「蛇にピアス」の吉高由里子さん!!演技のためなら「裸をみて」!?濡れ場もすごい? エンタメ

「蛇にピアス」の吉高由里子さん!!演技のためなら「裸をみて」!?濡れ場もすごい?

テレビコマーシャルや、ドラマ、バラエティーや映画でも引っ張りダコの吉高由里子さん。キュートで、どこか不思議な魅力のある彼女について興味がある方も多いのではないでしょうか?今日はそんな彼女の魅力、「蛇にピアス」での活躍などについて調べていきたいと思います。

目次

[表示]

濡れ場も必見?吉高由里子さん主演「蛇にピアス」とは!?

吉高由里子さんが主演し、話題になった「蛇にピアス」は芥川賞受賞作の文学作品である「蛇にピアス」が原作です。

主人公は、生きる実感を持たない19歳の女の子ルイが渋谷で出会った赤毛のモヒカン、眉と唇にピアス、背中に龍の刺青、蛇のようなスプリット・タンを持つ「アマ」という男の子と恋におちていく作品です。

SM、刺青、ピアス、スプリットタンなどの要素があり、過激な内容の作品となっています。

実は問題作!?原作のエピソードとは?

実はこの作品、ちょっと揉めたエピソードがあります。当時審査員を務めていた石原 慎太郎さんが文学雑誌の批評において、作品にバツを突きつけたのです。実際、どんなことを言っていたのでしょうか?

「私には現代の若もののピアスや入れ墨といった肉体に付着する装飾への執着の意味合いが本質的に理解出来ない。選者の誰かは、肉体の毀損による家族への反逆などと説明していたが、私にはただ浅薄な表現衝動としか感じられない」とし「今年は該当作無しでも良かったんじゃないか」とインタビューで答えています。

映画は脇役も豪華キャスト!

「蛇にピアス」の主人公であるルイ役を吉高由里子さん、「アマ」役を高良健吾さん、「アマ」の知人で後に「ルイ」と関係を持つ彫師の「シバ」役を井浦新さんが映画で演じています。

ルイとその友達に絡んでくる暴力団員の役で小栗旬さん、藤原竜也さんが出演しています。警察官役には、唐沢寿明さんが出演しており、脇役のキャストが豪華であることでも注目を集めました。

原作と映画で結末が違う?

映画は、ルイが交差点でうずくまるシーンで終わっています。しかし、このシーンは原作にはありません。映画は原作に沿った内容となっていますが、最後のシーンだけ色んな解釈ができるシーンとなっています。

「蛇にピアス」の予告編動画

2003年に公開された映画の「蛇にピアス」の予告編がYouTubeにありました。

映画の評価としては、「同じシーンばかり。内容が入ってこない」「ヒロインの独特の感性を良く描いている」などの声がありました。

映画の「蛇にピアス」は、アマゾンプライムビデオといった配信サイトでも視聴できます。GYOでは2020年10月1日から10月9日まで無料で配信されていました。

「蛇にピアス」吉高由里子さん 演技はクセが強い!?

吉高由里子さんの代名詞といえば、その独特で印象に残る演技力にあると思います。とても特徴的で、ものまねタレントの福田彩乃さんがよくネタにしていたりしますよね!人気者の証拠といっても過言ではありません!

この演技には賛否両論あるようで泣く演技がオーバーじゃない?といった意見や、作品ごとでも「カイジの演技は酷い!」いった声や「正義のセの演技は好き」といった声がネットでささやかれています。

何故こんなにも賛否が分かれるのでしょうか?それにはいろんな意見があると思いますが、インターネットで作品ごとに批評を見てみると、どうやら他の大物女優さんや出演者と比べられているという側面もあるようです。

大物との共演が多いのが原因?

特に目立った意見をみていくと、ガリレオでの柴崎コウさんや、朝ドラでは仲間由紀恵さん。それから東京DOGSでは小栗旬と水嶋ヒロに脚光が浴びていたようでなかなか上手くいかなかったみたいです。

実際にコミカルなキャラクターだったり、蛇にピアスのような芸術的で独特な世界を演じなければならないときなどに力を発揮するようですね。

クセが強くて、なんだかついつい見てしまう。そんな演技が吉高由里子さんの魅力のひとつなのは間違いないですね!

