渡哲也の現在は?病気で在宅酸素に人工肛門のリハビリ生活?死亡説? エンタメ

渡哲也の現在は?病気で在宅酸素に人工肛門のリハビリ生活?死亡説?

石原裕次郎さんの死後、石原軍団を牽引してきた渡哲也さん。俳優としての存在感だけではなく、人格者であることから多くのファンを持つ渡哲也さんですが、表舞台から姿を消したことで死亡説も流れているようです。闘病中である渡哲也さんの、現在の様子を調べてみました。

渡哲也の現在は?病気で激ヤセ!?

rawpixel / Pixabay

2015年に心筋梗塞を患って以降、ドラマや映画への出演が見られなくなった渡哲也さん。2019年現在の病状はどうなのでしょうか?闘病生活など渡哲也現在について、お伝えしていきます。

渡哲也のプロフィール!

  • 本名 渡瀬 道彦
  • 生年月日 1941年12月28日 (2019年現在の年齢は77歳)
  • 出身地 兵庫県淡路島
  • 身長 180㎝
  • 血液型 B型
  • 所属事務所 株式会社石原プロモーション(相談取締役)
  • 著名な家族 渡瀬恒彦(弟)

渡哲也さんは1964年に日活撮影所でスカウトをされて、芸能界入りを果たしました。デビュー前から鳴り物入りで宣伝をされ、1965年に『あばれ騎士道』に宍戸錠さんとW主演を務めてエランドール賞を受賞。

1966年には『愛と死の記録』で吉永小百合さんと共演し、裕次郎2世とも呼ばれました。その後1975年には東映に籍を移してアクション映画や任侠映画に多数出演して、高倉健さんや菅原文太さんらとも共演。

2005年にはこれまでの俳優としての活動が称えられて、紫綬褒章を受勲しています。

渡哲也が在宅酸素に人工肛門?現在の画像は?

上の画像が2019年4月に撮影された、渡哲也さんの様子です。髪の毛の色が真っ白に変わっており、覇気が感じられません。

また鼻に酸素吸入用のチューブをつけており、自力での呼吸が相当困難であることが窺えます。この他にも渡哲也さんは、1991年に罹患した大腸がんが原因で人工肛門となったことを告白しています。

現在、酸素吸入器を装着している理由として考えられるのがCOPDであり、長年愛煙家であったために持病の喘息も悪化していると見られています。

あまりの変貌ぶりに驚愕の声も

往年のスターであり、石原裕次郎さんの遺志を継いでタフな俳優であり続けた渡哲也さんの現在の姿に、ショックを隠せないファンは少なくない様子です。

「年を考えればしかたないけれど、この姿を見るのは辛い」「一つの時代が終わった感じ。寂しい」といった声も上がっています。

また、とにかく今は体を労わって欲しいと病状を心配する声も多く寄せられました。

2015年に急性心筋梗塞で入院、12月にCMで復帰した渡哲也

2015年6月に渡哲也さんは急性心筋梗塞で倒れ、手術を経て一命をとりとめていたことが翌月の7月に石原軍団の舘ひろしさんから公表されました。

この時は奥様が直ちに異変に気付いて病院に向かったため、早期発見・早期の手術で事なきを得たと言います。

その後はリハビリを経て1967年から出演している宝酒造の『松竹梅』のCMの撮影に挑み、石原軍団に囲まれて笑顔も見せていました。

2017年の弟・渡瀬恒彦の葬儀には現れなかった

2017年3月に渡哲也さんの実の弟である渡瀬恒彦さんが他界、告別式と葬儀は家族葬で行われ、参列者は30人ほどでした。

参列者の中には渡哲也さんの姿も見られ、葬儀の後に都内の自宅でインタビューに答えた渡哲也さんは、渡瀬恒彦さんが出演予定のドラマの脚本を読み込んでいたことなどを明かしました。

この日の渡哲也さんは普段はつけている酸素吸入器を外しており、なるべく心配をかけないよう、また自分が目立たないように配慮している様子が窺えました。

2019年の石原裕次郎の法要には手紙で現状を報告

これまで欠かさずに出席していた石原裕次郎さんの法要に、2015年から渡哲也さんは病気を理由に欠席をしています。

私も供養の節目であります三十三回忌の弔い上げに出席しなくては成らない立場でありますが、現在体力回復の療養中でして出席出来ませんが今後も宜しくお願い申し上げます

(引用:中日スポーツ)

出席できない代わりに上のような内容の手紙をまき子夫人に託しており、会見ではまき子夫人による代読が行われました。

過去には大腸がんなどを患ったことも

1991年には大腸がんを発症していた、渡哲也さん。早期の発見で寛解するものと思われましたが、当初2つと思われたポリープが合計で4つあることが発覚し、直腸を25㎝切除するという大手術が行われました。

この時の渡哲也さんは50歳で、俳優としては今後さらに役の広がりが期待される年齢でした。

大腸がんが原因で人工肛門をつけている?

