高岡早紀と松坂桃李に熱愛の噂!R15指定舞台の濡れ場で急接近⁉ エンタメ

高岡早紀と松坂桃李に熱愛の噂!R15指定舞台の濡れ場で急接近⁉

高岡早紀さんと松坂桃李さんが演じる舞台作品「娼年」では、ふんだんに濡れ場シーンがあり、見る者を魅了します。濃厚なシーンがあるためR15指定を受けています。この共演をきっかけに、二人の熱愛報道もありました。その報道を中心にこれまでの遍歴をたどっていきましょう。

目次

[表示]

高岡早紀のプロフィール

高岡早紀さんは、1972年12月3日、神奈川県藤沢市に生まれました。現在46歳です。身長163cm、血液型はA型です。

1988年の「マドラス」のTVCMで芸能界デビューしました。同時に「マドラス」のCMソング「真夜中のサブリナ」でアイドル歌手としてもデビューしました。

1989年には東映、橋本以蔵監督作品「cfガール」にて、長谷久美子役で映画デビューをしました。所属事務所は、株式会社tos-sです。

高岡早紀と松坂桃李が熱愛!?に関する記事はこちら!

松坂桃李のプロフィール

松坂桃李さんは1988年10月17日、神奈川県茅ヶ崎市に生まれました。現在30歳です。身長183cm、血液型はA型です。

2008年雑誌モデルの「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、雑誌専属モデルで芸能活動を開始しました。

2009年スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」の志葉丈瑠 / シンケンレッド役で、俳優デビューしました。所属事務所は、株式会社トップコートです。

高岡早紀と松坂桃李の熱愛報道で親密ぶりがヤバい⁉

高岡早紀さんと松坂桃李さんの熱愛報道は半端でない親密ぶりから、尋常じゃない真剣さも伝わってきました。それもそのはず、きっかけとなった舞台が、2人を大変濃密な関係にしていたからです。

急接近のきっかけはR15指定の舞台「娼年」

松坂桃李さんと高岡早紀さんは、2016年に上演された舞台「娼年」で共演しました。R15指定になった事で話題となりましたが、この舞台が2人の出会いと急接近のきっかけだったようです。

舞台では、松坂さんが大学生で娼夫の森中領、高岡さんが舞台となるボーイズバーのオーナー御堂静香を演じています。

娼年は、これといった目標もなく日々を送る大学生森中領が、会員制ボーイズバーを経営する御堂静香に見出され、娼夫の仕事をするうちに、御堂静香の思いに森中領が気づいていくというストーリーです。

とにかく濡れ場の多い舞台!ヌードやリアリティがすごい?!予告動画は?

映画の予告動画では、年上の女性たちとの関係をつぎつぎに見せています。その中で松坂さんのスリムな肉体美が別の生き物のように輝いてみえます。幾つかの濡れ場では、全く新しい松坂さんが、そこにいるようです。

囲み取材で共演についての感想を求められる2人

初日公演をあすに控えた囲み取材で、松坂さんは「やるしかありませんね」と気合十分に語っています。「私もR指定の舞台は初めて」と明かした高岡さんは、けいこ期間も本番さながらの雰囲気だったと回顧しました。

松坂さんは官能的な演技にも体当たりで挑戦しています。「ここまでの濃さの役はもうないだろうなと。」本当に覚悟を持って臨んでいると言葉に力を込めました。きっと役者としてのターニングポイントになる舞台です。

行きつけの韓国料理店での2人の濃密会話が報道される

jyleen21 / Pixabay

2016年9月と10月発行の「女性セブン」が、高岡さん行きつけの韓国料理店での2人の濃密な会話をスクープしています。その全容は以下の通りです。

松坂「相手の女優さんを素敵にさせてあげるのが、俳優の仕事だって思うんだよね」
高岡「それは基本だよね。とても大変なことだけど」
松坂「相手役を輝かせて、どうきれいに見せてあげるか。それを本気で考えている人に勝る人はいない」