吉高由里子さん「蛇にピアス」は濡れ場の演技がやばい!?

吉高由里子さんが主演した「蛇にピアス」は、特に濡れ場の演技がやばいと話題になっています。

吉高由里子さんを一気にスターにした濡れ場

吉高由里子さんの代表作といえば「蛇にピアス」を思い浮かべるひとは多いと思います。その理由の一つに純文学作品原作でありながら、物語の趣向上過激な性描写、暴力描写が頻繁に演じられていることにあります。

目を引くのはセックスのシーン。吉高由里子さんの演じる女の子は生きる実感をもてず彼氏との暴力的なセックスにだけ快楽を覚えます。当然、その過激なシーンを吉高由里子さんも果敢に演じており、正直直視するには過激すぎる描写が多いのですが完璧に演じきっていらっしゃいます。

裸のシーンが印象的であったため、吉高由里子さんを見ると「蛇にピアス」を思い出すという人もいるようです。

アブノーマルなセックスシーンも

吉高由里子さんは、井浦新さんが演じているシバとのSMセックスシーンにも挑戦しています。このシーンで、吉高由里子さんはドMの演技を見せていました。

売り出し中で当時まだ20代前半にもかかわらず、一糸まとわぬ姿を披露したその様子にファンからは「かっこいい!」と賞賛の声もあがっているほど。

本当に行為をしているんじゃないの!?

本当に行為をしているんじゃないの!?あまりの演技の力の入りようにそんな声もネットでは上がっています。現に、俳優さんと抱き合うシーンは迫力満点の演技を披露しています。

当然、そうではなく、両俳優さんの迫真の篭った演技のなしえる業です。どんなシーンも完璧にこなす、吉高由里子さんの魅力ですね!

映画のレビューでは、「吉高由里子の裸を見る映画」「吉高由里子を観る映画」などと言われています。

「私の裸をみて」は演技に必要!?

作品の多くが性描写、暴力描写となっていた「蛇にピアス」ですが出演するにあたって、吉高由里子さんと蜷川幸雄監督との間に、また吉高由里子さんのかっこよさを裏付けるエピソードがあります。

「蛇にピアス」の監督だった蜷川幸雄さんは多くの俳優から怖さのあまり鬼と称されていることで有名ですが、吉高由里子さんは「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」と啖呵をきってその場で脱いでしまったとか。

蛇にピアスの蜷川幸雄監督はその熱意に降参!?

監督もすぐに「わかった、みせてよ」とは言ったものの、手で目を覆い隠してしまったそうです。後にこのエピソードをテレビで語った際、「(脱ぐ脱がないで躊躇するなんて)下衆かなと」とも語っています。

鬼をもたじろがせる、女優・吉高由里子さんの熱意、度胸。すさまじいの一言にすぎます。彼女の可愛いルックスの裏に隠されたそんな一面が今もなお、多くのファンを魅了してやまないエネルギーなのかも知れません。

「本番するものだと思っていた」と発言

吉高由里子さんは、蜷川幸雄監督の前で脱ぎだしたという驚きのエピソードがあります。さらに、吉高由里子さんは、濡れ場シーンに関して「本当に本番をするものだと思っていた」と発言したそうです。

オーディションで恥ずかしくて台本を読めなかった?

吉高由里子さんは、オーディションの時に台本を読むのが恥ずかしく、「読みたくない」と言ったそうです。そのまま、蜷川幸雄監督と談笑をしていたらオーディションに受かっていたと話していました。

濡れ場エピソードはネットでは有名!

吉高由里子さんの実績を語るとこの濡れ場エピソードは大変有名です。実際にスタイルがいいとか、もっと違う作品で濡れ場をみたいなんて声も上がっています。

「蛇にピアス」吉高由里子さん濡れ場の相手は高良健吾さん

「蛇にピアス」で吉高由里子さん同様、大変特徴的で難しい役を演じたのが高良健吾さんです。役柄上赤いモヒカン、大量のピアスと少し奇怪で恐ろしい風貌での演技となりましたが、普段の表情は穏やかで優しそうな方です。

高良健吾のプロフィール

  • 生年月日 1987年11月12日(32歳)
  • 出生地  熊本県熊本市中央区
  • 身長   176cm
  • 血液型  O型
  • 職業   俳優