直腸を切除したために人工肛門をつけることとなった渡哲也さんは、自ら治療の顛末を発表。大物俳優がオスメイト(人工肛門)であると公表したことは、大きな話題となりました。

現在の病状は?COPD?

現在の渡哲也さんを苦しめている病気はCOPD・慢性閉塞性肺疾患と見られ、COPDを発症する原因の9割は煙草とされています。

渡哲也さんもヘビースモーカーだったことから原因は長らく習慣化されていた喫煙と考えられ、現時点ではCOPDは一度発症すると治療法はない病気とされています。

俳優業は2013年以降休業している

渡哲也さんが最後に俳優としてTVに出演したのは2013年のことで、弟の渡瀬恒彦さんが主演している十津川警部シリーズの『消えたタンカー』に犯人役でのゲスト出演をしました。

この時の出演は渡瀬恒彦さんに頼みこまれてのものだったそうで、この回は後に渡瀬さんの追悼番組としても放送されました。

関連する記事はこちら

渡哲也には死亡説も!噂の原因は立て続けの病気?

立て続けて病気の報道がされ、特に急性心筋梗塞に罹患してからは徐々にCMにも出演しなくなっていったことから、渡哲也さんは死亡したのではないか?との説もまことしやかに流れるようになりました。

これまで圧倒的な存在感を放ってきた大物俳優であるため、急にTVや映画から一切姿を消してしまったことには大きな理由があるに違いないと思われてしまったのでしょう。

渡哲也は石原軍団の解散を急いでいる?

xaviandrew / Pixabay

2019年現在、自らの病気をおして渡哲也さんが石原軍団の解散に向けて動いているという話があります。

まだ舘ひろしさんや神田正輝さんらも健勝であるのに、どうして渡哲也さんは石原軍団の解散を急いでいるのでしょうか?

解散を決意した理由は?自身の体調やメンバーの高齢化?

渡哲也さんが石原軍団を解散しようと考えた理由は、自身が病気のため相談取締役としての役目を果たせないこと、そして中心メンバーの高齢化が進んでいるためだ言います。

また自分が死んだ後の負担を考えると、今のうちに若手俳優の移籍先を探して資産の整理もしておいた方が良いだろうとの判断を下し、早期の解散を決意したのだそうです。

自分が口利きをしてやれる間に全員の所属先を探そうと考えているという渡哲也さん、流石としか言いようのない親分肌です。

解散はいつ?2019年4月に発表の予定だった?

当初渡哲也さんは、2019年4月に石原軍団の解散を発表する予定だったと言われています。

しかし、所属している俳優全員の事務所が決まらなかったことや、軍団で管理している資産の分配が決まらなかったことから解散を延期したそうです。

また石原裕次郎さんと軍団の解散前に映画を作るという約束をしたものの、これを果たせていないことも、軍団の解散が延期されている理由と見られています。

石原裕次郎の妻は解散を否定?

石原裕次郎さんの妻のまき子夫人も、石原軍団の解散に関して気になっているのが軍団として映画が作れていないことのようで、皆と頑張りたいという言葉を裕次郎さんの三十三回忌で語りました。

現在は石原軍団を解散するか、それとも渡哲也さんの跡目を舘ひろしさんに託すかでまき子夫人と話し合いが続いているとの話もあります。

できることなら渡哲也さんの姿を映画で観たい

Free-Photos / Pixabay

死亡説も流れている渡哲也さんの現在の病気の状態や、石原軍団の今後について紹介致しました。

渡哲也さんは芸能界を引退する意思を固めており、後は石原軍団のことだけが気がかりといった様子ですが、多くのファンがまき子夫人同様に渡哲也さんを含む軍団全員で映画をと望んでいることでしょう。

今後、石原軍団は解散に向かう可能性もありますが、石原プロの残した作品は後世にも生き続けます。寂しさは否めませんが、渡哲也さんと石原軍団の決断を見守りましょう。

関連する記事はこちら