杉咲花の親は両方ともアーティスト?実は2世だった!親って一体誰? エンタメ

杉咲花の親は両方ともアーティスト?実は2世だった!親って一体誰?

「味の素」のCMで一躍注目された女優・杉咲花のご両親が歌手のチエ・カジウラさんとロックバンド「レベッカ」のギタリスト木暮武彦さんであることは意外と知られていません。今回は、杉咲花さんのご両親についてプロフィールや離婚秘話も含めまとめます。

目次

[表示]

実は親も凄かった!女優・杉咲花のプロフィール!

子役としてデビューし、数々の映画やドラマ、CMに出演している女優・杉咲花さん。最近ではTVで見ないことは無いという活躍ぶりですよね。

こちらでは、杉咲花さんのプロフィールをご紹介しつつあまり知られていない「杉咲花両親」秘話をご紹介します。

  • 芸名:杉咲花(すぎさきはな)
  • 本名:非公開
  • 生年月日:1997年10月2日(21歳)
  • 身長:153cm
  • 血液型:B型
  • 出身地:東京都
  • 母:チエ・カジウラ
  • 父:木暮武彦
  • 所属事務所:研音

杉咲花の父・木暮武彦とは?

6554 / Pixabay

杉咲花さんのお父様・木暮武彦さんは、日本のロックバンド「レベッカ」のギタリストとして活躍された他、ミュージシャンのダイヤモンド・ユカイさんとRED WARRIORSを結成した事でも知られています。

こちらでは、杉咲花さんのお父様・木暮武彦さんのプロフィールをご紹介します。

木暮武彦のプロフィール

木暮武彦さんは1984年からロックバンド「レベッカ」のギタリストとして活躍し、レベッカでボーカルをつとめていた「nokko」さんとご結婚されたことでも有名です。

  • 芸名:木暮武彦(こぐれたけひこ)
  • 別名:木暮”shake”武彦(シャケ)
  • 生年月日:1960年3月8日(59歳)
  • 出身地:東京都杉並区
  • 最終学歴:国士舘大学中退

1984年、レベッカのギタリストとしてメジャーデビュー

木暮武彦さんは、1984年に結成された伝説的バンド「レベッカ」のリーダー兼ギタリストとして活躍されていました。

レベッカの前身は、結成当初は埼玉県内に住むアマチュアのミュージシャンを集めて結成されたもので、ボーカルも現在の「nokko」さんではなく男性でした。

一時期には活動休止などの期間もありながら、1984年にデビューシングル「ウェラム・ボートクラブ」でレベッカはメジャーデビューを果たします。

レベッカの時の木暮武彦はどんな感じ?

1982年に結成されたレベッカは、結成当初アマチュアの集まりであったこともあり歯牙にもかけられず不遇の時代を過ごします。

1983年に木暮武彦さんはボーカルのnokkoさんと共にレベッカの売り込みの為アメリカへ渡りますが、あえなく失敗してしまいます。

しかし、デビュー後には紅白歌合戦への出場も果たすなど華々しく活動し、数多の名曲もリリースしました。しかし、1986年に「音楽性の違い」という理由から、木暮武彦さんはレベッカを解雇されてしまいます。

約2年でレベッカを脱退しRED WARRIORSを結成

1984年にリーダーとして結成したロックバンド「レベッカ」を、たったの2年で事実上の解雇処分とされてしまった木暮武彦さん。

ですが、木暮武彦さんはレベッカを脱退したのちにも音楽活動を続け、1986年にはダイヤモンド・ユカイ(田所豊)さんをボーカルとしてRED WARRIORSを結成します。

