高岡早紀のおっぱいが小さくなった?!美魔女で巨乳の胸画像集 タレント

高岡早紀のおっぱいが小さくなった?!美魔女で巨乳の胸画像集

高岡早紀さんは、スリムな身体に大きなおっぱいが見事な女優さんです。特に若い頃は巨乳を映画や写真集でたっぷり披露してくれました。大胆な濡れ場も厭わず積極的な演技が話題になりました。ところが最近激やせして、その影響で胸も縮んだとか、一体どうなっているのでしょうか。

目次

[表示]

高岡早紀が激やせ!胸が小さくなったと話題に?!

高岡早紀さんは、若い時から変わらず、素晴らしいプロポーションでファンや共演者を魅了してきた女優さんです。色々な画像で豊満な彼女の胸をクローズアップしてみましょう。

美白肌でスタイル抜群!高岡沙紀のプロフィール

高岡早紀さんは、1972年12月3日生まれで現在46歳です。出身地は神奈川県藤沢市です。身長163cm、血液型はA型です。スリーサイズは、B:87cm、W:60cm、H:90cmです。

1988年の「マドラス」のCMで芸能界デビューしました。同時にCMソング「真夜中のサブリナ」でアイドル歌手としてもデビューしました。翌年には、東映「cfガール」で映画デビューをしました。

若い頃は胸が大きかった!出産後、現在は萎んでいる?

若い頃は大変立派な胸が目立っていました。一見華奢にみえる彼女に不釣合いな巨乳というイメージがずっとありました。でも何度かの出産を経て、さすがの高岡さんも縮んできたのかもしれません。

ネットでは若い頃の大きなおっぱいを持つ高岡早紀を懐かしむ声多数

何年か前、次男と一緒のハワイのロケの画像では、ラフな姿から見てとれる胸のサイズは、かなり小さくなったようです。少し垂れたのかもしれませんが、往年の豊かな胸を懐かしむ声がネットを飛び交っています。

なぜ胸が小さくなった?原因は激やせ?

今年の5月、高岡さんは娘さんと旅行に行ったことをインスタグラムで紹介しています。娘さんの写真が多いのですが、高岡さん自身の画像もあります。その画像が問題でした。

画像を見ておどろきました。激やせしてびっくりするほど手足が細い上、同時に胸も小さくなっています。彼女の胸は以前はF、最近はEカップとされてきましたが、今回はBカップ程度にしか見えません。

胸が小さくなっても妖艶さは健在!現在も劣化せずセクシーグラビアを披露

胸が多少小さくなろうが、高岡さんの妖艶さは変わらず健在です。あいかわらずセクシーな写真を披露してくれます。年齢を重ねてもなお魅力的ですね。

40歳を過ぎても水着をセクシーに着こなす魔性の女・高岡早紀

40歳を過ぎても水着をセクシーに着こなす高岡さん。インスタグラムには、結構健康的なシーンもあったりします。

現在の胸のサイズは?胸の大きさがわかる画像まとめ

,あまり角度がついていないので、肝心の胸の大きさが分かりにくいですね。

角度がついた画像

現在の写真で推定すると、いかがでしょうか?どうやらDカップくらいですか。それともCでしょうか。

美人女優・高岡早紀に結婚歴!?に関する記事はこちら!

高岡早紀の全盛期の巨乳ぶりが衝撃!?

高岡早紀さんの若い頃は、Fカップという巨乳がとても大きな武器になっていました。清楚な顔立ちとのギャップも話題となりました。

若い頃はむちむちだった?!バストサイズはFカップ!

若い頃の高岡早紀さんは、身長163cmで体重が46キロとかなり細い体型ですが、バストは何とFカップでした。年齢を重ねても、この体型を維持する努力を怠りませんでした。さすが女優魂ですね。

この美貌で、Fカップというすごいスタイルの持ち主、それでいつも注目されていたのでしょう。どこか日本人離れしたスタイルが話題でした。

若い頃の画像はある?10代のころから既にセクシーだった

アイドルとしてデビューした高岡早紀さん、色々なCMに出演しています。かわいくて爽やかな印象で、しかもこの頃から胸が大きくセクシーなCMになっています。代表的なCMがこの「フルーツインゼリー」です。

透明感のある巨乳美少女として注目を集めていた高岡早紀の画像集

映画「バタアシ金魚」からの画像です。10代の頃の水着姿の高岡早紀さん、もう胸が巨乳カップだったようです。キュートなルックスにメリハリのあるボディがとてもインパクトがあります。

デビュー後間もない頃

デビュー後間もない頃でも、既にりっぱなおっぱいですね。

レコードジャケットその1

どのジャケットも、きのせいでしょうか胸を強調しているようにみえますね。

レコードジャケットその2

もちろん少し胸から離れた、レコードジャケットもありました。

高岡早紀のヌードや濡れ場シーンはある?フルヌード写真集も?!

高岡早紀さんは、女優のキャリアの中で比較的早い内から、清純派を止めて色々な役に挑戦してきました。濡れ場やヌードシーンにも積極的に取組んできました。

映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で濡れ場を演じ大きなおっぱいが大注目

本作品は高岡早紀さんが清純派から転身して、肉体を武器に大人の女としての魅力を見せつけています。力ずくで、全裸の高岡さんがこれでもかと陵辱されるシーンが連続します。

映画では、息をのむほど魅力的な美巨乳を、何度も見ることができます。また行水をするサービスカットも、大胆に巨乳を見せつけてくれます。

映画「female フィーメイル」ではAV顔負けのセックスシーンも!

2005年公開の「female フィーメイル」はオムニバス映画です。その中で、高岡早紀さんは「夜の舌先」に出演しています。この作品では更に過激な濡れ場に挑戦しています。

過激なシーンでは、家の階段や部屋の中で全裸の高岡さんが「立ちバック」の体位で、背後から男性を受け入れ、快楽をむさぼるようにセックスします。大胆な演技が大変話題になりました。

2016年には舞台「娼年」でフルヌードになっていた

松坂桃李さんとの共演で話題となった舞台が「娼年」です。舞台の中心がベッドとなる演出のとおり、松坂さんとの大胆な濡れ場を何度も舞台で演じました。フルヌードの過激な演出により、R15指定の舞台でした。

この舞台がきっかけで、韓国料理店での2人の熱愛がスクープされました。

ヘアヌード写真集「one, two, three」も当時話題に

1995年の篠山紀信撮影のヘアヌード写真集「one, two, three」は、その大胆なヘアヌードは当時話題になりました。

NEXT:1999年にも写真集「Accidents Series 11」を出版し豊満な体を魅せる
1/2