俳優としての理想像を熱く語る松坂。にわかにまっすぐな視線を高岡に送る。

松坂「その点、俺らって信頼しあってお芝居できてるよ」
高岡「うん、できてる。できてるよ!」

声を弾ませる高岡。敬語とタメ口が交ざり合い、16才の年の差が少しずつ消えていく。会話とお酒は進む。

松坂「そこにホクロあるよね」
高岡「いやらしいところにあるでしょ? 背中はないのよ。背中は、ね?」
松坂「もう1回」

松坂のリクエストに、高岡はもう一度しっとりとした素肌の背中を見せつける。

松坂「俺もね、あるよ」
高岡「腰にでしょ? あれは今日気づいたんだけど」

舞台で互いの体を確かめあったふたりにしかわからない会話が続く。

高岡「なんかこういう時間が疲れを癒してくれるよね」
松坂「…言うの恥ずかしいからやめた」
高岡「なあに? 言ってみて」
松坂「…こんなに素敵ないい時間はないですよ」

恥ずかしさからか、少し鼻にかかった声でそうもらした松坂。照れ笑いを浮かべ、少しの沈黙が流れる。声のトーンを落とすと真剣な様子で彼女が口を開いた。

高岡「普通にいちばん困るのは年齢…」
松坂「それは年齢差? それとも今の年齢?」
高岡「年齢差は関係ないよ。単純に考えて、今の年齢はどうなのかなって」
松坂「俺は思わない。一緒にいて楽しいし…うん、思わない。個人的には思わないけど、もしそうなら俺が年齢を重ねればいいのかなって」
高岡「でもそうしたら、私も年齢を重ねるんだけど…困るよ、本当に」
松坂「困ればいいよ。俺はあなたを困らせたい」

松坂のストレートな言葉に、高岡は驚いたような表情を見せた。

(引用:Pocket of Timeより)

松坂桃李が放った「あなたを困らせたい」に高岡早紀がドキドキ⁉

行きつけの韓国料理店での会話は、思った以上にストレートな表現でした。歳の差を感じさせない松坂さんの口ぶりが、二人の距離の近さを示しているようです。

年齢の話になって、松坂さんが言った「あなたを困らせたい」に高岡さん相当参ったのではないでしょうか。松坂さんでなくても、いや松坂さんだから、年下の恋人から言われるとドキドキする言葉ですよね。

高岡早紀は相手を頑張らせるのが上手い魔性の女?

シングルマザーの高岡さんは、酒豪として知られています。ファンの男性は多く、年下の男性から接近して来ることもあります。でも高岡さんの方からは行かない。「相手に“頑張らせる女性”」と言われています。

現在の高岡早紀と松坂桃李の熱愛関係は?破局していた?

ElisaRiva / Pixabay

一旦は燃え上がったように見えた2人の関係ですが、はや破局ではと言われています。実際はそれほどの事は無かったのでしょうか。あれほどの会話が、単なる言葉のゲームとは思えませんが。

松坂桃李は熱愛関係を否定している

熱愛報道を否定する松坂桃李さんは、舞台の千秋楽の日に、作品や関係者への感謝のツイートをしています。その際に余程気になっていたのか、熱愛報道に対する不満を追加でツイートしていました。

関係をリークしたのは高岡早紀だった⁉

あくまで噂ですが、熱愛報道は松坂さんを魅了した高岡早紀さん本人が、リークしたのではないか、とまで言われています。2人を話題にすることで、舞台に注目を集める事ができたのは事実ですが。

いずれにしても、報道されたほど親密な付き合いではなく、ただの共演者だったという可能性のほうが高いですね。残念ながら肩すかしだったみたいですね。

2018年に公開された映画「娼年」に高岡早紀は出演していなかった

センセーショナルな舞台が話題となった「娼年」は、2018年舞台に引続き三浦大輔さんが監督、映画化されました。映画は舞台より過激な内容となっているため、R-18指定となっています。

松坂桃李さんはそのまま出演しますが、高岡早紀さんは出演しません。

現在の2人の関係の真相は謎

いろいろと騒がしかった2人の関係ですが、現在の関係について有力な情報はありません。しかし熱愛報道が舞台の宣伝のためとも思えません。ひょっとしたら、松阪さんの片思いだったのかもしれません。

高岡早紀の色気が止まらない!男性との噂が絶えないワケとは?