1990年に結婚するも1993年に離婚

Babienochka / Pixabay

「音楽性の違い」という理由から、レベッカを解雇となってしまった木暮武彦さん。

ですが、個人的にお付き合いは続いていたのか、1990年にレッベカのボーカル「nokko」さんとご結婚されます。

しかしその結婚生活は長くは続かず、わずか3年後の1993年には離婚が成立します。

1996年に再婚、翌年杉咲花が生まれる

Pexels / Pixabay

レッベカのボーカル・nokkoさんとの離婚後、1996年に杉咲花さんのお母様となるシンガーソングライター「チエ・カジウラ」さんとご結婚されます。

チエ・カジウラさんがレベッカの全盛期である1985年にデビューしていることから、音楽での現場で出会ったのはないかと噂されています。

2000年に二度目の離婚

Tumisu / Pixabay

チエ・カジウラさんと結婚した1年後には、第一子となる杉咲花さんが誕生します。

夫婦と一人娘といういかにも幸せなご家族でしたが、そんな生活も長くは続かず、結婚してから4年後の2000年に木暮武彦さんにとっては2度目となる離婚が成立します。

2004年、一般人女性と再再婚し現在も音楽活動を継続中

ANURAG1112 / Pixabay

2度の結婚に失敗してしまう木暮武彦さんですが、2004年には一般の女性と3度目の結婚をされます。

木暮武彦さんにとっては第二子となる男の子にも恵まれ、現在まで婚姻関係は継続されているそうです。

現在でも音楽活動を続けられている木暮武彦さん。もしかしたら、レッベカのnokkoさんやチエ・カジウラさん、杉咲花さんと仕事場で会う事があるかもしれません。

杉咲花の母、チエ・カジウラとは?

前項では、杉咲花さんのお父様である木暮武彦さんについてご紹介しましたが、こちらでは杉咲花さんのお母様であるチエ・カジウラさんについてまとめます。

チエ・カジウラのプロフィール

まずはチエ・カジウラさんのプロフィールをご紹介します。

チエ・カジウラさんは歌手として活動されており、アニメ「マクロス7」ではその見事な歌唱力が話題となりました。

  • 芸名:チエ・カジウラ
  • 生年月日:7月25日(年齢・非公開)
  • 出身地:東京都
  • 所属事務所:DB MUSIC(1996年まで)

1995年より活動をスタート

Pexels / Pixabay

プロフィールをご覧いただいてお気づきかもしれませんが、チエ・カジウラさんは謎の多い女性で殆どのプロフィールを公開していません。

1995年に芸能活動をスタートさせ、DB MUSICに所属されていたことはわかっています。

アニメ「マクロス7」では歌唱吹替も担当

チエ・カジウラさんの代表曲とも言えるのが、大人気アニメ「マクロス7」の「ミレーヌ・ジーナス」の歌唱吹替を担当した「My Friends」です。

透き通るようなのびのびとした声で、マクロス7のヒロイン然としています。

1994年からTBS系列にて放送されたロボットアニメ・マクロス7は、主人公がロボットには乗るものの戦わず「歌」で敵の戦闘力を削いでいくという今までにない見せ方で話題となりました。

木暮武彦と離婚した後は母子家庭で杉咲花を育てる

2000年に木暮武彦さんと離婚してからというもの、チエ・カジウラさんは女で一つで杉咲花さんを育て上げたそうです。

日本の離婚率は2019年現在緩やかに減少傾向にあるようですが、一時期は3組に一組が離婚しているとも言われていました。

今でこそ珍しくはない母子家庭ですが、チエ・カジウラさんは相当なご苦労をされたようで、Instagramにこのような投稿をされています。

mamaになったら
それまで出来なかったよな事が
いっぺんに頑張れるよになって
つよーーーくなった。
それまで私も子供だったのに。

(引用元:Instagram)

