柳楽優弥さんのcm出演が多い!ドラマや映画の出演作品もご紹介! 俳優

柳楽優弥さんのcm出演が多い!ドラマや映画の出演作品もご紹介!

俳優の柳楽優弥さんはこれまで数々のcm出演をしており、その個性的な役柄で注目されています。また、ドラマや映画にも多数出演しています。そこで今回は柳楽優弥さん出演のcmやドラマ、映画出演作品についてそれぞれご紹介していきたいと思います!

柳楽優弥さんのcm出演が多い?!

最近柳楽優弥さんが出演しているcmを見る機会が多いですよね!VOXYやLINEバイト、WOWOWなどのcmでよく見かけます。どんな役柄でcmに出ているのでしょうか。柳楽優弥さんの出演が多いcmを5つご紹介したいと思います。

柳楽優弥さんのcm出演が多い①:VOXY

まずはVOXYのcmからご紹介していきます。トヨタ自動車の「VOXYヴォクシー」のcmで柳楽優弥さんはお父さん役として出ています。「父になった篇」では子供が生まれ、父親目線で子供の成長を暖かく見守っているというもので、子供を持つ世代の方に共感されたそうです。

2017年に公開されたcmですが、探せばまだ見ることができました。子供の成長を見守る柳楽優弥さんが、本当の父親のように見えてきますし、優しく子供を見つめるシーンはとてもいいですね。

柳楽優弥さんのcm出演が多い②:LINEバイト

続いて「LINEバイト」のcmですが、先ほどのVOXYの役柄とは全く違い、「沸騰ボーイ」に扮して歌に合わせて笑顔でリズムをとったり、LINEバイトの存在を知らなかった柳楽優弥さんが耳と鼻から湯気を出して悔しそうな表情をしている映像となっています。

衣装は真っ青のスーツを着ているので、とても目立つcmになっています。2パターンのうち1つは柳楽優弥さんが笑顔でリズムをとった後、急に怖い顔をして湯気を出すシーンがあり、そのギャップに思わず笑ってしまいます。

柳楽優弥さんのcm出演が多い③:広瀬すずさんと共演?

LINEバイトのcmで広瀬すずさんと共演!ではなく、広瀬すずさんの姉である「広瀬アリス」さんと柳楽優弥さんがLINEバイトのcmに起用されました。柳楽優弥さんが「沸騰ボーイ」、広瀬アリスさんが「沸騰ガール」として出演しています。パッと見ではわからないほど姉妹でとても似ていますね!

柳楽優弥さんのcm出演が多い④:WOWOW

初めてWOWOWのcmを見たとき、柳楽優弥さんの歌うWOWOWが耳から離れないという方も多かったのではないでしょうか。cmでは初共演となる有村架純さんと柳楽優弥さんの掛け合いが楽しめるものとなっています。

柳楽優弥さんのプロフィール

  • 生年月日:1990年3月26日(28歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:174cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:ロックバンド(担当:ボーカル)
  • 特技:武道、乗馬、サッカー
  • 所属:スターダストプロモーション

柳楽優弥さんは12歳の時に映画「誰も知らない」のオーディションに合格し主演を務め、14歳になった時に映画が公開されました。するとその映画が初の俳優活動にもかかわらず、カンヌ国際映画祭で史上最年少かつ日本人初の男優賞を受賞しました。

10代の頃から演技の才能に溢れていたことが良くわかります。一時期俳優の仕事から遠ざかっていましたが、2010年には豊田エリーさんと結婚し、その年の10月に第一子となる女児が誕生しています。

柳楽優弥さんのドラマ出演作品がこんなに?!

cm出演数の多さにも驚きですが、柳楽優弥さんのドラマ出演にも注目していきたいと思います!それぞれ役柄が違っていて、柳楽優弥さんの演技のうまさが際立ちます。主に5つの作品を見ていきましょう。

柳楽優弥さんドラマ出演①「まれ」

NHKの朝ドラ「まれ」では、パティシエ修行に横浜へ来た主人公の希(土屋太鳳)に好意を寄せる、軽薄だけど優しく賢い池畑大輔役で登場します。山崎賢人演じる圭太と恋のライバルになり話題になりました。

好意を寄せる希に優しく声を掛けるシーンやからかうシーンなど、柳楽優弥さん演じる池畑大輔に魅力を感じる女性は多かったのではないでしょうか。横浜編が一区切りになった頃は「大輔ロス」に陥った人が続出したそうです!

柳楽優弥さんドラマ出演②「ゆとりですがなにか」

2016年に日本テレビ放送「ゆとりですがなにか」で、道上まりぶ役として出演しています。役柄は大学受験に失敗し東大合格を目指して11浪中、客引きバイトをするも、奥さんとの間には子供が生まれたばかり。というキャラが濃すぎる役として注目を集めました。

2017年には2週連続のスペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」として復活しました。前回のドラマの1年後という設定で描かれており、30歳のアラサ―男子としてたくましく成長した姿が描かれています。

柳楽優弥さんドラマ出演③「お母さん、娘をやめていいですか?」

ドラマ「お母さん、娘をやめてもいいですか?」は仲の良すぎる母娘の物語で、子離れできない早瀬家の母親役を斉藤由貴さん、そこから逃れようとする娘(美月)役を波瑠さんが演じています。柳楽優弥さんはその家族の家を新築するにあたり、担当することになるハウスメーカーの社員の役を演じています。

柳楽優弥さん演じる松島太一は人懐っこく、誰とでもすぐ仲良くなれる性格という設定なので、「ゆとりですがなにか」とは全く違った爽やかな柳楽優弥さんを見ることができます。役によって雰囲気が全然違いますね!

