさ子と母親の関係性が話題!衝撃の告白とは?

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんは、気の強い母親から衝撃の告白を受けていましたが、それはどんな言葉だったのか?高嶋ちさ子さんと母親との関係を詳しく見ていきたいと思います。

高嶋ちさ子のプロフィール

高嶋ちさ子さんは、1968年8月24日生まれ、東京都出身のヴァイオリニストです。父親は元東芝EMIのディレクター高嶋弘之さんで、ビートルズを日本に紹介した人でもあります。

その父親の兄は俳優の高島忠夫さんで、その息子である高嶋政宏さん・高嶋政伸さんは従兄にあたります。6歳からヴァイオリンを習い、桐朋学園大学音楽学部を卒業しています。

1999年2月にソニー創業家の会社員と結婚し、2006年に「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストを立ち上げています。

高嶋ちさ子の母親はどんな人?気が強い性格だった?

2019年8月15日に放送された「直撃!シンソウ坂上」に出演した高嶋ちさ子さんは、2017年8月に亡くなった母親の薫子さんのことを語っています。

また、その時高嶋ちさ子さんの姉の未知子さんが「ダウン症」であることを明かしました。そして、母親の薫子さんは気が強く短気だったそうで、高嶋ちさ子さんはその血を受け継いでいるといわれています。

高嶋ちさ子さんの母親の高嶋薫子さんは、ピアニストでピアノの先生でもありました。ちさ子さんも5歳の頃にピアノを習い始めていますが、楽譜を覚えることができず、才能がなかったことから2ヵ月で辞めています。

衝撃告白!母親はダウン症の姉のために高嶋ちさ子を産んだ?

番組の中で高嶋ちさ子さんは、母親の薫子さんが「ダウン症の姉の面倒をみさせるためにちさ子さんと兄を産んだ」という衝撃の言葉を伝えていたことを明かしています。

ちさ子さんは、物心ついた時から姉の世話をするのが当たり前だと思っていましたが、母親は「みっちゃん(姉)がいなかったら、産んでいなかった」と言われたそうです。

幼い頃には高嶋ちさ子が姉をいじめから守っていた?

Bru-nO / Pixabay

高嶋ちさ子さんの6歳年上の姉はダウン症で、小学生の頃にひどいいじめに遭っていたそうです。その姿を見ていたちさ子さんは、姉をいじめたやつらをやっつけようと頑張っていたといいます。

また、現在の高嶋ちさ子さんの気の強い性格は、そのような過去があったからだといわれています。

母のスパルタ教育法も話題に

mohamed_hassan / Pixabay

ピアニストだった母は最初ちさ子さんにピアノを教えていましたが、わずか2ヵ月で才能がないといわれ辞めさせられました。その後ちさ子さんはヴァイオリンを習いたいと懇願してヴァイオリンを習うことになります。

しかし、そのレッスンに全て母親が立ち会い、その熱血指導は地獄だったと本人は語っています。

母がちさ子さんに厳しく指導していたのは、姉の未知子さんの存在があったからで、将来は未知子さんの面倒を見るために自活してほしかったからだったようです。

2015年、母親が間質性肺炎を患う

DarkoStojanovic / Pixabay

自身のブログで明かしていますが、高嶋ちさ子さんの母親は間質性肺炎を患い、2015年の末くらいから寝たきりの状態が続いていたそうです。

晩年の自宅介護は、高嶋ちさ子さんが仕事で忙しいため、ちさ子さんのお姉さんが介護していました。また、月に一度の通院日には、ちさ子さんやちさ子さんのお兄さんが付き添いに来ていたようです。

高嶋ちさ子は一緒に死のうと思っていた⁉︎

geralt / Pixabay

高嶋ちさ子さんの母親が間質性肺炎を患って、最悪の場合2ヶ月もたないかもしれないと医者から告げられていたそうです。

その事を知ったちさ子さんは、母がいなきゃ生きていけないと思い、一緒に死のうとまで思いつめていたといいます。結局母親は、発病してから2年半生きたことで、ちさ子さんはその間心の準備もできたようです。

2017年8月29日に母親が死亡

間質性肺炎を患って2年半後の2017年8月29日に、母親の薫子さんは亡くなりましたが、その事をブログで明かしたのは4ヶ月後でした。

関連する記事はこちら

高嶋ちさ子の母親の教育法は?驚きのエピソードも!

TeroVesalainen / Pixabay

高嶋ちさ子さんの母親の薫子さんは、その教育方法がかなり変わっていました。薫子さんがちさ子さんを厳しく育てたのは、ダウン症の姉の面倒を見させるために自立させたかったようです。

そんな薫子さんの教育のエピソードや、ちさ子さんに言い聞かせていたと言われる4つの言葉を紹介します。

母親は高嶋ちさ子にピアノの才能がないとはっきり告げていた⁉︎

stevepb / Pixabay

ピアニストだった母親の影響を受けて、4歳からピアノを始めた高嶋ちさ子さんでしたが、2ヶ月目で母親から「才能がない」といわれ、辞めさせられています。

「才能がない」とはっきり言われることは、本人にとっては辛いかもしれませんが、ピアニストの母親だからこそ、はっきり言えたのかもしれません。

5歳の時にヴァイオリンに惹かれ6歳で習い始める

pixel2013 / Pixabay

ちさ子さんは、ピアノを辞めさせられたあと、5歳の頃に幼稚園でヴァイオリンを弾いている子に憧れ、母に習いたいと懇願しました。しかし、母親は「ピアノもできない子にヴァイオリンは無理」と拒否されました。

その後もちさ子さんは1年掛けて説得し、小学1年生からヴァイオリンを習い始めることができました。

母親の指導が超スパルタだった!