現在も精力的に活動している

手と手を取り合って生きてきたであろう愛娘の杉咲花さんが女優として活躍されている傍ら、お母様のチエ・カジウラさんも精力的に音楽活動をされています。

チエ・カジウラさんのライブでは「マクロス7」で歌唱吹替を担当した曲を披露しており、マクロス7の熱心なファンも訪れるそうです。

杉咲花は母親そっくりだと話題に

お父様は木暮武彦さんでお母様はチエ・カジウラさんという芸能人家庭に生まれた杉咲花さんは、ご両親のどちらに似ているのでしょうか。

調べてみると、チエ・カジウラさんと似ているという意見が目立ちます。しかし、写真で見る限りお父様の木暮武彦さんとも似ているように見えます。

杉咲花の声は母親譲りのいい声?椎名林檎も絶賛

マクロス7の歌唱吹替ではヒロインの歌を担当されていただけあって、チエ・カジウラさんの声はとても透明感のある素敵な歌声をされています。

何と、その美しい歌声は娘の杉咲花さんにも受け継がれているようで、携帯電話会社「ソフトバンクモバイル」のCMで披露した歌声が美しすぎるとして話題になりました。

シンガーソングライターの椎名林檎さんは「楽曲を提供したいのは杉咲花さん。」とその歌声を絶賛されています。

ひっそりとツイッターで娘を応援

顔も声もそっくりで、2000年に木暮武彦さんとの離婚後から2人で生きてきたチエ・カジウラさんと杉咲花さん。

母娘の仲はすこぶる良好なようで、チエ・カジウラさんのTwitterではひっそりと娘を応援する投稿が時折ポストされています。

今日から火曜22:00はTBSよね。

(引用元:Twitter)

こちらのチエ・カジウラさんのTwitterから引用したポストは、杉咲花さん主演のドラマ「花のち晴れ」をひっそりと応援しているものだと推測されます。

SNSでは度々2ショットも

チエ・カジウラさんと杉咲花さんの母娘仲が良好であることを示すものとして、チエ・カジウラさんのInstagramに度々上げられる2ショットがあります。

Instagramに投稿された杉咲花さんのお誕生日をお祝いする動画では、チエ・カジウラさんの「ハッピーバースデイ」が響くなんとも贅沢なお誕生日の様子が垣間見えます。

杉咲花の家庭環境は複雑?

mario0107 / Pixabay

ご両親が離婚してからというもの、母1人子1人の母子家庭で育ってきた杉咲花さん。それだけではなく、家庭環境は複雑なものだったようです。

こちらでは、杉咲花さんの家庭環境についてまとめます。

離婚後、父親とは没交渉だった?

ddimitrova / Pixabay

杉咲花さんは、幼少期より梶浦花(かじうらはな)という芸名で芸能活動をされていたそうです。

母子家庭な上、大人の世界を垣間見て育ったためか杉咲花さんはインタビューに対し「自分で何でもやりたい。人に頼りたくない。」と自立心旺盛な様子を垣間見せていました。

杉咲花さんがこれだけ自立した考えを持つようになったのも、両親の離婚後、父親である木暮武彦さんと没交渉出会ったことは、多少なりとも関係しているかもしれません。

杉咲花自身「親は母親だけ」とも発言

杉咲花さんのご両親が離婚後、杉咲花さんと父親づある木暮武彦さんが没交渉出会った事を匂わせるものとして、過去に杉咲花さん自身が「親は母親だけ。」と発言しています。

母親であるチエ・カジウラさんは女手一つで杉咲花さんを育て上げましたが、その苦労を間近で見ていた杉咲花さん。

杉咲花さんにしてみれば、没交渉である父親に対して思うところがあったとしても不思議ではありません。

腹違いの弟が居るが、面識があるかどうかは不明

杉咲花さんとはチエ・カジウラさんとの離婚後から没交渉であると噂されている木暮武彦さんは、2004年に一般の女性と再婚し、男の子をもうけています。

杉咲花さんにしてみれば腹違いの弟に当たるわけですが、複雑な家庭環境である事を踏まえると面識があるとは考えにくいと思われます。

杉咲花さん、チエ・カジウラさん、木暮武彦さんのうちどなたも面識の有無については言及していません。

ご両親も大スター!杉咲花さんに注目!

Free-Photos / Pixabay

いかがでしたか。大ヒットドラマ「花のち晴れ」に出演した事でも注目されている若手女優・杉咲花さんが、実は二世タレントであっただけでも驚きです。

その上、杉咲花親が大物アーティストなのですから、驚きはひとしおです。新しい発見のあった杉咲花さん。これからも、杉咲花さんとご両親に注目です。