柳楽優弥さんドラマ出演④「おんな城主 直虎」

2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で盗賊団の頭「龍雲丸」の役を演じています。この龍雲丸は実在しないオリジナルキャラクターとなっていて、頭としてまとめ役でありながら自由な生活を好む、明るく親しみやすいキャラクターです。大河ドラマを盛り上げる重要なキャラクターとなっています。

柳楽優弥さんドラマ出演⑤「フランケンシュタインの恋」

日本テレビドラマ「フランケンシュタインの恋」では、120年間人から隠れるように生活していた怪物「深志研」を綾野剛さん、その怪物と恋に落ちる大学院生の「津軽継実」を二階堂ふみさんが演じており、柳楽優弥さんはその津軽継実に恋心を抱いている大学院の先輩役をしています。

役どころでは恋のライバルですが、柳楽優弥さんは綾野剛さんとプライベートでご飯を食べに行くほど仲が良いそうで、このドラマで初共演を果たし、とてもうれしそうな様子で語っているインタビューがありました。

「僕の方がずっと年下だけど『剛くん』って呼んでもウェルカムな雰囲気を出してくれるし、そういった距離や間合いの取り方がすごく上手な方」と大絶賛。綾野さんからは以前より「一緒に出てよ!」とラブコールを受けていたがタイミングが合わず、今回の「フランケンシュタインの恋」では念願の初共演を果たし、「うれしいです!」との喜びの声を上げている。

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2017/05/07/49191.html

柳楽優弥さんの映画出演作品の紹介

続いて柳楽優弥さんが過去に出演した映画についてまとめてみました!出演作品が多いので、10代から現在まで公開された3つに絞ってご紹介したいと思います。柳楽優弥さんの目力の強さには圧巻です!

柳楽優弥さん映画出演作品①「誰も知らない」

2004年に公開された映画「誰も知らない」では、当時12歳の柳楽優弥さんが初めて俳優として活動し、主演を務めた作品です。この作品は実際に起きたネグレクト事件を題材にしており、柳楽優弥さん演じる明は4人兄弟の長男として育児放棄された生活の中、妹と弟の面倒を見ながら懸命に生き抜いていきます。

この作品の注目すべきところは、柳楽優弥さん含む子役たちの演技力の高さです。しかも是枝監督は子役には台本を渡さずに、その場の指示で演技をさせたそうです。そのリアルな演技は国内外で高い評価を得ました。

柳楽優弥さん映画出演作品②「ディストラクション・ベイビーズ」

続いてご紹介するのは2016年に公開された「ディストラクション・ベイビーズ」です。柳楽優弥さん演じる「芦原泰良」は、道行く人々に次々と喧嘩を仕掛けます。菅田将暉演じる「北原裕也」が芦原泰良に魅了され行動を共にし、喧嘩を続けるうちにどんどん過激になっていく「暴力シーン」の多い衝撃作となっています。

柳楽優弥さんの台本にはほとんどセリフがなかったそうです。台本だけではイメージできず、出来上がったものを観るまでは、どんな作品になるかわからないねと出演者と話していたそうです。どのように役作りをしたのか気になりますね!

Q:不安にならなかったですか。

柳楽:不安の塊です。それは僕だけじゃなく、みんなも絶対そう。また、監督が口数が多くて「しっかり説明します」というタイプではないので、そこからは駆け引きでした。僕の場合、「なんでけんかするんですか」って聞いても、「『楽しければええけん』(泰良のせりふ)なんです」としか言わない。5回聞いて、5回そう返って来るので、6回目はさすがに「しつこいかな」って思っちゃって、聞かないですよね。だからもう、開き直るというか(笑)。でも、全然、嫌じゃない。こっちとしては、それぐらい折れない信頼できる監督についていくってことですから。

引用:https://www.cinematoday.jp/interview/A0005003

柳楽優弥さん映画出演作品③「銀魂」

最後にご紹介するのは2017年に公開された「銀魂」です。少年ジャンプで連載されている人気漫画の実写映画となっており、その中でも柳楽優弥さんは原作で人気投票上位の「土方十四朗」役として出演しています。コメディとシリアスの混じった飽きのこない作品となっています。

柳楽優弥さんは原作でも人気のキャラクターを演じるとあって、かなりプレッシャーを感じていたそうです。どの様にして克服したのでしょうね。映画公開前のインタビューでは、その時の様子について語っていました。

「やっぱりこわいですね。実写化って難しいじゃないですか。原作を好きな人にとっては、自分の中にすでにイメージがある。選んでいただいた以上一生懸命やるしかないという思いでやっています」と素直な思いを吐露した。

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0091690

柳楽優弥さん今後の活躍は?

2018年8月以降も映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」、「響‐HIBIKI‐」、「散り椿」、「夜明け」、「ザ・ファブル」などが公開予定です!これからも数々の役柄を演じる柳楽優弥さんを見ることができそうですね!