高岡早紀さんは、「男性との距離が近い」「壁がない人」などの異名を持っています。高岡さんの近いと感じさせる距離感、それこそが男に勘違いさせ、惑わせているのです。

高岡早紀さんは、決して媚びるわけでもなく、言うべき事や否定すべきことははっきり言う、そんなフランクな面も彼女の魅力となっています。「魔性」ということになるのでしょう。

保坂尚希との離婚後も恋愛遍歴は芸能界随一

高岡早紀さんは保坂尚希さんとの離婚後も、青年実業家との間に長女をもうけましたが破局しました。その後も多くの男性との噂は絶えることがありません。恋愛遍歴はまさに芸能界随一ですね。

高岡早紀のこれまでの歴代彼氏は?

高岡早紀さんは、1996年に保坂尚希と結婚、2児を授かるも2004年高岡さんの浮気が原因で離婚しました。離婚の原因が布袋寅泰さん、2004年6月ディープキスの現場を「フライデー」がスクープしました。

2006年には、中村獅童さんとファミリーレストランでの密会報道がありました。2007年には、市川海老蔵さんとお花見デートをスクープされました。

2009年には、堤真一さんや勝地涼さんとのデート、プロ野球の木田優夫投手とのドライブデートが報じられました。最近では松坂桃李さんや山口馬木也さんとのデートも報道されています。

松坂桃李も綾瀬はるかとの破局後に大人の色気に惑わさた?

松坂桃李さんといえば、女優の綾瀬はるかさんとの熱愛報道があり、ゴールインするのではと見られていましたが、2016年3月に破局が報じられました。一部に綾瀬さんの独占欲が強すぎたためとも言われています。

それからあまり時間の経ずに、高岡早紀さんと共演し、熱愛報道に発展しました。松坂さんは、高岡さんの大人の色気に惑わされてしまったのかもしれません。

高岡早紀は何をしても魅力的に見えてしまう女帝タイプ

高岡早紀さんは、決して媚びるわけでもなく、ちゃんと自己主張して、タメ口の使い方が自然で上手い女帝タイプといわれています。

高岡さんは、何をしても魅力的と見られてしまう、魔性タイプでもあります。

高岡早紀は濡れ場デビューも衝撃的だった!

高岡早紀さんは、1994年の松竹映画深作欣二監督作品「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で、それまでの清純派からいきなりヌード&激しい濡れ場デビューを演じて世間を驚かせました。

「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で清純派から脱却した高岡早紀

本作品の高岡早紀さんは清純派から脱却して、大人の女としての魅力をこれでもかと見せ付けています。

抵抗してもかなわない相手に、全裸の高岡さんがこれでもかと陵辱されるシーンが連続します。本当に魅力的な美巨乳を何度も見ることができます。

もともと巨乳といわれていたが「脱いだらスゴい」の典型に衝撃!

湯女役の高岡早紀さんが、「お客さん、このお店初めて?」と言いながら赤い帯を解いて着物を脱ぐと、美巨乳が目の前に現われます。「脱いだらスゴいんです」の典型に吸い込まれてしまいます。

これからも話題を届けて

高岡早紀さんと松坂桃李さん、2人が共演した舞台「娼年」はR15指定が話題になりました。そして舞台をきっかけにした2人の熱愛報道もありましたが、現在の関係は不明です。

いずれにせよ、2人とも第一線のスターですから、仕事もプライベートも充実していることでしょう。それぞれがますます活躍することでしょう。

これからもいろいろな場面で、マスコミをにぎわせて、話題を提供してもらえると思います。

女優・高岡早紀の次男のとんでもない問題とは?!に関する記事はこちら!