高校生の時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフ兼モデルの一員として活動を始めたそうです。元から俳優志望で副編集長の紹介で東京進出を果たしたのだとか。デビューはドラマ『ごくせん』。

その後も活動を続け2013年、主演映画 横道世之介 で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。ちなみに「蛇にピアス」でのその代名詞とも呼べるスプリッドタン(割れた舌)は特殊メイクを使用したとの事です。

もう一人の濡れ場相手・シバ役の井浦新さん

「蛇にピアス」でサディストの彫師・シバ役を演じたのが井浦新さん。その当時は、「井浦新」ではなく「ARATA」名義で活動していました。

スキンヘッドで顔や耳にたくさんのピアスがあり、刺青も入っているという怖い風貌で、吉高由里子さん演じるルイとの過激な濡れ場を見せています。

井浦新のプロフィール

  • 生年月日 1974年9月15日(46歳)
  • 出生地  東京都
  • 身長   183cm
  • 血液型  A型
  • 職業   俳優、モデル

井浦新さんは、モデルとして芸能活動を開始しました。1999年に「ワンダフルライフ」という映画で俳優デビューし、映画初主演となりました。

2002年には「ピンポン」に出演し、その後も「空気人形」「モリのアサガオ」「アンナチュラル」など、多くの映画やドラマに出演しています。

撮影前に吉高由里子さんを襲った交通事故!アゴ粉砕!?

吉高由里子さんは蛇にピアスで大ブレイクしました。しかし、その道は決して楽なものではなかったようです。と、いうのも蛇にピアスのキャスティングが決まった後、撮影直前に交通事故にあっていたのです。

一ヶ月半で回復も、芽生えたのは感謝の気持ち

この事故で、看護師には鏡も見せて貰えなかった程の大怪我を負う吉高由里子さんでしたが、幸いにも怪我は回復に向かい、後遺症もなかったとのこと。ICUに運ばれると、生きたいと強く願うようになりました。

それからしばらくすると40度の熱が出たのだそうです。やがて半年かかるはずだった怪我が1ヵ月半という驚異的なスピードで回復したのだとか!

スタッフからの「待っている」

そんなキュートなルックスもそのままに復帰の目途もたったときでした。一緒に撮影をするスタッフの人々から「待っています」と声をかけられたのだそう。

それまで人に感謝の気持ちを持たずにすごして来たと語っていた吉高由里子さんでしたが、このエピソードを切欠に、人への感謝が芽生えたのだそうです。

事故に遭う前、吉高由里子さんは、生きること自体に執着が無かったのだともかたったといいます。生きるということは、朝起きたら生きてたって感じの繰り返し。この経験も、どこか作品とリンクしていて、影響を及ぼしたのかもしれませんね。

吉高由里子さんと高良健吾さんの関係は!?結婚はしている?

よく、俳優さんと女優さんが恋人同士を演じると、そのまま現実の関係に発展することがありますね?吉高由里子さんと高良健吾さんはどうなのでしょうか?

インターネットでは頻繁に「仲良し」というワードがあがってきます。もしかして付き合っているのでしょうか?時々告白といったワードもちらほら見かけます。とても気になりますね!

蛇にピアスから5年!再び共演した吉高由里子さんと高良さん

蛇にピアス公開から5年たった2013年、横道世之介で二人は再び共演を果たしました。以前とは全く趣旨の異なった作品での共演で果たして戸惑いや、難しさなどはなかったのでしょうか?

これについて高良健吾さんは5年前に会っていたからこそ、予定調和もなく吉高由里子さんとだから出来る演技が出来た、という旨の発言をしているようです。

それに対し、吉高由里子さんも、まだ未熟だった時期に出会い色々見せ合ってきた仲だから信頼関係が気づけるのだということを言っていてお互いの信頼関係を強調しています。

どうやら交際関係はないようですが、お互いが切磋琢磨し成長し合えるような仕事仲間なのかも知れません。これからもお二人の活躍に期待せざるを得ませんね!

ちなみに、この作品には「蛇にピアス」にも出演していた井浦新さんも出演しています。

吉高由里子の現在の活動とは?

吉高由里子さんは2020年現在、どのような活動をしているのでしょうか。最新情報をまとめてみました。

NEXT:吉高由里子のウェディングドレス姿が公開される
1/2