浜田雅功の出身高校や大学は?厳しすぎる高校生活や伝説を公開! エンタメ

浜田雅功の出身高校や大学は?厳しすぎる高校生活や伝説を公開!

お笑いコンビ「ダウンタウン」のツッコミ浜田雅功さんが、通っていた高校が刑務所並みのスパルタで厳しすぎると噂になっていました。今回はそんな浜田雅功さんの小学校から中学校の学歴なども見ながら厳しい高校生活を紹介していきたいと思います。

目次

[表示]

出身高校や学歴が気になる!浜田雅功のプロフィール!

浜田雅功さんは1963年生まれの現在56歳です。大阪府大阪市浪速区出身ですが、幼稚園へ上がる頃には尼崎市へ移っています。日本を代表するお笑いコンビダウンタウンのツッコミです。

1982年に相方である松本人志を誘って吉本興業入り、吉本総合芸能学院の第1期生とな理ました。。当初「松本・浜田」というコンビ名でしたが、複数回の改名を経て「ダウンタウン」となりました。

「4時ですよーだ」で関西の人気を不動のものにして、ほどなくして上京すると、「夢で逢えたら」「ダウンタウンのごっつええ感じ」など人気を博し、全国区のタレントとして広く知られるようになりました。

関連する記事はこちら

浜田雅功の出身高校は超スパルタで知られる日生学園第二高校!

お笑いコンビ「ダウンタウン」の「浜ちゃん」こと 浜田雅功さんですが、彼の出身校の日生学園第二高校がかなりのスパルタ校だと噂になっています。

このかなりのスパルタ高校は三重県にあるようです。浜田雅功さんは幼稚園から兵庫県の尼崎市で育っているはずですが、どうして三重県の高校に通っていたのでしょうか。

その頃のスパルタの様子や現在の日生学園第二高校の状況などを浜田さんのエピソードと交えて紹介していきたいと思います。

日生学園は全寮制の高校?入学理由は浜田雅功がやんちゃだったから!

浜田雅功さんが入学した高校は日生学園第一高等学校という三重県にある高校です。当時はとてもスパルタ指導の高校だったようです。

入学されたのはこの日生学園第一高等学校ですが、翌年に日生学園第二高等学校というのが開設されたのでそちらに転校しています。

兵庫県の尼崎で育っていた浜田さんですが、素行が悪かったようで、父親にこのスパルタで有名な三重県の日生学園第一高等学校に入学させられたようです。

当時の高校生活の様子は?スケジュールが厳しすぎで脱走したことも!

現在は名前が変わり共学の桜丘高校になっていますが、当時は全国から不良が集まるような全寮制のスパルタ高校だったようです。

なんと毎朝4時半に起床してそれから2km走るというのが日課のようで、放課後も10kmのマラソンがあったという噂もあります。

そんな厳しすぎるスケジュールに耐えられず一度脱走をしてしまったようですが、連帯責任を問われて12時間も正座させられたこともあるようです。

日曜日までスケジュールが決まっていた?在学時の画像は?

日生学園第一高等学校は水曜日と日曜日以外は朝の4じ半に起床してマラソンです。その日のスケジュールもかなり厳しいものになっています。

学校の授業はない日曜日も外に遊びに行くなんていうことはできなく、基本的には全寮制の寮に閉じ込められているようです。

基本的には部屋で自習をさせられるようです。学校から出られるのは、春休みや夏休み、冬休みの長期の休みの時だけのようです。

今田耕司にとっては日生学園は「刑務所」

浜田雅功さんが日生学園第一高等学校に入学した2年後に、お笑い芸人の今田耕司さんも入学されていたようです。

しかし今田耕司さんはそのあまりにも厳しいスケジュールに耐えられず、入学してから1年後には脱走してしまいそのまま中退しています。

そのあまりにも厳しい高校生活を今田さんは、「もはや監獄ではなく地獄ですよ」「刑務所です」と語っているようです。ちゃんと卒業した浜田さんは根性はあったのでしょう。

浜田雅功のリーダシップは高校生活で養われた?

そんな厳しすぎる高校生活を乗り越えて卒業した浜田雅功さんですが、なんと高校3年生の時には副寮長を努めるようになっていたようです。

浜田雅功さんは数々のテレビ番組で司会を務めるほどリーダーシップに長けていますが、もしかしたらこの頃の副寮長が身になっているのかもしれません。

厳しすぎる高校生活を乗り越えたからこそ、華々しい芸能界で活躍できているのかもしれません。

狂気を感じる日生学園第二高等学校の様子が分かる動画

日生学園第二高等学校の当時の様子が分かる動画があります。現在ではとても信じられないような高校生活が映されています。

今現在にこのテレビを放送すると、クレームどころでは済まないような狂気に満ちた映像です。

この高校に入学して、一度は脱走を試みましたが、ちゃんと卒業もしている浜田さんの根性は大変なものなのでしょう。

浜田雅功は高校3年生の時に競艇選手の試験を受けていた?