ArtCoreStudios / Pixabay

1年間の説得のおかげで、ヴァイオリンを習うことができたちさ子さんでしたが、母親の薫子さんが全てのレッスンに立会い、熱血指導をする母によって楽しいはずのヴァイオリンが地獄に変わってしまったそうです。

高嶋ちさ子に伝えた4つの言葉とは

JillWellington / Pixabay

母親の薫子さんが、高嶋ちさ子さんに伝えた4つの言葉がありますが、それは以下のようなものでした。

  • 「いい人」だと言われたら、他に褒めるところがないと思え。
  • 人を見たら泥棒と思え
  • 孝行したい時には親はなし…今でしょ!
  • 稼ぐやつには貧乏なし

(引用:FNNPRIME)

といった言葉をちさ子さんに常に言い続けていたそうです。

小学5年生の時に母親から180万円の楽器をプレゼントされた⁉︎

ewald0907 / Pixabay

そんな高嶋ちさ子さんの母親ですが、ちさ子さんが小学5年生の時に、へそくりで180万円の楽器を買ってくれたことを番組の中で告白しています。

その後、高嶋ちさ子はイェール大学の音楽学物大学院へ

rawpixel / Pixabay

高嶋ちさ子さんは、その後音楽の名門である桐朋学園の高校と大学を卒業し、世界的な名門であるアメリカのイェール大学の音楽部大学院に入学しています。

母親は、英語が得意ではなかったちさ子さんが、寂しい思いをしているだろうと、毎日手紙を送っていたといいますから、ちさ子さんへの愛情が深かったのでしょう。

その手紙の内容も、ちさ子さんを笑わせようと、家族のこととかを書いて送っていたそうです。

貧乏時代には母から借金も?

janeb13 / Pixabay

母親からの支えもあって、高嶋ちさ子さんは無事に大学院を卒業し、マイアミのオーケストラに入団しています。

しかし、レコード会社に勤務していた父親が、勝手に音楽デュオを結成しちさ子さんをアイドルユニットとしてデビューさせました。歌うことに挑戦したちさ子さんでしたが、全く売れずに解散しています。

その後はひとりで活動を続けていましたがうまくいかず、その頃は母から毎月借金をしていたといいます。

高嶋ちさ子の家族構成は?現在はどうしてる?

Anemone123 / Pixabay

高嶋ちさ子さんの家族構成は現在どうなっているのか、両親や兄弟について見て行きます。

高嶋ちさ子の父は音楽プロヂューサー・高嶋弘之

高嶋ちさ子さんの父親は、音楽プロデューサーの高嶋弘之さんで、元東芝EMIのディレクターでした。ビートルズを日本に紹介したことでも有名です。

高嶋弘之さんは、神戸の大地主の家で育ち、早稲田大学文学部を卒業後は東芝EMIの前身である東京芝浦電気レコード事業部に入社し、ビートルズのディレクターを担当していました。

東芝IMEを退社後には、キャニオン・レコード取締役制作部長に就任し、その後チャペル・インターソングの社長に就任しています。

高嶋ちさ子の兄は高嶋太郎で会社員

高嶋ちさ子さんの兄は高嶋太郎という人で、会社員をしています。高嶋家全員から、性格が悪いと言われてる兄ですが、ちさ子さんとも子供の頃から良く喧嘩していたそうです。

そんな兄は都立戸山高校を卒業後、東京理科大学を出て千代田化工建設株式会社に入社し、現在はシンガポールに在住しているそうです。

家族の現在は?母亡き後は父と姉が二人で暮らしている

高嶋ちさ子さんの母親の薫子さんが亡くなってからは、実家で父の高嶋弘之さんと姉の高嶋未知子さんが2人で暮らしていことが分かっています。

高嶋ちさ子さんは、家にもよく訪れ、姉の未知子さんにも寄り添っていて、父親にも感謝されているようです。

ヴァイオリ二ストとして、またテレビやラジオで活躍する高嶋ちさ子

ヴァイオリ二ストの高嶋ちさ子さんは、母親から「ダウン症の姉の世話をするために兄とあなたを産んだ」といわれたそうです。しかし、母親が間質性肺炎で入院した時は一緒に死のうとまで考えたといいます。

4歳の頃にピアノを習い始めますが才能がなく、ヴァイオリンを習うようになりました。父親が勝手に作ったアイドルユニットでちさ子さんは歌手活動をしましたが、全く売れず母親から借金していたといいます。

その後の高嶋ちさ子さんは、「高嶋ちさ子と12人のヴァイオリ二スト」を立ち上げ、テレビのバラエティ番組でも活躍しています。そんな高嶋ちさ子さんの母親や家族を紹介しましたが、どう思われたでしょうか?

関連する記事はこちら