狂気に満ちた日生学園第二高等学校の高校生活ですが、今現在は「青山高校」という名前に変わっておりスパルタな教育はされていないようです。

高校を卒業する頃には浜田さんは、父親の勧めで競艇選手になる試験を受けているようです。結果は不合格だったようです。

「ダウンタウンのごっつええ感じ」で高校時代の教師に再開

ダウンタウンが全国的に有名になった「ダウンタウンのごっつええ感じ」で浜田さんには内緒で高校の時恩師、若杉茂樹先生が出演しています。

「おい、聞いてないぞ」とビックリしている浜田さんですが、恩師に会えてとても嬉しそうにしていたらしいです。

その当時は松葉杖でだ疲れていたというエピソードも語っていました。

浜田雅功のが通っていた日生学園第二高等学校は現在でも超スパルタ?

その当時スパルタの高校は多くあったようですが、日生学園第二高等学校は突出してスパルタ教育をしていたようです。

軍隊並みのスパルタ教育で社会問題にも発展したこの日生学園第二高等学校ですが、行政指導を受けて現在は形を変えているようです。

現在は「青山高校」と名前を変えていて、普通の高校と変わらないようです。

浜田雅功は高校卒業後は大学には進学していない?NSCへ入学?

狂気じみたスパルタ高校、日生学園第二高等学校を最後は副寮長として卒業したダウンタウンの浜田雅功さんです。

父親の勧めで競艇選手になる試験も受けていますが、試験には落ちたようです。大学に進学することはなく吉本総合芸能学院(土)NSC)に入校しています。学歴は高卒になります。

現在では数多くのお笑い芸人を輩出しているNSCですが、浜田雅功さんは第1期生だったようです。この時に松本人志さんも誘っています。

浜田雅功の学歴は?小・中学校を紹介!

スパルタ指導で有名な三重県の日生学園第二高等学校を無事に卒業した浜田雅功さんですが、それまでは兵庫県の尼崎にいたようです。

そんな浜田雅功さんが日生学園第二高等学校に入学するまではどのような生活を怒っていたのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

浜田雅功の出身小学校は「尼崎市立潮小学校」

浜田雅功さんが通っていた小学校は尼崎市立潮(うしお)小学校です。地元の尼崎市にある公立校です。

浜田さんの家族は両親と妹の4人家族です。現在は芸人で活躍されている浜田さんですが当時から目立ちたがりだったようです。

浜田雅功の小学校生活は?すでに彼女が?将来の夢は警察官?

浜田雅功さんには小学校の時にすでに彼女がいたという情報があります。相方の松本人志さんが書いた「遺書」に小学校5年生の時に浜田さんは彼女がいたと書かれています。

また、当時の将来の夢は警察官だったようです。2年ほどサッカークラブにも所属していたようなので、スポーツ万能の正義感の強い少年だったのかもしれません。

『チキンライス』のCDジャケットに!

浜田雅功さんが通っていた小学校の尼崎市立潮(うしお)小学校は「チキンライス」という曲のジャケットに登場しています。

2004年11月17日にリリースした、浜田雅功さんと歌手の槇原敬之さん名義のシングル「チキンライス」のCDジャケットに母校をバックに撮影されています。

浜田雅功の出身中学校は「尼崎市立大成中学校」

浜田雅功さんは1976年の4月に「尼崎市立大成中学校」へ入学されて、1979年の3月に卒業しています。

当時はかなりの悪でやんちゃをしていたようです。この頃の素行の悪さが原因でスパルタ指導で有名な日生学園第一高等学校に入学させられたようです。

浜田雅功の中学校生活は?バレーボール部を一週間で退部?

小学校の時は2年間ほどサッカークラブに入っていた浜田さんですが、中学校ではバレーボール部に入部したようです。

しかし入部した早々に練習の厳しさについていけないで、1週間でバレーボール部を退部してしまったようです。

中2で松本人志と出会う!

この尼崎市立大成中学校でのちにコンビを組んで、「ダウンタウン」として大ブレイクする相方、松本人志さんと出会います。

中学2年生の時に松本人志さんと出会い初めて口を聞いたようです。すぐに意気投合して6人組の悪ガキグループができあがったようです。

下着を盗もうとしたことがある?不良少年だった!放送部乗っ取りも?

悪ガキグループはかなりのやんちゃぶりで、女子がプールの授業中に下着を盗もうとしたり、近所に住んでいるお姉さんの下着も盗もうとしたことがあるようです。

いずれも未遂には終わっているようですが、中学2年のやんちゃはかなりのものだったらしく、3年生の時にグループはバラバラにクラスを分けられたようです。

「ガキ使」「ダウンタウンDX」の放送作家は幼稚園からの同級生?

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」や「ダウンタウンDX」、「水曜日のダウンタウン」などを手がけている、放送作家の「高須光聖さん」は浜田さんと幼稚園から中学校までの同級生です。

関西でのレギュラー番組「4時ですよ-だ」で放送作家としてデビューしていますが、これはダウンタウンからのオファーだったようです。

芸人の憧れ

いかがだったでしょうか。お笑い芸人の憧れの存在である「ダウンタウン」の浜田雅功さんについて紹介しました。

厳しい芸能界でも長く活躍できている浜田雅功さんですが、高校時代のスパルタ教育のおかげで厳しい状況も乗り越えられたのかもしれません。

これからもそんな浜田雅功さんと「ダウンタウン」の活躍を期待しています。

関連する記事はこちら